蜜の王国(1)

蜜の王国(1)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神8
  • 萌×27
  • 萌7
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
15
得点
90
評価数
23
平均
4 / 5
神率
34.8%
著者
松本花 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
芳文社
レーベル
花音コミックス Cita Citaシリーズ
シリーズ
蜜の王国
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784832285590

あらすじ

ちっちゃな虫さんたちの大きなラブと幸せをお届け♡
ぼくの蜜が甘いのは大好きがとけてるから…

小ちゃくてかわいい緑ちゃんは強くてかっこいい黒ちゃんが大好き。ふたりはとっても仲良しラブラブです。遊び人のはっちゃん、マジメ眼鏡のスズキさん、ダンディ・影ちゃん、大切なお友達と過ごすステキな毎日は宝物。

時にはちょっぴり切なかったり、思わずキュンときちゃったり…そして、優しい気持ちが甘い恋へと変化して!? 

小さな虫さんたちのおっきなラブと幸せがいっぱいつまった大人気シリーズ待望の第1巻!
出版社より

表題作蜜の王国(1)

黒、ツンデレ蟻
緑、天真爛漫アブラムシ

同時収録作品蜜の王国

はっちゃん、アブラバチ
スズキさん、働きアリ

その他の収録作品

  • おまけのパジャママンガ
  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数15

アリさんとアブラムシ

最近、松本先生のイラストにめろめろですヾ(*´∀`*)ノキャッキャ
今回の御話は、孤独な大蟻さんと、かわいいアブラムシな二人が繰り広げる、甘くてラブラブ。ホワンホワンな御話。
ショートストーリーがギュッと詰まった一冊になっております。
登場人物(虫だけど)もさることながら、アブラムシにめろめろな蟻んこがかわいいです。
作品冒頭を読んだところで、友人様にメールをしたところ、「蟻はアブラムシのお尻から甘い蜜をもらう。うまいことやるなw」といわれて、はっとしました。
盲点!盲点!!

横恋慕な蜂さん。
これが、ナンパな感じでの登場だったんですが、最終的には蟻んこ(別の)にめろめろになってしまい、だめなヘタレきゃらへと展望いたしましたね。
これはこれでウザイけどかわいくていいです。
真面目な眼鏡蟻。この人(虫だけど)天然すぎてかわいいです。
いつ気づいてくれるのか(笑

あり地獄さん。
決の穴がないのか。おっさんなのに。オッサンに穴がない。
創造したらちょっと萌えたww←なぜ
この人わりとすきです。妙に報われないところが。

そんなわけで、ほのぼので甘い話が詰まってます。
顔を真っ赤にする蟻たんは必見ですぞ(*´∀`*)ポワワ

3

可愛らしさにメロメロ

松本さんの描かれるキャラの可愛さもさることながら、設定がめっちゃいい!

ニジュウヤホシテントウから「害虫!おまえに吸わせる汁液はない」といじめられる、小さなアブラムシの緑。
いやいや、ニジュウヤホシテントウも害虫ですから……。
緑は知ってるんですね、自分が花や草の汁を吸ったら枯らしてしまうってことを。だから「好きな花や草に嫌われたくない」と泣きながら、腹ぺこなのに我慢しちゃうんです。
そんな健気な緑にやられました。
最強な天然ちゃん!

こんな可愛い緑と一緒に暮らしているのが、でっかくってちょっとブラック入ってるアリの黒。
黒はトカゲをたった一匹で倒したという伝説を持つ男! でも、それだけに一匹狼(アリなのに……)なんですよ。
いろんなことに疲れちゃった黒が、もう死んでもいいやとばかりに倒れていたんです。黒を怖がって誰も近寄らないところを、小さいけれど怖いもの知らずの緑だけが助けたんです。
それ以来、他の誰にも俺様な黒が、緑にだけは優しくて甘くて。甘い蜜を出す緑の虜。
黒もやられてます。

こんな甘いふたりの生活を邪魔するお邪魔虫がたくさん出てきます。
緑にこれまた一目惚れしたアブラバチのはっちゃん。めっちゃ典型的なチャラ男です。
このはっちゃんにもお相手登場。黒に命を助けられた働きアリのスズキさんです。メガネをかけたマジメくんなんですが、彼がメガネを外すとBLの王道、魅力アップ!
当たり前のように、チャラ男のはっちゃんは、スズキさんの尻にひかれております。
緑と黒の間を脅かすキャラも登場します。黒を狙うウスバカゲロウの影です。お目当ては黒なので、緑には目もくれません。
アリ地獄の巣を滑り台代わりにしちゃう緑の無邪気さには誰も勝てません。

緑がちょいショタ入っているためか、過激なエロシーンはありません。
たまに虫たちの妄想の中で、エロが暴走しているところもありますが、そう気にならない程度だと思うので、BL入門としては最適な1冊ではないかな?

3

なんちゃってファー○ルの昆虫記プラスキャラ萌え

なんで今まで読まないでいたのだろうと後悔しきりなってしまった1冊。
アリとアブラムシの擬人化、更に小さな命が住まう場所の生き物みんなが
擬人化で登場してくる萌え可愛さの集まりみたいな内容でキュン死しそう。
主役は蟻の黒ちゃんと、アブラムシの緑ちゃん。
この種族の共生関係を上手に擬人化で描いている、まるで小さななんちゃって
ファー○ルの昆虫記もどきみたいでキャラ萌え以外にも興味が湧いてくる。

それになんと言っても可愛い緑ちゃん、アブラムシの中でも貴重な♂なのに
下手な雌よりもラブリーでキュートで、純真無垢な姿は激萌えしちゃう。
そんな緑ちゃんをいつも傍で守っているのが群れから一人離れて生きている
黒ちゃんなのですが、とっても二人は仲良しでほのぼのさせて笑わせてもくれる。
純真無垢な緑ちゃんの駆け引き一切無しの本音で黒ちゃんがほんのり照れながら
幸せを感じている姿も胸キュンな感じで可愛いもの好きのハートを鷲掴み。
そんな萌えの塊みたいな可愛い1冊で既に虜です。

3

かわいいなぁー

緑ちゃん可愛かったぁああああ!!!(*´∇`*)
ショタ系で純粋そうなのにところどころエロい。
いや、あれはエロじゃないよ!愛情vv
アブラムシさんと蟻さんのもう出来上がってる恋人vって雰囲気がいいね。
保護者兼ボディーガード兼恋人ぐらいいきそう。

他のカップルもいいね。
A班班長さんにもめろめろです。いい!あの方最高です!!

2

萌えー♥

萌えー♥って、こういうこと言うんですね。まぁ、ツボはそれぞれ違うと思いますが、読んでいて口許がだらしなくなって、にまーっとなってしまう漫画です。
黒蟻の黒、アブラ虫の緑ちゃんほか登場人物がみんな虫さんなのですが蟻とアブラ虫は共生するとか、てんとう虫とアブラ虫は天敵とか、なるほどーと感心しつつ、性格や設定がうまく出来てるんです。
特にこの1巻は黒と緑ちゃんのあまーい生活が描写されていて、イチャイチャシーンもたくさん描かれています。緑ちゃんがアブラ虫と言うこともあり、小さな男の子のようにも見えるので若干ショタっぽくも見えるのですが具体的な描写まではないし、なんせ虫だし、そこまで罪悪感は感じないですみます。それよりも、可愛いーが勝ってます。
これは、何度も読み返しちゃう漫画になりそうです。

2

甘い蜜の部屋(但しNO耽美)

久々の再読。
初めて読んだ時の衝撃は色褪せず、萌えを通り越して悶えるほどカ・ワ・イ・イ!
「虫」の世界の擬人化BLで、主人公はアリの黒とアブラムシの緑。
周囲にはアブラバチのはっちゃん、働きアリのスズキさん、アリジゴクの影、がおります。
全4巻もので、先に行くに従ってどんどんBL臭は薄まっていく作品なのですが、この1巻では所々エロっぽい画もあります。(大抵は夢の場面や妄想のような。)
黒が一緒に暮らす緑にベタ惚れで、無邪気でショタな緑に時折甘い戯れを仕掛けたり…
…と言っても緑の方には恋愛的な気持ちは多分皆無で、黒ちゃんは大切な大切なおともだち。
でも黒は2人だけでいられるならそれでOK。独占欲と執着は結構凄いですよ。
はじめは当て馬としての登場で緑を隙あらばレイプしようとしたはっちゃん。チャラ男の彼はド真面目なスズキさんに真面目な恋をします。スズキさんははっちゃんと同居しているのですが色恋に鈍感で全く気付かず。
アリジゴクの影はちょっとおじさん設定。黒のカラダを狙うエロ担当。
お子ちゃまの緑にペースを崩され、もちろん黒には全く相手にされず、普段はアリジゴクの巣の底で1人で過ごしています。
そんな影の元にクサカゲロウの草(見た目は勝気な少女のよう)がやってきて影にケンカ腰ですが、影は全然相手にしない。それが面白くなさそうな草…
…というところで2巻へ。

リアル昆虫は苦手ですが、この作品での虫たちの可愛らしさ!
緑はショタっ子の天使、黒やはっちゃんはイケメン、スズキはメガネを取ったら美形のツンデレ系、影と草もなんかありそう、はっちゃんの片想いはどうなる?とワクワクが詰まってて、この1巻大っ好きな一冊です。神。

2

緑ちゃんのある意味悟りっぷりが・・・

ほんとうにちーちゃいのに、
「僕は害虫だからいじめられても仕方がない」
という自己認識が物凄くしっかりしていて、でもその上で自己主張もちゃんとする。

そんなにしっかりしてるかと思えば、
アリジゴクさんの巣を滑り台にするような度を超えた無鉄砲さも
明らかに寄生しようとしているアブラバチのハッちゃん相手でも「オトモダチ」になっちゃう無邪気さも持ってる緑ちゃんは本当に奥深いキャラクターです。
その緑ちゃんのためならアリジゴクの巣にも飛び込んでいく黒ちゃんマジ男前。

でもそれ以上にその天敵?なはずの影ちゃんのダンディさに惹かれたんですけどね、幼虫だけど。巻が進むほどますます大人になるんだけど、この本もなかなか。でも幼虫。

あ、2巻、3巻ではほとんど見られなくなっちゃったえっちな要素がなぜか1巻だけは結構あったりしますね・・・。

2

ひたすらかわいい。

ひたすらかわいい虫擬人化コミックです。
うまいこと、虫達の生態をエピソードや設定に絡めていて、作者さまが色々思いついた時に、周囲の人たちとキャーキャー盛り上がっている様が見えるような作品愛を感じるところも微笑ましいポイントです。

本当に絵がかわいいし丁寧なので、リアルの虫は苦手な人でも大丈夫……というか、今まではとは違った目で虫たちを見ることができるようになるかもしれないなぁ……などと思いました。むしろ、ベランダの花にアブラムシがついてていても駆除するのがかわいそうになったり、部屋に蟻が侵入してきているのを見ても退治しにくくなったりする弊害はあるかもしれない(笑)

癒やされたい気分の時に、繰り返し読めるかわいいシリーズです。

2

虫に萌えるなんて…!!

虫にトキメキなんて一切感じない私…寧ろ視界に入ってくんじゃねぇよ(#゚Д゚) ゴルァ!!なんで買うのを躊躇ったのですが松本さんの擬人化ということで購入。
皆、可愛いなぁ~(*´Д`*)
何ですか、この癒やしっぷり。
やっばいわ~!

登場する主な虫さんたちは、黒ちゃん(とても大きな蟻)、緑ちゃん(アブラムシ)、はっちゃん(アブラバチ)、スズキさん(働き蟻)、影ちゃん(アリジゴク)、草(クサカゲロウ)。
ちみちみと虫さん豆知識的なものも書かれていて面白いです。

黒ちゃんが最早ヒロインにしか見えなくなってきたので将来的にリバれば良いと思う 壁]ω・)ニャ
ってかアリジゴクの影ちゃんが何だか不憫なヤラレキャラと化していて笑える(。-∀-) ニヒ♪
次巻ではラストにちょろっと登場した草ちゃんとの話はあるのかしら?
とても気になるわ~。
三歩進んで二歩下がる的なはっちゃんとスズキさんの関係もとーっても気になります。

1

影の妄想を全力で支援します!

作家買いの作品です!
カズラさんはかなり昔からお慕いしている作家さんなので、出てればとりあえず買います。絵がすき。雰囲気がすき。悪意のないキャラだけなのがすき。
ほんと癒しです。ほのぼの番長!

さて、今回は昆虫擬人化って、すごいコアなとこいきましたね~。
本物の昆虫は苦手ですが、カズラ先生のキャラなら蟻だろうがミドリムシだろうが、アリジゴクだろうがなんでもコイ!です。

作中でラブラブなのが蟻とアブラムシのカップル。
(これをカップルといっていいのかは謎ですが。家族)
その黒(蟻)の目付きがマジでカッコイイ!!
美人さんだなぁ~~~~!!((o´Д`o))・.。*ため息でる。。。
ミドリに向ける優しい眼差し、子供向けのソフトなキス…萌る~~~!
エッチ要素も少ないですが、ほのぼのさを楽しむ作品なのでよし!
ただ、たまに挟まれる、アリジゴクのおじ様・影のよこしまな妄想がエロエロでええですw(´v`*)
ダンディーな影が美人な黒を無理やり押し倒して・・・という妄想。
その中の黒がほんとセクシーで…ハァハァ
いつも脳内で終わっちゃうのが可哀想だけど、黒にはミドリちゃんがいるので仕方ないですね。私も我慢します。笑

とまあ、ストーリーはゆるく可愛い系です。
絵見たさに読んでいるので、もっとエロいのとか深い話が読みたい人は物足りないかも…?
でも、ほんとに絵はかわいいよ…??(´・エ・。`)笑
癒されたい、心洗われたいって方にはオススメです。

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ