お願い、そんなに噛まないで

onegai sonnani kamanaide

お願い、そんなに噛まないで
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神43
  • 萌×233
  • 萌9
  • 中立4
  • しゅみじゃない5

86

レビュー数
13
得点
378
評価数
94
平均
4.1 / 5
神率
45.7%
著者
参号ミツル 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
道玄坂書房
レーベル
MIKE+comics
発売日
電子発売日
価格
¥681(税抜)  
ISBN
9784846210113

あらすじ

金髪に染め大学デビューを狙うも、いまいちあか抜けない地味な大学生の柳 揺一郎。
そんな自分とは正反対な、イケメンで女子からモテるバイトの先輩・
五十嵐 隆を羨ましく思いつつも、どこか掴みどころがない彼に苦手意識を持っていた。
ところがある日、何気なく笑った五十嵐の口から覗く鋭い八重歯に魅入ってしまった柳は、無意識に彼の 口元に手を伸ばしてしまう。
すると突然指を噛まれてしまい――!?

表題作お願い、そんなに噛まないで

五十嵐隆,21歳,バイト先のイケメンでモテる先輩
柳遥一郎,19歳,地味顔の大学1年生

その他の収録作品

  • 五十嵐が媚薬を飲まされて帰ってきたら(描き下ろし)
  • カバー下漫画

レビュー投稿数13

最高という言葉しか出てこない

最初、萌2かなって思っていたんですけど、日が経つごとに頭から離れなくなってこれはもう「神」だなって。

【萌えてしまって仕方がないポイント】
①イケメン×平凡・地味顔っていうのが大好物なんですけど、これはまさしくそれ!!
②バイト先の先輩、後輩っていうのも良いです!!
③最初は受・柳くんが攻・五十嵐さんのことが苦手だったのが、好きになっちゃうのが最高にいい!!
④五十嵐さんがややS寄りなのが最高だし、柳くんもMっ気あるのも最高。とにかく最高。
⑤五十嵐さんが絶対好きって認めないのに、独占欲丸出し、嫉妬大爆発で最高。
⑥柳くんもどんどん五十嵐さん好きになっちゃう。付き合ってないのにセックスなんて不毛っていう真面目さも最高にいい。
⑦なんといっても、めっちゃ噛んでくる。ほんと、噛まれたらイッちゃうくらい噛まれる。なんなの。なんなのオオオォォ!!!

すごい、最高しか言ってない。
私の性癖だったんや…。続編いらないくらいこの一冊で満足した(出たら普通にうれしい買う)。何度も読み返してしまった。いろいろ最高だった。

1

たまらん~!

大学デビュー失敗気味の柳と
女子はみんなキャーキャーしちゃう系イケメン五十嵐のお話。

はじめは苦手意識さえあった柳なのに、彼に近付いてしまったら無意識のうちに
その魅力から逃れられなくなっていっているのがわかって悶えました。
でもそれは五十嵐も同じこと…!
なんだかんだと独占欲丸出しで
余裕がないのは五十嵐のほうが上だったかもしれません。
大人で冷静な五十嵐が声を荒げたり、理性がきかなくなったり…
早くその衝動の意味に気付いて!と
五十嵐を揺さぶりたかった!

ふたりの関係性も違和感がなく自分好みの作品でした。
が、柳の妹はどんなポジションだったのか…
その点はちょっとわからなかったです。
妹も可愛かったけど(笑)

五十嵐のかっこよさももちろんですが
柳も十分に可愛くて、参号先生の描くキャラに性癖を刺激されっぱなしでした~!

1

新たな萌えの扉をノックしてくれる作品

五十嵐の顔の良さの説得力ったら。
少し癖のある黒髪に、重たそうなとろりとした目蓋。いつも笑みを浮かべているような垂れ目。おまけに右目の下の泣きぼくろ…
と、個人的には胸元にお札を何枚か差し込みたくなってしまう顔。
所作もスマートで、いつも余裕のある表情。これはモテるよなあ。
そんないわゆるイケメンな五十嵐と、ごく平凡な外見をした柳との対比がまず上手いのですが…
なんだか、読んでいる内にどちらにも可愛さを感じてしまう。イケメンも平凡もどっちも可愛いなあ。

参号ミツル先生の2冊目のコミックス。
フェティシズムを感じる題材を描くのが本当にお上手ですよね。
今までは特別なものを感じてはいなかった題材だったはずなのに、1度手に取って読んでみると自分の中のまだ開いていなかった性癖と萌えの扉をパカっと開いてくれる。そんな作家様な気がします。
いやあ…また新しい扉が開きました。ありがとうございます。

あらすじにもある、五十嵐が柳の指を噛む2人の始まりのシーンが好き。
スローモーションのような数コマの流れに「あっ、噛まれるな」と分かりつつもドキドキする。
題材が噛み癖ですし、お互いに興味本位だった始まりから、どう進んで着地するのかなあと思いながら読んでいたのだけれど、これがすごく面白かった。
柳視点から始まり、思考回路が謎な五十嵐という男に流されて、身も心も翻弄されながら次第に脳内がもやもやと「なぜ?」でいっぱいになっていく。
初めてのいろんな感情でぐちゃぐちゃな柳…からの視点の変化が本当に気持ち良くて!
だめだ、これは萌えた。たまらん。
読後に参号ミツル先生のあとがきを読んで、もう、お見事でしたとしか言えない…好きです…
余裕のある美形×計算なしの平凡の良いところがギュギュッと詰まっていて、五十嵐の姿にああぁ〜〜〜とキュンとしてごろごろと転げ落ちた。
柳も五十嵐もどちらも可愛い。
新たな性癖の発見も萌えもときめきもある、すごく好きな作品でした。
先生の次回作も追いかけます。

それから、五十嵐の手が男臭くて好きでした。
1話の畳に手をついている五十嵐の手がたまらないな。

1

噛むほどに愛情と独占欲が増していく♡

『マスク男子は恋したくないのに』に続いて読んだ参号ミツル先生の作品です。

バイトの先輩 五十嵐 隆と大学生 柳 遥一郎のお話。

モブ顔のため金髪にして大学デビューをするも失敗した柳。
ある日、バイト先の飲み会で苦手だった先輩の五十嵐と話すキッカケがありました。
しかし、そこでアクシデントが!
笑った五十嵐の口から見えた鋭い八重歯 ―― 柳はそれに触れようとし、五十嵐に指を噛まれてしまい…。

参号ミツル先生は心理描写を丁寧に描かれるので、こちらの作品も物語に入り込みやすかったです。
また、ミステリアスなイケメンの五十嵐と地味で潜在ドMの柳の組み合わせが見事にマッチして読み応えがありました。
「噛みグセ」のフェチ要素と攻めの執着心を上手に活かしていて、全体的に萌えが満載しています。

この作品は、柳が五十嵐に翻弄されているように見えて…地味で女の子慣れしていない柳に好奇心で手を出した五十嵐が無意識のうちに独占欲に駆られるストーリ展開です。
途中までは、五十嵐に弄ばれているようで柳を不憫に感じましたが、ふと気が付けと、五十嵐の言いようのない感情が溢れ出ているのがわかりました。
参号ミツル先生があとがきで書かれている「逆転のベクトル」が完璧にハマっていて、ゾクゾクさせられる興奮と一緒に、最後は爽快感も味わえます。
無自覚の愛ある独占欲って、なんて罪深いのだろう…。
その独占欲の表れなのか、心の中の寂しさなのか、五十嵐の「噛みグセ」を最初から最後まで愛でることができます。
「噛みグセ」が好きな方には堪りませんね(笑)
噛まれる柳の反応もイイですよ~。

このお話には、当て馬は登場しません。
イケメン五十嵐の周りにはモブの女子がワラワラいますが…。
あと、柳にアプローチする女子もおります。
地味顔と言いつつ、意外にモテているぞ(笑)
脇キャラとしては、柳の妹 麻里花ちゃんとバイト先の先輩 モトさんが登場します。
兄の柳とは正反対のドSキャラ 麻里花ちゃんですが、いつも兄を気に掛けているところが良かったな。

Hシーンは、五十嵐と柳の距離感と比例している内容になっています。
ただの好奇心から徐々に愛情が高まっていく過程がセックスにも表現されていますよ。
後半、嫉妬した五十嵐が柳を乱暴に抱いてしまう場面もありますが、両想いになった2人のセックスはあまあまです♡
とくに、柳に挿入した途端にイってしまった五十嵐は必見ですよ。
「好きすぎて頭おかしくなりそう」
いや~ん、めちゃくちゃ可愛い (੭ु ›ω‹ )੭ु⁾⁾♡
めくるめく甘さと痛みと快楽に、柳も昇天寸前です(笑)

描き下ろし『五十嵐が媚薬を飲まされて帰ってきたら』
飲み会で五十嵐は媚薬を飲まされてしまい、柳を自宅に帰そうとしますが…。
まるで別人のようになった五十嵐がすごい!

始まりは愛情がなかった2人が、最後は愛情で溺れそうなほど愛おしい存在になる。
噛む癖のある五十嵐と噛まれるのが好きな柳…でも、それは2人の間だけに成立する関係。
まるで、欠けていたパズルのピースが埋まるみたいに。

「逆転のベクトル」や「噛みグセ」がお好きな方にはもちろんですが、多くの方に読んでいただきたいおすすめの作品です。

1

イケメン×平凡

バイト先の八重歯のあるイケメン先輩×金髪平凡受けのお話です。

参号ミツル先生のお話は黒髪攻めが多いです。受けは金髪なのに平凡です。ひょんなことから攻めに噛まれるという特殊性癖全開なストーリーです。もちろん噛まれるだけでは終わらないんですが・・・。
事に至るまでの経緯では攻めの五十嵐のサイコっ気が必見です。
普通では考えられない流れですっかり受けにされてしまう受けの柳は真っ当な感覚と常識の持ち主なのですが、攻めの五十嵐によってどんどん変えられていきます。この作品の題名にもなる噛むという行為が二人を熱くさせるんですね。
五十嵐の謎な雰囲気と柳への執着は胸熱を与えてくれます。そしてその流れの中にあるエロがまた高いんです。そこまで見せてもらえるなんてっっ!!っていうレベルのエロなんですがそんなに多めではないです。なのにエロが頭に残るんですよね。そこが参号先生の作品の醍醐味です。

読んでる時に感じる柳側の気持ちがたまらなく切ないのですが、五十嵐の正体が分かってしまうととてもキュンとする作品です。



1

先にハマったのは・・・

今回はイケメンな先輩バイトと地味な大学生のお話です。

なぜか攻様に気に入られた受様が攻様の恋人になるまでと
その後の続編短編を収録。

受様は髪を金色に染めて大学デビューを狙いますが
いまいち垢抜けなさが抜けない地味な大学生です。

そんな受様の調理スタッフをする飲食店には
現れただけで女子スタッフを騒めかせるイケメンな
ホールスタッフがいます。この彼が今回の攻様です♪

受様は自分とは違い過ぎる攻様に苦手意識がありましたが
バイト先の飲み会で酔った非モテ先輩スタッフに
女子に囲まれた攻様の席に蹴りだされてしまいます。

気まずい状況ながら攻様の隣に座った受様は
しどろもどろで攻様の名前を口にしますが
なんとまさかの読み間違い!!

慌てて謝る受様の様子が面白かったのか
攻様にくすくす笑らわれた受様が目にしたのは
ちょんととんがった攻様の八重歯でした。

その八重歯がなぜか気になった受様は
つい指を伸ばしてしまうのですが

攻様はそんな受様が伸ばした指をカプッ咥え
挙句にちゅう♡と吸っちゃうのです!!

受様はいきなり噛んだ攻様も
攻様の歯に手を伸ばした自分にも悶々するも
なぜそうなったのかは分かりません♪

この時点で既にどっちもどっちで
ワクワクな萌えへの期待度が爆上がりです ヾ(≧▽≦)ノ

その上、なぜか攻様は勤務時間を変えていて
受様のシフトと重なる事が増えるようになり
受様も攻様と話す機会が増える事となります。

そんなある日、
攻様の耳につけられたいかついピアスに気付いた受様は
攻様に「ピアスひとつで印象が変わる」と言われて
つい攻様のお誘いに乗ってしまうのですよ♪

モテ男の誘惑に屈する大学デビュー敗退者でしたが
向かった攻様の部屋で体験したのは
ピアッシングだけではなくて!?

電子単話配信をまとめての紙単行本化で、
モテ男子な攻様となぜか攻様にロックオンされてしまう
モブ男子な受様のラブコメディになります♪

帯の「噛まれて開発される性」というフェチな設定が
面白そうだなと手にした1冊でしたがとても良かったです♡

攻様これからされる事に震えてガチガチな受様の
緊張を解くためと受様の息子に手を伸ばすのですよ。

そしてそちらに受様の意識がいっている間に
ガチンッ! ってピアスホールを開けちゃうのです!!

強引に穴を開けられちゃった受様(笑)は
攻様に引き気味で避け気味なのですが
攻様はグイグイ迫って来て逃げられず

耳をカプってされたり、にゅるってされたり
ぬるぬるじゅるじゅるされて
終には押し倒されちゃうのです。

攻様にはこの時点でもまだお遊び感覚なのは
キャラ的に思った通りでしたが

受様がそんな攻様の態度に深く傷つきながらも
そのままで終わらずに形勢逆転しちゃう展開が
予想外ですごく良かったです。

受様が軽々と攻様に押し倒されたからといって
攻様のものになった訳じゃないっていう
受様の矜持がもう最高でした♡

カバー下にてバイト先での四コマSSがありますので
忘れずにペラッとしてみてくださいね。

4

噛むのよき

参号先生、セカンドコミックスです。
前作も良かったですが、今回もキュンキュンしました!
無自覚に攻めが執着するの良いですね!
噛み癖もエチいです。
相変わらず、直接的にエロいことをする前がエロいです。
耳舐めたりとか、着衣のままでイッちゃうとか。

そして、絆されていく受けも可愛いしストーリーも良いです。
イケメン攻めさんが最初、吸血鬼かと思っちゃいましたが…良い雰囲気でよきです。

描き下ろしのオチも良かったですよ(笑)期待を裏切らないw













紙本購入
修正は白短冊です。

3

噛み癖イケメン

マスク男子が印象的だった参号ミツル先生の2冊め。
表紙や口絵の感じから攻めの五十嵐は病み系なのかな?と思いましたが噛み癖のあるイケメンで、でもちょっと何を考えているかわからないかんじ。
そんな五十嵐にいろいろと構われて翻弄される金髪だけど地味メンな柳。

参号先生は無自覚に相手にハマっていく描写とフェチを描かれるのがお上手で、お話しに引き込まれます。

初めは興味半分で柳に手を出した五十嵐がどうしようもなくなるくらいに柳に固執していき、いつのまにか気持ちのベクトルがありえないくらいに柳に突き刺さっている…
あとがきで作者様のおっしゃっていた『ベクトルの逆転』が見事に決まっていてめちゃくちゃに気持ちがいいんです。
その後の溺愛ぶりといったら…あっまあまですがもちろん噛むことでも愛情表現していました。

噛んで痕をつける…キスマークも然りなんですが、相手に自身の痕を刻もうとする独占欲とか執着がわかりやすい行為だなあと思います。

噛み痕だらけの柳と最近お気に入りの体位の屈曲位のコンボにはちょっとグッとくるものがありました。

柳のシスコンもなかなかですけど、ドツンな妹も大概なブラコンだなあ〜、と思いました(笑)

4

イケメン×平凡って最高か!

前作の「マスク男子は恋したくないのに」も良かったですけど、今回の作品も最高に興奮しました。

もうね、五十嵐がフロアに現れた時から雰囲気があって素敵でした。そして吸血鬼のような八重歯にドキドキして、目線の色っぽさにゾクゾクしてしまいました。

そして柳のモブ感も最高なんですよ!五十嵐によって快感に目覚めて行くのがエロくて最高に可愛いです。

五十嵐がちょっとした好奇心から柳に手を出して、徐々に無自覚な執着心に捉われていくんです。
受けを振り回していたのが、いつの間にか振り回される攻めってシュチュエーションが大好物でした。

柳に近寄る女の子を邪魔したり、自分以外が触るのも噛むのも許せない。これを無自覚でやるもんだから柳も期待してしまうんです。
だって柳は全部が五十嵐が初めてなんですから。

そして柳に避けられて初めて自分の気持ちに気付いて焦ります。今までの余裕は何処に行ったのってくらいに必死でした。

五十嵐が初めて執着したのが柳なんです。斜に構えていたような態度が消えて必死な姿にキュンキュンしたし、余裕の無いセックスにギュンと来ました。

イケメンの五十嵐が平凡な柳に夢中になって行くのが最高に面白かったです。

ただ強いて言えば柳のシスコン設定と、やたらツンケンして威圧的な妹っていりました?
柳のモブ感を強調する為としか思え無かったし、可愛げがないのとやたら意味深なセリフを言って何も無く終わって肩透かしでした。



5

相性抜群!

攻めは噛んだら興奮する、受けは噛まれたら興奮する相性抜群の2人なのになかなか両思いになれませんが、両思いになったらもう最高のカップルでした!!!!

攻めの五十嵐は吸血鬼ではないけど吸血鬼みたいな歯や雰囲気でかっこよく女の子にモテモテで、笑った時に八重歯を指さした受けの柳の指を噛んだりピアスを開けてあげる時にビビりまくりの柳をリラックスさせるために扱いたり耳を噛んだりして、柳の反応や噛んだ時の感触にハマって独占したくなります。

受けの柳はシスコンで恋愛経験がなく五十嵐に噛まれたり扱かれたり恋人にするみたいに抱かれるうちに好きになりますが、五十嵐は独占したがる割に『付き合おうとかそういうんじゃないでしょこれは』と、お互いの欲求を満たすセフレのようにしか思っていなくて切なかったです。

独占欲が爆発して五十嵐が酷く抱いてしまった後、バイトを休んでいた柳が久しぶりに顔を出した時に女の子に告白されている場面を目撃したり声をかけたら愛想笑いをされたり他の人と楽しそうにしている姿を見て、他の人のものになるなんて嫌だ!とかなんでまた触らせるの?なんで楽しそうに笑ってるの?と思いながら初めて好きという感情が芽生えた五十嵐が子供っぽくてわがままだと思いましたが見た目とのギャップがよかったです。

両思いになってからは、五十嵐がめちゃくちゃ優しくて柳が幸せそうでよかったです!!!!

柳がシスコンといわれてましたが、妹も柳のことを心配したり大好きそうでお兄ちゃん想いのいい子でよかったです。いいキャラでした!

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う