スタンレー・ホークの事件簿(3) 二重自我

スタンレー・ホークの事件簿(3) 二重自我
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神3
  • 萌×26
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
3
得点
39
評価数
10
平均
4 / 5
神率
30%
著者
 
イラスト
 
媒体
BL小説
出版社
角川書店
レーベル
角川文庫
発売日
価格
¥590(税抜)  ¥637(税込)
ISBN
9784041002469

あらすじ

バージルシティで、臓器を抜き取る連続殺人事件が発生。スタンレー刑事は難航する捜査だけではなく、美しすぎる上司・ロスフィールド警視との関係にも頭を悩ませていた。彼への感情は確かに愛なのに、謎めいた精神科医のジンとの三角関係など、人間関係の鎖が邪魔をするのだ。
そんな中、新たな犠牲者が発見され、事件は心震える驚きの展開へ・・・!!
スリリングで濃密な、ドラマチック・サスペンス。
傑作シリーズ急展開の第3弾!

表題作スタンレー・ホークの事件簿(3) 二重自我

スタンレー・ホーク(刑事)、ジン(日本人精神科医)
警察署内管理課長・警視 アリスター・ロスフィールド

同時収録作品FILE 7 採集家ーコレクター

ジン・ミサオ、日本人精神科医
アリスター・ロスフィールド、警視

評価・レビューする

レビュー投稿数3

猟奇殺人のミステリー要素が濃い

スタンレー・ホークのシリーズ第3作。
本作はほぼ一冊分を占める表題作と、かなり短い短編1編の収録です。

「FILE 6 二重自我ードッペルイッヒ」
前作の連続資産家強盗殺人は、ロスフィールドが囮となって犯人グループが捕まった。
だがバージルシティでは他にも重大な事件が起こり続けている…
本編の事件は、運河に浮かぶ臓器を失った死体、という猟奇的な事件。
新たな犠牲者は、1作目の「FILE 2」で登場した、スタンレーの馴染みのセフレ、旅回りの女優・ミランダだった…!
ミランダはスタンレーと会った後に殺され、またロスフィールドはアリバイも記憶もなく、2人には殺人の容疑が掛かります。思念に感応するロスフィールドは自分がミランダを殺したと言い、どうやら本当の自分の体験なのか、自分に入り込んだ犯人の体験なのか最早判然としないような状況。
そんな不安定なロスフィールドを案じるスタンレーだが、新たな呼び出しを受けて自宅で別れた後、ロスフィールドが行方不明になってしまう…!
今までジンとの関係で安定していたロスフィールドが、スタンレーとも関係するようになって激情に攫われるようなその心と躰。事件と直に関わることで人の死や血への誘惑を感じてしまうロスフィールドの危うさ。そして不気味すぎる連続内臓摘出殺人。
その昏く妖しく恐ろしいイメージに満ちた1編です。
もちろん、ジンとロスフィールドとスタンレーの、危うい均衡の三角関係は継続しています。
胸に火龍を得たスタンレーは燃えるようにロスフィールドを抱く。だけどベッドの中でロスフィールドはジンの事をドッペルイッヒ、ジンはわたしだ、ジンと私は融合する、と話すのです。
この1編のラスト、遂に殺人鬼がロスフィールドを捉えます!

「FILE 7 採集家ーコレクター」
この1編は大変恐ろしい短編です。
異常人格の犯人がロスフィールドを捕らえて、隠れ家に連れて行き監禁。餓死させて頭蓋骨を保存してあげる、と言う。
犯人は貴族的で美しすぎるロスフィールドが日本人なんかと関係している事が許せず、ジンまで攫い腹を刺したり。
目の前でジンが刺されたロスフィールドもショックを受ける。死ぬ時はジンと共に。そう思っているロスフィールドの中からはスタンレーは消えて…
読んでて非常に怖いです。スタンレー達は間に合うのか⁉︎

1

白いアスパラガス…ってなんか意味深…(´・ω`・)

スタンレー・ホークシリーズ第3作目。
ここまでくると、もはやトマス・ハリスのBLヴァージョンとでも言いたくなるような猟奇ミステリーでございます。

ヴァ―ジルシティ警察の超美形アリスティア・ロスフィールド警視は、殺された者の意識と感応する不思議な能力を持っています。
その恋人、スタンレー・ホークは警察署内では彼の部下。アリスティアの貴族的な趣とは真逆のワイルドでラフな不良刑事。
その上、警察専属の日本人精神分析医、ジン・ミサオとも恋人関係にある。

ジンとスタンレーは恋敵でありながら、まるでお姫さまのようなアリスティアを協力して守るナイトのような存在でもあります。
このイビツな三角関係は相当危なっかしくも大人の味で本題のミステリーとは別にスリリング、精神的3P状態とでもいったらいいのか…。

序盤はスタンレーとスタンレーの女恋人というかセフレのような同志のようなミランダとのコミカルなやりとりからはじまる。スタンレーさん、いかにもだらしないヘタレ男です。
一体こんなシケたヘタレ男のどこがよくてお付き合いする気になったんでしょうか、アリスティア…。不良刑事というよりももはやヘタレ犬(溜息)
一方、超絶美形で貴族的な匂いのするアリスティアはへんなところでかわゆい…。
大の男がホワイトアスパラガスの瓶が開けられないとか、ぷよぷよの白アスパラが好きとか、意味深すぎて笑えます。

あえて細かいネタバレはしませんが、「羊たちの沈黙」に代表されるようなトマス・ハリスとか、キャロル・オコンネルのような猟奇ミステリーの類に入ると思うので、その手のがダメな人にはおすすめできませんが、変わったサイコスリラー、もしくはサイコミステリー系が好きな人にはソコソコうけるかも。
ただ、BLにサイコミステリーをかけあわせて主人公の恋人を組み込むと
結末が見えてしまって、ミステリーとしての面白みは半減するかな~。
Ⅳでどういうプロセスを見せてくれるかに期待。

3

君は私、私は君

旧版3巻『二重自我』に旧版4巻『採集家』の一部を加筆修正した文庫版。
文庫版なので、旧新書版にあった本仁さんの『EXTLA』が入ってないのがとても残念です(やっぱり旧版を探し出して買うしかないのか?)
1、2.と読んできて、この3巻。
美貌の上司に欲情して始まった関係。
最初はスタンレーを避けるような恐るような姿だったのが、ロスフィールドが囮捜査をしての2巻からスタンレーにのめり込み始め、この巻では「愛してる」と言っている。
スタンレーは、最初の登場ではやんちゃで不良をまとっていたのが、この巻では恋人であり同士である女性を失ったこともあるが、すっかり毒気が抜けてしまっている。
代わりに、2巻からかなりミステリアスな姿をより見せてきたのは精神科医のジン。
彼は、嫉妬のあまりスタンレーに刺青を入れていたが、今回もかなり謎だ。

バージルシティ警察を手こずらせている事件がある。
臓器を抜き取った死体が運河からあがるという連続殺人事件。
怨恨、猟奇、臓器売買、色々な線が浮かびながら未だに犯人を上げることができない。
今回、スタンレーの女性の恋人である女優のミランダが臓器を抜かれて死体で発見されたのです。
その手口は似ているものの、以前と違うのは発見された場所。
死亡前に遭っていたのはスタンレーの為、彼は容疑者になってしまう。
死者や相手に感応する能力を持っているロスフィールドは、自分がミランダを殺す夢を見て、彼女に嫉妬を覚えていただけに、ひょっとしたら自分が犯人なのではと疑う。
そんな中、もうひとりの容疑者であるミランダのマネージャーが飛び降り自殺を。
そして、ロスフィールドはある男に拉致されてしまうのです。

スタンレーを除けば誰もが犯人の可能性のある展開。
ミランダに嫉妬するロスフィールド、スタンレーに嫉妬するジン。
ロスフィールドの為にジンが殺人をという可能性さえも見せながら、2巻に関係した男の登場で、さらに複雑な謎を見せていく。
前述したとおりに、若干スタンレーの魅力が減ってきているのだが、
ロスフィールドの弱さがとても目立つようになったのだが、
主人公たちの三角関係の愛憎とミステリーをみせていく様が、なかなかに興味深い。
ひとえに、登場人物の魅力でしょう。

ジンは日本人の設定なのに、住まいの色彩とか着ているもの、パワーとか中華的な要素をすごく感じます。本当に日本人?www

次は最終巻。
旧版未読の身には、一体どんな結末がまっているのか、この三角関係の行く末がとても愉しみです。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ