意地悪しないでお兄ちゃん

ijiwaru shinaide oniichan

意地悪しないでお兄ちゃん
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神7
  • 萌×227
  • 萌15
  • 中立2
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
10
得点
190
評価数
54
平均
3.6 / 5
神率
13%
著者
小中大豆 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
陸裕千景子 
媒体
小説
出版社
白泉社
レーベル
花丸文庫
発売日
価格
¥619(税抜)  
ISBN
9784592877059

あらすじ

大好きな義兄・千流の帰国が決まり唯は焦りまくる。唯は幼い頃美少年だったが、成長した今ではごく普通の大学生にすぎないからだ。そこで友人の美青年・正也を自分の身代わりにしたけれど…!?

表題作意地悪しないでお兄ちゃん

東郷千流,27歳,海外から帰国した義兄
東郷唯,19歳,母親の連れ子で大学生

その他の収録作品

  • いたずらしないでお兄ちゃん
  • お兄ちゃんには付き合いきれない
  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数10

お兄さんその辺でw

”お兄ちゃん”て単語がいいよね((ノェ`*)っ))タシタシ

親の再婚で兄弟になった二人。
幼い頃はかわいくて少女にも見えた受。
大好きだった兄に「可愛い」といわれるのが好きだった。
そこから数年。
家を出た兄には知られたくない。
遥に大きくなってしまった身体に「かわいい」は似つかわしくない。
兄が家をでてから姿を兄に見せることはなかったのだが
突然兄が訪ねてくると言われてしまいパニック。
大学の友人を自分の代わりにするのだが・・・!?

これ、最初から兄はしててやってると思うと
そうとうしたたかで意地悪だなとワクワクしてしまう。
弟視点で進むはなしもまあ、いいんですが
読み手としては、弟の気持ちが分かったうえで
兄視点で読む方が楽しそうだなと思った。

0

確かに意地悪だ!

親の再婚で義理の兄弟になった千流と唯。
出会った時は16歳と8歳で唯は千流に一目惚れ。ずっと千流は唯の王子様でした。唯も女の子に間違えられるほどの美少年。
ですが唯が中2の時に千流はアメリカの会社に就職するといって離ればなれに。

しばらくして唯の成長期が始まりもう兄が可愛いと言ってくれた容姿ではなくなったことを嘆く唯。

大学2年になった頃兄が帰国するので部屋が見つかるまで一緒に住むことに!もう可愛いくない自分を見られたくない。親にも自分の写真を絶対に兄に送らせず、高校も寮に入って接触を絶っていたのに。

という導入部分でした。

最初から普通に会ってれば?と思っちゃったのは話を全否定してしまいますよね。
下手な嘘をついて切なくて辛い思いをするのはお約束。
兄はどこで嘘に気がついてる?とハラハラしながら読みましたが、途中でわかります。

兄が嘘をわかっていたことが唯にばれるところはもっと面白くというかうまくできなかったかなあとちょっと残念。

唯が禁忌の関係で実ることは絶対にないと思ってたのもすんなりハードルを超えました。

兄にとって唯が今の容姿でも世界一可愛いのは良かったです。純情で天然で幼妻のようですね。

兄が腹黒というほどではないかな。変態というのも溺愛の行き過ぎ程度では?ちーたんがまさか!電池の減りが早いと思ったら!

正也にそんなに思い入れを持てなかったので、お兄ちゃんには付き合いきれないは、お兄ちゃんカップルの経過がわかるのは嬉しかったけど正也カップルは興味ないよという感じでした。

兄の壮大な計画が成功しましたね!

0

もう一捻り

コメディー作品です。うーーーーーん…いや、代替案を持っているわけではないのですが…最初からオチが分かってしまうこの手のシナリオは難しいなあ…っと。どうしても「もう一捻り!」と思ってしまったので評価は「萌」です。

主人公の唯は自己評価が低く、大好きな義兄・千流に愛されていた昔とは違う現在の自分の容姿が嫌で、数年ぶりに会った彼に対して昔の自分に似た友人・正也を身代わりにするという大胆な嘘を吐いてしまいます。久しぶりに千流に会えた嬉しさと、もう愛してもらえない哀しさの間で揺れる唯。しかし千流は何故か唯に対して過剰なスキンシップを仕掛けてくるのです。戸惑う唯を尻目に、千流と正也は何か隠し事をしているようで……というお話でした。

イラストで唯と正也の描き分けがちょっと甘いように思いました。唯もそこまで(思い悩んで身代わりを立てるほどには)ゴツい感じもしなかったので、その点がピンと来ず少々残念でした。

1

さらっと読むべし

何の前情報もなく目についた小中大豆さんの本を手に取ってみました。

表紙とあらすじを見てきっと義兄×弟だよなー、なんて思ってたら
唯(弟)が成長して長身となった自分にコンプレックスを感じて
うじうじしてる姿が延々と書かれているので
あ、ヘタレワンコな弟攻めかぁ!って納得したところで王子様然とした
千流(兄)が帰国。

えっ・・。兄貴の方が身長高いじゃん。( ゚д゚)ポカーン

なんだよー、やっぱり普通に義兄×弟なんじゃん。
と、初っ端から無駄にぐるぐる。笑

・・・でも、普通じゃなかったよ。
兄 貴 は ド 変 態 執 着 攻 め で し た 。 (笑)


義兄弟モノですが、全くシリアス無し、ただひたすら甘々ラブコメでした。
兄弟の恋愛ってもっと壁があるのでは?
なーんてツッコミを寄せ付けない兄の変態さに脱帽です。

弟がかわいすぎて、身体によいからと嘘をついて白ブリーフを穿かせ、
(もちろん兄の個人的趣味)
悪い虫がつくんじゃないかと心配してクマのぬいぐるみに盗聴器をしかけて常時監視。
弟が兄への恋慕を諦めようとするとそれに気づいて1ヶ月で強制帰国と。
弟は弟で兄の言うことにすべて従い、優しい王子様のように感じてきた兄の
驚くべき腹黒実態でさえ柔軟に受け入れ(マジで?盗聴されても!?)
兄とめでたくゴールインという、BLファンタジーは何でもありだな、と。
(ご都合主義っちゃそうですよねぇ・・・)

唯は箱入りお坊ちゃまなので、まわりの言葉に踊らされる姿が
可愛かったです。
いやー、新婚家庭でも裸にエプロンはしないって、さすがに気付こうよ。笑
まぁ、千流には効果絶大でしたけど。( ̄w ̄)プッ

兄の執着っぷりが目につきますが、こっそり兄の住むアメリカに向かった
弟の行動をいち早く察知している父も恐るべしかと。(;^_^A ・・・
兄は盗聴器つけてたけど、父は監視カメラなんじゃないかと思いましたよ。笑
この親子ホントそっくりな気がするです。。。

あと、挿絵萌え度は低いかなぁ。
唯と友人正也の顔の違いがさっぱり分からない。
千流も王子様ってあるけど、そこまで王子には見えないし。ってか変態には見えたけど。笑
イラスト自体は綺麗だと思うんですけどね。

あーでも表紙のクマのぬいぐるみはかわいかったです♪
何個か描かれてますけど、やっぱりブリーフくまが一番かわいいデス。
ヾ(≧∇≦*)〃

大会社の長男の立場とか弟との恋愛の葛藤とか本来あるべきドロドロは
恐ろしいくらい皆無です。笑
そういうのが気になる方は絶対読んじゃダメです。。苦笑
頭をからっぽにしてバカップルを俯瞰して楽しむって感じでしょうか。

1

あんまりすぐに読めてしまった。

まず、血のつながらない兄弟がOKなこと、
男っぽく成長しちゃったカラダで受けでもOKなこと、
2点が大丈夫なら楽しく軽く読めるのではないかと思います。
あと兄がちょっと(←?)、粘着執着気味です。

最初「中立」にしてたんですが…面白いことは面白かったので。
この作品、あんまりにも早く、アレっという間に話が落ちちゃったのと、
ブリーフ萌えってほかの作家の作品でもついこないだ読んだ気がして。
偶然だと思うものの「またか」と。間が悪かったというか。

それと、挿画が。
古っぽいけど上手とは思うのですが、
主人公の唯と、身代わりをする友人がほとんど同じに見えてしまって。
残念ポイントでした。イヤ、ホント上手で丁寧な絵とは思うのですけど。

わたしはビンボウなので、ちょっとお値段に見合わなかったかと思うと、評価を下げてしまう面があります。BLは部数が少ないし割高でもしょうがないとわかってはいるんですが。
気軽に読むには最適、通勤時間の暇つぶしなどに良いかと思いますv

2

禁忌的なシリアスさはなしの甘いラブコメ

血の繋がらない兄弟というのもありましたが、禁忌的な雰囲気は特になく、ぶっ飛んだ兄と、それすら許してしまう弟の甘いラブコメでした。
サクッと読めて、かわいいなぁと萌えたので萌の評価です。
兄の常軌を逸する行動にやや引きましたがまあ弟が幸せならいいのかなぁと思いつつ読み進められました。
入れ替わりものとあったのでもう少しボリュームのあるはなしかな、と思っていたのですが本当にサクッと読めてしまってやや拍子抜けしてしまいました。
弟溺愛の兄が割りと好きなので萌えましたが、そういうのが好きでない方にはあまりオススメしようとは思わない作品でもありました。万人受けはしないかな?
しかし海外にいても聞こえる盗聴器ってどんなものなのかだけ気になりした笑

1

腹黒お兄様の華麗なる?計画とは?

義兄弟ものの禁忌感のまったく皆無のラブコメものでした。
娯楽作と言って差し支えないくらい切なさ皆無で純粋に楽しめる1冊だと思います。
子供の頃は天使かと思える可愛い女の子に間違えられる美貌の受け様が次第に大人になるに
従って男らしく凛々しい顔つきに成長していくのですが受け様はそれがコンプレックス。

その理由は母親の再婚で義兄になった兄が子供の頃は女の子みたいで可愛いと
言ってくれていたのに、大人になって成長した姿を見せて嫌われたくないと思っている
筋金入りのブラコンで、更に義兄が現在進行形での初恋相手であるからなのです。

義兄が海外に行っている間に男らしく成長したことで、その姿を見せたくなくて
受け様は5年間も兄から見られないように逃げているのですが、自分が義兄の姿を見たくて
こっそり海外にまで見に行ってしまう天然で健気な一途さんでもあります。
簡単に言えばあばたもえくぼ状態の今回のカップルなのですが、義兄のある意味怖すぎる
執着も受け様にかかれば嫌いになれる理由にはならず、逆に愛されていると思えるので
かなりバカップルなのかも知れませんね。

受け様の子供みたいな悪戯の延長かと思える兄が好きだからの企ても腹黒兄にしたら
可愛い子ほどイジメタイに拍車がかかる感じで、軽く楽しめる内容でしたね。

1

楽しい1冊

初読み作者さんです。
あまぁ~い作品で、安心して楽しんで読むことができました。
たまには、
こういう作品もオアシスのような存在で貴重ですね。

展開、設定、どこも好みの作品でした。
兄弟もので、お兄ちゃん大好き!という作品なので、
ショタぽい作品は苦手なので、心配したのですが、
受である唯は、男っぽくなってしまったという設定なので、
問題なく読むことができました。

大好きなお兄ちゃんが、帰国してくる!
それを嬉しく思う反面、唯には心配ごとが。
というのも、かわいい女の子のような容姿だったのに、
ここ5年で男っぽく成長してしまったので、
兄が受け入れてくれないのではないかと不安に思うのでした。
でも、実は、兄は結構な腹黒で~という展開です。

イラストが、陸裕千景子さんで、
ソフトなイラストであるため、
唯が、どの程男っぽくなってしまったかは定かではないことが
残念かもしれません。陸裕千景子のイラスト大好きなのですけどね。

2

おっかしい、この兄弟!

貴公子然とした、しかし実はド変態な義兄と(一人称『私』がキいてます)、
長身イケメンながら野暮ったく、超ブラコンで天然な弟。
「変人」を全面に出さず、しかし言葉の端々からアレ?なんかこの人らおかしいと思わせ、
そこはかとない可笑しみを誘う書き方が、絶妙に面白かったです♪


内容としては、大学生の唯が、5年ぶりにアメリカから帰国した義理の兄・千流(ちづる)と
一緒に住むことになる。
美少年だった子供の頃とは違い、成長して男くさい外見になってしまった唯。
兄に幻滅されたくなくて、美青年の友人・正太に自分のフリをしてもらうが・・・
という、シチュエーション・コメディ的なお話。


唯の嘘は、どう見ても千流にバレバレ笑
素知らぬ顔で、唯をからかう千流の方が、実は色々と隠しごとがあって、
それが段々明らかになっていく過程が面白すぎます。
幼い頃は自分を慕ってくれる唯のため王子様を演じていたが、実は腹黒サイコな変態紳士の千流。
次々と明らかになる根回し、策略、マニアックな趣味には、天然な唯もさすがに引き気味。
「人として終わっている」なんて弟に思われる兄ってどうなんだ(笑)

しかし唯もまた、ニューヨークの兄をストーキングする等、なかなかの執着受け。
千流の本性を知ったあとも兄への愛は揺るがず。互いの嘘もなくなり、恥ずかしいほどラブラブに。
白ブリーフ着衣でのプレイや、裸エプロン、猫ディルドなど、変態プレイにいそしむバカップルの誕生です。アイテムのインパクトの割に、ガッツリ絡むのは一回きりなのですが、それでも劇甘な雰囲気に十分アテれられました。


主人公二人だけでなく、脇キャラも魅力的。
まず、兄がくれたクマ『ちーたん』。
可愛いだけじゃなく、文中で「無機物」呼ばわりされたりと、
ただの愛でられる存在でないところがツボですv
読み終えてみると、クマ尽くしの表紙にも納得。ファンシーで可愛らしいけど、全てを知った後だとちょっと怖い(笑)。
そして、友人の正太と、元ヤンの彼氏・泰司もいい味出してます。
【お兄ちゃんには付き合いきれない】は、本編では痴話喧嘩ばかりしていた彼らの日常を描いたお話。
10頁ほどですが、女王様な正太と、甲斐甲斐しい泰司との関係や仲の良さがしっかり伝わってきました。

「ほのぼの」と「キワモノ」が両立した、バランス良いコメディだと思います♪

4

バカップル兄弟

小中大豆さんの3冊目は血のつながらない兄弟モノのラブコメ。
この陸裕さんのカバーイラストに色々な鍵が隠されていて、読み終わった後に見るとまた楽しい♪
呆れかえるほどのブラコンを超越したラブっぷりからくる物語展開が実に楽しい1冊となりました。
主人公も、主人公の兄も中々にいいキャラでしたよv

母親の再婚で兄弟になった兄の千流(ちづる)と、母の連れ子の唯。
女の子みたいに可愛かった唯は兄が大好きで、兄も弟を可愛がり、
しかし、唯が中学2年の時兄はアメリカへ行ってしまう。
ところがそれまでとても可愛らしかった唯は成長期を迎えめきめきと大きくなり、兄の愛してくれた可愛い自分でなくなってしまった事にコンプレックスを抱き、もう兄には会えない!と思っていたのですが、
一人暮らしをしている唯の元へ日本に転勤になった兄がしばらく住む処が決まるまで来るのだと!
自分の現在の姿を見られたくない唯はかわいい外見の親友に自分の身代りをお願いするのですが・・・というお話。

もうはっきり言って、兄がやってきた時点で見えてますよね♪
気分は千流になって、唯のあたふたぶりと間抜けぶり(スマン!)を一緒に楽しめちゃう♪
いくら5年会わなかったからって、現在の唯の姿を兄が知らないとでも?(笑)
さておき、この唯の天然がいいですね~
兄に言われたからって、白ブリーフですよ!白ブリーフ♪
恋人になったラストなんか、裸エプロン~!!!
これって親友のアドバイスらしいんですが、信じて実行するというのがまた(爆!)

このお話クスクス笑っちゃいます☆
元から相思相愛の兄弟ですからね。
ポーカーフェイスでいけしゃぁしゃぁとしている兄ですが、きっと自室に戻ってはあたふたしてる唯にこっそり部屋で身もだえしてるんじゃないかと…
本編のラストで千流が唯にネタばらしをしていますが、【いたずらしないで、お兄ちゃん】において兄視点と初めてのデートの話が。
【お兄ちゃんには付き合いきれない】では、身代わりをした親友の正也の恋人とのラブ生活と、千流&唯カプからもらう恩恵(笑)の話が後日談として。

陸裕さんのイラストが大好きなので、想像どおりのキャラに描かれていて、満足でした。表紙のくまのぬいぐるみ”ちーちゃん”かわいいですねv
萌×2に非常に近い評価です

7

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ