溺愛なんてみとめません!

dekiai nante mitomemasen

溺愛なんてみとめません!
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神21
  • 萌×217
  • 萌9
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

287

レビュー数
11
得点
200
評価数
47
平均
4.3 / 5
神率
44.7%
著者
須坂紫那 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
新書館
レーベル
Dear+コミックス
発売日
価格
¥670(税抜)  
ISBN
9784403667077

あらすじ

順調にお付き合いを続ける直斗と藤堂。
すでに関係はバレているものの、改めて直斗・母へ挨拶へ行くことに。
だが、事態は思わぬ方向へ……!?

表題作溺愛なんてみとめません!

藤堂 明鷹,サラリーマン,バリタチ
霧島 直斗,サラリーマン,ブラコンの残念イケメン

同時収録作品うちのタマは挑戦者

士郎
タマ

その他の収録作品

  • 後日談
  • カバー下漫画

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数11

蜜月編!甘々な二人。

紙本
修正…白短冊
カバー下…あり
カバー折り返し…プロフ

0

安心して読める王道BL

新刊発行を機に全シリーズを読みました。
頑ななまでにノンケの霧島への想いを長年燻らせつつ秘めていた藤堂、大学時代からの親友を失いたくないがために付き合うことを決意してのちに自分も藤堂を好きだと自覚する霧島。無事に両思いのラブラブになったふたりの、犬も食わない蜜月ストーリー笑
期間限定の同棲、イイですね!期間限定だからこその甘々っぷりに癒されたというか。ラストの指輪のシーンは脳内でウエディングベルが鳴り響きました笑
今回は波乱らしい波乱は無く(藤堂が勝手にヤキモキしてただけ)物足りなく感じる人もいるかも知れないけど、個人的にはそれがかえってふたりの歩みを安心して見届けられるストーリーだったなぁと。いつか期間限定じゃない同棲生活が見れたらいいなぁ。

1

蜜月期!!

単行本化、お待ちしておりました!

シリーズとしては4作目(うち1作は直人(受け)の弟北斗のお話)の今作、裏表紙に「蜜月期」と書いてある通りラブラブな2人を見ることが出来ます。

今作で強く感じたのは、藤堂(攻め)の表情のバリエーションの豊かさ。直人が喜怒哀楽を目一杯表情に出すのは1作目から変わりませんが、今作の藤堂の表情の変わり具合には驚かされました。無表情、仏頂面のイメージが濃かった攻めが、受けと同じくらい笑うようになる…最高です(*´-`*)

須々木×北斗ペアのイチャイチャも(少しですが)見ることが出来て、ボリュームたっぷりでした!

1

多幸感に満ち溢れてる〜♪

シリーズ4作目。
ラブラブイチャイチャ蜜月編ということで、幸せいっぱいの一冊で良かったです。

車が突っ込んできたため家が半壊状態になり、修理の間、藤堂宅で同棲することになった二人はまるで新婚さんそのもの。

あの一巻の、長年の恋心を封じ込めてたゆえの鉄壁ガードみたいなクールな藤堂を知ってるだけに、この四巻の幸せそうな藤堂の姿にめちゃ萌えました。
藤堂、ほんと良かったねぇぇ!!と。

私は指輪のやりとりの後日談がすっごく好き。
藤堂は直斗に指輪を贈るんですね。
そして数日後、箱も大切にしないと…と直斗が箱を開けてみたらもう一つ指輪があってペアリングだったのか!と気づいた次第で。

ペアリングだとは言い出せなかった藤堂の気持ちを理解して、「ホラ 手ェだして」と言いながら藤堂の指にはめてやる直斗の聖母感!!
そしてそれをただひたすら見つめる藤堂のあの表情もすっごくいい。
そのうえで
「昔の俺に言ってやりたくてな
そんな臆病にならなくてもいいって」
ってここがジ〜ンとしてなんかホロっときちゃったな。

とてもいいカップルになったなぁと思います。

同時収録作は「恋と毛玉とお隣さん」に収録されている【うちのタマは侵略者】の番外編でした。
ちらっとでも興味が出たらぜひ「恋と毛玉とお隣さん」を読んでみてほしいです。
これもいい本なの!!
(私、この「恋と毛玉とお隣さん」の表題作が大好きなんです!)

2

ずっと苗字呼びなのも甘さが増します

シリーズ3作目で、表題作と描き下ろし+短編同時収録の2作品。

藤堂と直斗CPがメインで、弟の北斗と須々木CPも登場です。
相変らず、北斗がキャンキャン賑やかにドタバタしてますが、
初めはただ煩いと思っていたのに、やっぱり藤堂を動揺させるのは北斗の重要な役目。

前巻で母に藤堂との恋人関係はバレてる霧島家に、恥ずかしながら挨拶へ。
藤堂よりも直斗の方が恥ずかしがってるのが可愛くて良かった。
実家のビックリハプニングで藤堂宅へお世話になる直斗、ちょっとした同棲気分で、
どんどん藤堂のデレが当たり前になってきてるのが、1作目を振り返ると別人だわ。

直斗の可愛い後輩が大した当て馬じゃないのに、
北斗に焚きつけられて藤堂が嫉妬でドタバタするようになるとは…
無駄にバタバタして、毎度毎度北斗といいコンビです。

母に挨拶、同棲気分ときて、そのままなだれ込むかと思ったら、ブラコン設定はブレない。
ずっと家族を大事にしてきた直斗なので、まだ実家生活のままなのはしっくりきました。

この作品で一番の見どころはもちろん、
黒髪メガネの無表情なイケメン藤堂が、まさかのムッツリエロ魔人化…
しかもこんなに甘くてどうする?!ってくらい直斗を溺愛状態で、
まさか会社でデレる藤堂をみることになるとは思わなかったです。

嫉妬から始まって指輪まで…いやぁ~直斗の表情が本当に幸せ一杯でステキでした。
描き下ろしの後日談で、ペアリングだったことが判明し、
言い出すタイミングがなかったと、シャイな藤堂にキュンとしてしまった。
やっぱりこういうとこが好きだわ。

電子描き下ろしが指輪ネタで、そういえばずっと苗字呼びの二人だと気づかされた。
ずっと苗字呼びなのも萌えるわ~。

★うちのタマは挑戦者★
「恋と毛玉とお隣さん」の短編番外編です。

いつも好き勝手される士郎に、可愛い天然受けのタマが翻弄してやると挑む夜のお話。
頑張って攻めようとするけどどうしていいかわからないタマを、
黒髪クールイケメンの士郎が、かわいいと心でニマニマし眺めながら、余裕なのがいい。

須坂先生の描く、クールな黒髪攻めがドストライクだと気づきました。

※シーモア:修正は発光?形はなく白い感じでした。

1

定番CPの安定感がよろし❤️

甘い甘い甘い~!でも好きだわ!
クールな藤堂が、こちらやきもきしてまして。
実家が思わぬ貰い事故(車が突っ込んだ!)で改修することになったため、直斗が藤堂宅に期間限定で同棲するんです。
もう冒頭から甘さ炸裂❤️
ストレートに楽しいですよね。

ちゃんと霧島家の母に藤堂とお付き合いをしていることを報告して、公認の仲になりましたよ。すごく順調です。
ですが、直斗の職場の後輩日高くんが登場して。

当て馬?では無く日高の恋の悩み相談相手になった直斗の行動を不審に思う藤堂。
今回は、直斗の浮気を疑った藤堂が、弟の北斗と一緒に家電売場を尾行したり。
直斗と日高くんの会話を覗き見て、北斗が勝手なアテレコをするんですけど、これが秀逸です。炊飯器の躍り炊きを「躍り抱き」に置き換えていたりして。いや、見てみたいよ!と笑っちゃいました。

なんだかんだラブラブな藤堂と直斗を見た感じ何ですが、読み終わると幸せな感じ。

須々木と北斗のCPも可愛い❤️
ほっこり癒された私です!

3

理想の嫁

実家の思わぬハプニングから急遽期間限定で藤堂宅に居候することになった直斗。家事スキルが高いのはわかっていたけれど夜の部のエロ可愛さ…まさに新婚さんみたいw理想の嫁って感じ?笑笑。
直斗が可愛いのはもちろんだけれど今回はあのクールな藤堂がやきもち妬いたり余裕がなかったりでとーっても可愛かったです。
当て馬ポジの日高君も結局は幼馴染に一途で横槍って横槍もなく直斗と藤堂はラブラブでしたねー。
もともと直斗は可愛いのに藤堂に対する気持ちは一切ブレがなくって男前で不安に思ったこともちゃんと言葉にして伝えられるし感情表現がイマイチ希薄だった藤堂も直斗にはだいぶ素直になったしこの先も2人は大丈夫だろうな、と安心して読めました。
願わくはまだ本当の恋に巡り合ってないっぽい名波さんのスピンオフがみたいな〜。

2

藤堂が幸せそう…

シリーズ全て持ってますが、この巻が一番藤堂が幸せそうでした。
読んでいてとても幸せな気分になりました。
続きが読めるとは思っていなかったので、とても嬉しかったです。
ごちそうさまでした。

1

焦らされた分だけ幸せは大きい!

待ってましたあ〰
キャ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
もう先月、密林さんに予約させていただいたのに届いたのは昨日という‥
どんだけ焦らしてくれるさ!
ヽ(`Д´#)ノ ムキー!!!

私、須坂さんの絵の大ファンでございます!
出てくるキャラは皆、愛くるしいイケメンばかり!
特に藤堂さんはどストライクで!!
もう、見ているだけでいい。
今作も浸すら眼福でございました。

今回は特別トラブルのないストーリー只タダ!甘々を楽しむだけですが‥あらら〰(;o;)本編の方でも焦らされまくり‥
しかし藤堂さんの幸せそうなアップに悶絶‥。
もう見れるだけで良い!
今回は可愛いお気に入り!須々木くんも登場したので嬉しかった!

ただ、ただ!私が、藤堂さん好きというレビューでした。
失礼いたしましたm(_ _)m

2

甘々の溺愛振りに悩殺

シリーズ3作目!
大好きなカップルが帰ってきました^^
タイトルに〝溺愛〟が付きましたよ‼︎
まさに、溺愛カップルの蜜月篇です♡

カップルとしては、もう安定感ありますね。
本作では、藤堂が霧島の実家にも挨拶に行き、
家族公認(すでにバレてましたが)となりました。
まるでプロポーズに来たような東堂の、
「精一杯大切にします」という言葉……グッときた!

そして、訳あって突然の同棲生活スタートです。
毎日ヤリたがる藤堂は、本当にエロ魔人ですね(笑)
でも、霧島も藤堂を求めてるのが分かって、
ニヤニヤが止まりませんでした。

当て馬?として、霧島の後輩・日高が出てくるのですが、
人懐っこくて憎めない奴なんですよね^^;
ノンケの友だちに恋していて、
昔の藤堂と重なって霧島は放って置けないみたいです。
全力で応援しちゃうところに、霧島の人の良さが表れています!

須坂先生、日高のスピンオフなんて考えられてるのかしら?
本作では相手も出てこないし恋の進展もなかったので、
なんかそんな気がします(^◇^;)

とにかく甘々♡
リングを贈られた霧島が藤堂に抱きつくのですが、
その時の藤堂の幸せそうな顔と言ったらない!
キュンとしました(//∇//)

Hは思わせぶりな展開が多くて、
本格的な描写があるのは最後の1回だけです。
まぁ、焦らされた分読者としても萌えましたよ♡

〝……足りないもっと〟という霧島……
初めに比べたら随分エロくなりましたね!
愛の言葉も聞けたし、大満足です。

同時収録作は、『恋と毛玉とお隣さん』に収録の
【うちのタマは侵略者】の士郎×タマ
なぜこの作品?
どうせなら表題作の二人が見たかったです(^◇^;)

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ