ふたりの熱量

futari no netsuryou

两个人的热量

ふたりの熱量
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神16
  • 萌×265
  • 萌47
  • 中立6
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
25
得点
487
評価数
137
平均
3.6 / 5
神率
11.7%
著者
橋本あおい 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
新書館
レーベル
Dear+コミックス
発売日
ISBN
9784403664120

あらすじ

「フチュチュカ者ですがよろしくお願いしマス」
初対面でそう言ってきた親日家のイタリア人・ディーノと
同居することになったフリーライターの龍之介(りゅうのすけ)。
忘れていた人肌の温かさをディーノに感じた龍之介は……。

振られるたびに訪れるのは人生の半分を共有する悪友・北條(ほうじょう)の家。
フラレ癖をもつ南海の運命のお相手は意外と身近にいて……!?
四十路男たちの最高に不器用な恋愛事情、「右か左か」も収録!

表題作ふたりの熱量

イタリア人のフリーライター ディーノ・アニェッリ 
フリーライター 佐久間龍之介

同時収録作品右か左か

? 外食産業企業部長 大学からの悪友 北條高宗
? 同僚・他部署の部長 南海吉彰 

同時収録作品君が魔法使い。

魔物 迦炎
魔法使いの子孫 高校生 翠

その他の収録作品

  • アワーズカフェへようこそ
  • あとがき

レビュー投稿数25

右か左か目当て

伸るか反るかをドラマCDで聞いたので、この前哨戦?!部分も読みたくなって電子書籍を入手しました。

で、伸るか反るかをコミックスで読んだ後にドラマCDを聞いたのですが、どうも北條と安元さんが整合せずに苦労したんですが(苦笑)、この右か左かを読んだら「アリやな」と思えたのでした。
どうも、伸るか反るかの北條はすっきりシュッとした(笑)感じの絵だったと思うんですが、この作品ではもう少し年齢層が高め、まさしく四十路のおっさんに見えました!何でだろう〜。髪を上げてるシーンが多いからかな。それだけじゃないような。

つまりのところ、この作品と伸るか反るかをセットでドラマCDにしてるので、納得の配役ってことになりました。。。

ふたりの熱量の方はお風呂シーンがエロかったですが、ストーリー的には萌えどころを見つけられず。。。

0

短編3本

表題作は、そんなあっさり…懐かれた、人恋しかった、酔っていたとはいえ、最後まで致してしまいますか、とは思いましたがw

ディーノが龍之介にハグしたり、スキンシップするのが慣れている感が見受けられて萌えでした。
触れ合う描写は気持ちよさが伝わる描き方が好きなので。
触れられて、龍之介がより色っぽく感じられたのも好みでした。いいぞ!ディーノもっとやれー!と応援している自分がいました。

「右か左か」は20年来の親友が、これまた酔った勢いで擦り合いっこして意識するという定番中の定番ですが。
ずっと友だちとしか思っていなかったのに、気まずくなって、嫉妬して、意識していく、というのが王道ですけれども、手にとるように2人の気持ちが伝わっておもしろかったです。

0

皆直進型で気持ちがいい

◆ふたりの熱量(表題作)
 イタリア人であるディーノのおかげか、もどかしく思う間もほとんどなく結構早い段階で体の関係を持ち、好き同士になってくれるので、さくっと甘いBLを読みたい時にはもってこいの作品です。橋本先生の作品には、なぜか自分の相手への好意をなかなか認めない受けが多い気がしますが、龍之介はあっけらかんとした性格なので、陽気で豪快なディーノとも相性が良く、読んでいてとても気持ち良かったです。トントン拍子だけど、しっかり2人の気持ちが通じ合っていることが感じられた、読みやすいラブコメでした。

◆右か左か
 40代で付き合いの長い部長同士の物語。橋本先生の絵が綺麗過ぎるので、多少皺があっても渋さが足りないのが惜しいですが、そこはストーリーでしっかりカバーされていました。あまりにも長い時間傍にいて、もはや家族か空気同然のような関係性の2人。そんな2人が今更ながら、抜き合いから相手を意識し始めるのが可愛かったです。私は北條が受けだと嬉しいかな。でもこの2人は、なんだかんだ互いに上下どちらも楽しめるような気もします。

1

イケおじさん

▼ふたりの熱量
橋本あおい先生の鉄板、美味しいご飯と質の良い生活、がバリバリ出てます。

短編なので関係性の掘り下げは薄いですが、攻めのキャラクターが分かりやすくテンポが良いので、物足り無いってことにならないのが上手い。
ストレートに言葉を発してグイグイ行く愛したがりディーノは、愛されたい龍之介がだんだん懐いてくるのが楽しいだろうなぁ。

橋本先生の作品の中ではエッチ度は普通ぐらいかと。とろとろになった受けに、攻めが当てて焦らすプレイが好きで、楽しめました。

▼アワーズカフェへようこそ
表題作と「恋とセンチメンタリズム」のコラボ


▼右か左か ※続編「伸るか反るか」出てます
"大学からの友人で勤務先も同じ40代が、家を行き来する仲"もうこの設定だけで期待高まる。そして早々の擦りっこ。

北條(黒髪) がとつとつと南海(ふわ髮メガネ)にこの先一緒に居たい旨を語るところとか、両思いって笑い合っちゃうところとか、可愛いイケおじさんエモ…

続編の「伸るか反るか」も、若干のリバが平気なら是非。
「スーツを脱いだら」の2人も出てきます。


▼君が魔法使い
ファンタジーです。上2つとの同時収録は層が違うよな〜と思う。
200頁弱中の30頁なので、あまり気にしませんでしたが。


※電子書籍
限定おまけは「右か左か」の一枚イラスト
橋本先生は白抜きが勿体無いので紙をオススメしたい

0

イタリア人くらいの積極性が無いと、心も開けない?それは勝手なイメージ。

あーんまりイタリア人にも見えないディーノ。もしくは、逆に橋本先生の描くイケメンはいつもまぁまぁ白人に見えなくも無い。ディーノがバイセクシャルで、アモーレに情熱的な直情型という性格だからか。リュウが自分とは違うメンタリティだと初めから受け入れているからか。その人恋しさを、人肌の恋しさを埋めてくれる人になって行く。大人だからか、弾みで出来てしまった恋人の様なストーリーだけど、何故か落ち着いていて心地いい関係になって行く。ショートなのがちょっと残念だし、いずれ本国に帰ると言っているディーノとはこれからどうして行くのか?は、気になるところ。

大人の恋繋がりで言うと、「伸るか反るか」を読んでからその前日譚である「右か左か」に戻って来ると、二人が逆に老けて(⁈)いる様な気がして笑ってしまう。この頃の方が大人、大人を意識していたのか?今は若い40代もいれば、壮年に見える30代もいるので。個人差激しいから。私は若々しく見える「伸るか反るか」の二人の方がずっとリアルな「おっさん」な感じがする。いや、おっさんでも無いけどね。「おっさん」というのはもはや年齢切りでくくれないものだしね。
作中で、北條が勘違いする南海と一緒に居た「鈴木さん」って、あの「スーツを脱いだら」の藤井さんにアプローチかけてた鈴木さんなんですねー。あの頃は、身体のラインがピッチピチに出る狩人系美人でしたけど、南海の後輩と結婚決まってからは、可愛い感じに。あざといですねー。サバイブしてたんですねー、という握力の強さに驚かされ。北條の方はモテるので、元カノと噂されたりして。双方に嫉妬イベントが発生して、自分の独占欲に気付く。そして、これからの人生を一緒に過ごしたい相手とは誰か?という事に気付く。
大人だから、恋とか愛とかで片付けられない事はあって。今後の人生を寄り添いたい相手かどうか?ということを考えて、別れたり結婚したりする。そういう人は男女でも割と増えていて、そういう意味でも今ドキの大人っぽい恋だと思いました。
けど、互いに肉欲はあるんだね!っていうのもチャーミング♡ 「伸るか反るか」を読了後の身としては、「右か左か」の決着は付いているし、まぁフツーに見ても火を見るよりも明らかなんだけどね!
ショートの人外は、うーん。つまらなかったかな。ショートにするなら詰め込み過ぎかも。そもそも橋本先生は人外ファンタジー好きなのかなぁ?と、思う様な拙さでした。

3

流され愛

「ふたりの熱量」
ディーノが陽気で情熱的ですね!さすがイタリア人。典型的です。
短いお話でした。
酔った末に女に乗っかられ離婚された龍之介は一人で生きてきた。なのに距離感が近いディーノに懐かれるうちにどんどん…。
人肌恋しさに流された体の関係の始まりでした。身代わりでもいいってディーノかっこいい!
でもだんだん龍之介もディーノが恋しくなって。
早く帰ってこい、会いたいって電話で話したらなんと急展開に!確かに可能なら愛する者同士一緒に暮らすのは自然ですね。
それにしても相変わらずお酒と料理がとても美味しそうです。

「右か左か」
同じ高校大学会社と20年の付き合いの二人。
お互いいつも彼女に振られる方。どこがいけないのか?
酔った勢いで四十路なのに触りっこしてしまい北條は気にしてない様子なのに南海は意識しまくりで。

南海は後輩の婚約者を彼女だと嘘をついたり、北條は元カノと復縁したと誤解されたり避けあう二人。

誰とも続かないのは結局お互い人生のパートナーに既に出会っているからでそれは俺達だと。

次はどっちが突っ込むかバトルですね。この先が伸るか反るかになりますね。

「君が魔法使い。」
魔物と魔法使いものですね。不本意に主従契約を結んで体の接触で力を取り込んだり主従の間の恋いいですね!短いお話でしたが萌えました。

1

いい話だけど、おやじさんが苦手な方には×かも

「伸るか反るか」を購入した後、こちらに2人の始まりが収録されていると知って慌てて購入。
到着するまで手元にある「伸るか反るか」を読むのを我慢したものの、こちらにはこちらで別の作品(「恋とセンチメンタリズム」)のCPが出てきていて、橋本あおいコンプリートしない限り、このループが続くのでは!?という切ない気持ちになりました。

表題作と「伸るか反るか」CPの始まりの2つの中編が収録されていました。

【ふたりの熱量/アワーズカフェへようこそ】
日本文化の紹介のための本を執筆するために来日したイタリア人ディーノと強引にホームステイを引き受けさせられた龍之介の話です。
自分のせいで愛していた妻に去られてから、妻のことを引きずったままだった龍之介。そこへやって来た距離なしイタリア人ディーノ。バイセクシャルで「君はちょータイプだ!」というディーノにペースを乱されながら、ふたりの共同生活が始まる…という話なのですが、内容的には1冊まるまるでも良いくらいの濃さでした。それを半分の短さにまとめているので物足りなさはあるものの、端折った感じはなくきれいにまとまっているのがさすが橋本あおいクオリティ。
ディーノのすごくシンプルな考え方に、龍之介が立ち止まっていた場所から少しずつ手を引かれて前へ踏み出していくような関係が素敵でした。
コラボは「恋とセンチメンタリズム」を読んでいたら楽しめただろうなあという内容。読んでいないと次の作品までの閑話休題以上の意味は感じませんでした。残念。

【右か左か】
幼い頃に「モーリス」を見てから同性愛の切なさに衝撃を受け、大学と院ではE.M.Forsterを研究するなど文献での研究はしてきたし、映画も相当数観てきたものの、恥ずかしながらBLにハマったのが昨年10月で「右固定」「左固定」という言葉すら年明けに友人に教えてもらったレベルです。
高校時代に知り合ってから20年以上の付き合いを続けている北條と南海。
若者であればさらっと読めるのに40代の性欲の話は生々しくて厳しいわたしには、性的なシーンが結構な試練でした。目の下のシワが…。2話の1ページ目の姿で読みたかった…と、前提からひっくり返ってしまうような気持ちを抱きつつ読みました。
作画的に北條の方が老けて見えることが多くて、オールバックはイケメンに見えず。社食でお椀を口に当てているコマはセクシーだと思いましたが、どうしても信奉者がいるほどのイケメンに見えなかった自分が残念でした。
これから「伸るか反るか」を読もうとしているのに少々不安が残る読後感でした。

【君が魔法使い】
軽く読めるファンタジーでした。

1

表題作も良作です

同い年で、同じフリーライター同士のイタリア人のディーノx龍之介のCP。

誰かがそばにいて、朝の挨拶だとか一緒に食事をするだとか、『人の熱量』を久々に感じて。
気付かないふりをしていたけど、人恋しさを抱えていたリュウの寂しさに寄り添ってくるディーノ。
イタリア人=恋愛グイグイみたいなステレオタイプだけど、自分の寂しさに蓋をしてたリュウには彼で良かったと思う。
身代わりOKで始まったディーノと、ストレートだったけど柔軟なリュウとのHシーンはなかなかに官能的で、その上ラブも有り。
正直、収録作の「右か左か」目当てで購入したのですが、この表題作はかなり良作だと感じました。

「アワーズカフェにようこそ」
ディーノとリュウが出会って一年記念の旅行に立ち寄ったのが「恋とセンチメンタリズム」のトモのお店。
2組ともラブラブです。

「右か左か」
大人気作「伸るか反るか」の元ネタ。20年来の親友同士、40代の二人の関係が変容するそのトキのお話です。
ですが、顔が違う。特に北條は仕事バージョンのオールバック仕様なので、それなりに40代に見えますね。

「君が魔法使い」
橋本先生も人外描くのか、と意外な感じです。
魔物の迦炎が、魔力を貰いに大魔法士の子孫スイのもとにやってきて…結局CPになりますよ、というお話。

3

もだもだやってる四十路カプ最高

気になっていた作家さん。修正は割と薄めでリアルだと聞きました。電子で買ったので白抜きでしたが…

3つの短編が収録されています。とても絵が綺麗でおしゃれな雰囲気。作者様はお酒や料理に詳しい方なのか、それらが所々魅力的に描かれていたのも素敵でした。

表題作「ふたりの熱量」バイ×ノンケ

受けの所に攻めのイタリア人がやって来て一緒に住むことになり恋人同士になるまでのお話。短編なので両想いになるまでが割と、とんとん拍子ですが綺麗にまとまっていてストーリーも面白かった。

他のコミックスに登場している(?)別カップルがちらっとでてきたのでそちらも気になります。

「右か左か」
高校時代から20年以上の付き合いがある四十路カップル。魔がさして擦りっこしてしまい、やっちまったー!からの両想い。いい年した男がもだもだやってるのが楽しいと作者様があとがきでも触れていましたがまさにその通りで、この作品が1番好きです。

凄く良かったんですが作中で本人達も触れている様に、四十路の割に若いのが若干気になりました。どっちが攻めるか受けるかの結果が「伸るか反るか」で描かれているそうなのでそちらも読んでみたいです。

最後に魔法使いだったり魔物が出てくる人外のお話が1話。こういうお話も描くんだ~と意外でした。人外ものはあまり好みでは無いので自分には合っていませんでしたが、全体的に楽しめた1冊でした。

5

念願の・・・

「伸るか反るか」を読んでこのカップルにすっかりはまり、その2人の馴れ初めが書かれた本があると知り、あわてて探して(現時点で売り切れや出版社取り寄せになっていて焦りました・・・)ようやく入手し、読む事が出来ました。
「伸るか反るか」カップルの話はコミックス後半の「右か左か」になっています。まずは、そちらから読んでしまいました。
馴れ初めエピソードもとても好きなノリで、本当に嬉しかったし楽しかったです。良いですね。長年親友だった2人が・・・というお話。本当に大好きです。
やはり今回も、北條と南海がここはグ○○○ウ○ドのし○ぶとみ○つるに見えて、萌え度も面白度も倍増でした。
それぐらい、北條×南海カップルはツボで・・・もっともっとこの2人の話を読みたい!!!と言う気持ちでいっぱいでした。

そして、後回しにはなってしまいましたが、表題作の「ふたりの熱量」も、好きな感じのノリでこれまた楽しめました。
ディーノと龍之介カップルが旅行先で寄ったカフェに登場する2人は、橋本先生の「恋とセンチメンタリズム」に出てきたカップルとのことで、そちらも読んでみようと思っています。

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う