ACORN Vol.2 DESPERADO II

ACORN Vol.2 DESPERADO II
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
11
評価数
3
平均
3.7 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
小説(同人)
サークル
ACORN<サークル>
ジャンル
オリジナル(ジャンル)
発売日
ISBN
ページ数
100ページ

あらすじ

アンソニーを助手兼恋人としてミラクルロードに連れてきてから二ヶ月が経った10月──ある雨の晩、クラークは浮気調査の最中に轢き逃げ事件を目撃する。咄嗟に通報を頼んだ相手は、調査対象の浮気女房。仕事を棒に振ったようなものだが、被害者がまだ10代の少女であり、ほぼ即死に近いことを考えれば、やむを得ない措置だった。
しかし、翌日、被害者の父親が現れ、少女ではなく「息子」だという。
女装癖があり、十四歳で家出したのち、行方不明になっていたらしい。
「息子が家出した後の暮らしぶりを知りたい」という父親の頼みに、
クラークは仕方なく調査を引き受けるが、その翌朝、父親がホテルの客室で遺体となって発見される。

小説道場に投稿したまま未発表だった作品を21年ぶりに改稿したものです。
書き下ろしミニ番外編「Where You Lead」のおまけ付き。

表題作ACORN Vol.2 DESPERADO II

クラーク・デラウェア(私立探偵)
アンソニー・フォーセット(探偵助手)

その他の収録作品

  • Twenty Years Ago
  • Where You Lead

評価・レビューする

レビュー投稿数2

始まったばかりの関係

vol.1に続き、 柏枝真郷さんのDESPERADOシリーズで未発表だった第2話を同人誌として刊行したもの。

探偵クラークとその助手兼恋人のアンソニーが同居を始めて1年未満の頃のお話です。本編では出会って5年…くらいまで既に進んでいますので何だか新鮮。
こちらは短編2作入っていて、後編のほうが書き下ろしだそうです。

どちらも糖度は低めでやはり事件主体かなぁという感じですが、内容はやはりよく出来ています。短編ながらによくまとまっているし、事件の真相も本格ミステリさながらです。

この作者さん、毎回歌の歌詞をテーマにしてタイトルをつける事が多く、その歌詞も実際その時の時代背景にあった歌をモチーフに作られています。
歌の歌詞や手紙のフレーズが端的に心をうつ言葉を選んで書かれていて、そこがいつも感心する所なのですが、今回被害者となった男の子が恋人に残した手紙のフレーズが何だか凄く心に残りました。

お話としては、これから始まる2人の「2人でどう生きていくか」という長い葛藤に対するさわりの段階だと思います。

1

歩み始める2人 幻のシリーズ第2話

これは「DESPERADOシリーズ」の時系列として
第2話にあたり、小説道場に投稿した後
お蔵入りしていたそうです。
vol.1と合わせて21年振りの改稿と同人誌という形で
発行されました。
出来ましたら、vol.1から続けて読む事をお勧めします。

3年暮らした住処を離れ、クラークが住むこの吹き溜まりの
スラム街にアンソニーが来てから数日。
ゴミ溜めになったアパートの掃除を、プリプリしながらも手際よく
こなすアンソニーと、全く役に立たず小さくなっているクラークの
力関係の逆転が面白い。以後、アンソニーは海より深い母性愛で
何くれとなく世話を焼くようになるのですよ。ほんと嫁に欲しい。

今回、同人誌を読んで腑に落ちた点と逆に疑問な点があるのですね。

まず本編では、アンソニーがどうしてこう頻繁に不安と疑念を
口にするのがが疑問でしたが、納得しました。
出会ってたった2日、しかもノンケのクラークに求められ
共に暮らす事になった成り行きは夢のよう。一時の衝動に
過ぎないのではと疑心暗鬼になるのも無理はありません。
元々耐えることと諦めることには慣れ続きていたアンソニーなので、
幸せと不安が比例してしまうのです。

その点、調査の勘は鋭いのに恋愛となると鈍感馬鹿になる
クラークには、まだまだ理解の言葉と時間が必要のようです。
でも、恋人が同性であることを隠さないオープンでフラットな
感覚の持ち主ではあるのです。
これに関しては、むしろアンソニーに抵抗が見られますね。

クラークの義父で高名な弁護士とアンソニーの対面が、
わずかながら書かれていて印象的でした。
最愛の娘を亡くし、自暴自棄になっていたその夫で義理の息子が、
今度は同性の恋人を連れてきた訳ですが、
「娘には娘の役割があった。君には君にしかできない事がある」
とアンソニーを認め背中を押してくれます。
老練な弁護士は、ぐうたらでずぼらなクラークの態度と成りを
会うたびに諌めますが、心から彼と彼の人生を思っているのでしょう。
いい年したクラークが遅い反抗期のようになるのも、
それを軽くやりこめる義父も、言葉にこそしませんが信頼と親愛が
確かに感じられます。

そして、本編では一切描写がなかったので驚いた、
クラークが身につけているある物について。
彼の心情の変化を表す重要なアイテムなので、
きっとこれが外される時にまたドラマがあったのかもしれません。
今回の同人誌でも商業誌でも、言及されていませんので
ちょっとした謎になりました。

このシリーズは何故か5作目から読み始めたのですが、
エピソードとしては巻毎に区切りがありるので
きっとどこからでも読めると思います。
BL作品というより同性のカップルが出てくる文芸書に近いと、
個人的には思っています。人間ドラマあり、推理物あり、
社会や時代を反映しつつも程良い重さのあるシリーズです。

1
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ