気持ちいいセックス…知りたい教えて好奇心

猫とベッド

cat and bed

猫とベッド
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神22
  • 萌×216
  • 萌6
  • 中立3
  • しゅみじゃない2

106

レビュー数
5
得点
195
評価数
49
平均
4.1 / 5
神率
44.9%
著者
東条さかな 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
ジュネット
レーベル
ジュネットコミックス ピアスシリーズ
発売日
電子発売日
ISBN
9784909460691

あらすじ

ネコ専門デリヘル「Stray Cat」の人気キャスト・ハルは、スイッチが入るととことん甘いスパダリ。
日路樹は気持ちいいセックスを知りたくて、勇気を出してハルと出会い、そして…?
恋心、あったかいベッドを出たり入ったりv えろとろジワる、もじイチャBL敏感系!
初公開「どきどき日路樹」「どきどき純」描き下ろしマンガ計28Pを加えたコミックス版!

表題作猫とベッド

ハル,甘やかし上手なデリヘルキャスト
日路樹,大学生の客

その他の収録作品

  • 描き下ろし①どきどき日路樹
  • 描き下ろし②どきどき純

レビュー投稿数5

東条作品はあまいちゃトロトロなのに毎回なんか違う

私は「星のウサギ」からハマって作家買いしているんですが、
ただただ甘くて癒されるをベースに、毎回期待以上の溺愛に満たされています。

それが、今回は脳みそを空っぽにしてあまイチャに身を委ねる…とはなりません。
この作品は好みがわかれそうです。

なぜなら「ネコ専門のデリヘルキャスト攻め」という設定だけでなく、
受け以外に複数の固定客とのエッチシーンがけっこうしっかりと描かれている。
スウィートキングと呼ばれるほど甘やかし上手な彼氏になってくれるデリヘルキャストなので、
受けの日路樹だけでなく、他3名の客にも溺愛彼氏になってサービスする場面があるんです。

実は単話追いしてたんですが数話追ってから今回はなんかいつもと違うぞ…と、
辛い場面で待つのが嫌だったのでまとまるのを待って単行本を購入しました。

そうなんです。今回はいつもの東条ワールドとはちょっと違うんですよ。
でも、あまいちゃトロに癒されるのは変わりなく、
何ならスイカに塩を振りかけた感じで甘さがグッと引き立つ仕上がりになってます。


気持ちいいセックスを知らない大学生の日路樹が、初デリヘルで気持ちよくなれるか試したことが切っ掛けで、
デリヘルキャストと客として出会ったハルと日路樹。

身体の関係から始まり、どこか満たされない想いを抱えた二人が満たされるまで。

どうしてもカワイイ受けの日路樹を愛でてしまう私。
東条先生の描く受けってほんとにも~可愛くてギュ~~~ッとしたくなる。
あのトロッとした眼が魅力的で、黒髪に碧い瞳って新しい扉が開いたわ。
大人しい見た目でちょっとエッチなのも可愛くて、玩具でアナニーするギャップ萌え。
ぷっくり乳首がエロ可愛くて、穴もぷっくりエッチで、ぷにゅぷにゅ感が堪らん。

甘やかし上手なハルはどこか掴みどころがない感じなんですが、その理由も後半にしっくりきました。
甘やかしと依存。そこまで掘り下げていくとは…。

雪国で前進する二人の未来に心が温かくなって癒された。

あとがきを読んで中盤からの変化についてしっくり。
受けをいっぱい描きたいから始まって素材しか用意しないまま、流れに任せて展開…やっぱり。
今までにないドキドキの展開だったので、この違和感はこれだったのね。
でも、東条節のあまいちゃトロはしっかり満喫。

そして、魅力的な脇キャラ達。
客であるタイプ違いの受け達も見どころで、私はクロ推し。
可愛かったなぁ~。似てるけど日路樹とは違う可愛さなのよ。あぁ~可愛い~。

描き下ろし②では客だった大学教授の純が教え子と。
珍しくオヤジ受けですが教授は頭が良くてカワイイんです。

雪国に行ってからのハルと日路樹が更にあまあまで、見てるだけでこっちがとけそう。
これがいつもの東条ワールド。
日路樹は可愛いだけでじゃなく芯があって内面が男前なので、
複数の受けが登場するのに満たされ感いっぱいなのがステキでした。

あまあまイチャイチャとろとろのエロエロはお墨付きですよ。

Renta:汁ありの白ぼかし。菊は基本フリーですが少し白短冊あり。

12

デリヘルキャスト”ハル”とネコちゃん

東条さかな先生の作品を全部追っている訳ではないのですが、甘々トロトロ糖度高めという印象が強かったです。

今回も甘々ではあるのですが、いつも当て馬も何もない平和な世界だったのに、何だかいつもと違う!となりました。
攻めのハルはデリヘルのキャストなので、メイン受けの日路樹以外にも他の客とも関係を持っています。
スィートキングなんて呼ばれている位なので、他の客とも甘~い、ガッツリのエッチシーンがあります。
客が皆個性的で良い人たちなので嫌悪感はなかったですが、嫌いな人は嫌いだろうなあと思いました。

あとは、ハルにちらつく影の部分も、いつもと違う!所でしたね。
何故か日路樹の事を気になっているのに、好きにならないようにしている?キャストだからというわけでもない?
時々差し込まれる過去が不穏な雰囲気!
と思っていたら元恋人!壮絶な過去で吃驚しました。
日路樹がそんなハルを救おうと、言葉を尽くして説得しているシーンがとっても好きです。
ずっと自分を責め続けていたハルも、やっと前に進めるようになって良かったなあとなりました。

ここまでの流れはけっこうハードな雰囲気もあったのですが、最後の1話と描き下ろしは甘々でした。普段の東条さかな先生の甘々そのものなので、甘々成分足りなかった人はここで十分補給出来るのではないでしょうか。

描き下ろしの純教授と能島助教授の話は、突然現れた能島助教授誰?からの暴走系キャラクターに、ニヤニヤしながら読んでました。
脇のキャラクターも幸せになっていく描写いいですね。
桜司くんもクロ(真白くん)も幸せになってるといいなぁと思いました。

2

受けが可愛い

東条さかな先生の作品は初めて読みました。

攻めのハルがデリヘルのキャストなので、肌色がとても多い作品でした。もちろん日路樹以外とのシーンも沢山あります。
それでも全然嫌悪感は無くて、むしろハルが日路樹に惹かれて行っている様子が手に取る様に分かりました。

そして日路樹が初めてハルによって快感を知ってから、急激に惹かれて行く様子がとてもいじらしくてとても可愛かったです。

ハルに抱かれて快感に蕩ける姿が色っぽかったし、ハルを思って自慰をする姿も悩ましいのです。

皆を甘やかして甘えさせたいと思ってるハルの過去はキツいものがありましたが、日路樹によって乗り越えられて良かったです。

恋人同士になってからの急展開がちょっと分かり辛かったので萌2にしました。

3

描き下ろしの能島×純が好き

何作か購入したことのある作者様です。
ベイビー、シュガー、サキュバスの頃までは好きな絵柄の作者様だったのですが…今作ではかなり荒くなっているように感じこの感じで今後もいかれるのならもう良いかなと思ってしまうぐらい絵柄が荒い。

お話は
デリヘルのボーイ攻×不感気味のお客受
というよくある設定ではありますが…
うーん……背表紙で大文字で書かれている[もじイチャBL]というよりは薄暗い系ヤンデレカプが共依存するまでを淡々と見ているといった方がしっくりくる気がします。
個人的に共依存関係は好きなのですが攻が執着系では無いと思いましたのでメインカプの話は楽しめませんでした。
スパダリと言われてる割に過去の清算はしないんだね。しかも結局同じことを繰り返してるのでは?と思ってしまって好きになれなかった。

ただ描き下ろしの能島×純が最高だったので萌2にしました。
純さん溺愛で至上な能島の暴走も良かったですし純さんの可愛いオジさんぶりも良かったです。
正直この2人の話をもっと読みたかったです。
この2人の方はお話も好きで楽しめたの絵の荒さも気にならなかったです。
カワイイって言われて我慢できなくなっちゃう純さん本当に可愛いオジさんでした。

後、クロ(真白)も黒髪受が好きなのでキャラとしてはヒロよりも好きでした。

2

甘さの中に…

甘やかし上手なスパダリデリヘルキャストのハルと、カラダが満たされずに悶々としている大学生の日路樹。

さかな先生の作品はとろんとろんに甘いお砂糖漬けのお話しが多いイメージで、受けのことをずぶずぶに愛して可愛がる攻めの溺愛ぶりが炸裂して蜜月を堪能させてもらえるかんじなのですが、他のレビュアーさんも書かれているようにちょっと今回は一味違いました。
ハルの職業上、日路樹以外にもハルに抱かれる人物が数人いて、そしてハルの過去の恋人の状態が重たい…。
そのハルの事情を日路樹が受け止めてふたり手を取り合い幸せを掴むのですが、甘さの中になんとも言えない苦みが…。
個人的な感覚として、さかな先生の作品を読むと生クリームたっぷりなショートケーキを食べてるみたいな気分になるんですけど、この作品はちょっぴりビターなところもあってティラミスみたいだなあと思いました。

最終話のハルと日路樹、描き下ろし②のハルのお客さんだった純さんと純さんのことが大好きすぎる能島くんのお話しであまあま全開のさかな先生スタイルが見られました。
カップルの会話がほんとに甘くすぐったくて、こっちが赤面してしまうくらいです。
さかな先生の次の作品も楽しみにしています。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う