ANIMAL X 原始再来(1)

ANIMAL X 原始再来(1)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神3
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
15
評価数
3
平均
5 / 5
神率
100%
著者
杉本亜未 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
徳間書店
レーベル
Charaコミックス
発売日
ISBN
9784199600692

あらすじ

湊(みなと)と裕司(ゆうじ)──。 数々の困難を乗り越えた二人は今、 娘・結(ゆい)とともにカナダの地に移り住んでいた。 血族の存在も公になり、今度こそ平和な生活が 続くと思われた……。しかし、原因不明の熱病に 冒されたダイナソーロイドが、街を破壊。人と 血族との間の確執が表面化することになる── 新たな展開で贈る、待望のシリーズ最新作!!

表題作ANIMAL X 原始再来(1)

浅羽湊・ダイナソーロイド
鮎川裕司・両性体

レビュー投稿数1

凄い読後感…‼️

なんかもう、元祖オメガバースなどどいう使い古された簡潔なワードではくくれない、ジェンダーとか人類とかの枠を越えた壮大なストーリー。

杉本先生の作品は、30年くらい前にBL雑誌の原点ともいうべきJUNEに掲載されていた読み切りでした。そのころからとても気になる漫画家さんではあったけれど、結婚出産育児でしばらくマンガから離れていた時期があり… たまたま目にした『ファンタジウム』が私史上五本の指に入るくらいの素晴らしい作品だったので(残念ながらもう書店で手に入らず、泣く泣く中古で購入)、ずっと読みたかったこの作品をつい最近読破しました。一気に。

泣きました。
どうしても女性目線で見てしまうので、これでもかというくらいの恥辱に晒される裕二がもう顔を背けたくなるほど痛々しくて。
なのにページを繰る手が止まらないのは、元ヤクザ・高取のいうように「辱しめられても貶められても全然汚れない」裕二の聖母のような心と、初めは乱暴だったけど裏表のない湊の、裕二に向けられたまっすぐな愛情に望みを賭けたかったから。ダイナソーロイドからも人間からもどんなに愛情を向けられても、湊と結ばれることを選ぶ裕二のぶれない心の清々しさも重くなりがちなストーリーを明るく導く灯のようです。湊の子どもっぽいやきもちや、変身した時にゴロゴロ甘える様子もかわいくて和みます。BL視点からいえば、北海道の血族・白河や中国の血族・申竜などとの絡みもみどころですが、そこのところすらどうでもよくなるくらい、医療や科学、企業、政界が複雑に絡み合う綿密に練り上げられた背景には圧倒されます。そしてラストを飾る幸せな家族の姿は、血で血を洗うような多種族同士の暗い歴史を2度と繰り返すまいという誓うように幕を降ろすのです。

とにかく、多くの人に読んで欲しい!そんな作品です。

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う