逆体格差☆イケメン人気者×強面不良のシンデレラ・ラブ!

君は僕のお姫さま

kimi wa boku no ohimesama

君は僕のお姫さま
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神9
  • 萌×214
  • 萌9
  • 中立9
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
9
得点
137
評価数
41
平均
3.6 / 5
神率
22%
著者
鯨田ヒロト 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
Jパブリッシング(ジュリアンパブリッシング)
レーベル
arca comics
発売日
価格
¥647(税抜)  
ISBN
9784908757631

あらすじ

「み~つけた、僕のシンデレラ☆今日もとっても可愛いね」ケンカなんて大嫌い、趣味は猫カフェ通いと猫グッズ集めというファンシー高校生・立花愛。けれどコワモテかつヤンキーっぽい見た目のせいで学校では避けられ、外では不良に絡まれる日々を送っていた。
そんなある日、高校一の人気者で生徒会長の高城星馬から、「君が好きだ。もちろん抱きたいって意味でね☆」と衝撃の告白を受けることに!
コワモテシンデレラは王子に射止められてしまうのか――?!

表題作君は僕のお姫さま

高城 星馬(高2・生徒会長)
立花 愛(高2・強面で周りから怖がられてる)

その他の収録作品

  • おまけ&あとがき(描き下ろし)

レビュー投稿数9

逆体格差ありだね!

あまり期待せず読んでみたらあれよあれよとストーリーに引き込まれ違和感なく読めました(*´◒`*)
受けの子が最後まで男前というかニャンニャンしなかったのが高評価です!!すぐ攻めにメロメロにされてニャンニャンする受けはあまり好きじゃないので良かった!絵もストーリーも素敵でしかも初コミックということなので、これからお気に入りの作家さんになりそうです♡

1

最高。

強面だけど笑顔が可愛い猫好き受と超さわやかイケメン攻め王子様ってもう最高すぎて。ふたりとも終始可愛かったです。そして何より作画が綺麗だしとても好きです。

0

ありふれたお話

「逆体格差」の一言に釣られて、さてどんな奇抜な展開?と秘かに期待を込めて読んでみたら……
思ったよりもピュアピュアなお話だった。
いや、決して悪くないですよ、悪くはないけど、淡々と展開していき、どこかで見たことあるようなボーイミツボーイのラブストーリー。
容姿端麗な攻め様がチンピラに絡まれた時、強面なのに怖がり屋の受け様に助けてもらって、もっとこの人のことが知りたい!と初めて他人に興味を持てるようになった。
しばらくストーキングしているうちに、立花くんはヤンキーっぽい外見のかわりに、実は可愛いものに目がない、特に猫が好きな、素朴で素直な子だと分かった時、もう、キミしか目に入らないんだよと、惚れまくる。そして毎日「やあ、僕のシンデレラ」とニコニコしながら付き纏う。
気になるところは一つ。立花くんにはもっとしっかりとして欲しいな、もっと男らしく振舞って欲しいな。せっかくの逆体格差カップルなのに、ポジションについては何の疑問もなく、流されたままで押し倒されて抱かれて、何の疑問もなーーく。いいの?
絵は丁寧で綺麗です。絵柄は万人受けしそうな綺麗さ。
貴重な逆体格差作品、ありがとうございました!作者様のこれからの成長に期待して、萌え×2です。

1

きらきらなお話。

心温まるとても可愛いお話です。可愛いけれど、胸が締め付けられる切なさがあったり、どきどきするエロさがあったり、と様々な要素があって満足できる読後感です。
絵も綺麗でお話ととても合う、きらきらとした印象を画面全体から受けます。他の作品も読みたくなりました。

目つきが悪いせいで不良と思われているけれど、本当は可愛いものが大好きな優しく思い遣りと勇気を持っている愛(いつみ)くん。
そんな彼の本当の姿を知って恋をしている、容姿端麗、眉目秀麗、成績優秀、性格も良く人望も厚い完璧な人と周囲に評される生徒会長の高城。
この二人が高城の猛アタックの末、想いを通じ合わせてハッピーエンド。

こう書くと、今までにも似たようなお話は何度も描かれてきていて、ありきたりな設定とストーリーだと思われるかもしれません。骨格としてはそうかもしれませんが、こんなにきらきらしたお話には初めて出会いました。
正に、『君は僕のお姫さま』というタイトルがぴったり!
作中で高城が愛くんのことを「シンデレラ」と度々呼ぶのですが、偽りなしです(笑)
愛くんがお姫さまで、高城が王子様のおとぎ話。

本当におとぎ話みたいなきらきら感だけれど、ちゃんとBLとしてのどきどき感も忘れていない。その配分が絶妙。
ですが、欲を言えば、お付き合いを始めてからのラブラブな二人をもっと見たかったです。描き下ろしや特典で描いてくださってはいますが、もっと欲しい!という我儘を言いたくなる程、この二人が好きになりました。

高城は猛アタックをするけれど、愛くんに無理強いをすることは決してない。とにかく王子様っぽい。そして、見た目に反して意外と力持ち。愛くんを軽々とお姫様抱っこする姿は正に王子様。そりゃ、愛くんもきゅんとしちゃいますって。けれど、普通の男子高校生の欲を持っているし、お付き合いの仕方に戸惑う初々しさまである。
お付き合いを始めてから、初めて身体も結ばれたとき、目を覚ました愛くんが窓辺に佇む高城を寝惚け眼で見て「王子様……」と呟く場面が大好きです。是非、現物を目にしてほしいです。
愛くんも高城に惚れられるくらいの魅力を備えています。外見で誤解されるけれど、本当は心優しい。それに、優しいだけではなく、その優しさで人を助ける勇気も持っている。更には笑顔が可愛い。

そして、猫好きにはたまらない猫推し作品でもあります。最初から猫と戯れる愛くんの姿。猫のマスコットキーホルダー(ストラップ?)がキーアイテムの一つ。仲良くなり始める(愛くんが高城に心を開き始める)きっかけが猫カフェ。初めてのデートの行き先も猫カフェ。愛くんを元気づける、笑顔にする手段が猫カフェの猫ちゃん画像。
主人公が猫だったり、猫が重要な要素だったりするわけではないのに、この猫推し。素晴らしいです。猫大好きです。ありがとうございます。

きらきらしたおとぎ話のようなお話が読みたいときには是非どうぞ。

1

ほのぼの可愛いDK

可愛いものが大好きなオトメンなのに顔は強面な受けと、王子様ルックスの生徒会長攻めという、逆体格差の高校生カップルです。

学園のアイドル×見た目ヤンキーというややありがちな設定と、攻めに心酔するモブに害を加えられるというややありがちな展開で、正直あまり新鮮味はなかったです。攻めが受けを好きになったきっかけもありがちでした。あと、イラストは可愛らしいけど、受けのビジュアルが好みじゃなかったし、外見だけで怖がられて遠巻きにされるようなビジュアルにも見えなかった。
でもまぁ、ほのぼのと可愛い鉄板ネタではあるかなと思います。エロは回数は1回だけですが結構こってり描写されていたし、ギャグ体格差カプがお好きな方には萌えられるかも。

1冊まるまる同じカプのお話です。
おまけマンガがちょろっと入っていて楽しかった。
本編ではこんなあっさりくっついて大丈夫かな、と思わないこともなかったので、できれば大人になった受け攻めの様子などを見てみたかった気がします。

0

王道中の王道です

優等生×ヤンキーという、王道の組み合わせといえるでしょう。
生徒会長で優等生な高城と強面で恐れられているが、本当は可愛いものが大好きな愛のカップリングです。

話も王道中の王道で、なぜか王子的な高城に一方的に言い寄られる愛。
どうやら以前、高城が絡まれているところを助けたことがあり、それをきっかけに高城に好かれてしまったらしい。
鷹匠を慕う生徒会役員たちから嫌がらせにあい、今度は逆に高城に助けられたりしながら、愛も高城に惹かれていく…

はい、王道のラブストーリーです。
少女漫画のB L版です!
最後は絆された愛と高城がHまでこぎつけ、ハッピーエンド。
突っ込む余地がないほどの王道ストーリーでした。

ただ、高城は本当にいい子で、愛も優しくて可愛いので最後まで一気に読めました。

0

読みやすいお話

王道の生徒会長でした

王子様のような生徒会長が、偶然出会ったヤンキー然の男の子に恋するお話

先にスピンオフの王子さま、どちらさまを読んだのでなんとなーく展開はわかっていたのですが、絵が綺麗でストーリーの進め方も読みやすく良かったです

ストーリーが、よくある展開なのでちょっと物足りないというか、もう一捻りあったらなぁーと思うのですが、なかなか難しいですよね

受けの方がガタイ良いとはいえ、王子様がやっぱりお姫様抱っことかしてあげてるのでそんなに目立つ感じはなかったかな

0

愛と書いて、いつみは…紛らわしい

強面なのに中身はファンシー高校生と言う設定は読んだことがありますが、さらに自分より小さい爽やかな生徒会長にお姫さま扱いで迫られると言うのが他にはなくて面白かったです。

それと、こういう設定だと文化祭のときにお姫さま扱いされている強面がメイド服を着るのがよくあるパターンだと思うのですがまさかの会長がメイド服でいつみくんをさらっていくと言うのも「お姫さま扱いしといて自分のほうが女装してるし、似合っちゃってるし」と意外な展開でした。

ただ、一つ引っ掛かったのがいつみくんの名前。いつみって、愛って書くんですよね。BLでは、女っぽい名前をよくつけられてますが個人的にはあまりに女性っぽい名前だと、読んでいて違和感が残ってしまい物語に集中できません。男女共通の薫とか、ゆうとか、れい、とかひろみ位まではまだ許せるのですがいつみはどうしても愛(あい)と読むほうが自然でいちいち見返してしまいました。(頭の切り替えの出来ない中年あるあるかな)

0

このわたしが猫をかわいくないと思う日が来るなんて…

猫のためなら命も惜しくないタイプの猫好きです。
この作品、猫がたくさん出てきました。
でも猫好きさんにとってご褒美になる絵柄じゃない気がしたのです、主観ですが。むしろ猫が出て来るたびにつらい気持ちに…。猫目当てに見る作品ではないかも。

内容の方はヤンキー(風)学生がキラキラ生徒会長に一方的に好意を寄せられるというパターン。
このパターンはもう皆様、ご存知だと思います。取り巻きからのいじめというイベントがある。
さらに会長がヤンキー風を好きになったきっかけもパターン通りでした。

これだけの数の作品が世に出ている昨今、何とも被ることのない全く新しいプロットを創り出すのはものすごーーく厳しいし、難しいことだと思います。
漫画も「あ、これはパターンA」「こっちはBか」っていうのがほとんど。
そこで差をつけるのが画風であったり、小道具、言葉選び、飛び道具だと思うのですが、残念ながら攻めの女装や作者さんの描く猫はわたしにはハマらなかった…。
主人公の友達は気になりました。特にマスクの方の子。でもあまり話に絡んでくるわけではなかったので、「近寄りがたい」という雰囲気作りのアクセサリー止まりだったのが残念。

それにしてもシール300枚でもらえるキーホルダーをプレゼントするほどの愛情はすごい。トラブルで裂かれてしまったキーホルダーを主人公がちゃんと繕って大事にしてる場面は良かったです。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う