CANIS Dear Mr.rain

canis dear mr.rain

CANIS Dear Mr.rain
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神104
  • 萌×241
  • 萌13
  • 中立9
  • しゅみじゃない10

--

レビュー数
32
得点
732
評価数
177
平均
4.2 / 5
神率
58.8%
著者
ZAKK 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
茜新社
レーベル
EDGE COMIX
シリーズ
CANISシリーズ
発売日
価格
¥680(税抜)  
ISBN
9784863493735

あらすじ

帽子屋を営む沓名聡(くつなさとる)は、道端に“落ちていた”不思議な男・柏葉(かしば)リョウを拾う。
ニューヨークから来たというリョウに、何の気なしに来日の目的を聞くと「死ぬために」という意味深な答えが返ってきて……。
大胆な筆致と力強いストーリーが評判の大型新人・ZAKKの初単行本がついに登場!

収録内容】
「CANIS-Dear Mr.Rain- #1」
「CANIS-Dear Mr.Rain- #2」
「CANIS-Dear Mr.Rain- #3」
「CANIS-Dear Mr.Rain- #4」
「CANIS-Dear Mr.Rain- #5」
「CANIS-Dear Mr.Rain- #6」
「Shopping?」(描きおろし)


著者:ZAKK

表題作CANIS Dear Mr.rain

その他の収録作品

  • Shopping?

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数32

イヌと雨男の出会い─CANISシリーズ 表サイドの物語#1

現在5作目まで出ているCANISシリーズ。
世界観がめちゃくちゃ立体的で多面的で、5冊読んでも未だに果てが見えません。
私なりにこのシリーズを説明するなら、Dear Mr.rain〜Dear Hatter=CANISシリーズ 表サイドの物語、THE SPEAKER=CANISシリーズ 裏サイドの物語、とお伝えします。
同じ世界の裏社会で起こっている出来事を当事者側から描いているのがTHE SPEAKER、それをニュースで断片的に耳にしても無関心に聞き流している表社会側の住人の物語を描いているのがDear Mr.rain〜Dear Hatter、という感じ。
繋がっていないんだけど繋がっている、二重構造で進行するストーリーが今まで味わったことないような読後感をくれます。
もしかしたらDear Mr.rainから読み始めた人と、THE SPEAKERから読み始めた人とでは、シリーズの印象自体がまるで違っているかもしれません。
現在出ている5冊の順番は
CANIS -Dear Mr.rain-
CANIS -Dear Hatter- #1
CANIS -Dear Hatter- #2
CANIS -THE SPEAKER- #1
CANIS -THE SPEAKER- #2
となります。
※-THE SPEAKER-は現在も絶賛連載中です。

先日いきなり4作目からレビューしたので、今回はシリーズの始まりに戻ってこちらを。

Dear Mr.rain〜Dear Hatterは、帽子屋を営む〔沓名〕が、人手不足で猫の手も借りたい気分だったある雨の日に、道端で行き倒れていた〔リョウ〕を拾ったことで始まるお話です。
CANISというのは〈イヌ属〉という意味で、ここではリョウのことを指しています。
Mr.rainは沓名のことを指しています。
雨男が、親に捨てられ飼い主に捨てられ行き倒れていたイヌを拾う。
タイトルに則るなら、そんなお話。

ニューヨークから来たというリョウのバックグラウンドは謎めいていて、のちのTHE SPEAKERで主役になるキャラ達と繋がっています。
が、そちらサイドのことは断片的に差し込まれるだけで、ここではまだよく分かりません。
ストーリーはあくまで表社会で出会った沓名との「恋の始まりの予感♡」を主軸に進みます。
でもそれもまた、まだ「予感」止まりです、本作では。
2人のお話は「CANIS -Dear Hatter-」にガッツリ続きます!

天使のはしごを見たリョウが捕まえたものって「舞い降りてきた天使」ってことよねきっと( ´艸`)

【電子】ひかりTVブック版:修正-、カバー下なし、裏表紙なし
(私の購入後にデータの差し替えが行われているので、もしかしたら違っているところがあるかもしれません)

1

雰囲気がとても好き

〖DMM電子書籍〗
修正:ー
カバー折り返し:なし
カバー下:ー
帯:なし
裏表紙:なし
備考:

〖紙媒体〗
未読

0

画力と構成に惹き付けられる

 先に『CANIS THE SPEAKER』シリーズを読んでしまっていたので、この作品だけに焦点を絞って評価することが難しかったのですが、まだ序盤ということも鑑みて萌評価にしました。あのCANISシリーズの原点であると考えれば、つい神評価にしたくなってしまいますが。

 日本で人気の帽子屋を営んでいる聡と、ニューヨークで血生臭い日々を送ってきて死ぬために日本にやってきたというリョウ。2人が道端で出会ってからの話ももちろん魅力的なのですが、まったく境遇の異なる過去の回想も結構ページを割いて描かれていて引き込まれました。言わずもがなリョウの過去は凄惨なもので、両親にいらないと言われ家を飛び出し、組織に置いてもらうようになるものの、自分だけ他のメンバーとは違うポジションだったことを後から知ります。そんな過酷な人生を生きてきたという割には、絶望したり完全に人生を諦めているようには感じず、元々の明るい性格は失われないままなので、これからの彼自身が主体となる生き方を応援したくなります。何度か聡が飼っていた犬とリョウを重ねるように描写されるのですが、リョウが聡と過ごすことで、本質的に犬から人間へと変われる日がきっと訪れるんだろうと、今後の展開に期待が膨らむ作品となっていました。

0

最近読んだ漫画一番いい作品だと思います

この作品はとても素晴らしいと思います。ストーリーのリズムがよくて、二人の付き合いも面白いです。これからも先生の作品を支持します。先生頑張ってね

ZAKK老師的作品真的很好看,整個故事的節奏掌握得非常好,非常引人入勝,劇情的描寫鋪陳以及穿插式的兩人經歷都是非常重要的部分之一,讓讀者一步一步了解兩人的性格,這樣的描寫搭配老師一流的畫技真的是1+1大於2!
不浮誇,我覺得這部真的太好看了,真的希望大家都去看看ZAKK老師的作品呀!

支持老師!

2

沓名聡という男に惚れました

ギャップにやられました。
お洒落なのにスカしてない、
クールそうなのにあったかい、
雰囲気モノっぽいのに土台がしっかりしてる。
人それぞれ大切にしてる物事、思いは様々だけれど
それらを尊重していて尚且つ目線が優しいのです…きっと作者さまはお優しい方なんだろうな。(動物と子供を描くのが上手いし)
読む前はお洒落な雰囲気漫画だろうなと思っていた私です、すみません(>_<)

帽子職人の沓名聡(クツナサトル)と彼に拾われた柏葉了(カシバリョウ)。
この2人成り行きから一緒に暮らす事になり少しずつ物語が動いていきます。
この巻では恋愛に発展する事はありませんが、お互いが特別な存在なのが伝わってきます。あっでも意識して頬を染めて…とかでは無くちょっとした会話とか視線などで感じるぐらいですが。ふたりとも男前ですから、ぶつかる位の距離で共に生活してるってだけでも十分萌えました♪
リョウが従順なワンコ過ぎて少し物足りないのですが、ケンカップルを描きたい訳では無いのでしょうからね…タイトルもcanis犬ですし。


あと個人的に萌えも多い
作品でして(≧∇≦)
サトルさんが格好良くてもはやbl関係無く好みだなぁと思いながら読んじゃってます。
仕事に対する姿勢、周囲との関わり方、
それにしっかりした経済力とか笑

シャツ!いつでもシャツ!帽子のプレス掛ける作業の時暑くて汗だくでもシャツにベストに美学を感じます、外国の職人さんみたい。

特に萌えたのが腕!シャツの腕まくり+太い腕はサービスショットです、作者さま沢山描いて下さってありがとう!!

それと髪の刈り上げの描き方キレイだな、と。どのカットでも手を抜かす丁寧に描かれていて見惚れます。

あとあと笑
水とか涙とかタバコの煙を描くのが職人レベルに上手い、且つお洒落。

この様にストーリーだけでなく絵でも楽しめて萌えられるので何度読んでも飽きない。
間もなく発売されるspeaker 2巻も楽しみです。

1

面白すぎる…

『CANIS THE SPEAKER #1』が発売になって、そういえばシリーズものだったなあ、と思ってシリーズの1巻から読みたいと思ったのだけれど、どこを探しても売ってない。増版してくだされ~~!と思っていたらひょんなところで発見。喜び勇んで購入しました。

今まで手に取らなかった自分を殴りたい!
めっちゃ素敵な作品でした。

zakkさんは初読みだったのですが、すごく独特な世界観を描かれる作家さんなんですね。
絵柄が綺麗かと問われると好みが分かれそうな絵柄ですが、とにかく画力が高いと思いました。
アメコミっぽいっていうのかな。繊細な絵柄ではなく、どちらかというとコメディタッチな絵柄なのですがその絵柄の使い方が非常にお上手。
シリアスなシーンと、コミカルなシーンが混在しているのに、読んでいてとっちらかることなくすとんと胸におちてくる。

飄々としているのにそんな表面からはうかがい知ることのできない過去を持ち、それでいて他人に優しく、仕事にプライドを持っている沓名さん。
美しいビジュアルを持ちながら過酷な過去を持ちミステリアスなリョウ。

BL表現は皆無ながらも、二人の間に流れる空気がなんとも色っぽく、それでいてさわやかでもある。

今現在「canis」シリーズは4冊出ていますが、全部読んでから1巻から読み返すとその伏線のすごさに圧倒されます。

とにかく面白い。
今、手に入れづらい状況ですが、ぜひとも増版を!

4

雨と狗と帽子屋

表紙に惹かれて購入しました。中の漫画も、表紙絵からの期待を裏切りません。
レヴューを書くために改めて読み返して、背後からの描写が多いな、と思いました。背中越しの白い背景と合間って、その背中の主の表情とか、その背中を見ている人物の心情とかを想像させることで作品に深みが出ているのでしょうか。
まるで映画を観ているような作品です。
私にとってのドストライク!大好きな一冊です。
エロ描写はないので、そっちを求めてる方には確かに物足りないでしょうし、BLっぽくないと感じるのも頷けます。
この巻ではまだ互いに距離感を計りかねている沓名とリョウが今後どうなっていくのかを楽しみに読み進めていただければと思います。

エッチな描写がほぼ無いので、BL漫画初心者の方や、BLは主に小説で読んでいる方にもオススメです。

4

何で今まで避けてたんだろう?

大分前ですが、アメコミ調といいますかコントラストの強い絵が好きでそういう絵を求めていた時に知りました。
電子のサンプルだったと思うんですけれど、冒頭読んでも何となくピンとこなかったのでそれ以来気になりつつも読まないでおりました。
先日、OPERAを別の漫画目的で購入した際にこれのスピンオフを読んで、主人公(?)の子に一目惚れ。これは読まにゃあかんと既刊全部買ってきたのですが………。

こ、これは!!

何で今まで読まなかったの?自分よ。
とてつもなく好みでした!!絵柄から何となく今やっているスピンオフ的な話を想定してたんで当時は「あれ?これで現代日本のファッション業界ものなの?」と思って読まなかったのですが、今は逆です(笑)こっちの穏やかな世界のがいいよう。
沓名さんは勿論、英子ちゃんもB男くんも可愛いんですよ。
沓名に懐きまくっているのに、何処か不安定でふらっと消えてしまいそうなリョウにハラハラしながら読みました。
確かにエロやら甘い描写はないですが、私はちゃんとBLだと思いました。今まで人に執着しなかった人が誰かに徐々に惹かれていくのいいですよね。
とりあえず今回はリョウは平気でしたけれども、予告が不穏だああ。

設定厨なので、巻末のルームデータとかたまらないですねえ。
さて、まとめ買いしたので続きがすぐ読めます(ほくほく)

4

二人のバックグラウンドと出会い

友人に勧められて読みました。
まずは絵がとても綺麗で惹かれます。
また、職業が物語の中でしっかり描かれるBLの中でも、帽子屋というのは初めて出会いました。
普通に生活していたら、出会わない二人。そんな全く別々の生き方をしてきた二人でも、だからこそきっとうまくはまるところがあったのだな。と思いました。
リョウくんの謎めいて重いものを背負っていそうなところは魅力的です。
実は先に続編のdear hatterを先に読んでしまっていたのですが、この巻は二人のバックグラウンドが描かれているのでこちらを先に読んだほうがおもしろさがぐっと膨らみました。

2

何とも言えない二人のエロさ♡

すっごい面白いです!!
BLBLしていませんが、ほのかに香るBL!!
何とも言えない二人の醸し出すエロい雰囲気にドキドキしました。(*′皿`艸)

アメコミ風の絵の美しさに魅せられてこのコミックを買ったのですが大当りでした!!
絵は綺麗だしストーリーも面白い!
全体的にシリアスなのですが、それだけでなくコミカルなので重くなり過ぎずドンドン読み進められました(*´▽`*)
BLの要素は薄めですが、涙あり笑いありドキドキあり!!とお腹いっぱい大満足の一冊です。(*´ェ`*)
続きもすごく面白かっです!
いろんな方にぜひ読んでもらいたい!!.。゚+.(*''*)゚+.゚
ホントに面白かっです。

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ