放課後の不純

houkago no fujun

放課後の不純
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
18
評価数
5
平均
3.6 / 5
神率
20%
著者
 
媒体
コミック
出版社
シュークリーム
シリーズ
発売日
価格
ISBN

あらすじ

 水谷は、普通の男子高校生。放課後、居残り中の水谷は同級生の沢木と2人きりになる。初めて話すはずなのに、いやに絡んでくる沢木を不審に思っていると、ふとした事で興奮した沢木に無理矢理キスされてしまい――? 水谷の無防備な青い色気が男を誘うのか――!? 快活本能男×文系メガネ少年の放課後は秘密のラブ空間!!

表題作放課後の不純

陸上部の同級生 沢木航介
高校生 水谷宏明

その他の収録作品

  • bonus track

評価・レビューする

レビュー投稿数2

若いねー。

割と身体からはじまる男子高校生同士のラブ。まぁね〜、性欲で生きてるみたいな年頃だしね〜…。
沢木くんが水谷くんに惹かれていった過程は後半で語られることもあって分かるのですが、水谷くんが沢木くんを好きになった理由、彼でなければ!という理由がちょっと弱いかもしれません。
いきなりキスされて押し切られました! 気持ちよかったからその後も関係を続けました! みたいな感じですもんね。(グイグイ押しまくられる内に絆されて…ということなんでしょうけど)

だけど水谷くんみたいな子は(しかも自分の性的嗜好に気付き、コンプレックスに思っている)あれくらいグイグイ押しまくられないと一歩を踏み出せなかったりするかもしれないので、よいコンビなのかもしれません。
チョット盛る場所には配慮した方がいいかなとは思いますが…(笑)

0

受けがなかなかメンドくさい性格ですが。。

以前、祥伝社で出されていたほうにレビューが沢山ありますね。
私が読んだのはこちらの新装版ですので、こちらにレビューします。

沢木(攻め)が1ページ目で登場するんですが、最初、モブだと思ってしまいました・・・・。あまりにもフツー過ぎて。
ぱっと見てこれクラスメイトかしら?と思ったんだけど、会話が2ページ以降も続いているので、どうやら違うらしい・・これが今回の攻めらしいと気付いた次第(汗)

その沢木は一人でノートを写している水谷(受け)に声を掛けて色々話しかけるついでに「お前みたいな奴、俺は好きだよ。」と告白します。
ついでじゃなくて決意のうえかもしれないんだけど、あまりにもサラッとしているので、読んでいた私自身もこれ、告白なのかしら??と戸惑った次第で、当然水谷(受け)も信用しないんです。
しかし、そのまま勢いでキスまでしてしまう。そしてその後の初Hまでの展開スピードも早いと思う。そこに至るまでの葛藤はほとんど無いに等しいのが男子高校生らしいとも言うべきか。

途中まで受けの水谷が暗めの内向的な性格ということもあり、なんだか気乗りがしないまま読み進めていました。
続き
沢木のどこが好きなのかも良くわからないし、沢木に強引に迫られてただ流されるまま好きになったみたいな主体性のないところにモヤモヤ。
沢木がいつから水谷のことが気になっていたかという話をしていた時、ところで水谷はいつから俺のことが好き?と聞かれて「えー・・・忘れた」と答えるんです。
しっかり覚えているのに照れ隠しをしているのか、本当に忘れたのか。
どっちなのかは判らないけど、忘れたに私は一票。
そして回想で当て馬の修ちゃんがいきなり抱きついて好きと言ったとき、びっくりはしたけど嫌悪感はなかったし・・・とあって、修ちゃんが沢木のように強引に迫ったら今頃は修ちゃんと付き合ってたんかい・・とも思ったり。
この時点では「中立」くらいでした。

しかし水谷自身、自分がゲイである事に薄々気付いて、認めたくはないけど認めざるを得ない自分と葛藤しており、そんな自分に後ろめたさや劣等感も抱えていて、ただでさえ内向的な水谷としては積極的に自分の好きなものを選びにいくという事すら難しいんじゃないかと思ったんです。恋愛においては完全に受け身。
(もっとも水谷がもしノンケだったとしても、沢木みたいにはっきりと俺が好きなんだからいいだろ、みたいな言い切れる強さは持っていなくて、また別の事でグルグル悩んでいそう。ゲイ、ゲイじゃ無いは別として、かなりメンドくさい性格なんだと思う。)

自分に自信のない水谷だから積極的に迫ってきた沢木に絆されていつのまにかなんとなく好きになったというのも、彼ならありなんじゃないかなと思います。

そしてまだまだ己の殻が固くて閉じこもってしまいがちで、マイナス思考傾向のちょっと常人では持て余しぎみの水谷には、「いつかじじいになって勃たなくなっても好き」「超絶好き」とまで言ってくれる沢木こそがふさわしく、彼がいてくれて本当に良かったわ。

水谷もよーやく素直に「こんなに好きになっちゃったのが、お前で良かった」って言ってるしね。

というわけで最初の勢い&流されカップルから、とても良いカップルになったと思います。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ