「しがらみのない男と後腐れのないセックスをしたい」

夜まで待てない

yoru made matenai

夜まで待てない
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神53
  • 萌×246
  • 萌44
  • 中立8
  • しゅみじゃない6

--

レビュー数
35
得点
589
評価数
157
平均
3.8 / 5
神率
33.8%
著者
梶ヶ谷ミチル 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
祥伝社
レーベル
on BLUE comics
発売日
ISBN
9784396783341

あらすじ

新宿2丁目。夜のバーで向井修司が出逢ったのは、狼のように精悍で強引な男・桐原だった。一晩のつもりでハメを外した向井だったが、翌日大学で隣に座ってきたのは昨夜の男で―――。リンク作「放課後の不純」の番外編に加え、描き下ろしも収録。

表題作夜まで待てない

桐原 大学生 酒屋でバイト
向井修司 大学生

同時収録作品放課後の不純 番外編/4年後の不純

高校生~大学生 沢木
高校の同級生~大学生 水谷宏明

その他の収録作品

  • bonus track
  • あとがき
  • カバー下おまけマンガ「171Pからの続き」
  • 電子限定オマケページ!1P

レビュー投稿数35

王道ですね

「放課後の不純」のスピンオフ。脩ちゃん気になっていたのでうれしいです。
コマや文字が大きくなって見やすくなりましたかね。
表紙のコマ割り好きです。同じ幅のコマが並んで、同じ構図で、動きを見せてくれる。このコマ割り、手法の名前ってあるんですかね。

ストーリーとしては、ワンナイトのつもりがハマってセフレになり、本気になっていく…という王道ですね。
特に意外性なく、予想通りの展開でした。

強いて言うと、途中、桐原が向井に無理矢理してひどいこと言ったのがムカついたくらいですかね。
で、向井は当然怒って桐原との関係を切ろうとするけど、桐原が告白して向井も許してハピエンとなるので、そこまでストレスはなかったです。

少し思ったのは、絵が…もうちょっと…アレだったらなぁ。ということ。
前2作では、そこまで気にならなかったんですが、本作ではコマが大きくなったからか、瞳とか顔の輪郭とかちょっと気になりまして。

あ、口絵、扉絵はシンプルでかっこよくて好きです。

この後「忘れた夏まで会いにいく」を読むので絵の変化があるかも見てみたいです。

0

割り切っているようで、可愛い主人公v

主人公の向井君は、
割り切った大人のようで、
それでいて寂しがり。
複雑な感情を抱えつつも、
素知らぬ顔で一夜の関係を重ねていますが、
どこか満たされない。

そんな彼の前に現れた桐原君。
二人の恋の駆け引きが始まり、
お互いに惹かれているはずなのに、
素直になれない!

もどかしさが後押しになって、
ついつい夢中で読破。
どんなふうにまとまるのかと心配しましたが、
最後は気持ちよくEND!

描き下ろしもあって満足満足v
この二人は『放課後の不純』の続編にも出てきますv
そこもまた良しv

主人公向井君の表情がなかなかいいv
ここはこのシリーズ、全部読まないとね!

評価は神よりの『萌×2』で!

0

案外一途な2人の恋

 水谷のことが好きだった向井ですが、前巻では振られてしまいましたから、こちらで水谷以上にちゃんと本気になれる人と出会ってくれてとても嬉しく思いました。見た目からしても向井はもっと遊べるタイプのキャラかと思っていたけれど、意外とガードが堅いというか、寂しく1人でぽつんといる姿がいじらしくて放っておけないような雰囲気を纏っているんですよね。アメリカ帰りなのに、そういうギャップがたまらないなと。

 そんな向井にがんがん攻めていく桐原は、日本男児らしい精悍な顔立ちで、こちらも人を惹き付けて離さない魅力があります。大学生なのに大人っぽいというか、酒屋で働いているところも含め、渋いですよね。捕らわれたらやばそうなのは分かっているのに、逃れられない。そんな向井の気持ちに共感しました。桐原も遊び人のように見えて、決めた人ができればその1人だけに熱心になれる人だったので安心。向井に甘い顔をする桐原の普段とのギャップに痺れました。沢木と水谷に負けないくらい、熱いカップルでいて欲しいです。

0

スピンオフの方が好き!

『放課後の不純』のスピンオフ。
水谷の幼馴染・修司が主役です。
修司の相手役・桐原の嫉妬と執着がとても良かった!

二人とも遊び人なのかな?
遊び慣れてる感じがしました。
遊びのつもりがいつの間にやら本気に……という、大好きな展開です。
桐原は余裕たっぷりのくせに、水谷との関係を勘違いして修司に嫉妬心丸出し。
それなのに、好きとは伝えない。
このハッキリしない焦ったさが切ないけど良かった。

グルグル悩んで、結局忘れられなくて修司に縋っちゃう感じが最高にキュンキュンした♡
早く言ってよ〜ってなりました!
で、いざ恋人同士になったらイチャイチャラブラブだしね^^
やってらんないよね(笑)
沢木と水谷も好きだけど、この二人はかなり好き。
可愛い系受けより、やっぱり男前受けが好き!

1

スピンオフ

『放課後の不純』のスピンオフで、水谷の幼馴染み修司くんが主役。
前作では水谷に対して攻な感じでしたが、どちらもいけるようで今作は受。
バーで相手を探していて出会ったのが桐原。
よくあるのですが、あの出会い方って良いなぁとしみじみ。運命っぽいのです。
寝てみたら身体の相性も良く、一夜限りのはずが同じ大学で、互いに自分の気持ちを言わないままだったためセフレのようになってしまい、嫉妬と気持ちのすれ違いで衝突。

修司の色気がすごい!ホント綺麗なんです。もう、受としか見えない!
でも、水谷と会っている時は兄っぽい顔で、このギャップがいい!
桐谷はもう少し大人っぽいのかと思ったのですが、結構嫉妬メラメラだし、欲望に真っ直ぐ。でも、本人も言っていたけれど、それは修司だからで。ならありかなぁと思いました。

一冊丸々二人の話で読み応えあります。
できるなら、『放課後の不純』を読んでからの方が楽しめます。

1

「放課後の不純」スピンオフ

「放課後の不純」のスピンオフです。
当て馬というか、水谷のお兄ちゃん的存在だった向井が主役。

◾︎桐原×向井 大学生
大好きなゲイ×ゲイもの!勝手に向井さん社会人になってからの話かと思ったら、大学生だった。社会人ゲイ×ゲイものが大本命なんだけど、これは良かった!!
余計な要素なしでただ恋愛を描いてる作品です。エロエロでもなければお仕事描写が濃いわけでも、突飛な事件が起こるわけでもなく、それでいてこの面白さ。

梶ヶ谷先生って絵柄がすごくエッチなわけでもないのに、向井の色気がしっかり伝わるのもすごい。

桐原は全然ダメな男なんですけど、向井がメロメロになるのも分かってしまうところが面白いんですよね。「放課後の〜」のシリーズは全部読んでたので、こんな自分勝手な人だったんだと少々驚きました。でも向井、世渡りうまくやってるつもりでこういうのに捕まっちゃいそうな感じ、あるよな〜

萌2〜神

0

スピンですがこちらの方がかなり好みです♪

梶ヶ谷先生の描く攻めって、意外と節操ないんですよね。
純朴な絵に惑わされていると(?)ワイルドでヤリまくりの攻めにびっくり。

そんな攻と主体性の無い受がカップルになると、痛々しくて見ていられなくなるのですがこのカップルの対等な感じは良かった。

バーでひと目見て、ビビッと来た二人。
向井くんも攻めなのに、桐原のを受け入れ、満足した一夜を過ごす。
結果的に後腐れない相手と寝ていた二人が運命的に出会ってしまった。

桐原のグイグイいく様子が男っぽくてすごく良いです。
向井も決して弱弱しい感じはないのに、捕まえられ絡めとらて身動きができなくなる様子が、狩られている…!という気がしてゾクゾクします。
段々と受け入れ溺れていく向井が色っぽい。

向井を見ているだけで血が騒いておかしくなる桐原と、その目で見つめられ求められるとゾクゾクする向井。ほんとうにベストなカップルだなと思いました。

今後もずっと仲良く過ごして欲しいです。

「放課後の不純」シリーズ全て読みましたが、私は受けに力強さがある方が好みなので、この作品が一番好きです。


0

『お前見てると、おかしくなるんだわ、俺。』出たよ、男前セリフ‼︎

「放課後の不純」当て馬、修ちゃんの救済措置スピンオフ。
ここから読んでも全然OKなカップルの話。桐原が男前で、強引な肉食系で。
宏明に失恋して、メロウな気分になっている修ちゃんとしては。
このくらい強引に奪ってくれなくちゃ、その気も起きない。っていう。
出逢いはワンナイトスタンドのつもりだったけど、どんどんハマって行ってしまう。
けど、始まりがそんなだったから、お互いがお互いの気持ちを探り合っていて、
たった一言、「好きだ。」と言い合えば良かったのに。

桐原が、いつ何時でも修ちゃんにサカっていて。
大柄でガタイも良いので、まるで、沢木をさらにゴリラ化したかの様な。
すごいシンプルな線で描かれているのに、目線ひとつ、手つきひとつ取っても。
男前なんだな、っていうのが分かる。ものすごい自分に自信がある、っていうのも分かる。
『この俺を本気にさせたお前すごい。』とでも言いかねない!ププッ。
でも好きです、こういう男前。嫉妬のあまりレイプまがいに抱くというのは頂けないですが。
このくらい強引じゃないと! 修ちゃんみたいのはきっとダメ。

修ちゃんは、宏明を抱きたかったみたいで、そもそもどっちもなんですが。
いやぁ、宏明と居ても百合ップルにしか見えませぬ。
アレ見て嫉妬するとか、桐原も頭沸いてるとしか思えないんだけどなぁ。
どうでもいい相手とワンナイトスタンドばかりして来た桐原にとって、
きっと、初めての執着と独占欲。自分でも戸惑ったに違いない。
『お前見てると、おかしくなるんだわ、俺。』ハハッ。出たよ、男前しか言ってはいけない台詞‼︎

番外編「4年後の不純」が嬉しいです!
沢木母が、水谷君のことを「しっかりしてそう。」と話していて。
「エプロンとか似合いそう。」と言っている、母イメージと息子イメージ‼︎‼︎
母イメージも、とっても素敵♡ なんですが、息子イメージ‼︎‼︎
なんだよー、それ。プレイ希望なのか⁈ 私は希望します‼︎
沢木の変態度が垣間見れて良し♡
ケータイで、こっそり撮ったと思われる写真を見ながら、卒業式の日を思い出すなんて。
沢木が水谷のことを、それはそれは大好きなんだなぁ、というのが分かって。
やっぱりとっても嬉しいです♡

1

じりじりする胸の痛みをご希望の方

こちらですよ!

一番最初に「おはようからおやすみまで」を読んでしまって、「放課後の不純」を読んでからこちらに辿り着きました。
この順番で読んでしまったので修ちゃんの立場が最初は「どちらさま?お連れさんもどなた?」→次に「当て馬か!」とあべこべになってしまいました。順番大事ですね。

態度は軽薄だけど、年下の幼馴染を一途に(?)想い続けた修ちゃんというイメージだったのですが、違ったようです。
馴染みのゲイバーあり、マスターとは旧知の仲、21才(推定)だし、アメリカに行ってたはずだし、よく分からなくなってきました。ちょっと整理させてください。
中学生くらいで親の仕事の都合で渡米(「放課後の不純」より推測)→大学2年までアメリカ(本作)
高校は水谷と同じらしい(ギックリ腰の山田先生が恩師、「放課後のー」で水谷に「俺の後輩か」と言っていることから)→水谷高2のときに3年ぶりの一時帰国(「放課後のー」より)
分からない…。
アメリカに行くときに盛大に告白したけど、高校入学を機に帰ってきたの?中学生に見えたけど、渡米するときにもう高校生だった?高2で渡米(17才)→3年後帰国(18、19、20才は在米)→大学編入(3年次・21才)として、マスターは多分高校の同級生?一夜限りのお楽しみは帰国後に改めて水谷にフラれてから?それともアメリカに行く前から?高校生でゲイバー通い?それでマスターとも顔なじみ?
ザ・混乱!3冊の本をあっち見てこっち見てした結果よく分からなかったけど、こんな細かいことは置いておこう。

幼馴染の水谷への長年の想い破れて傷心の修ちゃんは久しぶりに訪れた馴染みのゲイバーで一夜限りの相手を物色中。マスターおすすめの男の話を聞いて、その男が現れるのを待つが…。

という手練れ同士の恋の話でしたが、手練れと言うには大学生は若過ぎる…。てっきり桐原はリーマンか、大学講師もしくは院生か研究生という設定だと思ってました。
「このひと!」という相手にめぐり逢えずに一夜限りを繰り返して、ついに「このひと!」を見つけるという王道的な展開ですが、ずっと胸がじりじりしてました。
遊びと割り切りたい、ハマりたくないと思いながら、頭の中は相手のことで埋め尽くされていく。相手はどう思っているのか。自分は?という修ちゃんの胸の内が痛くて痛くて、ちょっと泣きました。

登場人物にどのくらい感情移入するかで萌え度が変わりそうな作品です。
一歩引いてしまったら、とことん「よくある設定」になってしまうし、修ちゃんに憑依する勢いで読んだらこの切なさは神レベル。
わたしは細かいところですっきりしなかったので、切なさは神レベルでしたが、全体的には萌2となりました。

1

スピンオフ

「おはようからおやすみまで」がとても気に入ったので、作者様の他の作品も読んでいるところです。
この作品は、「放課後の不純」「おはようからおやすみまで」に出てくる修ちゃんのお話、スピンオフです。「放課後・・・」「おやすみ・・・」の2人もボーナストラック+カバー下漫画で登場しますし、「放課後の不純」番外編も載っています。
個人的には、2人の出会いが相手を捜すバーだったというのが、個人的な萌えツボからはずれてしまう所なのですが、実はその翌日、2人が同じ大学の学生だということが分かって・・というあたりから、(私の中で)俄然面白くなってきました。
攻め様がちょっとひどい・・・と感じる場面もありました。まだまだ若さゆえの暴走というか・・・いわゆるこの攻め様は一見大人で頼りがいのありそうな人に見えるけど、実際には全然子供な人・・・という感じで、正直私からすると素敵な攻め様ではないです。
でも、切ないながらも、お話にぐいぐい引き込まれる、読み甲斐のある一冊でした。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う