コミック

  • リトルローズハウスへようこそ

リトルローズハウスへようこそ

little rose house e youkoso

  • 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作リトルローズハウスへようこそ

ノア,24歳,小さな宿屋店主
岐崎隆一,人生に疲れて海外へ

その他の収録作品

  • その後のはなし(描き下ろし)
  • カバー下漫画

あらすじ

花だけじゃない 目を向けてこなかった色々なものに 俺はここで出会うんだろうな

起業失敗→仲間に逃げられ→恋人にフラれる。
どん底に落ちたリュウイチは、思いつくまま海外に飛んだ。
そこで出会ったのが、ノア。営む宿へなかば強引に連れられていく。
なれなれしく世話を焼かれ、スキンシップの近さに調子がくるわされっぱなしだ。
「僕はリューイチのこと好きだよ 恋人になりたいって意味でね」
自由気ままなノアの言葉は冗談なのか・本気なのか・・・
わからないまま二度もキスされて──!?
人生の分岐点×運命の出会い×ヒューマンラブロマンス♡

作品情報

作品名
リトルローズハウスへようこそ
著者
幸田みう 
媒体
漫画(コミック)
出版社
大洋図書
レーベル
H&C Comics ihr HertZシリーズ
発売日
電子発売日
ISBN
9784813032946
4.3

(108)

(56)

萌々

(38)

(11)

中立

(3)

趣味じゃない

(0)

レビュー数
16
得点
468
評価数
108
平均
4.3 / 5
神率
51.9%

レビュー投稿数16

リトルローズハウスに癒されました!

まず、この作品の優しい空気感に癒されました。

外国の田舎町の時間がゆっくり流れているような雰囲気が、とても心地よくて、このご時世で閉塞感ばかりな日常なので、こんな所で暫く癒されたいと思いました。

隆一も何もかも上手くいかない時に過去の事を思い出して、無意識のうちに来てしまったんだろうと思いました。

そこで出会ったノアは結構強引に距離を詰めてくるのですが、それもすぐに絆されてしまいそうな優しい空気感が漂っていて、隆一の事を愛おしいと思っているのがありありと伝わりました。

ギスギスしていた隆一が、ここの暮らしで柔らかくなっていくのがまたいい。

ノアの過去や隆一と初めて出会ったシーンを見て、ノアがグイグイ距離を詰めていた理由も判明して、強烈な印象を残した過去の隆一カッコイイなと思いました。

全体的に優しくて癒しな話でした。意外に情熱的なノアも好きでした。

1

優しさのあふれる場所

外国の片田舎にあるかわいいお家(ゲストハウス)を舞台に繰り広げられる物語です。
仕事にも人生にも失敗したリューイチが出会ったゲストハウス主人のノア。距離感が始めから近いノアに戸惑うリューイチだけど、この強引さがないとリューイチの眉間の皺はずっと取れないままだったと思います。
それにしても、みう先生の描かれる長髪男子はやっぱりめちゃくちゃかっこいいです!ノアのハーフアップ大好きです!根っからの天真爛漫かと思いきや、辛い過去があることも読み進めるうちにわかって...だからこそ、リューイチにも寄り添えたのかなと思いました。
近所に住む可愛い男の子マシューの存在にもたくさん癒されました。元気が欲しい時に繰り返し読みたくなる作品です。

0

一本の短編映画を見ているよう

幸田みう先生の作品大好きなんですが、その中でも『十年後にあがった、あの日の雨。』に次いで好きなのが、こちらの作品。

バラ咲き誇る庭が描かれた表紙からして、目を惹きつけられます・:*+.

なんといっても、ノアがリューイチへ注ぐ目線、その表情に、憧れや恋する気持ちが溢れていて、読んでいるこちらもたまらない気持ちになります。

海外(スコットランドとかかな?雰囲気的に…)が舞台の美しい短編映画を見ているような気分に浸れます。幻想的な雰囲気が流れているんですよね。

今でも時折読み返している、大好きな作品のうちの一つです。

0

想いは巡り巡って。

中盤でグッと胸が詰まった印象が後を引きました。

息苦しさを覚える人生の中で、
救われた想いが巡り巡ってーーというのかな。
人と人が出会う摩擦がシンドイけど悪くない、みたいな。

うーーん、なんとも表現しずらい息詰まりが抜けない。
ただそれは決して悪いモノじゃなく心地良いのが良き。
外国の風景の中で鈍らせた感情が動き出す空気感がとても好みでした。

また、攻め受け以外の主要キャラ・マシューが
めっっっちゃ可愛くて癒やされましたヾ(*´∀`*)ノ
近所に住む子供なんですけどね、純粋さにキュンです!


さてさて。

外国の田舎風景の中で穏やかに暮らす攻め・ノア
現代社会で精神すり減らして神経質な受け・リューイチ
天真爛漫な子供・マシュー

ほのぼのとしているようでそれぞれの人生が少し切なく、
その中で出会った喜びや縁の妙が効いているストーリーになっています。

リューイチは現代社会で何もかもを失いました。
本人は自覚があるのかないのか、
遠因はリューイチの性格のキツさが垣間見えます。

何もかもが嫌になったリューイチは海外へ行くんですね。
そこで出会ったのは宿屋を営むノアでした。

ノアはリューイチにやたら構います。
リューイチを客扱いせずに友人のように距離を詰めて、
マシューも遠慮なくグイグイとリューイチに話しかけていって。

人との摩擦に疲れ切っていたリューイチはノアやマシューを煩わしく感じるけれど、
次第にその生活に溶け込んでいくようになりました。

そんな中でノアと良い雰囲気になって…。

雰囲気に飲まれたまま一夜を共にしたノアとリューイチ。
翌朝リューイチは言葉強くノアを突っぱねて傷つけてしまいーーーと展開します。


リューイチが見ててシンドイです。
「無感情な生活に慣れて鈍感になりすぎた」と自嘲するセリフがあるんですが、
ホントソレ!と言いたくなるほど他人に対する気遣いの言葉が見られない。
人の考えを否定的な言葉で断ってしまうような部分がチラホラするんですね。

ノアは最初からリューイチを気に入ってて、
出会ってすぐのころから恋人になりたいと言います。

正直、なんで?ってかんじなんですが、
本来のリューイチの本質は違うのが見えてくるんですよ!
それをノアは知っていて…っていうのがすごく良かった!

今でこそニコニコと平和に暮らしているノアだけど、
思春期の頃は傷つくことがいっぱいあって疲弊しててね。
その時に救われた恩返ししたい想いがグッときました…!

けど今のリューイチはそんなことに気付かず、
ノアを知らず知らずに踏みにじるのがズーンとシンドイ;;
リューイチ自身が心を失っていることに気付いてないのが現代社会の辛さよ…;;

リューイチが日本に帰る日。
別れ際のマシューの言葉や、引き留められないノアの迷いなどが涙腺にくる!!!
中盤に感じた息苦しさが、良い意味で胸が詰まる思いに変化していって(;///;)
(何度読んでも泣いちゃうやつ)

この息苦しさがすっごい良かったです!!!

ノアが人生に行き詰まったときに出会って、
リューイチが人生に疲れたときに再会して。
人と人の縁の不思議さや惹きつけ合う運命にロマンを感じるお話でした(∩´///`∩)

あとマシューの可愛さは推したい。マシュー可愛い。

8

疲れた心にひとときの癒しを

カントリーな絵柄によく合った、海の向こうの田舎町が舞台のお話。背景や小物がかわいらしくて、見ているだけでも癒されます。特にリトルローズハウスの外観が好きでした。
主人公は仕事も彼女も失い、勢いで旅に出た隆一。泊まる場所がなく困っているところをノアに助けられます。
最初はツンケンする隆一の失礼さにむっとするんですが、こういうキャラが変わっていくのは分かりやすく、心に余裕を持つ大切さが身に染みます。窮屈そうに生きていた隆一が、少しずつ解放されていくのが伝わってくるんです。
ノアは一途で純粋で、隆一にまっすぐな想いをぶつけるところが素敵でした。
ラストは旅先の恋を叶える、ちょっと夢みたいなハピエン。仕事で疲れた人の心にめちゃくちゃぶっ刺さりそうでした。
気になるのは最後のマシューの反応。初恋だったの?何かを察したの?と妄想が膨らみます笑。成長したマシュー視点の小話なんかも読んでみたかったな。
可愛くて素敵な癒しの一冊でした。

追記:カバー下漫画らしきものは電子だと収録されてませんでした…泣。

5

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(コミック)一覧を見る>>

PAGE TOP