• 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作恋は不埒か純情か

柏木武琉,28歳,椎名の部下,成人向け漫画家
椎名侑人,35歳,食品輸入販売会社総務部課長

その他の収録作品

  • 不埒な恋は花ざかり
  • あとがき

あらすじ

部下の柏木が無断欠勤したと勘違いして自宅訪問し、彼が副業でおっぱいだらけの成人漫画を描いていると知ってしまった椎名。
代償に椎名の秘密も知りたいと言われゲイを告白するものの、さらに理想のエッチのシチュエーションを語らされ、うっかり反応したところを柏木の口でいかされる羽目に。
眼鏡を取った柏木が好みすぎることもあり、椎名は柏木を意識するようになるが……?
真夏の年下攻ラブ・エロティクス♡

作品情報

作品名
恋は不埒か純情か
著者
彩東あやね 
イラスト
高階佑 
媒体
小説
出版社
新書館
レーベル
ディアプラス文庫
発売日
電子発売日
ISBN
9784403525773
3.8

(39)

(17)

萌々

(9)

(6)

中立

(4)

趣味じゃない

(3)

レビュー数
10
得点
143
評価数
39
平均
3.8 / 5
神率
43.6%

レビュー投稿数10

エロ漫画家とその上司

表紙見て刑事ものと勘違いしてしまったのですが、、、総務課リーマンものでした!高階先生のイラストがよすぎるので、そこでやや評価を底上げしています。

好き♪
①イラスト!!!
②副業エロ漫画家という設定、そしてそのペンネーム…”ちん”って。。
③課長の元彼がいけ好かないリーマンという設定。下衆な方法で”より戻そうぜ!”と迫るっていうシチュが性癖なんですよね(たぶん前世からの業だと思います)
④課長がうっかりエロ漫画家の男キャラばっかり評価して自爆するところ(可愛い&面白い)
⑤ハプバーネタなどスケベの官能みが濃かったです!

ハマらんかったとこ♪
①課長の言葉遣い(あまりにおっさん臭かった印象…)
②攻めの設定の一部(メガネはずしたらイケメンっていうのと巨乳好きっていうとこ…)

総括:細かいところを気にしなければ、突き抜けたラブコメ!として楽しめます。
先生があとがきで、攻めは水瓶座かな〜といっていたのは割と説得力ありましたw

0

恋は不埒か純情か

純情!!!年上受け!!!
一途強め推し年下攻め!!!!!
眼鏡攻め様
汗フェチ…大好物の方…
是非に…

0

まさに、不埒か純情か?

こちらタイトル、受・椎名のことか?てくらい、まんまです。

受・椎名…
総務課長。一人暮らしでベッドはキングサイズのアナニスト。度を越したエロ乙女。休みの日には常備菜を作り置きする男。ゲイ。

攻・柏木…
椎名の部下。副業、エロ漫画家。隠れイケメン。ノンケ。

一見、受けが純情、攻めが不埒に見えるんです。が。エロ乙女・椎名が両方担当しています。

攻めは、肩書きがクセ強なだけで、結構普通感覚。ものすごく"尽くす"とか"執着する"と言うでもなく。
割と自分のペースを崩さない。好きな人のために頑張るし、情熱も見せるけど、異常な強引さはない。

この本の主役は、あくまでも受・椎名。
この人は、愛すべき変な人です。
純情乙女なのに、急に曝け出す。

椎名の自覚としては、包容力をとったら残る魅力は尻の穴だけ、だって。そんだけ尻の穴に自信あるなら大丈夫、と言ってあげたい。

ほんとに、かわいい男なんです。

キャラも良いんだけど、ワードセンスが素晴らしい。グサグサ来るの。面白い方で。
1行目で「…好き」てなる。

もちろん、ちゃんとエロいけど、それ以上に面白い。声に出して読みたい日本語、多数。

1

椎名が可愛い!!

表紙とタイトルから、大人な恋の駆け引きの話か?
と勝手に思っていたのですが大いに裏切られました。
切ない話ばかり好んで読んでいるのですが、今作みたいに明るくて甘くて可愛い作品もいいなと思いました。

普段はいわゆる健気受けが好きで、性には淡白、攻めに他の人の影があったら身を引く…みたいな受けを読むことが多く、今作の椎名みたいなタイプの受けは初めてで新鮮でした。前向きというか、自分を卑下しすぎない感じが好感を持てます。
何より言動その他含めて、椎名がとにかく可愛いです。可愛い&愛おしいって感じで、柏木と同じく椎名におちました。

初読みの作家さんだったのですが、コミカルな文体で誇張なしに何度か声を上げて笑ってしまいました。他の作品も読んでみたいと思います!

1

ちんが頭から離れなくなりました

無断欠勤をした部下の安否を心配したゲイ上司が自宅まで様子を見に伺うと、そこにはおっぱいだらけの成人向け漫画原稿に囲まれた部屋で倒れるように眠る部下がいた…
と、あらすじの時点で情報量が多くて面白くて仕方がないのですが、本編はもっとクスッと笑えて楽しいラブコメディに仕上がっています。
難しいことは置いておいて、軽めの読み口ですっきりと楽しめる作品です。すごく面白かったです!
彩東先生のワードチョイスがツボにはまって何度か声を出して笑ってしまいました。

全編受けの椎名視点で進むこちらの作品。
年上の椎名がまあなんとも赤面が似合うキュートな人で、終始にこにことしながら読みました。ああかわいい!
なんでしょうかね、真面目な彼の発想がいちいちかわいらしくてたまらないんですよ。後編なんてもうかわいいでしかなかった…
それでいて、おいおいそんな初心さあるかい!35歳課長でそれはさすがにピュアすぎるやろがい!とはならないのです。
ちゃんと心にすけべを持った人だったからなのかもしれません。

美人で真面目でピュアな恋愛初心者マークをまだつけていそうな彼が、部下である柏木の意外な副業と素顔を知ってしまってからというもの、ゆるやかな恋のジェットコースターに乗り込んでしまう。
巨乳好きのノンケと、ピュアだけれど脳内妄想はたくましいゲイの恋愛がコミカルかつキュートに描かれています。
とっても楽しい現代ものでした!

0

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(小説)一覧を見る>>

PAGE TOP