酷くしないで(3)

hidokushonaide

请别太过分

酷くしないで(3)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神39
  • 萌×223
  • 萌13
  • 中立0
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
15
得点
326
評価数
79
平均
4.2 / 5
神率
49.4%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックス~BE×BOYCOMICS~(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784799711682

あらすじ

やーっと正真正銘の恋人同士になった真矢と眠傘だけど、いよいよ高3の夏=受験シーズンに。
だから2人が会えるのはお昼休み(キスのみ)と土曜日の午後(たま~にお泊まり♪)だけ。
思い切り甘えたり抱き合ったりしたいのに、なかなか会えないストレスでとんでもない誤解が発生、またしても危機が…!? 充実の描き下ろし20P★

(出版社より)

表題作酷くしないで(3)

真矢秀幸 高校生
眠傘隆 高校生

その他の収録作品

  • ノロケる受験生
  • 学園祭デートへ行くの巻
  • お前…誰?
  • 珍しく夜這いを試みた結果

評価・レビューする

レビュー投稿数15

待ってました!

2巻で眠傘がやっと恋の自覚をしたので、これからはラブラブになっていくんだろうなぁという予測がついたのですが、期待通りでした。
ネムネムの鈍感さと天然さのおかげで今まで真矢が可哀想だったのですが、ようやくやっと報われる時が来ましたね!
しかも今回は高校卒業を前にして2人とも成長していっているのですが、ネムネムの変化もさることながら、真矢もこの巻では大人になったなぁと思う変化を遂げています。
1巻で登場した時の俺様キャラだっことを思うとちょっと想像できない変化ですね。
真矢、こんなに尽くす男だったのかぁ~真矢好きなファンとしては惚れ直しました(笑)。
正に恋ってこんなに人を変えるのね、という作品でした。
しかし、ラストはやっぱりネムネムは天然なのねと思わせるエピソードで、笑いながらも真矢が可哀想と思っちゃいました。
いや~、ネムネムらしかったです(笑)。

0

じわっ

三巻まで読むとねむねむの可愛らしさがようやくわかってきます。
物語全体としては恋人同士にもなってお互いの気持ちも通じあったし、あとは受験というハードルを乗り越えるくらいなので取り立てて大きな感動はないのですが、受験生特有の時間のない切羽詰まった様子やイライラして口をついてしまう台詞などが細かく描かれていて、優等生設定のねむねむとやる気になった真矢の高校生活が楽しめます。
また、この巻では、恋人になったねむねむがかなり素直に甘えてくるので読んでいてにまにまが止まりません。家に帰ってからの電話やメールは待ってしまうから禁止と言う可愛い理由も鼻の下がびろーんと伸びちゃいますね。
そして遅ればせながら、ねむねむのじわっと来る泣き顔に、真矢じゃなくても抱き締めたくなりました。

0

真矢一色

同じ先生の別作品のキャラが描き下ろしで登場しています。夢の共演だそうですwwただ、そちらのシリーズを知らないので、何とも☆
前回からやっと両想いになってくれたお二人ですが、何となく真矢色濃いなぁ…と思いました。個人的にネム君より真矢の心理描写がある方が好きなのでそう思うのかも。黒髪に変身しちゃいますしねぇ…(。-人-。)眼福ですねぇ…。。。
今まで恋愛関係では真矢が振り回されていた訳ですが、今回はその波にネム君も乗ってしまった感じです。可愛いお話でした。
ネム君がいつも同じ髪型っていうのもちょっと意外かも(あれだけ勉強命なのに、切りに行く余裕があるんだなぁ…と感心)。

0

変われば変わるもの

ひたすら甘く。
いちゃいちゃぶりにこれでもかと見せつけられました。

しかし、真矢的には思うところがあるようで、3年に進級してからの就職から進学への変更という無茶を直談判。
投げやりだった勉強にも集中し始めようやく分かる眠傘の気持ち。
気づいた途端素直に謝る可愛げに、当初の自己中心的な俺様ぶりがどこへ行ったのかと驚きつつも、着実にスキルアップしている真矢に眠傘同様ときめいてしまいます。

そんな頑張り屋な真矢にはそれでも超えなければならない最後の壁が待ち構えていました。
眠傘母登場です。
不良スタイルに見事に不信感を与えてしまい、2人の逢瀬も更に短くなりますがその分愛を育てることに。
彰のアシストでなんとか壁を乗り越えやっぱり幸せあまあまです。

所々で眠傘の嫌な部分が出てくるも当初の設定がギリギリ守られている感じで安心しました。




0

むふふふ

シリーズ2があまり私的によくなかったので、迷ったのですが評価が意外とよかったので買いました。

やられた……。
両思いになって、眠傘の気持ちがはっきりしたせいか、真矢がめちゃものわかりのいいカッコいい奴になってるし、しかも優しいし。
眠傘も素直に気持ちが出せるようになってて、いやぁ買って大正解。
何だよ、ラブラブっぷりが可愛すぎ!

彰さんもなんだかんだで真矢が可愛くて仕方ないんだなってわかったし、読むのをやめないでよかった♪

でも私は黒髪よりツンツン髪の真矢の方が好きかも。

2

黒髪にドキリ

「彼氏がフラフラしてんのかっこ悪い」と進学を決めた真矢。
就職コースから進学コースへ編入するために猛勉強を始めます。
いくら時間があっても足らず、真矢は初めて眠傘の気持が分かります。
そして眠傘も、寝る間を惜しんで勉強する真矢を心配する事で、
眠傘を待っていた真矢がどれほどさびしかったのか、実感します。
お互いの立場を理解しあって、ますますラブラブな二人。
「浪人すりゃいい」と以前眠傘に言ったことを真矢が改めて謝る場面、
なんかすごく良いですね、ここ、好きです!
そして数式を囁きながらのエッチは萌えました(笑)

真矢の試験結果は、努力の甲斐なく一歩及ばなかったんですが、
真田先生の粋な計らいで、普通科への編入が許されます。
この真田先生、一見冷たそうに見えたんですが、
今回の事で私は好きになりました!何といってもハンサムですし(笑)


眠傘と共に勉強に励む真矢、自分の見た目が不良な事を自覚しはじめます。
そんな時に、真矢は眠傘のお母さんに偶然会いますが、
その後に眠傘はお母さんに、真矢の家での勉強を禁じられてしまいます。
会えないイライラですれ続き違う事もありましたが、
成長した二人には大きな障害にはならなかったようです。良い感じですね♪
髪のセットを止めピアスを外し、最後には黒く染めた真矢が、
急に大人になって、すごくステキでした!黒髪の真矢、最高~!!

それでも、卒業式の日の「第二ボタン」は、二人らしくて笑いました。
眠傘はいつまでたっても天然です(笑)

2

高校生編、見納めか!?

ヤンキー×ガリ勉カップルの第3弾!
1巻で友情(?)を育み、2巻で両想いまで行き着いたこのコンビのつぎの段階といえば、
ヤンキーとガリ勉という身分差を活かした『身分違いの恋』ですよね!!

二人のキャラ設定を存分に活かすことができるのはやはり『身分差』という障害だと思うわけですよ!!
でも、そもそも両想いになってくれなきゃ話が進まないわけで…紆余曲折を経てようやく恋人同士になれて本当によかったと思います!

そして、待望の3巻では期待した通り、できたてほやほやのカップルのノロケ話と『身分差(偏差値の差)』という障害に悪戦苦闘する姿が見れて感無量でした~~!!!
わーいわーい!!ヾ(o´∀`o)ノ♪
お互い片思いみたいなスレ違いのときもきゅんきゅんなったけど、両想いになってからもきゅんきゅん満載の展開でほんと楽しかった!!

真矢を好きと自覚してからのやたら素直な眠傘もかーいいしv
そんなネムくんに赤面しながら甘やかす真矢もかーいいvv

塾のガリ勉クラスメートに「僕…恋人いるから…」って言えちゃう眠傘にきゃ~~!ってなったり、「彼氏がフラフラしてんのカッコ悪続きくね」と就職組から進学組へコース変更しちゃった真矢の男気にうきゃ~~!!ってなったり…
もーいろいろ忙しくって…!!ヽ(*>∀<*)ノ

両想いになってからマンネリ化してつまんなくなっちゃうコンビも多い中、受験を控えたこの二人は心配事や不安事が尽きず、非常に忙しそうでなによりです!笑

真矢が眠傘ママに認めてもらえる日はまだ遠そうだけど、少しでも歩み寄ろうとピアスを取り、髪型を変えた真矢はとても魅力的です!
もちろん、ヤンキーな見た目もものすごく好きだったけど、眠傘のために頑張ってる真矢はカッコイイ!
精神的な部分でも、すぐにカッとなることも減ってだいぶ辛抱強く、大人になったな~と感じました。
その真矢の余裕がちょっとさびしい気もするけど、二人がこれからもずっと長く付き合っていく上では必要なことだもんね。
なんだろこの親心的なキモチは……??(*´▽`)

とにかく、スローテンポで丁寧に描かれていく二人の物語が好きでしょうがないので、今後もずーっと続くシリーズでありますように…!!!と祈るばかりです。
読み切りのエロマンガだと思っていた1巻が嘘のよう……こんな風に化けるとは思いませんでした。笑

■珍しく夜這いを試みた結果
3巻収録の本編のラストは、駆け足気味で高校卒業までを描いており、その駆け足部分を補うような描き下ろしがコチラの短編です。
短期予備校の最終日である12月29日の夜のこと。
合鍵を持たされてることだし、ネムくんが珍しく夜這いを試みた結果……
冷たい手で触ったために一度はベッドから蹴り出されるも、ちゃんと謝ってもらってニャンニャンするというお話。
幸せいっぱいで甘々なふたりが非常にかーいらしいvvv

次巻は他大学同士のあれこれとか同棲してあれこれとかですかね…??
社会人編とか家族へのカムアウト編とかいろいろ妄想膨らむコンビなので…どうかいずれ形にして頂けることを祈っております!☆

《個人的 好感度》
★★★★★ :ストーリー
★★★・・ :エロス
★★★★★ :キャラ
★★★★★ :設定/シチュ
★★★★★ :構成

4

黒髪マヤに慣れない

2巻では、ガキだなぁと思った2人ですが、3巻は真矢が大人になる巻ですね。

見違えるほど大人びてきて、初めて真矢をカッコイイと思えたw今まではとにかく可愛かったw

ネムネムが順調にデレてきてて、もうこの巻は2人のラブラブイチャイチャをただ楽しめばいいんです!えっちシーンも多いです。ネムネムったら、どうしちゃったの?というくらい色っぽいw

でもベソかいて鈍感で天然で真矢を振り回す眠傘が好き。

大学生編もあるとか。あんまり大人になっちゃうと寂しいかもw可愛いバカップルでいてほしいなぁ(´∀`)

1

甘さ満載

ねこ田さんの漫画は一度も拝見した事がなく、でもこちらの作品の名前をよくお見かけするので気になって気になって。
それで、思い切って1~3巻全てお買い上げ。

読めば読むほど「キュン」が「ズキュン」になる可愛さ!
真矢のムリヤリから眠傘は関係を持ちましたが、ほだされていくネムが可愛いっ……
ネムが自分の気持ちを自覚して、マヤの気持ちが分かる。
マヤがネムと同じ立場に立って、ネムの気持ちが分かる。
この2人の心の寄り添いや思いやりが胸をあたたかくさせてくれます。

≪恋する気持ち≫を理解していく姿に私はホロッと来ました。

でもネムは相当な小悪魔ちゃんですね!
マヤが翻弄されまくっていくのも本当…どっちを見てても私のキュンはダダ漏れ(笑)

こちらの作品はこれからも続いていくのでしょうか?(ちょっと知識不足な物で…)
だとしたらこれからも楽しみに待ち続けようかなーと思います、2人の姿。

「学生モノ!眼鏡!」
と逸る気持ちを抑えられない人は買った方がイイと思います(笑)

2

ねむねむがどんどん可愛くなってるぞっ

リブレさんの原画展に行ったときに展示されてた原画をみてずっと心待ちに
していた1冊!
だって真矢の髪が黒くなってる!どーしたんだ一体!?と。
黒くする前のツンツンじゃないバージョンも良かった!黒髪も可愛いな~
自分の気持ちに素直になった眠傘くんはエロ可愛い~
真矢が普通科にいけることになった時の眠傘くんの反応がwww
ハンカチ当てて泣いてるのがほんと可愛い。
真矢が初めて眠傘くんのお母さん見たときの「DNA大爆発」ってのが笑えました。
ほんと爆発です。
描き下ろしがとても良かったです~
真矢はすっかりいい旦那様だな~恐ろしく大人になったですよ!
もうそろそろ真矢が初めて眠傘くんを見初めたお話が見たいです。
眼鏡フェチではあるのは確かみたいですがその辺を深く掘り下げたお話が読みたいです。

1

ムラムラ

ネムたんが、ムラムラはぁはぁしている姿が面白い(*´Д`*)ノ
お受験真っ盛りの今作。
これまでは、マヤが、頑張って、頑張っていろいろ奮闘していたのですが
ついにきましたネムたんのターーーンっ!!
好きと気づいてしまったが故のデレターンであります。
正直、さほど萌えなかった。。といったら張り手食らわせられそうですが
なんか、思ったより。。というのが事実でした。
スイマセン。1から立て続けに読むと違うのかなぁと思ってみたり。
(もう一度じっくり読み直します;)

とはいえ、勉学に頑張り始めたマヤにあんまり構ってもらえなくて~
な、いつもと逆転の構図は良かった。
チュゥも汁だくでエロスw
意外と黒髪のマヤも可愛かったです。結構イメージかわるなとも思いますが。

そして衝撃の白ブリーフ!!!
股間のコンモリがなんだか卑猥というか、ワイヒーというか
BL読んでてもいまどき白ブリーフなんて見かけないからでしょうかね
なんだか凄く。。。。。不思議な感覚でした(笑
「ムラムラ」な今作。次回がまた楽しみであります。
ようやく受験も終わって~なラブラブが見られるの続きでしょうか。

0

甘いカプの続き

こりゃ、大満足の1冊となりました。
本当に良かったね!と言いたくなるお話。

受験に向かっている眠傘に触発され、
就職組で、結構遊んでいた真矢も、受験を目指すようになるという展開。
また、外見についても、初めて他者の目を気にするようになる。
これも、眠傘のためではありますが、社会人となる1歩なのかもしれません。

また、今まで受け身でしかこなかった眠傘の成長もありました。

最後の短編、これがとても好きでした。
ラブラブな2人というのは、読む人を幸せにしますね。

0

殿堂入り?

長編作品で、ここまで人を惹き付ける作品を描けるBL漫画家は、そう多くはありません。登場人物の設定、ストーリー展開が、これほどベタなのにも関わらず、絵のクオリティと、物語の動き、そして甘い場面の描写、全てにおいて驚くほど巧みで上手で、読者を飽きさせません。一度、ねこ田米蔵の魅力にハマった人間は、多分長期的なファンになっていくでしょうし、それを裏切らない多種多様なオモチャ箱を持っているねこ田米蔵もまた、どんどん進化していっているのでしょう。

今回は、待ちに待った『酷くしないで③』です。先ほども述べたように、登場人物も、ストーリ展開も、驚くべき特質はありません。脅された優等生の眠傘は、不良の(頭脳はあるけれどやる気のない)真矢と、気持ちを確かめ合えたのが②まで、今回は、きちんと「恋人同士」として、「学生らしい悩み」に翻弄される、卒業までの二人の話です。前巻まで、始めは真矢の遊び半分なアプローチに嫌々対応していた眠傘も、真矢が積極的になるにつれて、迷いながらも徐々に真矢への気持ちに気づいていった眠傘、今巻は、眠傘が積極的なアプローチをみせます。二人の成長が見られると共に、気持ちのつながっ続きた甘い場面もあり、「受験」「将来」「親」等などの壁を乗り越えていく懸命な姿も描かれています。


もっと先が読みたいです。できれば二人がおじいさんになるまで笑

本当に今巻も裏切らない楽しいワクワクする甘く(絵も)美しい作品を堪能させて頂きました。

ありがとうございました。あ、いや、「ごちそうさまでした!」か!笑

1

甘~い

このシリーズ三冊目と言う事で、かなり甘い展開になっております。

今までは、眠傘が真矢に脅される形で始まった関係であったため、真矢ばっかりが好き~って感じだったんです。それに対して、眠傘は勉強が一番……(真矢が不憫でした)

しかし、前作で相思相愛となりまして…
正真正銘の恋人となってからの、なかなかの甘いお話が、今回のメインとなってます。

眠傘が、受験勉強の合間に真矢に会いたくてジタバタしている様子は、とっても可愛いし、真矢がそんな眠傘を見てデレデレしてるのもグッドです。

しかも、勉強なんか…と言っていた真矢が受験を決めて、一生懸命勉強する姿がキュンとします。

恋愛一筋だった真矢が勉強を、勉強一筋だった眠傘が恋愛に…お互いに良い影響を与えて、少しずつ成長している姿には、ちょっとジーンとします。

また、書き下ろしが良いんです!!ホント甘~いんです。まさか、あの眠傘がそんな事を??…しかも、うまくいかなくてベソかいてる姿が…ホント可愛いです。
かなり満足な一冊でした。

0

ここにきてデレ全開。

初めてのレビューです。

やっと両想いになった眠傘と真矢。でも相変わらずすれ違ってお互い悶々としているのがすごく可愛い!

進路のことなどでトラブルも発生するのですが、二人があまあまな今や今までのようなハラハラ感もなく、こいつらバカだ(笑)ぐらいの気持ちで読めました。

それに後半で真矢がとんでもない変貌(?)を遂げます!
ネムくんを好きなあまり、そこまでしちゃうんだね……

今回はdrapの『妄想エレキテル』3巻と同時発売ということで、おまけショートで両キャラが絡んじゃいます!
どっちも読んだら色々納得♪

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ