変愛

henai

奇怪的爱

変愛
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神259
  • 萌×289
  • 萌33
  • 中立14
  • しゅみじゃない17

--

レビュー数
56
得点
1764
評価数
412
平均
4.4 / 5
神率
62.9%
著者
はらだ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
シトロンコミックス
発売日
価格
¥638(税抜)  
ISBN
9784799714331

あらすじ

エッヂがキいたストーリーとエロスな表現で萌えと淫心をシゲキして“変愛"が恋愛に浄化するラブコメ&ハイパーエロ6作品+描き下ろしを収録。
胸キュンで時にせつなく泣かせる…エロファンタジスタはらだのオリジナル初コミックス!

イメクラプレイ好きな塾講師が元教え子とガッコに忍び込んで!?
クズ男が怪我をした天使を陵辱。それが治癒効果に…?
俺の同級生が敏感すぎてやばい! 童貞同士のキケンな遊び
伝説の舌を持つおしゃぶりのカリスマが廃業の危機!
ド鬼畜教師の愛が溢れた美し過ぎるSMプレイ!

表題作変愛

元生徒「君」(←としか作中呼ばれない)
元教育実習の「先生」

同時収録作品『止まり木』

クズ男/貴方(察するに20代~30代)
天使

同時収録作品メシアの厄日

ED患者
救世主(メシア)様(元タチ専)

同時収録作品俺の同級生が敏感過ぎてやばい

脱童貞を夢みる高校生
脱童貞を夢みる親友にほだされてしまう同級生

同時収録作品俺の同級生が加減を知らなくてつらい

フェラからキスの先にいきたい高校生
キスしてきた親友に戸惑う同級生

同時収録作品俺の同級生と休み時間の有効活用

晴れて恋人同士となれた高校生
晴れて親友と恋人同士となった同級生

同時収録作品教室の歪み

現代語の教師「先生」
出席番号25番の生徒

同時収録作品描き下し 放課後の歪み

現代語の教師「先生」
出席番号25番の生徒

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数56

本当に、アダルト(大人向け)です!笑

待ってました!はらだ先生の初コミックです!

その描写と表現の過激さを一言でいえば、りょーかさんと匿名さんの句を御借して:

18禁 基準が未だ 分からない 
(家族に)見られたら 何かが終わる 『変愛』です(なので背後には充分注意して読みましょう笑)

「愛に寄り添うエロ」ではなく、「エロに寄り添う愛」を描いた作品集という感じでしょうか。その圧倒的な才能と勢いは、初期の赤星ジェイク先生などに少し通ずるものがあるかもしれません。赤星先生より、刺激的で過激なのに、何故かどの作品も、どこか優しい。特に、『止まり木』は、とっても好きな作品でした(理由はあえて説明しません。とにかくストーリーと絵とが、絶妙なのです!)。このような、性の暴走のような中に、不器用で優しい愛のカタチが見え隠れするのも、BLの醍醐味だと改めて感じさせてくれました。

ちなみに、とても明確なあらすじにある解説の作品は、下記のようになります。

イメクラプレイ好きな塾講師が元教え子とガッコに忍び込んで!? 『変愛』
クズ男が怪我をした天使を陵辱。それが治癒効果に…? 『止まり木』
俺の同級生が敏感すぎてやばい! 童貞同士のキケンな遊び 『俺の同級生が・・・』×3
伝説の舌を持つおしゃぶりのカリスマが廃業の危機!  『メシアの厄日』
ド鬼畜教師の愛が溢れた美し過ぎるSMプレイ! 『教室の歪み』×2
・・・というか、改めて読んでみると、名前が一切出てこないのには驚嘆!

最後に、

「はらださんのまんがが大好きです!」と推薦する、彩景でりこ先生曰く、

「ドスケベで愛があって 一筋縄じゃいかなくて とにかく面白い!!」


これからが楽しみな作家さんです!

16

名前がモブにしか無い

遅ればせながらはらださんの世界観にハマった一人です。
いろいろ言いたいことはありますが、この作品、驚くことに名前がほとんど無いですね。
おそらく一冊の本になるのを想定して名前付けてないんでしょうか。
これ名前があるのと無いのとではすごい差がありそうだな、と思いました。
絵本とか絵画に名前やタイトルが無かったりする、そんな感覚に近いような気がします。芸術性が高いのではないでしょうか。
まあ、内容はドエロでしたが(笑)
はらださんの作品は中毒性があります。
もうハマって抜けられそうにありません。
この作品は、天使の羽根が攻めに当たって邪魔になっている描写が特に良いと思いました。

8

人間観察のセンスが楽しい一冊

「変態」でも「恋愛」でもなく、「変愛」。
こんなタイトルを付けられたら、買わずにはいられません!
表紙絵も魅力的!
大胆な構図の中に、ネクタイ・縛り・鎖骨・学ランの襟元…と、さりげなく私の好きな要素が詰まってて。いわゆる肌色表紙じゃないのに、すごーく肌色な雰囲気を醸し出してるあたりにも、センスを感じます。

表題作ほか7作が収録された短編集。
正直購入時から期待感MAXだったので、これは読んでからガッカリするパターンだな…と思っていたのですが、意外や意外。表題作よりも二話目の「止まり木」で惹き込まれ、読み終わっても満足感しか残りませんでした。
この作家さん初読みなんですが、かなり好きです、このセンス。
絵のタッチはやや少年マンガ風。少女マンガ的な甘さはなく、作品によっては線も粗めで、好き嫌いは分かれるかもしれませんが、個人的には好きです。人物の目線や表情の変化、しぐさの描写なども細かくて、キャラがそれぞれ個性的に見えます。
でも何より、シュールな男心の描き方に惹き込まれますね。基本はあくまで女性目線なんだけど、限界まで男の感覚を汲み取ってる感じがします。(でも、はらださんは女性なんですよね???)

個人的には、上にも書いた通り、「止まり木」が一番好きでした。
いい年をして親に仕送りしてもらってる、クズで眼付きが悪くてガニ股歩きの男が、羽根を傷めた天使と同居し始める…というファンタジー。
天使(頭のわっかと羽根が付いてる以外はキレイめの青年という感じ)の痛めた羽根は、そばにいる人間の「正の感情」(嬉しい・楽しい・気持ち良い・愛しいなど)によって治癒するらしいのですが、クズで負の感情しか持ち合わせない男は、自分が持ちうる正の感情は性的快感しかないと言い、天使とヤりまくります。
そんな不純な「正(性)の感情」で天使の羽根が治るワケないだろ~がっ!!と普通は思うわけですが、何故かツヤツヤしてくる天使の羽根…
ひょっとしてこの天使スキモノ??
天使が人間と同居してる不条理さだけでも面白いのですが、さりげなく散りばめられた笑いのセンスが完全にツボにハマってしまい、ニヤニヤしながら一気に読破!
この作品、「b-BOY 超キチク エリート凌辱特集」に掲載されていたものだそうで。
でもアンソロのタイトルから想像するようなエロを前面に出した作品ではなく、むしろ少年マンガ的なノリのコメディという印象でした。しかも、クライマックスにはしっかり涙ぐめるようなストーリー性もあって。こういうBLもアリだなと思わせる、新しさと説得力を感じました。

全作品に共通するのは、カッコいいキャラは登場しないということです。
モデルみたいな等身のキャラはいないし、内面もみんなどこかしら歪んでる。でも、そこがすごく人間臭くて惹き込まれるんですよね。
勿論エロいんですけど、エロだけじゃなく、作者の人間観察の眼力にセンスを感じる部分が大きい気がします。
少年マンガが好きな人には、特にお勧めしたい作品集です。

7

むぼち

私も、「止まり木」が一番気に入っています。
今でもはらだ先生には、甘さ切なさ成分を、これくらいは配合して欲しいと思っていますが、読み返すうちに痛々しい「教室の歪み」も楽しめるようになってしまいました。

yoshiakiさんの、生々しい迫力レビューを読んだだけで、今は満足しているドロドロSM大作『長恨歌』(「既読の日」最多ポイント賞、おめでとうございます!)を、手にとってみたくなる日もそう遠くないのかもしれません。

ずっと気になりつつできなかったレビューを、昨夜、酔っ払いの気炎を上げて連投したため、yoshiakiさんにコメント頂けてほっと嬉しいしらふの今夜です。

茶鬼

こんにちはyoshiakiさん
コメントありがとうございます。
ただのエロですまない、青年誌っぽいストーリーというか設定がのっかったエロというのでしょうか。
だからすごく読み応えのある1冊になっていましたよね☆
かえって新鮮で、色んな部分が割り切れて愉しむ幅が広い作家さんで作品なのだと思います。
とても注目ですね♪

漂ってくる大作家のかほり

私の中では山田ユギ先生、井上佐藤先生と同じ立ち位置にいらっしゃるはらだ先生。

両先生とも、初読みでは全く理解できず、しばらく放置していたのに、いつの間にやら全ての本が、何度読み返しても飽きない、至高の神作品になっていました。

今や「神」以外には評価のしようがないと思える、はらだ先生のこの『変愛』も、話題騒然の発売当時、私にはそれほどの傑作とは思えませんでした。

見慣れていない、それまでに無かった、他の人には描けない新しい表現に出会った時、どうやら私はこういう過程を経てその作品を受け入れるようです。

ひたすら甘いもの好きの私に、「好きな子に酷いことして愛情表現」もアリなんだと分からせて下さったはらだ先生。

恐らく私より一回りはお若いだろう先生の、これからの大活躍を心から楽しみにしております。

5

yoshiaki

むぼちさま

むぼちさんの連投はらだシリーズにコメント付けちゃおうと考えてたら「やたもも」にはすでにコメントが!!
最近すっかりむぼちさん流レビューの世界を確立されてますなぁ。

>ひたすら甘いもの好きの私に、「好きな子に酷いことして愛情表現」もアリなんだと分からせて下さったはらだ先生。

なんと、むぼちさんもついにこちらの世界に(・∀・)人(・∀・)
ウレシイ♪ これもはらだ先生のおかげですね。やっぱりはらだ先生は神さまデス(-人-)

最高な一冊

はらだ先生 「変愛」読了
全体的にはあまあまでエロエロな一冊でした。どれもはらだ先生の世界観が表していて、素敵な短編集です。
個人的には一番好きなのは「止り木」で、読んでいたときは盛大に泣いてしまいました。天使は聖母のイメージとはまっ逆で、その人間らしさと無愛想さもまたすごく愛おしい。めったに笑わないしいつも敬語だし、能面のような顔しているのに羽根が弱いとか反則すぎる…時々首を傾げクズ攻め(名前がないので勝手に名を付けた)を上目遣いで覗くのも可愛くてしんどい(涙)
一番涙腺を刺激したのは外で歩いたら羽根が折られてクズ攻めがモブたちぼこぼこしたあと、天使が無表情に発した最初の言葉「甘口カレーがいいです」。ありがとうの言葉より、攻めに頼って甘えている仕草がどうしようもないほど切なくて…
(正直読んでいる途中では「これってもしかしてまたクズ攻めの仕掛けなのかな…」と思っていたけど、さすがに同じネタは二回も使わないよな笑)
やっとこれは恋だと気づく攻め…この2ページは素晴らしい!どのコマもすごく凝っていてじっくり味わえます(泣)。はいこれでおしまいと思ったらまた予想外の展開ではらだ先生に脱帽です。こんなおもしろい短編読んだことない!ほんとうに、先生の思考回路は我々一般人ではかなわない…(もちろん良い意味で)
本当に、素敵な一冊ありがとうございました!

5

甘M甘

変愛です。すみません

初コミックスと思えないクオリティ

はらだ先生の初コミックスとなる短編集です。
が、クオリティが高すぎる!さすが!
ギャグあり、涙あり、SMムラムラありのとんでもない短編集。

一番最初に入っている「変愛」というお話は、まさかまさかのどんでん返しで、もうこの頃から既にはらだ節は健在だったのだなあと思うくらいストーリーが面白い!のにしっかりエロい!w

わたしは普段、BLのファンタジー系は全く興味ないのですが、
この中の「止まり木」にはつい涙してしまいました。。。



これがつい3年前の本だなんて、、、はらだ先生の進化スピードが速すぎる!

5

キました

線も柔らかくて ストーリーもしっかり萌えありエロありで
読んだ時 当たりっ!!!って思いました。
ただエロいだけじゃなく キャラクターが生きています
だからこちらもきゅんきゅんしながら読めます
買って間違いなし!

4

喉越しの良い毒のような本

私は、はらだ先生の絵がどうやらあまり得意ではなく
この本の大半を占めるエロにもそこまで引き込まれませんでした。
ですが、この本はエロだけの本ではありません!

モラルを逸したとんでもない話ばかりですが、読後感はとてもいいです。
コメディタッチで描かれた話が多く、話はテンポ良く進んでいきます。
そしてどの話にもきちんとオチが用意してあり、どんな酷い目にあっても
話の終わりに不幸せそうに見えるキャラクターは一人もいません。

どの話も良かったですが、私の一押しは教室の歪み!
最後のコマの恍惚とした少年の表情が、もう堪りません!

甘酸っぱいトキメキを感じられる本ではありませんが、
喉越しの良さに騙され飲んだ毒で全身が痺れるような
どこか不健康な幸福感に満たされたい方は読んでみる価値があると思います。

4

エロ満載!!

私ははらだ先生の作品は
正直絵やごちゃごちゃしてる感じが好きではありません。
なのにストーリーとエロが素晴らしいからか
マイナスなイメージを越えて大好きなんです。
不思議な魅力があります。

お話は描き下ろしを含めて8つです。
どれも濃厚で激しいエロシーン満載です。
修正も適度で楽しめます(笑)

私が一番印象に残ったのは「教室の歪み」です。
これを読んだ時はまだ尿道攻めに耐性がなくて
絶対痛いよ痛いよ痛いよって思ったと思います・・・
(今も思いますけど 苦笑)
でも受けは気持ち良いようなので相当ドMなんだなと。
そう言えば沢山のBL漫画を読んできましたけど、
こんな太いのを尿道に突っ込んでるのはまだ出会ったことがない・・・
と思います。
これより太いのがあるのか知りませんが(苦笑)

全体の感想は、やはり色んなエロが楽しめて良かったです☆

4

全部おもしろい短編集。(^^)

「やたもも」が良かったから読んでみたワケですが…。
おもしろかった。( ̄▽ ̄;)

8編からなる短編集なのですが、1編のハズレもなく、もれなくおもしろかった。
各作品に関する感想は既にたくさんあがっているので感覚的な感想になりますが…。

ドエロ苦手なのに読み物としてしっかりおもしろかった。
絵柄も好きな方ではないんです。
でもエロの中に可愛さもあるし、毒もあるし、大どんでん返しもあって…読み物としておもしろい。
だからといってキレイにまとまってる優等生的な作品ではないところがまたおもしろい。

「なんかスゴイ異端児来たぞ…。」といった感じ。

腰乃先生や雲はる先生の初コミックス読んだ時の感覚に似ています。
こうゆう作家さんが同業者さんからの脅威になるんではないかな…?と感じました。

神ス…。m(_ _)m

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ