小説家先生は溺愛して離しません

shousetsukasensei ha dekiai shite hanashimasen

小説家先生は溺愛して離しません
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×22
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
17
評価数
6
平均
3.2 / 5
神率
16.7%
著者
葵居ゆゆ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
あす 
媒体
小説
出版社
アスタリスク・ポミエ文庫
レーベル
電子発売日
ISBN

あらすじ

イケメンで完璧な血のつながらない兄の小説家先生と素直で天然な大学生のドキドキ溺愛ラブストーリー♡
二十歳になったらかなわない恋を終わりにしよう・・・そう決めていた茜音宮星生はずっと密かに大好きだった血のつながらない兄、茜音宮泰紀に婚活を始めるつもりだと告げる。すると「恋を知る練習が必要だね」と泰紀につげられ、まさかの同棲♡レッスンを始めることになって!?
恋を知るため?の甘々ラブレッスン開始!

表題作小説家先生は溺愛して離しません

茜音宮泰紀 小説家 星生の義兄
星生 20歳 大学生

レビュー投稿数1

甘くて切ない

あま〜い!けど切ない!

事故で両親を亡くした星生は11歳の時に茜音宮夫妻の養子になります。そこには実子の泰紀と拓也、双子の若菜、夏菜とすでに3人の養子がいました。

初めて会った時から当時大学生だった義兄の泰紀はとても優しくて、いつも一緒にいてくれて。星生も泰紀や家族に馴染んで懐いて愛されてと…。

泰紀を大好きな星生。でも兄弟だし実子の泰紀に恋をするなんて許されない。誰にも気付かれないうちに諦めなければ。そうだ!二十歳になったら!と思い詰め…。

一人暮らしの泰紀の部屋に招待され誕生日を祝ってくれた泰紀に、宣言するのですよ。
僕、婚活しますって。

ここからが、ややこしいというか星生が天然で可愛いいというか。
はぁ〜。星生が切ないんですよね。読んでるこちらは泰紀の気持ちは予想がつくのですが。星生が頑固というか必死で予防線を張ってて。スキンシップや可愛い、好きと言われる度にドキドキしては勘違いするな!と自分に言い聞かせて。

しかし泰紀もデロデロに甘いですね!
泰紀の考えもなるほどなんですがね。

ひたすらときめきと罪悪感と切なさを繰り返して。逃げる星生と逃さない泰紀。
独占欲が強くて本当の正体はどんな人なの?と心配ですが良かったですね。

みんなの癒しな星生。独占しちゃって惜しまれるのはどっちかな?

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う