午前2時まで君のもの(上)

gozen2ji made kimi no mono

午前2時まで君のもの(上)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神126
  • 萌×240
  • 萌16
  • 中立7
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
23
得点
845
評価数
192
平均
4.5 / 5
神率
65.6%
著者
奥田枠 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
新書館
レーベル
Dear+コミックス
発売日
電子発売日
ISBN
9784403667961

あらすじ

道夫は、学生時代からずっと友人の恭一のことを好きだったが、想いを告げることもなく21歳になる現在まで、キヨラカな友人関係を続けている。ところがある朝目覚めると、彼の世界は一変していた。道夫は29歳になっていて、隣には見知らぬ寝顔が――…。奥田 枠が描く、切なく愛おしく繰り返す、真夜中過ぎのカウントダウン・ラブ、上下同時発売!

表題作午前2時まで君のもの(上)

伊勢崎恭一,中学生→29歳
豊島道夫(ミチ),中学生→実家のクリーニング店で働く青年,29歳

その他の収録作品

  • 俺の知らない5年前の話
  • 道夫的懸案事項

レビュー投稿数23

上下巻通しのレビュー

あらすじは

主人公は交通事故で記憶障害となり、新しい記憶を積み重ねる事が出来ません。一日を過ごし寝て起きると事故後の事は全て忘れてしまう脳内は永遠の21歳です。

話は8年後29歳。5年前に結婚しますが、事故後の事なので毎朝初対面です。彼にとって変わらない事は学生の時からの親友とはまだ続いていること。その親友に恋してる気持ちは隠していること。父親のクリーニング店を手伝っていることだけです。

そうした連続することのない毎日の営みと生活している人達との調和や誤解、すれ違いが、1話毎時系列が移動したり視点が変わったりする進行とマッチしています。各話に題が付いてますがこれも凄く良いです。

『知らぬが仏』と言う言葉を思い出す少しザワつくハッピーエンド。でもこの最終回に散らばる細かな部分があるからこそ作品の深みが増します。


11

個人的地雷がバックボーンの作品ではあるけれど。

作家買い。
奥田さん作品はほぼ読んでいると思いますが、めちゃめちゃドツボに突き刺さる1冊でした。ネタバレ含んでいます。ご注意ください。






主人公はミチ。
中学の時からの友人・恭一のことが好きで、好きで。ずっと忘れられなかった。21歳の今まで、清らかな友人関係を結んできたけれど、酔った勢いで、一度でいい、と言って迫り関係を持った。29歳の恭一は手馴れていて、優しく大切に抱いてくれた。

けれどミチは終電に乗って帰る場所がある。
妻・灯が待つ家にー。

読み始めたとき、ミチが既婚者ということに衝撃を受け、えー、不倫もの?(←個人的地雷)とちょっぴり萎えつつ読み進めました。そして、ところどころ違和感がある、というのか。恭一とミチは友人なのに、年齢差がある…?んー、なんで?みたいなちぐはぐ感。

ミチは既婚者なので不倫ものではあります。ありますが、そこだけがメインになったストーリーではありません。どこまで書いていいのか、これほど悩む作品、レビューもないなあ、と思いつつちょびっとだけ。以下、壮大なネタバレになりますので、お嫌な方はここでストップされてください。







*************************************

ミチはとある理由から、記憶が長続きしません。
21歳までの記憶はあるが、それ以降のことは一晩寝ると記憶がリセットされてしまう。

そんな彼を支えてくれているのが、ミチの父親と、そして妻の灯。
記憶をなくす彼に、明るく、何でもないことのように、日々接してくれているのだった。

ミチが愛しているのは恭一。
けれどミチには大切な妻がいる。

いわゆる不倫ものですが、悪い人がいないんですよね。
いや、しいて言えばミチは悪い。不倫、良くない。
でもですね、彼が灯と結婚しようと思ったその気持ちに嘘偽りはないんですよ。そして灯が良い人なんだなあ、これが。

毎朝、毎日。
「この人誰?」という目で自分を見る夫。約束をしても覚えていない。先のことも見通せない。それでも灯はミチを大切に想っている。

そんな灯を、ミチも大切に想う。大事にしたいと思う。
けれど、心の奥底で愛しているのは恭一で―。

朝起きて、灯の夫の道夫になる。
そして夜、恭一に会いに行く。終電に乗って家に帰るまでの時間。その時間は、恭一を愛しているミチになる。

この三人の関係の行く末が気になって気になって、上下巻の2冊を一気に読んでしまいました。あ、今作品は上下巻同日発売になりました。ぜひとも2冊まとめて買われることをお勧めします。

10

結婚が地雷でもぜひ!

奥田枠先生は独特な設定や暗さ・苦しさのある作品を描かれていると思います。
綺麗な絵柄からドロドロした気持ちの表現があり、残酷さの中に美しさと切なさがあります。
今作は受けが結婚するので地雷だと感じる人もいるかもしれません。

21歳までの記憶しかないなく、寝たら記憶がリセットしてしまう脳の障害があるせいで、受けのミチは攻めの恭一に片想いをしたまま。
両想いなのに、身体の関係もあるのに、互いの幸せや周りの人への配慮でなかったことにしてしまうふたりの想いを読んでいてとても辛かったです。

スマホのアラームがとても切ないです。
終電で午前2時までに妻のいる部屋に帰って、翌朝に妻の横で目覚めるために鳴るんですよ。それまでふたりは愛し合っているのに。

誰も悪くないし、みんな優しい気持ちで思い合っているんですよね。でも結局、歪みがある関係と想いだから誰も幸せになれない。

妻との別れとふたりの決断。
ずっと21歳の時のまま止まった時間をひとりじゃなくて、ふたりで過ごしていくのが中学時代からふたりにとっての幸せなんだろうなと思いました。

上下巻なので、登場人物の気持ちの変化や状況がいつも以上に丁寧に描かれている作品でした。
ノンストップで読んでしまいます。
作品のタイトルも各話のタイトルもとてもよくできていました。作品を読み解くのに助けになります。
ぜひ、上下巻一緒に買って読んでみてください。


あと、わたしは奥田先生の描く赤面しながら涙や涎を垂らす受けが大好きです!

7

ううぅ

まだ上巻しか読んでません。
なのにこんなに切ないなんて…、最初に電子の試し読み読んじゃって道夫が結婚してたのに驚愕してしまったんです。だから怖くて読むのが今になりました。

道夫がどんな気持ちで灯さんと結婚したのかは分かったけど、恭一の気持ちを考えると悲しくて痛くてまさに「拐った」という表現がピッタリだと思いました。

確かに道夫を好きで灯さんはプロポーズしたんだろうけど、どうしても浅はかにしか思えなくて…。

29歳になった道夫がこのタイミングで変化を起こして来た理由が何なのか、とても気になりつつ下巻に進みたいと思います。

上下巻同時発売で良かったです。泣

4

2021年ラストに選んでよかった

とてもとてもよかったです!12月は大好きな作家さまの作品がたくさん出たので色んなの読みましたが、もう!ほんとたまらん!買ってよかった!!って思ってます。

とても切ない設定です。
受けが記憶障害を持っていて、大好きな親友と身体の関係はあるけど、いつまでも片思いしていると思っています。
眠ってしまうとそれまでの記憶がすべてリセットされてしまうから…
それをすべて知っていて受け入れている攻め。
そして、受けは結婚もしていて…

どんなラストになるんだろうとハラハラしながら読みましたが、私はこのラストでとても嬉しかったです。
この先に明るい未来だけがあるわけでは無いと思いますが、どうか静かに2人を包む未来が待っていてほしい。
ぜひ平凡な毎日をゆっくりと過ごす未来であってほしいと願います。

3

繰り返す日々の中で

学生時代から友人の恭一をずっと好きだった道夫。
ある晩酔った勢いで想いを告げ、衝動的に身体の関係を持って。
友人としてでは知り得なかった"オトコ"の部分を見て、嬉しいような切ないような感情を抱きながらも
想い続けた人と繋がることが出来た喜びを噛み締めながら家路を急ぎ
辿り着いた自宅には彼を待つ妻の姿が…。

1話のあらすじをまるっと書いてしまいましたが
この時点ではまさか、道夫にあんな事情があるとも知らず
「あぁ、こういうパターンか…」と、心の中で密かにこれからの修羅場を覚悟しましたが
男女間の争いよりもずっとずっと苦しい展開が待っていたのでした。

道夫は21歳で事故に遭ったあと、新しい記憶を保つことが出来ず
朝起きてその現状を受け止めるところから一日が始まって、周りや自分のことを少しずつ理解していくのだけど
眠りにつくとまた、真新しく自分の知らない自分を始めなければならないわけで…
21歳で止まったままの自分と8年の間に変わってしまった現実をやり過ごす日々からどう抜け出していくか?
道夫自身が変わろうとしているのを全力で応援したい気持ちになりました。

恭一を想う気持ちは何度新しい自分になっても変わらずそこにあるのに
強く想うだけでは変えられない現実が切なかった。
恭一もまた、道夫を想っているのは明らかなのだけど…
今後どうなるのか、ざわつく心を抑えつつ下巻を読みたいと思います。


3

ボロボロ…

上巻のみの感想です。

チラチラ雑誌で読んでいたので、結末まで知っていますがそれでもなおボロボロ泣きました…。
そして、上巻は凄く良いとこで終わりますので上下巻揃えてから読むことをオススメします。

まず、恭一は覚えてる側ということもあり表情がちょいちょい切ない…。もちろん、覚えてない側の道夫も切ない…。さらには、結婚している奥さんも良い人で…。(奥さんとのラブシーンはないです)
今回、描き下ろしで結婚する切っ掛けが描かれていたのですが、それも切ないです。

ストーリーもとても面白く描かれています。


















紙本購入
修正は白短冊です。

3

すでに辛い

素直に面白いです
記憶喪失系って結構辻褄合わないこととかあるんですけど設定がちゃんとしてて納得のいく内容
先が読めない展開なので楽しめます。

嫁を含む三角関係。受け結婚しちゃってます…地雷の方は注意ですけど、好き合っての結婚じゃないので私的には許せました。
みんな可哀想だし、誰が悪いとかがないからこそ、みんなの気持ちを考えると辛い。のだけれど、どーしても恭一が一番可哀想ですでに泣きそう笑

これから下巻読むので一旦深呼吸。
どんな結末なんだろう。ドキドキです

2

設定がよくわからないが面白かった!!

時間軸が動く係のものがよく理解できないんですが、大好きです。

今作は沼のお勧めレビューツィで知り、即ポチリました。いつもの行動です。
年末に奥田先生ができ心で流したツイッター短編みたいなやつ(感情が外見に出る話)も面白くて、今までノーマークだった自分をぶん殴る‥といういつもの行動をしました。

SF上手いな〜と思います。
記憶喪失もの(?)まぁまぁ見たことあるじゃないですか「メメント」とか。

とにかく何もわからない主人公の目を通して、読者も何もわからず先も読めずハラハラ・ドキドキできてとても楽しいジャンルですよね。

怪しい人だと思ってた人が怪しい行動ばかり取ったり、怪しい人と思ったらそうでもなかったり、信頼できると思ったら怪しかったり、記憶喪失の人って自分がわからないせいで、周りの人たちにも懐疑的で、出てくる人出てくる人胡散臭い。メメントの話ですが。

今作は良い人しか出てこないBLファンタジーなので、めちゃめちゃ安心して読めます。ハラハラ・ドキドキ&安心感。つまり傑作です。
受けが毎回新鮮なリアクションで攻めに抱かれるの、想像しただけでのたうち回りますよね‥!
最初は二人とも初めてで、そのうち攻めが何度も受けを抱くことで経験値が増し、慣れた仕草に気付いてショックを受けつつも、受けの身体は、ちょ~開発さててさ‥。

絵も無骨さとセクシーな魅力のある絵柄です。

切なさと愛しさと心強さを感じられる傑作BLなので、みんな読んでください!!
ついでに「メメント」も見て!

2

切ないし愛しい

一話の試し読みで購入を決めました。
重いテーマなので人を選ぶかもしれませんが、気づけば夢中になって一気読みしました。はぁぁ、、、よかった。

キャラクターがみんないい人で、ミチが前向きなキャラクターなのが特によかったです。そうでもないとあまりにも救いがない、悲しい現実。自分も、周りも、苦しみ続けてきたけど、それでもその毎日を幸せなものにしていきたい。あまりの切なさに久しぶりにBLを読んで泣いてしまいました。2022年最初のBLにこの作品を選んで大正解でした。
上下巻で読み応えもあり、タイトルの回収が素敵でした。ネタバレはできるだけ避けて、事前情報無しで読んでもらいたい作品です。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う