ペットと恋はできません

pet to koi wa dekimasen

ペットと恋はできません
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神2
  • 萌×27
  • 萌9
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

280

レビュー数
5
得点
66
評価数
19
平均
3.5 / 5
神率
10.5%
著者
川琴ゆい華 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
陵クミコ 
媒体
小説
出版社
新書館
レーベル
ディアプラス文庫
発売日
電子発売日
価格
¥680(税抜)  
ISBN
9784403525230

あらすじ

人づきあいに臆病な周史の家に、ある事情から転がり込んできた高哉。
その高哉が周史に申し出たのは……?
訳ありブリーディング・ラブ♡

表題作ペットと恋はできません

井堰高哉,29歳,周史が怪我をさせてしまった旅行者
芹野周史,25歳,地元誌の編集部所属のフリーの編集者

その他の収録作品

  • じょうずな恋はできません(書き下ろし)
  • あとがき

レビュー投稿数5

ペットは人に非ず

今回は長期休暇中の旅行者とフリーランスの編集者のお話です。

受様が怪我させた攻様を同居された事で恋仲になるまでと
遠距離恋愛する2人の続編を収録。

受様は地元紙の編集部所属のフリーの編集者をしています。

受様の両親は有名俳優と女優で
両親は受様に幼いころから2人の子供である事の
リスクヘッジを厳しく説いていきます。

そのため自分がゲイだと自覚すると
両親に迷惑をかけてしまうかもしれないと
人の目と知り合いの多い東京から花房へ移り住み
人とは深く接せずに暮らしていました。

そんな受様の生活が一変したのは
取材先のリストランテで外装写真を撮っている際に
通りかがった男性に誤って怪我をさせてしまった事が
きっかけでした。

この男性こそが今回の攻様になります♪

折り悪く振り出した雨の中、
荷物を抱えビニール傘を肩で支えての撮影で
旅行で花房を訪れているという攻様に
額を縫うほどの怪我をさせてしまったのです。

しかも攻様はふらりと花房に来たのか
宿も決まっていない(取れなかった)ようで
受様は翌日も診察を受けるという攻様の頼みもあり
自宅に泊める事となるのです。

受様は親しくしているご近所の老夫婦や
引越して吉良できた友人でさえ家に入れた事が無く
攻様を泊めた事は号外級のイレギュラーだったのに

翌朝、受様が目覚めると攻様の姿はなく
綺麗にたたまれた布団に受様は攻様の存在が
夢だったのでかと頭が真っ白になります。

それでもびっくりしながらも嫌じゃなかったと
攻様の布団に顔を寄せた受は彼の匂いが香った気がして
ついジョガーパンツの中に手を突っ込んでしまうのです。

そして受様はそのままオナニーを
それでも物足りなくてアナニーまでしてしまうのですよ♡

そしていつもより強くて恋絶頂感を感じていると
かたん、と言う物音に身体を起こした受様が見たのは
唖然として立つ攻様だったのです!!

最悪な事態に受様は膝を抱えて座り込んで
顔があげられなくなるのですが、そんな受様に
攻様は「俺と、えっちしてみる?」と提案してきて!?

雑誌掲載作のタイトル作に続編を書き下ろしての文庫化で、
人付き合いを避け続けてきた受様が
偶然知り合った攻様と関わっていくことで変わっていく
ラブコメディになります♪

私は雑誌が初見でしたが、
最初にタイトルを見た時は受様を気に入った攻様が
『ペットになりたい』と迫るのかと思ったのですけど、

さすが川琴先生、出会いは普通ぽいというか
日常的なモノなのにその後の展開が予想外過ぎです♪

攻様のまさかの提案に受様は乗ってしまうのですが、
そんな受様に攻様はさらなるびっくり発言をするのです。

俺、受様のペットになろうかな

抜糸までの間、花房にいる事にした攻様は
宿代と食事代は払うから受様宅に置いて欲しいと言われ、

もしかしてえっちな方向のぺっとなの!? と
アッチが良かったとか!? と受様はドキマギしますが
「ペットしたら獣姦だから」と犬猫みたいに
飼ってもらうと言うのですよ♪

ワザと~な紛らわしさ、アザとさですよね (ӦvӦ。)

そして受様宅のペットと化した攻様と
受様の関係がどういう風に変化していくのか
ワクワク&ドキドキ、楽しく読めました。

受様の過去、攻様が旅に出た背景には複雑な事情があり
受様が花房で初めて作った友人や攻様の東京の関係者が
2人の間に波風を立てるのか!? とも思いましたが

登場人物は良い人達ばかりで
2人がゆっくりと関係を深めていく過程と
攻様に惹かれていく受様のぐるぐるすら可愛らしく
変化していく様子を安心して読み進めました。

ほのぼの路線では物足りない方もいるかもですが
ペットと化して大型ワンコよろしく
受様に甘える攻様がけっこうMYツボでした (^O^)/

2

何気ない日常の幸せのミルフィーユ

井堰高哉。29歳。男性。
非常に整った顔立ち。飼い主の言うことをよく聞き、無駄吠えもしない良い子です。

舞台は静岡ののどかな地方。
地方誌のフリーライターの職に就きながら、古き良き平家の日本家屋で暮らしている周史。
そんな彼が、ふとした事から旅行に訪れていた高哉という青年に怪我をさせてしまい、成り行きで自宅に泊めることになり、とある出来事から身体の関係を持ってしまって…
と、ここまでは「なるほど、一夜の関係からのグズグズになっちゃうアレね」なんて、BLあるあるかなと一瞬思ってしまう。
が、これがあるあるにはならない。

怪我が治るまで"ペットとして"家に置いてくれと言う攻めと、戸惑いつつも受け入れる受けという不思議な現象が繰り広げられます。
突拍子もない始まり方なのですけれど、どこも変じゃない気がしてくるのは川琴先生ならではなのか。
静岡のどこかにある田舎での、ごく普通の生活が描かれています。
2人で食事をしたり、なんでもない会話をしたり、ご近所さんからお裾分けをいただいたり。
なんだかすごく癒されました。受けも攻めも可愛くて、ほのぼのとしていてあたたかい。

特別大きな出来事は起きませんし、辛い出来事も、とんでもなく切ない出来事もありません。
ですが、お日様の香りがするお布団の上でごろごろと転がっている内に、優しい寝心地の良さにふと微睡んでしまうような…そんな感じの雰囲気があります。
このお話、私はとっても好きだな。シンプルに萌えた。
日常のあれこれを忘れて、ひたすらに穏やかで微笑ましい2人の恋模様が楽しめました。

周囲に見えない薄いバリアをはりながら生活をしていた周史が、高哉からの何気ない優しさで甘やかされる度に、どこか頑なだった部分がほろほろとほどけていく。
高哉の言葉がどれも押し付けがましくない優しさなんですよ。良かった。
行動力がある人なので、結構ぐいぐいと来るのですけれど…周史をふわりと包み込みながら答えを出すまでのお手伝いをしてあげているようで好印象。
口調も性格も穏やかで、とにかく甘いので安心して読める。
周史の手を取って優しく包み込む高哉も、高哉の手を取って少しずつ1歩踏み出そうとする周史もすごく良いんです。

始まりは突然。けれど、甘さはたっぷりのまま、日常の小さな幸せと共に、ゆっくりゆっくりと心を通い合わせていく2人の姿がなんとも心地良い作品でした。
個人的な萌えどころとしては、「布団敷こうか?」ではなく「おふとん敷こっか?」と言う攻め。
今作は攻めが萌えのツボにがっしりはまりました。

1

いぬ

わんこ好きなので購入。ほのぼのワンコ寄りなお話でフワッと幸せになったのですが、王道と思ったので萌にしました。雑誌掲載分130Pほど+その続き110Pほど+あとがき。いいなあ、こんなイケメンわんこ拾えて。

静岡の地方紙で編集をやっているフリーの周史(ちかし)。取材中にぶつかってケガをさせてしまった高哉(たかや)が「泊るところがないから、泊めて」というので、とりあえず一晩泊めたその翌日。高哉が「チカちゃんのペットになる」と言い出し・・と続きます。

攻め受け以外の登場人物は
累人(るいと、受けの数少ない友人)、桑田さん(ご近所さん、お野菜分けてくれたりする)、アンちゃん(迷子のポメ)、ちょびっとだけ受け母(有名女優)、リリちゃん(後半登場のポメ)ぐらいかな。

++良かったところ

受けさんは、両親が有名俳優+女優、自身が幼い頃にコマーシャル出演したこともあるため、早くから有名である事の弊害を教えられていた方。自らが男性を好きになる人間だと自覚したため、東京では生きづらく、両親から離れたところで、他者との関わりは薄めにし、ひっそり生きていこうなんて考えている、ちょっと寂しい方。

そんな方の懐に、するっと転がり込み、人との暮らしの暖かさを思い出させてくれた攻めさん。ちょっと押しが強めかな。お仕事ばりばりしておられて、少しお疲れモードだったのを、田舎のややゆったりめな暮らしでリフレッシュできて、こちらもとても幸せそうで良かったなあ。最後はお仕事同様に、ばりばり進みたい方向へ受けを引っ張っていってくれて、良かったなとほんわり幸せ気分になりました。

ほんわりじゃれあう二人の恋話を楽しみたい方でしたら、良いのではと思う一冊でした。

2

じっくり進む恋が読みたい方に…

身体から始まった関係が、お互いに本気の相手になるまでがじっくり丁寧に書かれています。

身体から始まったといっても攻めの高哉が、俺様だとか遊び人だとかではありませんので安心して下さい。
初めから周史に対して優しいし甘々です。


周史が人づきあいに臆病になった理由や、高哉が周史の住んでる町にやって来た理由である職業とかがきっかけで、何か大きな出来事が起こるかと思っていました。
2人の秘密にしている事情はそれくらい派手ですが、お話には一切関わって来なくて肩透かしをくらった気分です。

読みながら、えっ?えっ?これで終わってしまうの?ってくらい何も起きないし、当て馬も現れなければすれ違いもありません。

雑誌掲載の表題作ではひょんな出会いをした2人が身体から始まりお互いに本気になり遠距離恋愛になるまででした。

そして書き下ろしが遠距離恋愛から攻めの高哉が周史の住む町に引っ越し出来て、家族や親友に関係をうち開けて同棲するまでのお話でした。
 
ただ周史と高哉がセックスするきっかけのシチュエーションがちょっとこじ付けがましく思ってしまいました。
そして恋も何も知らない周史が凄くエッチで意表をつかれた感じです。

お話が途中で中弛みしてしまったと私は感じました。
ただ、2人がゆっくり好意を寄せ合って、じっくりと関係を深めて行く過程を読みたい方は好きだと思います。

1

ヤリチンの旅烏(≧▽≦)

とってもかわいいきゅんなお話でした。

受け様は地方誌のライター、周史。
攻め様は旅行に来ていた高哉。

周史は有名人の子供であることで、ゲイばれして両親に迷惑をかけることを過剰に心配して、誰も知り合いのいない地方で独り暮らしをしている。
人と深く関わることに対して慎重に暮らしてきたのに、ケガをした高哉を泊めることに。

翌朝、すでに出ていったと思って1人エッチをしているところに高哉が帰ってきちゃう(/--)/
いや〜さすがに動揺しちゃいますよね。
恥ずかしがって拗ねてるイラストがめっちゃかわいい(≧▽≦)

んで、やってみたことない事をやってみたら世界が広がるよ、言われるがまま、えいっと思いきって高哉との初えっちと相成るわけなのです(///∇///)

そのまま、高哉は周史のペットとしてしばらく同居することに。
カラダの関係から始まる2人が、心を通わせていって、身も心もつながる恋人となる、のんびりとしたキュートなお話。
高哉が東京に戻るとなった時の、周史の「ヤリチン旅烏」呼びには吹きました(笑)


恋人となったその後の書き下ろしでは、遠距離恋愛となった2人のお話。
遠距離となってめったに会えなくなって寂しいと思いながらも、スレ違いになることもなく微笑ましい様子の2人でした。

かわいいのに、なかなかにえっちぃ感じも。
だって、えっちの時の周史がとっても気持ちよさげでえっちぃんですもの。


イラストは陵クミコ先生。
先生の描く周史がかわいかったです。
そして、ポメラニアンがかわいかった(*^^*)




1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う