「何って…そんなん……あんたに会いに来てんじゃん」

片道映画一本分

katamichi eiga ipponbun

片道映画一本分
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神61
  • 萌×221
  • 萌13
  • 中立9
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
21
得点
437
評価数
107
平均
4.2 / 5
神率
57%
著者
日乃チハヤ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
茜新社
レーベル
EDGE COMIX
発売日
ISBN
9784863496057

あらすじ

メガネとチャラ男は映画館で映画を観る間だけの関係。
特に約束もなく、ましてや友達でもないふたりだが、
何故か毎週末を一緒に過ごすように――。
しかし、そのリズムが崩れる出来事がおきて…?
新進気鋭のデビュー作がついに単行本化! !

表題作片道映画一本分

時尾英次, 大学生, 攻め?
倉持幸一郎, 社会人, 受け?

その他の収録作品

  • レビュー
  • プロローグ
  • キミまで映画何本分?(前後編)
  • みんなのレビュー

レビュー投稿数21

ねぇ 気づいてよ、それって・・・

いや〜これ、面白かった〜!

この作品は 私がトピ立てした「ちるちるのランキング圏外だけど、心の琴線に触れた作品を教えてください」
http://www.chil-chil.net/answerList/question_id/4967/#ans_72025
で教えていただいたのですが、これ教えていただけて本当に良かったです。
自力ではこの作品は見つけられませんでした。教えてくださりありがとうございます。

一人で映画を観るのが好きな倉持。ある日、近くの席ですすり泣く男がいた。
失恋して家に帰りたくないからふらっとここに入ったとボロボロ泣く彼にハンカチを貸す倉持。
それ以来、ちょくちょく現れては、必ず隣の席に座るように・・・。

隣に座るようになったのは金髪大学生の時尾。よく喋るチャラい男で寡黙でややコミュ障ぎみの倉持とは真逆の性格。時尾はじっと黙って鑑賞せず、何かと話しかけてきたりと五月蠅くて仕方ない。

ある日、倉持は転勤が決まり、引っ越しする事に。引っ越しの梱包の際、映画のパンフレットを見つけてめくってみると、思い出されるのは映画の内容ではなく隣に座っていた時尾のことばかり・・・。

映画なんて好きでもないのに倉持に会うためだけに、映画館に来ている時尾。
引っ越した先に大きな映画館があるにもかかわらず、片道二時間、往復で5000円もかけて元の街の映画館へやってくる倉持。
だけど連絡先どころか名前すらまだ知らない二人。

二人の行動力の源は「会いたい」から。

無口な倉持が「会いに来てんだよ!!わざわざ片道二時間もかけてっ お前にっ!!」って言ったシーン。
うわー!と最高にキュンキュンしたんだけど、これ、告白シーンでもないんですよ、彼らにとっては。
こんなのほぼ告白でしかないでしょぉ・・・!って思うんだけどね。

その後もすれ違いで会えなくなった時尾が倉持を探しにやってきたり(毎週末・一ヶ月近くも、都度5000円かけて)お互い、相手のことを悶々と考えてみたり・・・

二人が相手のことを考えたり追い求めたりする姿が読んでて堪らなくてニマニマしちゃいます。
でも二人は何がそうさせるのか気づいておらず(倉持のほうがすこーしだけ気づいてるかもしれないけど認めたくない)二人の間で恋はまだ始まってないんだけど、次第に周りの方があいつらって・・・と気づいちゃう。

水と油みたいなこの二人がちゃんと恋を意識して付き合い出したら、どうなるのかなぁと読後の妄想も楽しい一冊でした。

10

最初から最後まで楽しめた

店頭で一目惚れして購入してしまうほど魅力的な表紙です。
「漫画を読む」というより、気づけば「映画を見ている」ような感覚になる不思議な作品で、見せ方が非常に上手いといいますか、読もうとせずとも勝手に脳内に全部が入ってくる感じといいますか。

お話としては、見知らぬ二人がだんだん友達になっていく様子が描かれているんですが、友達かどうかすら怪しい二人の、縮まったりすれ違ったりする距離と心情に、BL心が湧き立ちます。二人は恋未満なのかと思いきや、それぞれが相手のことを考えているシーン(たくさんある)では、キュンとせずにはいられない、萌えるんです、とっても!

そして、駆け出す体、シクリと痛む心、会えた時の心臓が止まるような衝撃といった重要なシーンにおける、二人と自分がシンクロしたような感覚に圧倒されました。なので、控えめのストーリーであるのに、最後まで失速することなく物語に夢中になったまま読み終えていました。

また、味のある面白い脇役がたくさん出てきます。ポンポン飛び交う会話も、人柄や個性も本当に楽しくていい人たちばかりです。にも関わらず、わき道に逸れることなく、最初から最後までブレずに、主人公二人にスポットライトが当たり続けているところが素晴らしい!と思いました。まるで名俳優、名脇役、名監督によって作られた映画のようだなと。

それぞれが相手のことばかり考えるようになって、正体不明の感情に戸惑いながらも、ようやくお互い向かい合い始めたイイ~所で、物語は終わっています。
ラストコンテンツでの、通りを眺めるメガネくんの横顔がもうっ・・・もう~っ。
これから先はこういう顔を拝めるのか?と思うと、続編を望まずにいられません!

7

君とここにいる理由。

本当は「新年一本めのレビューは、この作品でいこう」と意気込んでいたのですが、一年越しになってしまいました。
読後に、旅立ち…とか 門出…とかがすごく浮かんできて、背中を押されたような気分になるんです。

【レビュー】と表された 16頁のプロローグ的なお話で、ストーリーは幕を開けます。
もうこの部分だけで、この本を買った意味があった…と思いました。あっ。表紙買いしてしまう程、装丁も素敵なんですけど。
絵も好きだなぁ。時尾君の服が、いつも目がチカチカするような模様で 見ていて楽しい。

知らないうちに親友ができて 楽しければ万事オーケーな時尾君が、二人でいる時の沈黙の気まずさを初めて知ったり…
休みの日は外へも行かず自宅で映画ばかりを観ている倉持君が、嫉妬や やきもちや羞恥心を露にしたり…相手の言動に深い意味や意図を見出だそうとしたり。

年も趣味も性格も全然違う二人の時間が少しずつ重なっていく展開にソワソワします。
何より「君に会いたい」、そのストレートな想いがとても心地いい。
それに、二人の不器用な関係を際立たせるような 登場人物の構成が細やかで素晴らしいんです。

特別に しびれる展開があるわけではないし、あらすじを説明すれば数行で書ける内容なのに、何でこんなに心に残るんだろう。
理由を上手く言い表せないまま、レビューを書き終えてしまいました。

4

表紙が中身を表し切っている

評判をうかがってから買うつもりだったのに、店頭で見かけ、買って帰らずにはいられなかった漫画です。

読んでみて、絵といい、話といい、表紙から受けた印象そのままの、とても良い作品だと分かりました。

エロ大好きな私が、エロが皆無なことを少しも惜しいと思わないなんて凄い、と感心しています。

続編が刊行されたら、もちろん絶対に買いますが、この物語はここで終わるのがベストなのではないか、という思いもあり、続編の要望を出すのがためらわれます。

それくらい、満足のゆく作品でした。

4

形になりそうでならない、気づいてるようで気づいてない

かなり久しぶりに琴線に触れた作品。
楽しいわけではないのに、会いたい、一緒にいたい。
そんな2人が少しづつ、本当に少しづつですが、恋に近づいて行ってる様が凄く伝わってきて、たまらなく愛しい気持ちになった作品です。
このもどかしさが良い様な、けど2人の想いの行き着く先を見届けたいような・・・。
あほの子っぽい攻め君が、受け君との恋に溺れていくのを、やはり見てみたいと言う欲求が捨てられません。
是非続編を執筆していただきたいです。

3

“好き”の言葉が出てこない恋愛

約束してないのに、「また」隣に座る
小さな映画館から始まる関係

名前も知らない、連絡先も知らない
赤の他人?友達?

「あんたに会いにきてんじゃん」金髪大学生が言うから
片道2時間弱かけて、行き慣れた邪魔しかしない君の隣で映画を見る

「会いにきてんだよ。お前に。」メガネくんがそう言うから
知らない土地の何処にいるかわからない、君を探す

「『仲良し』とは?」
性格も歳もノリも合わないのに、仲良くなりたい。
何考えてるんだろうと君を思う。



タイトル通り、「好き」と言う単語が出てきません。
お互いに名前呼びもないです。
映画好きなメガネくんが、映画のパンフレットを見て、金髪くんを思い出したり
金髪くんが、友達の会話に「メガネくん」を多発したり
ただただ、それだけで、二人が惹かれあってることがわかる作品です。

ちょっとしたところで、笑える部分もあって
DVDの返却延長費が7万超えてるとか。
メガネくん何考えてるのかなって考えてる時の金髪くんのパーカーに
「What dou you THINK?」ってプリントされてあったりとかとか。
何度読んでも、笑えてしまいます。

金髪くんの友達二人や、映画館の館長さん、常連のマキさんたちが
ただ一緒に居るだけだった二人の関係性を、進展させてるのも
なんだか微笑ましくて、こういう関係性って面白いなって思います。

一緒に居て楽しいわけじゃないのに、っていう不思議な恋愛。
きっと、二人はお互いに何処が好きとかもないんだろうなっていう
類は友を呼ぶって言うからこそ
未知だからこそ、知りたいし仲良くなりたいって思うのは、
友達じゃなくて、恋愛として好きになるって言うことなのかもなって
しみじみ思いました。

この作家さんの、間の抜けた顔の絵が好きです。

2

何度でも読みたくなる

作者さん買いです。こちらがデビュー作と今さら知り、驚いているところです。
表紙も素敵。

名前もお互いに知らない正反対の2人が映画館で出会い、無自覚に惹かれていくお話。
これ、この2人きりのお話だったら、いい感じに進まなかったと思うんですが、周りの人たちがいい感じに作用してくれて(敢闘賞は館長)、ようやく何かが始まった状態までいっております。

友達じゃない、恋人でもない、名前のない関係が動き出す…その瞬間を切り取ったようなむずキュンなお話でした。
このじれったい関係で終わってるのが良いのですよね。
続き見たいというのは野暮でしょうか。この2人、めちゃイイので、もっと見ていたいです!

0

著者はきっと人間観察好き

映画を観る都度、何故か隣に座る奴がいる。
独りで見たいのに、何故かいる。そしていつも猛烈に食っていたり、泣いたり、話しかけてきたり、煩い。
映画が終わって、いつものようにそのまま別れる二人。
金髪の男は大学生。メガネの男は会社員。
実は・・・独りで見たいメガネ男は転勤で転居するので、その映画館にもう行けない。
メガネ男は、引っ越し作業の途中、映画のパンフレットをめくりながら煩い男を思い出す。

そして引っ越した町の映画館の中で、その男に「あんたに会いに来てんじゃん」と言われたことを思い出して・・・片道2時間かけていつもの映画館へ足を運ぶ。

まるで映画のシーンをコマ割りで描いたようなマンガ。
一番最後の「みんなのレビュー」が、ほほえましいというか、みんなに迷惑かけながら生暖かく見守られていて面白い。「まだなにも」という映画館の館長の言葉。二人の進展状況は分かりやすくて、みんなにバレバレなんだー。みんなに、映画のように鑑賞されている二人の恋って、想像すると少し恥ずかしくなります。

味わい深い作品ですが、なんとこの作品がデビュー作なんですって。
実力派だと思う。
多分、人間観察フェチ(fetishism)。

映画館でなければ味わえない臨場感が私も大好き。でもコロナ禍が終わるまで辛抱しなきゃ。

0

絶妙な距離感に萌える~

関係性萌え!!!
タイプが真逆の二人が絶妙な距離感を作り上げています。
えー萌えるー!!!
見てるとこっちの方がソワソワしてしまうよw

その均衡が崩れたときがもう…素晴らしい!!

二人の今後を妄想すると止まらなくなります~
大好き♡

0

まだ名前のない、会いたい気持ち

日乃チハヤさんのデビューコミックス。
装丁が素敵で気になっていて、EDGE COMIXなら間違いないだろうと購入。
結果、やはり間違いありませんでした。
絵柄がきれいで、特にアップの表情が魅力的。ストーリーもすごく好みです♪

感心したのは、今作の第一話目を飾る『レビュー』を
日乃さんご自身がOPERAに持ち込んでデビューが決まった、ということ。
個人的な印象ですが、情熱や運命的なものが感じられて好感度が高まります。

さて、作品について。
性格も見た目も正反対、歳も社会的立場も何もかも違うふたり。
仲良くないし、名前さえも知らない、
それでも毎週隣り合わせで映画を観るという奇妙な関係。
映画館で隣に座るチャラい金髪大学生のことが
迷惑で仕方がなかったコミュ障気味社会人メガネが、
引っ越しても尚、その映画館に通い続ける理由とはー

今作の見どころのひとつは、
ノンケ×ノンケである上に無自覚×無自覚であること。
故に、お話自体はゆっくりじわじわ(でもテンポ良く)進んでゆきます。
ややもすれば、じれったさや物足りなさを感じがちですが、
キャラクター設定がとても魅力的なことや、
メガネとチャラ男の視点を入れ替えてお話が描かれているので、
飽きることなく新鮮な気持ちで物語に向かうことができます。

それから、脇役たちの主役CPへの絡ませ方がすごく巧い。
映画館長さん、常連のお姉さん方、チャラ男の友人たち。
それぞれがふたりを見ていて、『何かこのふたりって...♡?』と気づくのに、
当の本人たちは無自覚で(笑)
それを敢えて本人たちに口にしないところがまた (*´-`*)

この物語でふたりはキス止まりです(と言って良いのか)。
甘い台詞もありません。ましてや恋の”こ”の字も出てきません。
それでも、相手に”会いに行”くという描写が、そのひたむきさが、
わたしたちのBL魂に萌えの火を点けてくれる。
ニアBLとは言わせない存在感を放つ、非常に魅力的な作品です。

まるっと一冊表題作CPのお話が楽しめる今作。
じわじわ恋に向かっていく過程を堪能しいたい方に、特におすすめします☆
恋を自覚したふたりが見たいので、続編を是非...!!

11

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う