コミック

  • 恋愛なんてゆるしません!

恋愛なんてゆるしません!

renai nante yurushimasen

  • 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作恋愛なんてゆるしません!

藤堂,27歳,リーマン
霧島直斗,27歳,リーマン,ブラコン

その他の収録作品

  • 泊まりました(描き下ろし)
  • 目を背けていた問題(描き下ろし)
  • やり始めると止まらない(描き下ろし)
  • 世話焼き長男(描き下ろし)
  • あとがき

あらすじ

弟ラブ♥︎の残念なイケメン・直斗は、最近弟に恋人ができたのではと怪しむ。
しかもその相手は親友の藤堂で!?
ゲイ×ノンケのリーマンラブ♥︎

作品情報

作品名
恋愛なんてゆるしません!
著者
須坂紫那 
媒体
漫画(コミック)
出版社
新書館
レーベル
Dear+コミックス
シリーズ
恋愛なんてゆるしません!
発売日
ISBN
9784403665660
3.9

(159)

(58)

萌々

(51)

(37)

中立

(9)

趣味じゃない

(4)

レビュー数
19
得点
614
評価数
159
平均
3.9 / 5
神率
36.5%

レビュー投稿数19

めちゃめちゃ好きです。

須坂さんの絵柄はめちゃめちゃ好みで、大好きです^m^♥

おまけにこちらの作品は攻めが黒髪、メガネ、寡黙ときたら私の理想が三拍子揃っていて…もうそれだけで眼福です!神です!

なので、かなり評価は偏ってるかもしれません
もう、内容なんて二の次でこの攻め君が見れるだけでいいっっ!って感じです。

と、言ってもストーリーが良くないわけでもなく2人が両想いになるまで紆余曲折あって、霧島くんのブラコン設定もコミカルで楽しく読めますよ。

霧島弟くんは高校生らしく明るく元気で好奇心旺盛なのに比べて兄はまじめで弟思いのきちっとした社会人なんですね。
なのでよけいに両想いになるまで拗れるんでしょうね。
次作{いたしません}も併せて読んでいただくと良く分かります。
霧島弟くんは、その奔放さで藤堂くんと霧島兄がくっつくまで一役かっています。かわいい!
とにかく、藤堂くんが報われて良かった(*^_^*)。。
{いたしません}で登場の弟くんのお相手も、黒髪、寡黙でとても好みでございます。
そちらでは、弟くんの恋の行方と一緒に藤堂くんと霧島兄くんの進展もかいま見れるのでとてもお得な気分です。
次作の[ありえません]も楽しみだあ~。

是非、ご興味が湧いたら、ゆるしません・いたしません、二冊同時にお手に取って下さいませ(#^.^#)






4

クールなイケメンリーマンの切ない片思いがイイ!

大学からの友人でもある、同僚リマーンのお話。
本作は友達から恋人へ、続編『熱愛なんてありえません!』で恋人になってからのストーリーが語られています。

私は恋愛適齢期な男達の話が好みで、さらに須坂先生のイケメンがイケメンらしく描かれた美しい絵が大好きで、ストーリーはもちろん、絵を眺めてるだけで幸せなシリーズです♪
二人とも違ったタイプのイケメンなのがまたイイのですよ^^


ストーリーはノンケの霧島視点で語られます。
霧島は優しげな感じのイケメンで社内でそれなりに人気はあるものの、母子家庭で弟を大事に育ててきた極度のブラコンで「弟が大好きー」を公言しすぎて、残念な人扱いw

たいして藤堂は黒髪メガネで、涼しげなスーツが似合うイケメン!
物語は霧島視点で語られるけど、藤堂の切ない気持ちがダダ漏れで、これほどのイケメンが、こんな風に一途に…と、何度も萌え心をくすぐられます。

二人は大学からの友人。
藤堂がゲイだと知っても、霧島は周囲にバラすこともせず、偏見も持たず、まっすぐ素直に接してくれて、藤堂は霧島に惹かれていく。
そして良き友人を演じながら、ずっと片思いをしてきた藤堂。
酔いつぶれた霧島のほほにそっと触れたり、気持ちが漏れてしまう瞬間にキューンとします!(藤堂のイケメン顔の切ない表情がとてもクル!)


藤堂と弟の北斗との仲を誤解した霧島は「他に男なんていくらでもいるじゃないか」と言ってしまうのだけど、モテる藤堂にとって他の男なんていくらでもいるのに、霧島だけがオンリーワンで誰も代わりになんてなれなかったんだよ。

霧島の言葉にキレてしまった藤堂は「お前が相手をしてくれるのか?」と暴走気味で、霧島も「俺が代わりになる!」と突っ走ってしまって、途中まで(霧島をイかせるまで)ヤってしまう…


藤堂は、霧島のまっすぐなところが好きでもあり、でもそのまっすぐさは霧島にとって自分が恋愛対象外のあらわれだっていうのもわかっているっていうのがなんとも切ない!
藤堂は霧島が結婚していくのを友として眺めていくしかないって覚悟していたのに、霧島の一言で、いろいろ限界がきてしまったんだろうなぁ?

でも、藤堂の暴走をカラダで受け止めて、霧島は「藤堂はあんな風に人を抱くのか」と意識し始めます。


そして、藤堂と弟の仲を本格的に誤解した霧島は「男同士の不毛な関係に弟を巻き込むな」とさらなる暴言を…
これは自分自身を否定されたようなもので、藤堂にとっては本当に辛い一言で、「俺が好きなのはお前だ」と気持ちをぶちまけてしまう。
恋も友情も、霧島とのすべてを終わりにしようと思ったんだろうなぁ。


藤堂の気持ちをやっと知った霧島、藤堂から距離を置かれて、引かれたら追いかけるって典型だし、大事な友人を失くしたくない+ちょっとした独占欲から、ノンケがゲイに簡単にほだされたなーって印象があるけど、藤堂の気持ちを受け入れた時の霧島の返事と笑顔がめちゃくちゃかわいくて、藤堂の切ない片想いが成就したのは読者としても嬉しいです♪


続編で、霧島の藤堂への気持ちがしっかり語られています。
恋人になってからの二人の話もイイですよ~^^

3

一途な攻めがツボすぎたー!!

一途でクールな眼鏡イケメン!でも実は遊んでたとか!!見た目も好みど真ん中でもう大好き!藤堂最高~。
霧島兄は絵柄がしゅっとしてるからあれだけど、すんげーあほのこだと思う…すぐ一つのことしか考えられなくなっちゃってる…溺愛する弟の彼氏を寝取る兄ちゃんになりそうだったところはびっくりしましたよw顔はイケメてるし、エプロン兄ちゃんが可愛いから何でもよくなっちゃうけどw

藤堂の片思いがすごく切なくて、めちゃくちゃ応援しながら読みました。切るためにわざと酷い言葉使ったり、外でキスして嬉しそうにしてたり、とにかく全部好き。
霧島兄に対してはすごく正論言ってて、あほのこに理詰めは止めてあげてーってちょっと思ったけど、霧島兄は兄でもう少し分かってあげてくれんか?と言いたくなったりwなんだろ…ちょっと自分がうるさかったですw藤堂が好きすぎたんだw

最後は弟の計らいでハピエン!返事もらった後の藤堂の顔が!良すぎて!好き!
描き下ろしの後日談も最高でした~。

3

スパダリ攻の片想い、尊い。

クール眼鏡な親友ゲイ×ノンケのブラコン受のリーマンラブ。
クールでスパダリ眼鏡な攻の受への愛の深さがたまらない作品。
ノンケな無自覚受ちゃんに想いを伝えられておらず、クソデカ感情がはち切れそうになっている様子がなんともいじらしく、クールな面とのギャップ萌えが凄まじいです。
ブラコンゆえに暴走しがちな受ちゃんも可愛いの嵐で、胸キュンの最高風圧で飛ばされそうになる大人同士のえろキュン・BLでした。
弟くんも可愛い。

0

王道展開で光る攻めのカッコよさ!

お仕事出来そうで、クール、メガネなサラリーマン。ゲイで一途な攻め。(既にかなり私の好み!)
受けはブラコン、ノンケなちょっと天然。攻めとは大学からの友人で同僚。ゲイに偏見なんてまったくない爽やかな子です。

簡単に言えば、攻めのずっと隠していた恋心が明らかになり、攻めは身を引くけど、受けは攻めとの関係を失いたくない、付き合おう!なんて発展していく絆され系。
王道展開だからこそ光るのが、攻めの一途さ、カッコ良さでした。

じゃあ試しに付き合ってみましょう、この展開はリアルでも多いと思いますが、やっぱり違ったとお別れするパターンも多い…。男女間でも多いのに、まして同性。
BLだとこの展開は付き合って、どんどん受けが絆されるとか、体から陥落されちゃうもありがち。
だけど、折角受けがイイって言ってるんだから、付き合っちゃえ!据え膳いただいちゃえ!っていうシーンで、この攻めは
「(キスやセッ)出来るとしたいじゃまるで違うだろ」
「友達だから付き合ってもいいってんじゃなく、好きだから付き合いたいと思うんだ」
ってお付き合いを拒否するんです。
もうね、もうね、きゅーーん。
お気軽に体重ねるBLばかり読み過ぎてたんだ…。(ま、それはそれで結局好きなんですが)
したいと思ってない相手を抱けないって、受けをすごく尊重してるな、大切にしてるなって。
やっぱり無理ってなった時に攻め自身もめちゃくちゃ傷つくだろうし、と。一途な思いに感動しました。

最後はハピエンで多幸感。続きもあるので嬉しいです!

0

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(コミック)一覧を見る>>

PAGE TOP