ヒステリックな黒髪メガネくんは意外とかわいい

Hysterical na kurokami meganekun wa igai to kawaii

ヒステリックな黒髪メガネくんは意外とかわいい
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神18
  • 萌×234
  • 萌9
  • 中立5
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
13
得点
258
評価数
66
平均
4 / 5
神率
27.3%
著者
佐久本あゆ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス Qpaコレクション
発売日
電子発売日
ISBN
9784801974333

あらすじ

生真面目すぎる大学生・藤江の最近の悩みは
一番の友人・吉田に親し気に近づく男のこと。

その男・大嶋春樹はチャラついて軽薄そうなうえ、
ゲイだという噂にふたりの近すぎる距離感も相まって
デキているという話まで流れるように…。

そんな奴、吉田には相応しくないのに!!

噂されていることをふたりに伝えると大笑いしながら否定され
逆に吉田の"恋愛相談"に乗っていたのだと明かされる。
自分ではない人間に相談していた事実にショックを受け、
大嶋に敵意を向け冷たい態度をとるも当の本人はやたらと絡んでくるし、
さらには落ち込んでいる藤江のファーストキスを奪ってきて――!?!?

スキンシップ過多ゆるチャラ男×堅物ド真面目メガネくん
両極端なふたりのキョリ詰め じりもだラブ★

表題作ヒステリックな黒髪メガネくんは意外とかわいい

大嶋春樹,21歳,大学生
藤江修斗,20歳,大学生

同時収録作品吉田家の蜜月記

吉田和眞,義弟,17歳,高校生
吉田優哉,義兄,20歳,大学生

その他の収録作品

  • 黒髪メガネくんは意外と積極的(描き下ろし)
  • カバー下、あとがき

レビュー投稿数13

堅物くんホントに可愛いな!

「幼馴染だけど性的に好きです」のスピンオフとの事で、再読してきましたがやはり最高でした♡
正確には「幼馴染のー」に同録の「兄が好きだがー」からの吉田兄弟のお話のスピンオフです。

スピンオフ元では吉田兄弟がカップルになるのをナイスアシストした大嶋が吉田兄の友人で真面目人間の藤江と付き合うようになるまでのお話でした。
藤江がホントに真面目でカタブツで、こんな子が大嶋と恋愛関係になれるのか…もちろんキスもHもしたことが無いピュアそのものだし、色々心配だったんですけど、めっちゃ可愛かったですよー。

真面目ゆえに大嶋との向き合い方も真剣で良かったです。
大嶋とはホントに正反対の性格なんだけど、藤江の真っ直ぐさを好ましく思ってただの面白半分が本気になってくのが共感できました。
藤江は沼、そんな感じですかね。

吉田兄弟の続編も非常に良かったです。
週末、親が居ぬ間のヤリ溜めでしたw

1

吉田ブラザーズの存在感

「幼馴染だけど性的に好きです。」のスピンオフって知りました。何でもっと早く買わなかったんだろ〜!吉田兄弟が大好きだったので、こちらの作品でいっぱい登場してるの知って、めっちゃテンション上がりました^ ^


もちろん表題作も面白かったです。
吉田兄の友人・大嶋の恋愛対象がクソ真面目な藤江で、真面目なゆえに振り回される様子がコミカルで良いです。簡単に身体の関係を許さないのも◎。会社の申し送り事項のような、ルール作りと話し合いは笑ってしまいました。
意外と大嶋も言うこと聞いていて、なんだ。すごいお似合いの2人じゃんって、微笑ましく読んでいきました。

藤江は優哉を高校の時から実は好きで…って思っていたら、全然そんなんじゃなかったです。よこしまな目で見てしまってゴメンよ…(笑)

このストーリーに大きな問題はなくて(大嶋の元カノも不発でした)、大嶋と藤江のお試しから恋人同士になるまでを、手探りでかつ悩みながら進んでいく様子にすっかり惹き込まれました。吉田兄弟の出番が多く、物語のアクセントになっていて、そこもすごく良かったです^ ^


吉田兄弟の蜜月記が、最高に良かった!!
親の旅行中、エッチばかりの2人……優哉の蕩ける顔がエッチ過ぎます。そして可愛いぃ〜。和眞の性欲はさすがに高校生ですね。ガツガツしてる和眞、好きです(笑)終始ニヤニヤしながら読みました。
2人のイチャ甘が読みたいと思っていたので、すごく満足しました。仲良くやってるようで嬉しかったです^ ^


「幼馴染だけど…」を先に読むと、もっとこの作品を楽しめると思います。もちろんこの作品のみでも十分に面白いです。おススメです!

1

スピンオフ

前作「幼馴染だけど性的に好きです。」に出てくる吉田弟と吉田兄とその友人の大嶋と新登場の藤江の4人が織り成す恋物語。

吉田弟よ…めっちゃいいキャラしてんな笑笑

そして吉田兄よ…めちゃめちゃえっろいな!?

スピンオフもごちそうさまでした♡

続き読みてぇぇ…

2022/06/21 読了

0

お似合いなふたり

スピンオフということですが前作での大嶋がどんな立ち位置だったか思い出せず。そのまま読み始めたけれど、特に問題なく読めました。

チャラくてノリが軽めの大嶋ととっても真面目な藤江。正反対なふたりのちょっと噛み合わないやり取りはわりとキュン度が高めで、ウブな反応をする藤江の可愛さにやられました。
真面目なのだけど堅物ではなく順応性が高くて、勉強ができる以外の地頭の良さがすごく推せるなと思いました。
頭でっかちな真面目くんだったらイラッとしていたかもしれません。

吉田兄弟もいい仕事をしてくれて無事に甘い関係になってくれて良かったです。

0

藤江は萌る!!でもなー…

一冊殆どが表題ですが少しだけ吉田家の蜜月記<和眞×優>のお話が収録されています。
絵柄は癖もなく好みは差程分かれない作者様だと思います。
個人的にはいつもお上手で綺麗だなと眼福です。


チャラくて軽薄な印象のゲイ攻×生真面目で真っ直ぐだが堅物のメガネ受というカプです。


お話は生真面目すぎる大学生の藤江(受)の最近の悩みは一番の友人である吉田に親しげに近付く大嶋春樹(攻)のことだ。
大嶋の軽薄な言動やゲイだという噂に2人の近すぎる距離感も相まってデキているという話まで流れ始め………という感じで始まります。


【感想】

前作の幼馴染みだけど~のスピンオフ作品のこちら。
私は幼馴染みだけど~は読んでいないのですがこちらの作品だけでも十分にお話は分かりますし楽しめます。
さてこちらの作品なんですがタイトルにあるヒステリックというのがどうしても引っ掛かっていてなかなか手を出せずにいたんですが評価も良かったし好きな作者様の作品でもあるので思いきって購入!
読んでみて思ったのがあれ?別に全然、藤江ヒステリックじゃなくないか?寧ろ堅物で真面目ででもちゃんと自分の非を認めて反省できるとってもいい子!!!
可愛い!!と萌え萌えニヤニヤしました(笑)
ただ、萌評価になったのが春樹なんですよね……うーん…なんだろうチャラくて軽薄な攻としては極標準的なんですけど終始、本気かどうかが今一つ伝わってこない。
なので結構な厚みがあるんですがこう春樹の必死さとか本気度がなかなか伝わらなくていまいち乗り切れなかった……
続刊がでるならもうちょっと焦ったり本気で藤江を好きでカッコ悪くダサく追い掛ける春樹の姿がみられたら良いな。
だって絶対今のままじゃ恋愛幼稚園生な藤江が春樹の本気疑うだろうなって思うしなぁ……

0

チャラ男は一度余裕を無くして欲しい

表題作は無愛想黒髪メガネとチャラ男の組み合わせ。メガネ君は友達思いなとこや純情なとこを見せて受けとしての可愛さを出してくれてるんですが、どうにもチャラ男との相性が良いと思えなくて、カプとしての萌えが足りませんでした。キャラを個別に見れば二人とも魅力的なんですが。
藤江と吉田の友情に惹かれ、藤江に目を付ける大嶋。始まりはとっても軽いんだけど、藤江もなんだかんだちゃんと自分の意思でお付き合い(仮)を決めます。藤江は相手が自分を好きなのかにばかりこだわってるなあと思ってたら、唐突に大嶋に告白してて、いつ好きになったの?とびっくりしました。チョロい…。あともっとチャラ男大嶋の余裕がなくなるところが見たかったです。
もう一編は兄弟もの。続編なのですでにカップルになってて、「蜜月記」っていうタイトル通りいちゃついてるだけです。短編で何回ヤってんだってくらい家の中のいろんなとこでヤってます。
さらっと読める一冊でした。

0

ヒステリックな●●メガネ

表紙のデジャブ感 コレはあの ラップの 間違っちゃいないけど そりゃ衛生面とかいろいろ考えたらアリっちゃアリなんだけど どうにも笑いを堪えることができなかった使い方を披露したおバカさん2人のスピンなのか?

と 買ってはいたんです けどどこを探してもネタ元が見つからなくて 致し方なくお復習なしで読んじゃいました


友達とられて女々しく拗ねる男子大学生
そのねちっこい拗ねがなんだか無性に腹立たしく感じるのは 女特有のそれに似てるからなのかな?

女子中高生みたいな事言っちゃってるメガネに オープンゲイの中途半端なツッコミ そして唐突につき合うことになるこの展開

ネタ元知らなければよかったのかな?
向こうとはテンポは違いすぎるこの感じに こんなメガネいたかどうかも思い出せず 誰がネタ元と繋がってたか2話になるまでまったく思い出せなかった


おバカさんの同級生の吉田兄弟の繋がり 要は スピンオフじゃなく スピンから派生した別物なのね どおりで見たことないわけだw と やっと本腰いれて読む気になったっていうね


読んでみて気づくヒステリックが見当たらない
ヒステリックになる要素がない

実直のクソ真面目 終始物事を真正面から捉えるメガネに 発狂や興奮なんて 想像するのも烏滸がましい

ついにはアッサリ読み終わって「へ? こんだけで終わり?」なんて思ってた矢先にネタ元の兄弟のお話が


きぃぃぃぃぃいいいッ!
ダメだぁぁぁああああ((怒))

ネタ元みないとさっぱり分からん
紆余曲折したことは分かっても似たような兄弟多すぎて 蜜月なのはいいがどうやってくっついたかまったくわからんッ!思い出せん!


あーーーッ!もぉッ!
元を読まずして読むんじゃなかったッ!

先のふたりよりよっぽどこっちの話の方が ヒステリック? 興奮しっぱなし?


結局 タイトル通りにヒステリックになったのは 老眼鏡かけたあたしと吉田兄弟だったような……

ちょっと本気で家捜しせねばッ!

0

真面目ってかわいい

受けくんがすごく好きです。第一声です(笑)。
他の作品にでてくる兄弟カップルもでてくるのですが、その兄のほうの友達同士のお話です。友達同士と言えど、それぞれ別の環境での友達が大学で一緒になって…とまあ、いろいろあるのですが。
チャラそうだけど過去から性格がちょっといびつぎみな攻めくんと、真面目で堅物だけど誠実でまっすぐな優しさも素直さもある受けくんのお話です。
この受けくんがかわいい!私的にですが…。
くそ真面目で手を出されかけてもさっと冷静に阻める。ともかく頭で相手のことも思いやりながらも冷静になんとか相手に言葉や態度を誠実に伝えようとする。そう、直球に頑張って伝えようとする。ちょっとずつ手を出されながらうぶなのでパニクりながらも冷静に(?)。
そして、攻めくんもなかなか意志疎通に困りながらもそれをかわいいと思うし無理矢理とかでなく、真面目を巧く逆取ってすすめようとしたり。でも、受けくんが斜め上にとってたり、返してきたり、それもかわされたかと思ったらきちんと受けくんなりに理解したらいきなり直球に言葉がくる。
だから、もだもだです(笑)。何度か笑わされました。
二人のやりとりがかわいいです。

0

チャラ男×真面目のじりもだ

スピンオフ目当てで買ったはずなのに、全く前の話を思い出さずに読んでいて、ダブルデートで和眞が出てきて思い出しました。
やっぱり事前に読み返さないと忘れてますね。

普通に生活していたら絶対に友達にもならなそうな2人が、優哉を通じて知り合い、お試しで付き合うことになりました。
恋愛初心者の藤江が、スキンシップ過多な大嶋に振り回されている?ように見えるけど、意外にしっかりしてて自分の考えもビシッと言ってるのが良かったです。

真面目過ぎな所はあるけど、藤江は本当にいい奴で、初めての恋愛で失敗しちゃった大嶋の癒しになったんだろうなと思います。

でもお試し期間中にお尻開発は普通しないよね、騙されてる〜と、笑ってしまいました。

そもそもお試しの前から色々手を出されていて、藤江のそっち方面のチョロさがすっごく可愛かったです。

手を出すのは早いんですが、好きになっていく過程は丁寧に描かれていて、感情移入しやすかったです。

前作「幼馴染だけど性的に好きです。」の2組目のカップル吉田兄弟(義理)ががっつり出てくるし、大嶋くんも前作に出てくるので、読んでないなら前作から読んだ方が面白いと思います。

0

真逆なふたり

『幼馴染だけど性的に好きです。』に出てきていた吉田(兄)優哉の友人・大嶋はお調子者でちょっかい出したがり、という印象だったのですが、今作もそのまんまなかんじでした(笑)。
あのお堅い藤江にぐいぐい攻めていく姿勢がすごいなあ、と思います。

藤江のズバッとした物言いや気持ちを包み隠さない真っ直ぐさはちょっと空気を読めないかんじにもとられてしまいそうなんですけど、嘘がないのがわかるので見ていて清々しいし、恋を自覚しはじめて自分の決めた報連相ルールをすっ飛ばしちゃったりとペースを乱されちゃうのがかわいかった。

大嶋と藤江。
考え方も性格もいろいろと真逆なふたりがお互いを知っていきながら距離を縮めていく過程がゆっくりと丁寧な心情描写で描かれていて、大嶋の押せ押せなタイプからは想像つかない穏やかなペースで進む関係が心地よかったです。

同時収録に吉田兄弟のふたりきりの時間をここぞとばかりに堪能するラブラブ編が収録されていて嬉しかった〜。

普段真面目な受けがエロいことしている時に乱れるギャップが堪らない。という大嶋と和眞の攻め組の意見に完全同意でハイタッチしたくなりました(笑)

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う