電子書店Renta!殿堂入り作品☆ ドS幽霊×強気童貞リーマンの危険なエロとろBL

ドSおばけが寝かせてくれない

dos obake ga nekasetekurenai

ドSおばけが寝かせてくれない
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神24
  • 萌×244
  • 萌8
  • 中立3
  • しゅみじゃない1

188

レビュー数
9
得点
323
評価数
80
平均
4.1 / 5
神率
30%
著者
 
媒体
BL漫画(コミック)
出版社
三交社
レーベル
Charles Comics
発売日
価格
¥689(税抜)  
ISBN
9784879197771

あらすじ

ゲイの雄二が失恋した夜に体験した出来事は、
寝ている間突然何者かにフェラされるという奇妙なものだった。
その原因はなんと"色情霊"という欲求不満な人間をレイプする幽霊! しかもドS! !
臆せず反抗していたらその霊に気に入られ、
それから毎晩犯される日々となってしまい――! ?

いいね、その喘ぎ声もっと聞かせてよ――

表題作ドSおばけが寝かせてくれない

寺田 康祐/学ランを着たドS幽霊
松坂 雄二/24歳サラリーマン 幽霊に憑かれてるサラリーマン

その他の収録作品

  • 描き下ろし
  • カバー下:漫画
修正依頼一時停止中

評価・レビューする

レビュー投稿数9

ドSですね、でもイケメン高校生なので許す!

電子で試し読みしてからの購入です。
最初の展開はすごかったですね。

年下のドSの色情霊(生霊)はすごいですね。神出鬼没で殴れないのに抱き締めたり犯したりしてきて。
会社でのプレイで服を素通りするのはヤラレタ!
部屋の掃除や料理や看病までしてくれる!

ドS攻めは愛情はあるのですがいかんせんヤりまくりでもうお腹いっぱいって頃に康祐が離れて行きます。そして本体を発見。生きていた!

雄二が忘れていた出会いと自分の恋愛がみつかるよ、好みじゃないという言葉。雄二の事を強く考えて知らずに生き霊になってたこと。生き霊の間の記憶もあること。うまいですね~。

雄二は早く康祐にいなくなれと思っていたのにいつの間にか失恋を忘れられるくらい好きになっていましたね。人間の康祐は優しく抱いてくれようとしました。

巻末の短編の3Pもすごい発想です。本体の意識もある状態でできるなんて!

確かにタイトル通りドSおばけが寝かせてくれないお話ですね。

康祐が高校生なりに悩んでいたのにグッときたからと雄二にわりとすぐ発情するのがちょっと不思議でした。ノンケでは?フラレた話を聞いたから?

攻めが絶倫で強引にヤりすぎて受けが振り回されたりゲッソリなのは苦手なのですが、高校生のイケメン一途おばけなのが良かったです。

カバー下クールな康祐が雄二と一緒だと笑うんですね。そして康祐の受験ですね。悶々とする雄二の元へ結局生き霊で現れちゃったら雄二の会いたい発言に犯す!って。発想がドSです。
もう自由自在に飛んで行けるのですね!

1

電子単話は修正あまかったのに…コミックスの白さったら…

電子の編プロ・デイジーコミックスの単話が、三交社からコミックス化された作品。
私はRentaで1話、koboで2話を購入し、幽霊との恋愛って先がないしなーって放置してましたが、やっぱりオチが気になるので、まとまったコミックス版を購入。

で、ビックリしたのがコミックス版の白抜きぶり!
単話でもkoboは白抜きでしたが、Rentaと試読したebjの単話は修正甘かったんですよ。
あとがき、カバー下、ペーパーがつかなくても単話でそろえればよかった…


ノンケに告白せずに振られてばかりで、まだ清い身のままなリーマンの雄二。
ある時、部屋に現れた色情霊の康祐にフェラされて、イかされて、自分が出したモノを口移しで…
それから日々、康祐にエロいことをされて、雄二のカラダは開発されていきます。

タイトルにある通り、康祐はなかなかのドSぶり。
幽霊だけど接触可能、服はすり抜けられるのに、触りたいところは直接触れるって、とっても幽霊に都合の良い設定で、ベロチューもエッチもできちゃいます。

そして雄二は康祐に看病してもらったりしてるうちにほだされていき…
幽霊と人間の恋はどうなるのか???


康祐の欲望全開なS攻め、開発が進んでひどくされたほうが感じる雄二、ワクワクする好みな展開でした♪
最後の3Pなんて、そうきたかー!って参りました^^
絵もなかなか好みでした!

ただ、エロ盛りだくさんなストーリーなのに、白抜きと穴修正されちゃうと、ナニがナニしてんだかわかりにくくて、絵の構造を想像しながらだと盛り上がれない…

買う前にちゃんと出版社も確認しておけば、18禁でも白抜きの三交社なんだから白くて当然なのに、単話が白抜きじゃないからコミックス版も白くないと思いこんでしまった。

続編もそろそろコミックスになると思いますけど、これは単話で買おう。
オマケより、作品が台無しになってない状態で読みたい。
出版社には、もっと作品も読者も大事にしてって切に訴えたいです!

2

エッチのシーンが多いなぁ

幽霊系の作品は、初めてでしたが、とても面白かったです。設定や話の展開が凝っていて読みがいがありました。なんといっても、エロシーンが、非常に多くて、満足です。こんなに、あっていのかってぐらいにあって、こちらは、うれしい限りです。
私的には、雄二君も康祐君も両方私好みでとても可愛かったです。
康祐君が生きていたことには、普通にびっくりしました。話の展開も、よくてエロシーンも多いので、全体的に、とても満足です。

0

エロがガチャガチャしてた…。

「HOW TO BL 2018」の電子版が欲しさに購入したこちらの作品。
読んでみて、あれ?これってエロ部門の受賞作品だっけ?と思うくらいエロシーンが多かった。

ネタバレしてます。




受けを夜な夜な襲う色情霊。その姿が他人からは見えないのをいいことに、就寝中は勿論のこと、満員電車の中や、会社でもエッチさせられてる受け。
「寝かせてくれない」というタイトル通り、過労死しちゃうんじゃ?と思うほど精根尽き果てそうでちょっとお気の毒。

ストーリーは好きなんだけど、しょっちゅう登場するエロシーンが好みではないのが残念でした。
擬音が多いうえ、激しさを表現したいのかやたら線がいっぱい描かれているので、エロシーンになると急に画面が線だらけ&文字だらけのガチャガチャした印象になってしまい、ちっともイヤラシサを感じない。
擬音とか線を多用する事でセックスの激しさを表したいんだと思うんだけど、それがエロいかというと違うと思うんですよね…。
なのでエロシーンはほぼ読み飛ばし…。
(私自身は挿入なんかしなくても、たった一コマのキス寸前の顔一つで滾らせてくれるような熱量のあるエロが好きなんです。)

強気ツンデレ受けが強がりながらも涙目になって感じちゃう…という姿がお好きな方はめちゃくちゃ楽しめると思います。

私は奉仕型S攻めが好きなので、そっち系のSならいいなぁと思いながら読み進めていったけど結構自分勝手なSだった…。(でも受けが熱を出して辛そうなときに、手を出さずにぐっと堪えてお世話してたオバケ攻めはなかなか良かった。あそこで襲ってたら完全に鬼畜S認定して、読むのやめていたかもしれない。)

オバケのSっぷりは、それは夢の中だと思ってたから遠慮不要だった…という理由があったので納得したし、実際の生きてる攻めはちょい健気で欲望を我慢できる子なので、最初は我慢してるところはいいんだけど、途中で受けが「激しくしろよ!」と要求してから、攻めの顔がオバケの時と同じニタ〜リ顔になっちゃったのがなんか嫌だった…。
ニタ〜リ顔の欲望全開のSって何か嫌…というか、もっと感情を表に出さないクール或いは穏やかな顔してるけど実は…という奉仕型Sが好きなもんで…。

そしてオバケと本人のキャラで少しズレはあるのだけど、もっとズレがあったほうが好みでした。
オバケの時は遠慮なしのSで、実際の生きてる攻めはあのSっ気はどこへやら…??みたいなちょいヘタレとかだったら良かったなぁ。

続編も決定だそうで、エロが好みでないので萌評価ですが、オバケじゃない人間時の攻めの姿をもっと見たいなぁと思うので、続きが出たら買っちゃうかもしれません。


シーモア購入・カバー下漫画あり。

3

エロいけど内容も素晴らしい

別の本で見かけた作家さんを気に入り、単行本を探していてやっと手に入れられた作品。神です。ゲイで恋愛が実ったことのない主人公。まずこの設定が好きです。大体の作品は、ノンケです。なので男を好きになるきっかけのところでいつも無理がありすぎて、ついていけなくなります。しかし、この作品は最初のページから主人公がゲイだと書いてあったので、心配せずに読み進めました。
初めに強姦まがいのことをされるという表紙買いするといつも失敗するパターンの一つだったので正直満足できるか心配でしたが、そんなことは忘れさせてくれるほどの良い内容でした。
ツンデレの雄二が可愛く、康祐は自分のタイプの顔で最高でした。他の作品も読んでみたいです。( ˇωˇ )

3

初読み作家さんです

とりあえずエロが読みたくて、ストーリーにはあまり期待せず読みましたがいい意味で裏切られました!
ストーリーも絵もよくて久々に前情報なしで買った当たり作品です(*゚∀゚)

元々読み切りの作品だったそうで、コミックス序盤はそれ感じさせる軽いテイストです。
おそらく1話につき一度エロを入れるお約束だったのでしょう、
幽霊の攻めが急に受けの家に現れ、色々なシチュで受けにえっちなイタズラを仕掛けていきます_:(´ཀ`」 ∠):
攻めはドSとタイトルにある通り、受けさんを苛めて楽しむタイプ。
受けは嫌がりつつも感じて受け入れてしまう、王道な関係性かなと思います。
エロは多めです!

この調子で最後まで進んでいたら評価は萌え1つでしたが、後半になるにつれて攻めが受けをどう思っていたのかがしっかり描かれており、ちゃんとストーリーに奥行きがあって◎!
ただ、途中で連載に方向転換されたんだろうなーとわかってしまうくらいの序盤と後半のストーリーの厚みのギャップ(攻めの受けに対する態度の違いなど)があったので、神寄りの萌2にさせてもらいました('ω'*)

絵もわかりやすく、楽しく読めることは間違いなしです♫
ときしば先生の他の作品も良かったので、そこまでシリアスでないえっちなイチャラブを読みたいときに読みたい作家さんです!

3

学生服着た色情霊×DTサラリーマン

ノンケばかりを好きになるせいで、24歳にして童貞処女の受け。好きだったノンケ同僚の結婚が決まり、傷心で酔いつぶれて部屋で寝ていたら、誰かにフェラされて口中に精液を流し込まれる夢を見た。しかもそれが夢ではなく、ドSな色情霊の仕業だと判明して…。


隠れゲイのサラリーマンの部屋にドSな色情霊が現れ、好き勝手イタされちゃうという、エロエロなファンタジーです。
とにかくエロ度が高いです。攻めがドSなのでプレイがなかなか激しいし、場所も受けの部屋のみならず電車やオフィスでもがっつり。初挿入が片想いの同僚の前で、というのからしてひどい。
受けは基本拒否するスタンスですが、感じやすく流されやすいので毎度フラフラになるまでヤられてしまっています。無理やりだけど感じちゃう、的。

色情霊の攻めは、最初から学生服姿。学生服×リーマンのビジュアルが、年下攻め好きな方には萌えるのではないかと思います。でも服装が学生服でも、ドSでえらそうだし、表情がキツイ目のニヤケ顔だし、あまり若い印象はないかも。
最初はひたすらエラそうな攻めも、やがて健気な面が見えてきて、ラストの方はちょっと切ない展開。でもハピエンでよかった。

作者のときしばさんは、前作の『恋人課金』もなかなかエロく、絵が美しくて楽しめた作家さんでした。今回も絵はとても綺麗です。ただ前作は修正少なかったけど、今回は修正は白抜き。
帯にでかでかと「Renta!殿堂入り」と書かれていたのも頷けるエロ楽しさでした。

7

ドSなおばけに犯されて

ここまで来ると、執念というかなんというかw
面白かったです。

ゲイである受。
こっそり恋心を抱いていた親友がとうとう結婚。
自分に嬉しそうに話す姿にまた涙。
そんな最中、夢うつつに現れた
ドS幽霊に犯される!?
そんなお話なのであります。

こっそり想っていた相手を想いつつ
いじっていたお尻は柔らかく。
無理矢理に犯されていても感じてしまう。
他人にみえないことをいいことに
あんなところや、こんなところで。
服を着たままの透過プレイは新鮮で
面白かったです(*´∀`*)
新しいプレイに目覚めそうw

後半、実は〜で明かされる幽霊の正体と
二人の出会い〜が描かれます。
ただの色情幽霊じゃないことがわかる展開。
ただの鬼畜かとおもいきや、
案外純情?!と思わせてくれるところが良い。
ラスト、まさかそんなプレイあり!?
に驚かされつつ。
楽しい一冊でした。

6

ドSおばけが見せるギャップ

分厚くて嬉しーいヾ(*´∀`*)ノ
電子で出ていた7話分+書き下ろしで230ページ近くありました♪

タイトルや表紙で匂わせてる通りたっぷりエロが詰まってます。
電車で、オフィスで、片思い相手の前でとシチュも様々。
(ただし、修正は白抜き。修正小のアングルと擬音まみれ系の表現)

丸っと1冊1作品でまとまってました。


<ドS幽霊×強気童貞サラリーマン>

ノンケばかり好きになって童貞処女の受け。
片思い相手の結婚が決まり、家でヤケ酒を煽って潰れていところ、下半身に快感が走り、口の中には精液が流し込まれていて…。翌日、再度現れた幽霊から「本気で好きになった」宣言をされ、家の中はもちろん、通勤中の電車で、オフィスで、と現れてはドS全開で襲われるハメに。しかし風邪で弱ってる時は優しく看病してくれたり、部屋を掃除してくれたりと、根っからの悪い奴ではなく徐々に絆され、幽霊じゃなく生きてたら…と考えるようになりーーー。


序盤は愛が見えなくてモヤモヤ( ˘•ω•˘ ).。oஇ
「本気で好きになった」と言いつつ
受けが苦痛で歪む顔に興奮して笑ってる攻めの愛は何処にあるのか。

あと満員電車でのエッチは、攻めは幽霊だから他人からは見えない。
ということは、他人からは受けの姿が丸見えだし、不自然すぎないか???
会話も受けが1人で喋ってるようにしか見えないよね???

違和感しかなくて、前半は萎え気分になる方が多かったです。

が、しかし。
後半はとても楽しめました( ´͈ ᐜ `͈ )
最大のネタバレになるけど、攻めは生きてます。(BLあるある)
幽霊時と本体のキャラに若干ズレがあるのがとても良いっ♪

実は以前に1度だけ出会ってた2人。
思春期特有の息苦しさに悩んでた攻めは、受けのおかげで気分が軽くなり、
受けのことが忘れられずに想って想って想って…としてたら生き霊飛ばしてたというw

受けのことがとっても好きなんですよね。
酷い事をしたのも夢の中だと思ってたから。
それですら罪悪感を覚え、夢だけど受けに酷い事をしてしまったと悩み、
でも夢の中だけでも好きになって欲しくて足掻く一途な高校生。
一生懸命な想いにキュンキュンしました(∩´///`∩)

そして幽霊の時と違って愛の見えるエッチが良い///
余裕なく必死になってる顔が可愛い〜!!
書き下ろしは本体+生き霊×受けの3P(ФωФ)
そんなのも可能なんですね。愛が産んだ生き霊スゴイww
生き霊と本体の表情が違うのも萌える♪

生きてる攻めはスパダリ要素バッチリなので、今後を想像するとニヨニヨします♪
ドS幽霊に振り回された受けは、これから存分に幸せにしてもらえそうかな?

(余談ですが、攻めは最後まで片目隠しの鬼太郎ヘアです。)


評価はうううーん…。
前半と後半で気分が全く違うので難しいのですが、
前作「恋人課金」より好みだったので萌え×2評価にします。

6

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ