やたもも(3)

yatamomo

やたもも(3)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神179
  • 萌×231
  • 萌12
  • 中立4
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
29
得点
1059
評価数
229
平均
4.7 / 5
神率
78.2%
著者
はらだ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス Qpaコレクション
シリーズ
やたもも
発売日
価格
¥660(税抜)  
ISBN
9784801959217

あらすじ

生き別れていた母親が指輪を返せと突然現れた。
幼い頃プレゼントした安物の指輪は、結局一度もつけてもらえず、
プライドが傷ついた末にその存在を忘れ去っていた。
指輪の行方をめぐり、思い出される母との忌々しい記憶。

やきりれない気持で無意識に足が向くのは八田ちゃんの家。
不器用なモモをすべて包み込んでくれる八田ちゃんは
しんみりムードなんて吹っ飛ばす安定の朝までずっぷりな性欲バカで…!

母との関係、指輪の行方は如何に――?
モモの過去のパトロン・須田も登場してはらだ節炸裂のやたもも、大団円! !

「やたもも」「よるとあさの歌」のキャラ達が贅沢コラボ! を同時収録。

表題作やたもも(3)

八田 オカン系男子
モモ 生活能力のないビッチ

その他の収録作品

  • やたももはしやすめ
  • すだねこ
  • きせかえもも

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数29

読みごたえあり!満足しました!

1~3巻までまとめての感想です。

八田ちゃんの包容力と寛容さと愛情深さに平伏すよ!これだけだと聖人かよ!となるところですが
絶倫でsexが容赦ないところでバランスがとれ、何故だか人間味と個性が加わる絶妙な匙加減!はらださんはこのバランスがお上手ですね。
キャラ造形にいつも感心してしまいます。
モモも一歩間違えれば敬遠されるだけのキャラになってしまいそうですが、憎めないんですよね。
脇キャラも個性豊かでかつ効果的にストーリーに深みを与えていて無駄がないんです。

はらださんは心を抉る作品もお得意ですし、明るいエンタメに振り切った作品もお上手なこともあって、やたももの様な中間に位置する作品のエッジのきかせかた出来の素晴らしさに感心してしまうばかりです。

はぁ~、それにしても八田ちゃんとモモがラブラブに抱き締めあってるシーンはこっちまで温かい気持ちになってきます。
こういう描写も本当にお上手ですよね。

体を繋げるばかりで心を繋げることが出来なかったモモが八田ちゃんという存在によって恋と愛を知って本当によかったねと思いました。

八田ちゃん本当に男前ですよ!惚れます!かっこいいです(絶倫だけど…!)
モモのほっぺたが反則的に柔らかそうで可愛くて可愛くて仕方がないんです!(中身はろくでもないけど…!)

可愛い2人にお腹いっぱい大満足です!

10

八田ちゃんがそばにいてくれて良かった

前作で登場したももの母と、ももの隣人の栗ちゃんが引き続き登場。

3巻になると割とももが素直に自分から八田ちゃんのところに慰めてもらいにいったりして、二人の関係がより深まったと感慨深いです。

あんなに嫌ってた母親だけど、和解とは言わないまでも最後指輪を返してちゃんとお別れを言えたのも良かった。母親はクズだったけど、一応愛情はあったのか貯金もしてくれていたなんて。最後少し良い思い出ができたかな。
子供の頃も必死で母親に愛されたかったけどうまくいかなくて、でも八田ちゃんに出会って愛されることを知ってからももは強くなれた。
嫌なことから逃げてばかりだったけど、ちゃんと母親にも向かうことができたのも八田ちゃん、栗ちゃんのおかげ。

八田ちゃんはもう前からもものこと好き好き言ってたけど、素直になったももが八田ちゃんに好きって言うのにぐっときました。

1巻から読んできて、やたもも完結だけど本当にやっぱり出会う人によって生活が変わっていく。須田も一応もものこと好きだったみたいだけど、八田ちゃんじゃないとダメだった。

ちゃんと働いて生活するっていう当たり前の日常が尊いこと。隣人の栗ちゃんがももの為に母親に会ってアシストしてくれたり、恋人と友人ができたからこれからももはもう大丈夫と思えるお話でした。

八田ちゃん本当にいい男すぎる。
ももかわいいし、やっぱりはらだ先生の作品の中ではやたももが個人的に一番好きです。

6

ほんの少しかもだけど成長したね…

ようやく読めました。毎年ありがとう、竹書房の日\(^o^)/
皆様の的確なあらすじとレビューにうなずくばかりです。
1巻だけでは分からなかったモモの内面が、2・3巻により浮き彫りにされ、物語が深いものになってました。

エロは相変わらず激しいんですが、3巻のモモの「やたちゃんすきだ」のHに萌え転げました!
1巻で1人で「いつか言う」と言ってた「すき」ですよ(//∇//)
伏線回収ですか?はらだ先生、見事な回収方法ですー!

モモの過去は痛々しく、読むのも辛かったですが、それぞれが幸せを掴み良い終わり方で読後感が気持ち良い作品でした。

6

「神」じゃ足らないくらい神シリーズになった!

軽いエロコメの読み切り短編から始まったお話がこんなすてきな大団円を迎えることになるなんて〜〜〜(´༎ຶོρ༎ຶོ`)
振り切れる時はどこまでも振り切れた凄いもの描かれるのに、王道は王道でどこまでも素敵なお話を描いてくださる。
この振り幅がほんとすごい。
はらださんが「鬼才」と言われるのってそこだよなぁと改めて思いました。
色んな新風を吹き込んでらっしゃる奇才でもあるんですが、それ以前に鬼才だからこそ描ける地盤のしっかりとした面白さがあって、まさに「ハマれば沼」な作家様!

今回の2・3巻は、1巻の続編というよりかは、ラブコメタッチでサクッと読みやすく仕上げていた1巻を続編が描けるならもっと深く掘り下げよう!と挑まれている感じで、とても読み応えのある内容でした。
「ネガ」を読んで感じたはらださんの人間味がもっとストレートに出ている感じがします。
モモのお母さんとのエピソードを通して【モモ】というキャラにしっかりと触れられ、だからこそ愛着がどんどん増していく。
ビッチでロクデナシで「フェラするからお金ちょーだい♡」のモモが八田ちゃんに愛されまくって「幸せなんだ」に辿り着くまでのあれこれに、なんだかもう子を見守る母の気分すらある。
最後に見せてもらえる幸せそうなモモの表情に言葉にできないくらいの愛おしさがこみ上げます。

弱虫で、事なかれ主義で、見ないふりして、誤魔化して、でもやっぱり当然だけど愛に飢えてたモモが、八田ちゃんに出会えて溜め込んでた色んな思いをしっかりと昇華させられて・・・これ以上ないくらいにとても晴れやかな大団円。
二人が出会えて本当に良かった!と心から祝福できる本当に素敵な続巻でした。
はらださんありがとう!
あんなに歪んでた須田のことまでちゃんと幸せにしてあげてるはらださんの優しさもいいなぁ。


ところで、「よるとあさの歌」を読んではらださんはバンギャなのか?と問うていたわたくしですが、はらださん高確率でcali≠gari好きでしょ。とひっそり確信する3巻なのでした(°▽°)

【電子】レンタ版:修正○、カバー下○、裏表紙○、特約店ペーパー(1p)付き
※2巻と3巻のペーパーは同じものです。

5

愛の最高峰

このやたももという作品の2.3巻を読み終えた時、愛という存在を肌に感じました。
はらださんの作品の中でもやたももは一番と言っていいほどどストレートに愛を全面に掲げている。
はらださんの作品で多い下衆屑、捻くれた愛情表現(私的勝手なイメージ)が多いです。(それが大好物なんですが)
そんなはらださんが描く「やたもも」も、モモがビッチクズのろくでなしでかなり壮絶な幼少期を過ごしてきたこと母親との葛藤過去が明かされました。ですがそんな壮絶な過去を吹き飛ばすくらいの大きな大きなやたちゃんの愛の存在。
あまりに八田の愛が大きくてあったかくて、、モモの母親から出生に纏わる話をされ真実を知ったモモがやたちゃんに抱きしめられる場面の抱擁はとても印象的でした。(2巻)
そして何と言っても3巻の「おれのこと...みすてないで..ずっと い いっしょにいて やたちゃん すきだ」
の絞り出すようにいったモモの言葉、ありきたりの言葉のはずなのに今まででみてきた漫画の中で一番の告白に思えた.....
前のクセでやたちゃん家来ちゃったり、やたちゃんが何気なくモモのほっぺ撫でたり、抱きしめたりそんな日常的で何気なく2人が本当にやってそうなことを描いてあって本当に永遠に見ていたい作品。
それと須田も大好きな登場人物の一人なのでモモを愛してたこと、「君だけが幸せってわけではないよ」と眠る子供を抱えている場面が見れてほんとよかったと。
嫉妬したり寂しくなったりそんなことを感じられるようになったモモとおっきなおっきな愛情(と巨根と絶倫噛み癖)を持つやたちゃんでいつまでも2人で仲良くいてまたいつかやたもものみんなに会いたいなぁとどうしても願ってしまう作品でした。

5

超ハッピーエンド

2巻3巻一気読み。
2巻3巻は色々考えさせられるシーンもあり、胸が熱くなりました。
自分の気持ちを偽ることで生き抜いてきたモモに涙。
そんなモモを見守るヤタちゃんとクリちゃんが温かくて好き。
今回は須田さんの本音や過去も分かって切なくなりました。
モモがヤタちゃんに好きだと告げたシーンは、もう本当に、ヤタちゃんもモモも良かったね…!!ってなりました(*^^*)
起きてから照れまくるモモが幸せそうで可愛い!!
2人が幸せそうにしてる2巻3巻の表紙も最高!
ストーリーはボリュームがあり、終わり方もすごく綺麗。
大団円!

4

文句なしの大団円

表紙が可愛い。色遣いや絵柄がパッと目を引く。はらださんらしいといえばあまりにはらださんらしい表紙です。

ネタバレ含んでいます。






2巻で母親と再会したことで情緒的に不安定になるモモ。
そういう描写の仕方で、口では母親をけなし、罵倒する彼ですが、心の奥底ではお母さんを求めてるという事が読み取れる。

そんなモモを、いつでも包み込んでくれるのがやたちゃん。
いい人すぎると嘘くさいのだけれど、彼は「絶倫」で獣のようにモモを抱きつぶすのがこれまた良い。

そんなやたちゃんの「オカン気質」が出来上がった過去がちょろりと描かれていたのも良かった。
うんうん、なるほど。
そりゃあ、野良猫みたいなモモを放っておけなかったよな、と納得。

そしてモモたちがどんなに激しい行為に及んでいても、しれっと躱せるように進化していた隣人・栗田くんにも爆笑。
本が出せてよかったね!栗田くん。

2巻で修羅場と化したモモとモモの母親の関係ですが、やたちゃんと栗田くんのサポートのおかげで回復できたのも良かった。

モモの母親がかつてモモにした行為は許されるものではありませんが、彼女もまた、子どもで、自分の感情の行き場がなかったんだな、と。
モモに会いに来た理由も自己中心的なところはあれど、それでも、不器用な彼女が精一杯考え、行動した結果だったのだと。

これからの彼女の幸せを願ってやみません。

そしてモモも。

人に傷つけられ続けてきたモモ。
ゆえに、自分の気持ちをあらわにすることを避けてきたモモ。
愛すること、愛されることを避けてきたモモ。
そんなモモが、やたちゃんと出会い、「好き」「今、幸せなんだ」という気持ちを出せるようになって、本当によかった。

やたちゃんのあふれんばかりの愛は、獣のようなセックスにも表現されているので、そこはモモちゃん、甘んじて受け入れてあげてほしいな☆

二人が、本当の意味で愛情をかわせるようになった3巻のエチシーンは、それはそれは甘く、そしてエロかった…。

須田ちゃんの番外編が読めたのも嬉しかった。
あの不器用な男も幸せをつかんでいるようで安心した。
須田ちゃんの奥さん、不憫だけど芯の強い人だなあ…。
ぜひとも彼女の尻に敷かれて幸せになってください。

文句なしの大団円ですが、まだまだ彼らの話を読みたいです。
いつかまた、彼らに再会できることを願って。

4

やたもも完成形

1〜3巻まとめての感想です。

個人的に「やたもも1巻」が最高に完成度の高い一冊だと思っていたので、続くと知り楽しみだけど少し不安も。
あの1巻のラスト、愛のあるsexからの流れが何度読んでも大好きなんです、ももの「八田ちゃん好きだ」「いつか言ういつか言う」とか号泣だし、
十分ハッピーに終わってるよ〜??

とはいえもちろん電子配信日に即読みましたけどね!

2巻は個人的に避けたい、子供が性の対象に…の描写があり中々キツかった。
1巻で須田がサラッと言っていたのが生々しく再現されてしまい、その環境の酷さに絶句。
母親との関係もどうしてそうなった?と思わずにいられない悲しいもので…。
でも沈みっぱなしではなくて八田ちゃんや隣人のくりちゃん(いい子だよ〜)とのホッと一息つけるターンも挟むので何とか読み進める事が出来ました。

それにしても八田ちゃんとももは相変わらず凄いハイペースです(笑)ももが壊れるんじゃないかと1巻の時点でハラハラしてましたけど、落ち着くどころか益々…
でもそのおかげでくりちゃんが壁ドンして仲良くなれたんですけどね。

3巻は一言で言うと本当に良かった!!!!
全部の問題がきれいに解決してみんな幸せです、文句無しの大団円。
母親との最後のシーンのももがいつもより男らしく描かれてるのもグッときたし、これで嫌な夢見なそうって思えたのが何より感動的、ホームレスのおっちゃんもグッジョブ。

過去母親に対して取った行動は全部自分を見て欲しい!という愛情の裏返しだったけど、今は八田ちゃんがいるから大丈夫というラストも良かった。漸く好きって言えたしね(泣)

2巻は辛かったけど、本当に読んで良かったと思えた3巻でした。やたももを描き切ってくださったはらださんに感謝です。


4

はらだ先生、神作をありがとう

一言で表すと、まさに「神作」でした。やたももでこんなに何度も泣かされる日がくるとは…!!私の中では1巻でも充分楽しめたんですが、2,3巻でモモの過去が描かれて、何故モモがここまでなってしまったのかが描かれていてありがたかったです。
須田さんはモモの母親をクズだと言ったけれど、ただのクズにしないところがはらださんは素晴らしい…!理由があって憎んでしまいたくなる息子をそれでも見捨てられなかった…モモの母親が正真正銘のクズでなくて良かったです。少しだけ救われた気がしました。
そしてなにより、2巻から出てきたくりちゃんがどこまでもいいキャラしてます…やたももネタの書籍まで作ったシーンでは「読者の化身か?!」と思ってしまうほど笑
相変わらずエロシーンは素敵でしたが、やはりモモがやたちゃんに告白した際のシーンが一番グッときました…!!
エロだけでなく内容も大満足の1冊でした!!

4

名作。

やたももは読むなら3巻きっちり読むべき。

BLにはエロさや萌えやキュンとくるシーンがあるかどうかを求めていて、泣ける!と皆が言っていたものには対して反応しないたちなんですが、
まさかやたももで泣かされるとは。

お母さんとももとのシーン、
お母さんが指輪を受け取った時の過去を振り返るシーンでぽろっときました。


というか、終わり方がいい!やっぱはらださん最高!って感じですね。

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ