赤獅子の王子に求婚されています

akajishi no ouji ni kyuukonsareteimasu

赤獅子の王子に求婚されています
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神2
  • 萌×26
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
3
得点
46
評価数
14
平均
3.4 / 5
神率
14.3%
著者
彩東あやね 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
カワイチハル 
媒体
小説
出版社
新書館
レーベル
ディアプラス文庫
発売日
電子発売日
ISBN
9784403525452

あらすじ

珍しいオッドアイのせいで王宮の献上品にされかけたテオは、その途上、獅子に変化する王子のカイルに攫われる。彼はテオこそが自分の呪いを解く「天の子」だと言って契りを結ぼうとするが!?

表題作赤獅子の王子に求婚されています

カイル,25歳,シャタール国王の逆鱗に触れ獅子になった第6王子
テオ,17歳,珍しいオッドアイのために献上品にされかける農民

その他の収録作品

  • 赤獅子の王子に嫁ぎます
  • あとがき
  • 花嫁の小さなやきもち

レビュー投稿数3

ラブラブで可愛いカップルでした

悪ガキで放蕩息子な第6王子が獅子になる呪い付きで勘当されて、呪いを解くために放浪中に受けと出会う話。

怠け者で偉そうな攻めと素朴な農民の受けが共に旅をする様子が楽しい。その道中、働き者で慎ましい暮らしの中でも幸せを見出して笑顔な受けに攻めがどんどん感化されていくのが良かった。二人が隠れ里のような貧しい集落に辿り着いてそこで暮らし始めた頃には、攻めが受けとお似合いの働き者になっていたのが凄い。二人の素朴な暮らしの様子が微笑ましかった。

基本は甘くて優しいお話なんだけど、ちょくちょく現実的な厳しさもピリッと効いてるのも面白かった。受けと父親の関係やその裏切りの受け止め方が印象的だった。あと攻めが街でくすねてきたお金で糊口を凌ぐしかなくて、最初は攻めを非難して我慢してたけど、最後は空腹に食べ物が泣けるほどに美味しくて次々に頬張りながらもそんな自分が悔しくて堪らない受けのシーンも印象的だった。

あとこのカップルのイチャイチャがとても好みだった。
受けは初心で無垢な子なんですけど、攻めが大好きで凄い幸せそうだし、積極的な場面もあって好き。初めての時に、今からお前の可愛いと思うところ全部に口付けしていくから〜とゆっくり始めて紳士的なのも良い。受けは全身に口付けされてそこも可愛いんだ…と思いながらも幸せそうで素敵なシーンだった。

その後攻めは勘当が解かれて王子として復帰するんだけど、その経緯が国民達の間では修行扱いで美談になってたのに笑った。

書き下ろしは二人が王宮で暮らすことになってからのお話。
農民として生きてきた受けが王宮での暮らしに馴染めない様子が辛い。
女官に話しかける時は指示をするって概念がなくて、お伺いを立ててしまって女官は主に許可を出したりはできないしで困惑しちゃうディスコミュニケーションにはなるほど〜そりゃ庶民には教えて貰わんとわからんな〜と大変さに納得しちゃった。

最終的二人が選んだ暮らし方も好きだった。

0

元不良王子と、働き者のうぶな少年

雑誌掲載時から文庫化を楽しみにしていました。
カイルは、放蕩がたたって「天の子」に出会うまでは赤獅子になってしまうという呪いをかけられた第六王子。美貌で、獅子のときもかっこいい。性格はワルガキがそのまま大人になった感じですが、本当は優しい心の持ち主です。そんなカイルが出会ったのが、オッドアイで、おひさまのもとで働くのが大好きな農民のテオ。
このふたりが結ばれるまでのきゅんきゅんなお話と、続編で結婚するまで、あと短いお話がひとつです。
カイルが、とにかくかっこいい!男前!優しい!そして、まっすぐで、うぶなテオがかわいい❣️ともだち(?)のカラスもいい味を出しています。
後半、結婚が決まり、宮殿で暮らすことになったテオが慣れない生活で、くたびれてしまうけれど、カイルのためだからと、がまんしています。そんなテオを幸せにするためにカイルが選んだ道が素敵だと思いました。
カワイチハル先生の挿し絵が、かっこいいカイル=赤獅子と、かわいくて一生懸命なテオにぴったりでした。うぶなテオがカイルによって花開く(赤面!)のにも萌えました。
ふたりには、末永く幸せに甘く暮らしてほしいです。

0

獅子の呪いをとくために

今回は獅子になる呪いをかけられた王子と
珍しいオッドアイをもつ農民のお話です。 

受様との出会いで攻様の呪いがとけるまでと
2人の結婚に絡んだ続編と短編を収録。

受様は熠の国の端の貧しい集落で
義父と暮らす農民です。

熠の民は黒髪に黒い目が大半ですが
受様は母の病で義父の故郷に移り住んだため
薄黒い髪色と右は青、左は黄金という
かなり稀な容姿をしていました。

田畑で作物を育てて生計を立てている受様が
収穫した作物を売りに市場に行くと
王が王妃のために珍しい物を探していて
商人がこぞって稀有なモノを献上している
と言う噂を耳にします。

自分には関係ないと思った受様でしたが
オッドアイに目を付けた盗賊に攫われ、
献上品を探す商人に売られてしまいます。

受様は宮廷服を着せられ
王の兵に守る輿に乗せられて
王都へと向かうことになりますが

今度は商人の一団が赤いたてがみの獅子に
襲われてしまうのです!!

猛り狂った様子で隊列を蹴散らした獅子は
兵士にも牙を抜いて飛びかかり
受様は地べたに放り出されてしまいます。

受様は腰を抜かしてしまいますが
獅子は受様の肩口に噛みついて
己の背に乗るように促し、
その場から駆け出したのです。

訳が分からない受様でしたが
赤い獅子は受様を天の子と呼んで
「お前こそが我が伴侶」と言いながら
受様の宮廷服を引き割き、
受様はあまりの恐怖に気を失います。

受様は獅子に食われてしまうのか!?
獅子の目的とは何なのか!?

雑誌掲載のタイトル作に続編を書き下ろした文庫化で
父王の逆鱗に触れて呪いをかけられた攻様と
攻様に呪いをとく人物としてロックオンされた受様の
ラブコメディです♪

この獅子こそが今回の攻様で
呪いを掛けられたシャタール国の王子です。

攻様は第6王子として生を受けますが
貴族の放蕩息子達と乱痴気騒ぎや女遊びを繰り返して
父王の逆鱗に触れて獅子の姿になる呪いを
掛けられたのです。

人の姿に戻る事は出来るのですが
丸一日も人姿になるとと疲労で倒れてしまうらしく、

攻様は右目で現実を、左目で未来を見ることのできる
天の子と出会い、夫婦としての契りを結べば
人としての生を取り戻せると言います。

受様は助けられた事には感謝しますが
天の子でもなく、贅沢にも興味がないと
攻様と別れようとするのですが

逃げた受様を探す兵が山狩りをしているからと
獅子の姿になった攻様に家まで送られることになり・・・
と物語は続くのですが

攻様の呪いがとけるまで
タイトルから受ける王道路線なイメージとは
だいぶ違っている展開にワクワク&ドキドキ、
たいへん楽しく読ませて頂きました。

そもそも攻様が呪いを掛けられたのが
放蕩息子だったせいだった・・・と設定が予想外で
まずびっくりしたのですが

自己中心で俺様な攻様ですが
身分をかさにきて他人を見下す人ではないので
純真でまっすぐに生きている攻様と出会い
受様と過ごす事でまっとうに改心していきます。

攻様との旅で世間知らずだった受様の成長していき
互いが互いに影響されながら変わっていく展開で
とても面白かったです。

カワイ先生のイラストが
攻様は獅子姿も人姿も凛々しく
受様は可愛らしく物語世界にぴったりでした♡

1

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う