コミック

  • 僕らの食卓 ~おかわり~

僕らの食卓 ~おかわり~

bokura no shokutaku ~okawari~

  • 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作僕らの食卓 ~おかわり~

上田 穣、大学4年生
穂積 豊、24歳、会社員

あらすじ

恋人同士になって、これまでとは違う悩みや喜びを分かち合うようになった豊と穣。 そして、いつもふたりに寄り添う大切な家族、種くんとおとう。 あたたかい食卓を囲みながら繰り広げられる、心温まる恋と家族のおはなし。 描きおろしショートも収録して、大ボリュームでお届けする第1巻!

作品情報

作品名
僕らの食卓 ~おかわり~
著者
三田織 
媒体
漫画(コミック)
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
バーズコミックス ルチルコレクション
発売日
電子発売日
ISBN
9784344854048
4.7

(170)

(140)

萌々

(27)

(1)

中立

(1)

趣味じゃない

(1)

レビュー数
22
得点
812
評価数
170
平均
4.7 / 5
神率
82.4%

レビュー投稿数22

「二人暮ししよう 毎日一緒に ごはん食べよう!」

大好きな作品の新作、待ってました。いや、待てずに単話買ってましたが……。
ずっしりと深く刺さるのに、このほっこりする読了感が大好き。
お互いをどんどん好きになっていく気持ちと過去と未来と、見所しかないです。
豊が少しづつ前向きに、ここぞというところでしっかりと踏み込める関係性であるという自覚が芽生えてふたりなら大丈夫というと思えたところがとても良かった。
穣がいる所が帰る場所だとタバコを吹き返すのも好きなシーン。あと、種くんの成長も愛おしい。なんてことない日々をこれからも読みたいです。

0

続きが楽しみ

穣に構ってくるあの自称元カレみたいな先輩、穣が浮気したから別れたって言ってるの何気に気になってて、穣はあの人のことはいろんな意味で先輩なんだろうけれど、他にも誰か好きになった人がいるんじゃないのかな
てか、あの元カレ、受だと思う?あぁ言う感じで受なのも良いんだけど…穣は豊には攻てるけど…私はリバ大歓迎なので、そんな可能性も考えてしまう
お母さんが亡くなったときに頼ってきたのを拒まれるって、漫画で見たことないから(どんだけだよ)て笑った
あぁ言ったけどやってくれたのか、結局自分でやったのか、あの先輩なんか私には魅力的に見えて最早好き

穣への執着と、男は遊びで付き合うしかないと自分が引かされている線を受け入れているのと、なんか元からの性格があんなんなんだろうな

お婆ちゃんのステディからの孫が増えた発言、同性同士だと結婚できないからこそだなって思ってしまった
女だったら、婚約すらしていない彼女のことあなたも私の孫よなんて言わないんじゃないかな

兄からの手紙と、穣の就職と、元カレの挑発
どんな風に収まるんだろうか

豊も食卓に加わって、種が食べるご飯がマシになっていってることに安心する
おとうは在宅だから、もうちょっと頑張れないかな、とか思っちゃうけれど、種が自分で作る子に育っても悪くないもんな
チーズでも魚肉ソーセージでもいいから栄養だけは摂らせてやって欲しい

3

続きが読める幸せ

前作が出てから大分間があいてますが、続編が再開すると聞いて雑誌で読んでました。
もう続きは出ないと思ってた作品の続きが読める幸せを噛みしめてます。
穣と豊の2人に種くん。
前作でももう家族ではと思っていた上田家と豊だけど、今作では割と二人の時間も沢山描かれていて、付き合ってる二人なのでいちゃいちゃも多めで幸せたっぷりです。
三田織先生の描く作品は優しい作品が多いですが、今作もお互い相手のことを想い合ってる時間だったり、行動だったりが尊いです。
まだ続きそうなので、これからも二人と種くんおとうの生活を見守っていきたいです。

3

続編でたーーーー!!!!!

前作の「僕らの食卓」だけでも十分完結しているように思いましたが、やはり豊くん穣くんどっちがどっちなの?という疑問が残ったままだったのが、続編で明らかになったのも嬉しかったですし、私は種ちゃんが大好きなので、種ちゃんがちょっと大きくなった姿や、言い間違いが少しずつ直っていく成長にじんとしました。
今回も美味しそうなお料理がたくさん出てきて春から夏にかけての季節の移ろいや、穣くんの過去、少し強くなった豊さんなど、読み応えありありです。
まだまだ続くようなので、これからも豊穣コンビと種ちゃん親子を追っかけます!

8

続編が読めることに感激

めちゃくちゃ楽しみしていた「おかわり」。
ドラマ化がきっかけとなり続編を描いてくださって嬉しいです!
BL実写化あまり好みませんが、僕食ドラマは稀に見る完成度満足度の高いBLドラマでした。主演俳優さんがもう最高に素晴らしかったです!!

「おかわり」は私は無印より好きかもしんない。
無印も大好きだけど、あちらはファミリーBL度が強めなので、BL的には「おかわり」で糖度高めな展開に大満足でした。
穣と豊がお互いを支える大きな存在になっていることがいたるところから感じられて、愛がいっぱいの物語に温かい気持ちになりました。
愛が溢れてて胸いっぱいで涙が出ちゃうって何なんだろうね…三田織先生はどの作品にも「愛」のパワーを強く感じます。

豊が穣の元カレ?にタバコの煙吹きかけるシーン良かったなー。穣と出会ってからの豊の変化がとても好きです。お兄さんからの手紙気になりますね。
2巻も楽しみです。

6

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(コミック)一覧を見る>>

PAGE TOP