彼の両性具有妊娠期

kare no ryouseiguyu maternity

彼の両性具有妊娠期
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神9
  • 萌×214
  • 萌10
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
7
得点
133
評価数
36
平均
3.8 / 5
神率
25%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
大都社
レーベル
Daito Comics BLシリーズ
発売日
価格
¥667(税抜)  
ISBN
9784864951074

あらすじ

僕たち、妊娠しました――。
長年下僕扱いしてきた三上の暴走で妊娠した都月。三上のひたむきな愛情に都月が応え、籍を入れた2人は新婚生活をスタート。都月は妊夫になっても淫乱な体は変わらず、ネチネチとエッチな日々。
そんな蜜月の日々の中、2人は高校の同級生で、両性の雪野&彼氏の一宮に再会する。5年前に婚約したけれど未だ入籍していない彼らは、都月たちのデキ婚(とセレブぶり)に衝撃を受け―――!?
大人気シリーズ、2カップルの大人編☆

表題作彼の両性具有妊娠期

三上 史(医大生)
都月 那折(三上の奥さまで妊娠中)

同時収録作品彼の両性具有妊娠期

一宮春樹(会社員)雪野と高校の同級生
雪野ヨウ(大学生)

その他の収録作品

  • bonus track(描き下ろし)
  • 三上×都月 前編+α「指輪」
  • 三上×都月 後編+α「下着」
  • 電子限定オマケページ! 1P

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数7

妊娠出産幸せ家族

最終巻です。
三上夫婦のラブラブっぷりにびっくり。
あの下僕扱いとヤりマンぶりが嘘のように穏やかな夫婦生活です。
三上の献身的な世話焼きから過労で倒れて都月も家事の分担をしてますます幸せ夫婦をかみしめる三上。
BLということを忘れて妊娠出産のお話みたいですね。
無事に光くんを出産し、授乳をやめて夫婦生活したらもう二人目!三上家は安泰ですね。

そしてそして久しぶりの一宮と雪野カップル。
雪野の父親に結婚を認めてもらうところから、雪野の子宮内膜症や妊娠、その後の入院や早産。
それに雪野家の複雑な事情。雪野父の家族を守る気持ちも伝わりました。
雪野と一宮の絆もますます深まり。

最後は結婚式。お幸せに!

なんだか妊娠出産コミックを読んでるようでした。
でも二組とも紆余曲折ありましたが無事に家族になれて幸せそうでなによりです。

0

シリーズ4冊目

『僕の両性具有性周期』に続くシリーズ4冊目です。
前作3冊の主人公達、2組のカップルのお話が収録されています。
作品名からも分かりますが、両性具有の妊娠期と言う事で、この本は妊娠と出産までのお話中心です。
なので、妊娠中の女性の体の変化や問題が作品中頻繁に出てきます。
2人の受け様は男性として育ってきているわけですが、こうなると余り男性という事を感じなくなりますね。
男性と女性両面を備えているからか、作品中では男性・女性どちらが相手でも結婚は出来ることになっているようですし、普通のBLと比べて同性同士という葛藤は全編通して感じられなかったです(両性具有だからそれで当たり前なのかもしれませんが…)。
ただ、2組とも結婚・出産するには様々な問題を抱えていて、それを若い主人公達が乗り越えていく過程は感動しました。
攻め様は2人とも基本的には男前な性格だし、受け様も段々成長して変化していくのが感じられます。
ラストはほのぼの暖かい雰囲気でとても良かったと思います。

0

まだ読みたいー

話の間に挟まれてる4コマ漫画が面白い。
時宗先生がヨウパパにセクハラ電話してるあたりが。

カバー外したところにある5コマ漫画で
三上が那折に下着を買ってくるんだけど
三上なら買うだけでなくて
店員さんに説明してもらって、質問をした上で
全部買ってそう。

両性モノの最終形態、妊娠出産!
両カップルともハッピーでよかった。

那折と史の豪華なバブリー結婚式も見たいし
ちびっ子達の大きくなってくとことか
時宗先生たちの話とかまだまだ読みたいなー

1

みんな強くなったね

シリーズ四作目。ちなみに両性具有というだけで、α、βのようなオメガバースではありませんよ〜。

二カップル(一宮×雪野、三上×都月)が登場し、久々の再会をするというものです。
前作で三上の度を越した執着によりめでたく?デキ婚した都月でしたが、今では彼なしではいられないラブラブっぷり。
そして一宮達の方はと言うと、やっと雪野の父親へ挨拶が出来たというのにそれは最悪の展開となってしまって…

以前から笑わせてくれていた雪野と都月の主治医で産婦人科医の時宗が、今回も爆裂しています。(特に四コマが笑える)
そして父親との確執あれど一宮が登場するとグッとコメディ色も強くなり、暗くなりすぎないのが良かった。
雪野も一宮と出会って本当に強くなったのが嬉しかったですし。
このシリーズは体のハンディ(というのも語弊はありますが)と向き合ってそれを乗り越えるということが描かれていて、愛いっぱいです。
ちょっと躊躇してしまう題材ではありますが、ぜひたくさんの方に読んで頂きたいなと思う作品でした。

0

大団円☆

これでシリーズもとりあえず終わりかと思うと寂しくはなりますが
大団円のラストが見られたので大満足です。
これだけ両性が集うことがあるんかいな。。とも思いますが
ま、ファンタジーだと思えばww

お話は、高校を卒業した2カップルのその後。
ビッチだったナオの落ち着きっぷりが見どころというか
あんなに下僕扱いしてた三上に対しての心境や態度の変わりっぷりが
可愛い。子供ができて、母親になって
そして家族になって~な幸せがぷんぷんで
思わず頬が緩んでしまいました。

雪野さんのところも相変わらずのラブっぷりですね。
どちらかといえば、雪野父に衝撃の事実といいますかw
ドタバタにぎやかに。そしてみんな幸せに。
面白かったです。積まずに早く読めばよかった

0

両性具有シリーズ最終巻

三上×那折、一宮×ヨウ、それぞれの両性具有受けカップルの妊娠出産ものにしてシリーズ最終巻です。

萌えるか萌えないかと言われれば萌えないのですが、シリーズをずっと読んできた読者的には感無量です。最近オメガバースとか、妊娠ものの特殊BLが流行りですが、一応両性具有は実際にある症例だし、そういう意味ではファンタジー色は薄い気がします。
那折なんてもはや肝っ玉母さんみたいだし、一宮はちょっと大人になったし、それぞれのキャラも皆成長したなと思って感慨深かったです。良い最終巻でした。

ヨウのパパと両性たちの主治医・時宗先生とのつながりにはびっくりでした。ちょっとこのあたりの話も読んでみたいような…。

1

結婚妊娠ものとしてVERY GOOD

BLかどうかは置いといて。
何が疑問なのかというと、那折にしてもヨウにしても両性具有、というキャラですが周りの認識も自意識もあまり男でないような感じなのです。
例えば決められた相手を見つけるから春樹との付き合いは認めないと前もって用意したのは男性だったり、那折もヨウもさっくり結婚できたり、妊娠すると躊躇なく女性服を着たり。
前巻位まではエッチの仕方や配慮に半分の男部分への意識がありましたが、今回はボーイッシュで胸の平たい女の子な感じなのです。

そういうわけでBLとしての評価は辛くしますが、
そうじゃなく本としての評価は神確定です。
これじゃないんだ感覚を感じる方もいなくはないでしょう。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ