おバカ男子ふたりが繰り広げる、とことんハッピーな青春ラブストーリー!

コミック

  • 柏木くんと瑞稀くんのハッピーライフ大作戦!

柏木くんと瑞稀くんのハッピーライフ大作戦!

kashiwagikun to mizukikun no happy life daisakusen !

  • 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作柏木くんと瑞稀くんのハッピーライフ大作戦!

柏木蒼太、陰キャの高校1年生
岡本瑞稀、高校1年生

その他の収録作品

  • 柏木くんと瑞稀くんのその後の余談(描き下ろし)
  • カバー下漫画

あらすじ

高校生で陰キャの柏木(かしわぎ)は、女子が大の苦手。

ある日、同クラでイケメンの瑞稀(みずき)も女子が苦手だと知り意気投合する。

ふたりは女子を遠ざけるため——

『俺たち付き合ってます作戦』を編み出した!

付き合ってるフリを始めたふたりは、手を繋いだりデートをしたり…。

順調に思えた作戦だったが、なぜかお互いにトキメキ始めちゃって…!?



無自覚スパダリ男子(陰キャ)×素直イケメン男子(陽キャ)が繰り広げる、

ちょっとおバカでとことんハッピーな青春ラブストーリー!

作品情報

作品名
柏木くんと瑞稀くんのハッピーライフ大作戦!
著者
幸田みう 
媒体
漫画(コミック)
出版社
ホーム社
レーベル
アイズコミックス.Bloom
発売日
電子発売日
ISBN
9784834265248
4.5

(139)

(89)

萌々

(42)

(8)

中立

(0)

趣味じゃない

(0)

レビュー数
15
得点
637
評価数
139
平均
4.5 / 5
神率
64%

レビュー投稿数15

息が詰まるほどキュンキュンした…!!

すごい…!すごい……!!!
息が出来ないくらいキュンキュンした!!!

モノローグ部分に『(バカ)』と注釈がつくぐらい
発想も行動もおバカな高校生!って感じなんですが、
決してノリを楽しむだけの展開じゃないんですね。

恋を意識するキッカケや恋を自覚した表情など
キュンとする表現がさすが幸田みうさんだな~と!!

めちゃくちゃ良かったです。
読後のドキドキがずっと続いててシンドイの極み…!(∩´///`∩)スキ


さて。

イケメン陽キャゆえに嫌なことを抱えてる瑞稀。
陰キャで周囲から不審がられることが多い柏木。
主に女子関連で嫌なことが積み重なり、
利害一致から付き合うフリを始めた高校生のお話です。


この2人は本当にオバカで…!
付き合うフリをして女子を遠ざける作戦は天才的発想だと思ってますw

付き合ってることを言いふらしてもうらうために
教室でキスしてるとこを女子に目撃させよう…!とか。
至って真剣に作戦を練ってキスの練習しなきゃ!とか。

「おれら天才~!」って言いながらバカを繰り広げる愛おしいバカ。
ツッコミどころ満載なことを大真面目にやってのける愛おしいバカ。

楽しい…楽しすぎる…!!!(∩´///`∩)
高校生BL大好きマンとしては始まりからもぅ最高!!

で。
最初はフリだったけど次第に…とBLセオリー展開が
なんというか胸を抉るようにキュンキュンするんですよー!

恋愛の雰囲気に飲まれちゃうだけの一過性じゃなく、
互いに惹かれ合う軸がしっかりしてるのが良かった。

空気を読むのが下手で不審がられる柏木にとって、
瑞稀は会話して・笑って・全肯定してくれる初めての人。
柏木が失敗しても大らかに笑って空気を変えてくれる人。
瑞稀の存在にどれだけ救われてるのかが伝わります。

また瑞稀にとって柏木は一緒にいてホッと出来る人で。
恥ずかしいことでも瑞稀の為なら全力になってくれて。
(バスケの応援シーンなんて、)
(柏木のキャラに合わない行動にウルッときた(;//;))

そんなこんなで少しずつ惹かれ合ってるけれど、
なんせオバカなので上手く関係を進められなくてね。
あああ焦れったい~~焦れったい~~~;;

って思いながら読んでたから、
衝動的にキスするシーンはキュンで心臓破裂した。
恋を自覚したあとのぎこちなさがドキドキ堪らん。
めちゃアオハルやん…最高…。めちゃ萌えた…。

(ドキドキしてる描写が上手いので)
(うまく言葉に出来ないから直接見てほしい←)

1~5話が付き合うまでのお話で、
最終話が付き合い始めたあとという構成なんですが。

付き合うフリと本物のお付き合いの違いが顕著で…ッ!
やっぱり本物のお付き合いは違いますね!?ってなる。
全く違うからこそリアルに感じられてすごく良かった(∩´///`∩)

(隠れてキスとか)
(ぎゅーってくっついてたりとか)
(アオハルBL大好きマンには堪らんシチュばかり…)
(どれだけ人をキュンキュンさせたら気が済むんや…)
(こんなん好きしかないやろ!!!)

あと親友兼恋人って雰囲気があるのもすごくいい。
ふざけあってるときは同性の友達で、
キスしたくなったら恋人の顔…!みたいな///
初エッチのムードのなさも高校生って感じでかわいいです。

は~~~~~~~~~+゚。*(*´∀`*)*。゚+
高校生BLのキュンキュンを沢山摂取できて心ツヤツヤ!
面白かったーーーー!!!!

7

ハッピーハッピーBL

あああ…何ですかーこの子たちはっっ…!!
めちゃくちゃキュンキュンしました。

うん、うん。まさにBLって感じでした(*´︶`*)
アオハル感もあるし甘酸っぱさもある。恋に悩む男子校生の姿…良いですね〜
高校生ものの良いところが全部入っていて、全国推薦図書に指定したいくらいです。

まず、おバカでしょ。
周り見えてなくてすぐイチャイチャするでしょ。
意識したら露骨に避けちゃうでしょ。
キスから先のことに2人で一生懸命。
ほんで、2人ともに可愛い(←これが1番)

どうです?
これだけでもドキキュンしませんか?^^


最初はフリのお付き合いからマジ恋に発展していくっていうのはよく見るパターンなのに、高校生が主役ってだけで5割増しくらいに眩しく見えてしまうの何でだろ。
しかも絵がこれまた可愛いんですよね。
萌えが何層にもミルフィーユしていて、本当に素敵な作品です。


恋は落ちるもの。愛は育むもの。
柏木と瑞稀もお互いに恋に落ち、恋人同士になったあとは愛を育んでイチャイチャロードまっしぐら。手探りながらも一生懸命な2人が可愛い過ぎました。

柏木は陰キャで、瑞稀は陽キャのバカ。
柏木は女子から嫌われているですが、チッチッチッ。女子のヤツらは見る目ないなーと。
実は柏木は彼氏力高いんですっ(ドヤ)!

柏木が恋をするとスパダリ属性発揮するのが、この作品1番のおすすめポイントです!作品の序盤の方と、終わりの方の柏木の顔とオーラを見て下さい。顔つきが違います。
ま、そんな素敵な彼氏の顔を知るのは瑞稀のみで良いので、学校では封印しときましょうか^^


切ないシーンはちょこっとで、あとはほとんど楽しい嬉しいニヤニヤウフウフ、キュンキュン萌え萌えな作品でした。まさにハッピーBLの極み。元気になりたいなとか、キュンの補給したいなってときにおすすめしたい作品です。
私はもう5回くらい読み返していますけど飽きない(笑)これからももっともっと再読していきたいと思います。

6

思った以上に面白い!

柏木が地味なのに笑いのセンスすごいしイケメンキャラじゃないのにカッコよく見えてくるのが不思議でした!笑

瑞稀は明るいしイケメンで、女子から好かれるのが嫌ってよく言いますがそれが全然鼻につかないモテるのがよくわかる爽やかさがありました。
過去のトラウマにも納得でした。

幸田みう先生の作品を読むのは2作目なのですが、こんなにギャグ線が高いとは思いませんでした!!
上品な絵なのにはっちゃけた内容なのがまたよかったです!

笑いあり胸キュンもたっぷりあって大満足な1冊で、まだまだ読みたいと思う2人でした!

3

おバカDK

イケメン陽キャ×陰キャ

付き合ってるフリしてるはずがお互いに好きになっちゃう。て、ままある設定ではありますが。
2人のキャラがとても良いです。
読んでいて、幸せになれます。

クルクル変わる表情にもキュンキュンする〜。
最終話の扉絵がめちゃくちゃ可愛くて好きです。

これからもこんな風に嵐の中でも2人でわちゃわちゃ楽しく過ごしていくんだろうなあ。

最初は作戦の為に誰かに見つかるようにした学校内でのキスが…2人の想いが通じた時は誰にも見せないキスに…そして、最後は皆の前で自然に…。

あ〜幸せになりました。
良いもの読んだよ〜。

3

読んでる私もハッピー!

読み終わって感じた気持ちは「幸せだな~」。
柏木くんと瑞稀くんが幸せで、私も幸せになりました。
柏木くんはなかなかいい人ですよね。普通に話してたら「キモ」なんて言われなかったんじゃないかな?声小さいのが原因だったのかも。
そして前髪あげるとイケメン(瑞稀目線)なんだから、残りの高校生活、前髪あげて過ごしてほしい。女の子から「柏木、意外とイケメンじゃん」みたいに思われたい。

2人は付き合い始めてから、恋に変わったタイプだけど、自然にお互いを好きになっていって、なんだか青春だな~と思いました。
周囲の人たちも、男同士の恋愛でも冷やかすこともないし、いい人たち。
今どきの高校生って、同性でもすんなり受け入れるものなのかしら?

このタイトル、良いですね。
2人のハッピーライフのための大作戦、だったのに、嘘から出た実、みたいな感じになってで、すごくタイトルもいいなあ。
表紙も爽やかで素敵。

この二人、いつまでも爽やかでいてほしい。
大好きです。

2

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(コミック)一覧を見る>>

PAGE TOP