鈍色の華

nibiiro no hana

鈍色の華
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神35
  • 萌×212
  • 萌5
  • 中立4
  • しゅみじゃない2

10

レビュー数
11
得点
242
評価数
58
平均
4.3 / 5
神率
60.3%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイノベルズ(小説・リブレ)
発売日
価格
¥890(税抜)  ¥961(税込)
ISBN
9784799733554

あらすじ

大手食品会社の物品管理課で働いている鶴谷は40代後半にも関わらず、
白髪が目立つ冴えないサラリーマン。
だがある日若手でやり手の社長・兎河から呼び出され、
会社提携のために海外の会社の重役の接待を命じられた。
そんな大役は務まらないと固辞する鶴谷だったが、
それがセックスでの接待であると告げられる。
「あなたは彼らの前で服を脱ぎ、
興奮させて好きなように体を弄らせていれば、それでいいんです」
会社への恩もあり、その接待を引き受けた鶴谷が向かった場所には
金髪と茶髪のアメリカ人が二人いて…!!
エロとじに掲載された中年受が続編書き下ろしを含めてノベルズ化!

表題作鈍色の華

ダン・カーター、ヒューイ・アダムス、兎河俊 
鶴谷文夫・「ラビットフード」物品管理部課長

同時収録作品漆黒の華

ダン・カーター・「エリック&ロナウド」日本支社社長
佐川良祐・「エリック&ロナウド」日本支社社員

その他の収録作品

  • 鈍色の果実
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数11

泥沼にはまっていく怖さ

しょっぱなからエロ全開で、しかも気持ちはないただ快楽のみのHシーンに、途中で読むのをやめてしまおうかと思ったのですが、なんだかんだいって最後まで読んでしまった、いや引き込まれてしまったと言いたいです。

短編、続編、サイドストーリーという構成ですが、受は男と性行為をする趣味の全くないノンケです。一度味わったが最後、世間体や将来性、常識を天秤にかけても最後は快楽に溺れてしまうストーリーは木原先生にしか書けないと思いました。

0

一冊に2物語

一冊丸々同じカップルの話かと思っていたのですが、2部構成のようで違った感じのカ二組の話が読めてなかなか楽しかったです。が…正直勿体ないです。最初の鶴谷文夫・「ラビットフード」物品管理部課長がなかなか素敵な個性の持ち主なのでこの人を主体とした一冊が読んでみたかったです。最初の方があまりにもインパクトが濃すぎてちょっと後半が薄く感じてしまいます。後半は後半だけで読めば素晴らしいお話だと思いますがやはり一冊になっているので比べちゃいます。佐川君好きなんですが鶴谷さんには勝てませんよ!

1

清々しい!愛は何処か?

なるほど、清々しいエロね。なるほど。
だいたいどこかで痛々しいところが来る先生の作品、今回も最初からじわじわとイタイ。愛が欲しいな。何処かで溢れる愛が欲しい。
今回の御ほんの愛は、カーター氏の執着だけだったかなあ。これは愛なのだろうか……?
でも、全体的に言えることは、誰もがそれなりの終着点を得ているってことで清々しい。
よかった。
攻め氏みんな好きなキャラだったから、オチどころあったのが救いですね〜
ヒューイ氏の今後にも期待!また年上オッサンを愛の上で組み敷いて欲しいです。

3

性愛怖い

読み終わった感想を一言で言っちゃうと「怖い」。
木原さんの本は相変わらず自分の価値観を揺らがす。
だからあまり読後感が良くない。正直、嫌な気持ちになる。
でも、だからこそ読んでしまうんだろうな、と思う。

「心と体と頭は連動している」と信じたがっている自分に気づいた。
たとえ行為から始まる関係であっても、その後に絆されたり、相手の好ましい部分を発見したりして、お互いに必要とし遭うことに気づき、恋愛物語の大団円を迎えるお話を私は読みたがっている。つまり「体以外も求められたい」のね。なんて乙女であることよ!そんでもって、なんて恥ずかしいの!

読み進めながら「え、それでいいの?」と思いつつ「多分それもあるのだろうな」と思わせる筆力。
読み終えて時間が経った今でも、筆舌に尽くしがたいほど恐ろしい化け物屋敷に迷い込んだ気分がしている。自分の萌えとは全く違うお話で、これだけ心を揺さぶられるというのも……

鈍色って『喪の色』なんですね。
何が葬られてしまっているんだろう。
Loveかな?

9

住んでるところが田舎すぎてどこの本屋にも無く、Amazonで購入しすぐ読破しました。
木原先生の作品は今回もまた最高でした。


「鈍色の華」、「鈍色の果実」では特に秀でた部分もない年齢より老けて見える鶴谷が段々と男の虜になっていく様子がすごくエロくて良かったです。複数の男達に翻弄されているようで、その実皆鶴谷に手玉に取られていて(本人にその自覚はないんでしょうが笑)、鶴谷の性質の反転が面白かったです。
最初はあーこれドSっぽく攻めてるダン×鶴谷のパターンだわ王道だわ大好きです!!!!ってなってたんですけど、「鈍色の華」のラストで兎河と一晩共にしたいという申し出を鶴谷がしていて、好みと違う結末に結構絶望してしまいました。これ木原作品の中では初の萌えない部類に入るかも…って思ってたんですがまぁーー杞憂でした笑
「鈍色の果実」で、鶴谷は大きく変化しています。慎ましやかな性質は一見そのままのようですが、ずっと男のことを考えていて、尚且つもっと色んな男としたいと言い出す始末です。その変化が急なようでなんだか説得力があるんですよね。ギャップを楽しめる作品で、とっても萌えました!

そして「漆黒の華」ではまたダンが出てきます。ホント男の趣味悪い!笑
今回の受け、佐川はなんかアホっぽくて可愛かったです。本社への引き抜きをかけて自分の体を売り込むとか後先考えなさすぎる。そしてそれでOK出しちゃうダンもダンだろ!と心の中でツッコまざるを得ませんでした。
最初はドライっぽい付き合い方なのに、好きになっちゃうと色々あげたり執着がすごいダンが可愛すぎでした。そしてなんだかんだダンの執着を許して付き合ってる佐川に見えない愛を感じました。

濡れ場はとってもエロくて超好みでした!!文章で様々な様子まで想像できるって木原先生すごい。

4

一度知った蜜の味にとらわれる男たち

しなびかかった蕾を咲かせてみたらとんでもない毒華だった…!
攻めのひとり・ヒューイの慧眼に恐れ入る。
ハイスペックな男たちが、冴えない男に翻弄されていくさまにスッとしたり、ゾクゾクしたり。


鶴谷は40代後半にも関わらず白髪の目立つくたびれた感じのする男。
そんな鶴谷がなぜか提携先の重役、ヒューイとダンに見初められる。
会社のため彼らに体を使った接待をしてくれ、と社長に命じられ…

高級料亭で外国人二人に散々恥ずかしいことをされる鶴谷。
とってもエロいんですが、それを淡々と見ながら時折、解説をする兎河社長がシュールでフフッと笑ってしまった。
すっかり開発され淫乱になった鶴谷をヒューイとダンはお気に召した様子。
その後も同様の接待をするようになります。

特にダンはずいぶんご執心のようで、『鈍色の果実』では鶴谷をパートナーにしたいと申し出る。
人懐っこいヒューイとは対照的に、クールで愛想がないように見えるダンですが、意外と一途なところがカワイイなあと思いました。
しかし鶴谷に申し出を拒否されてしまいます。
好意全然伝わってないじゃん!ダン不器用なんだな~
これはダンが鶴谷に想いを伝えて二人がくっつく展開かな?と思っていたら違いました…。
開発されたおかげか鶴谷は肉欲を満たす以外の交流を必要としなくなってしまいました。
精神的なつながりはむしろ鬱陶しい。
ダンをフった後、鶴谷は一度でいいから、と兎河社長を欲しがります。
鶴谷に魅力を感じないどころか、好ましく思っていない兎河でしたが…
性的な接待をさせたくせに鶴谷を「無能で気弱な小心者」と見下していた兎河社長が、鶴谷にずぶずぶと嵌まっていく過程がたまらなかった。
丁寧な口調の言葉責め、良かったです。
毒華に魅せられてしまった兎河ですが、ダンと同じように鶴谷に去られそうになり、なんとか引き留めようとします。すっかり鶴谷にぞっこんな兎河。見事に立場が逆転。
年下攻め・執着攻め好きにはニヤニヤする展開でした。
やっぱり個人的にはラブラブなBLが好きなので、最後の鶴谷の台詞にちょっと悲しくなりましたが、始まりが始まりだったしなあ…とも感じました。
ダンと兎河を狂わせた鶴谷ですが、彼自身も自らの才能・肉欲に狂わされているのかも。
まあ性欲に忠実な自分に後悔もためらいもなく、むしろ生き生きしているように見えるのでいいと思います。

『漆黒の華』では、勤め先の日本支社社長・ダンがゲイだと知るやいなや、出世のため体を売って取引しようと画策する佐川が主人公。
なかなかのクズですが、ちょっと頭が足りないというか、先のこと考えないで行動したり浅慮なところがなんとなく憎めませんでした。
男とのセックスでしか気持ちよくなれなくなったことを後悔しまくった挙句、そこそこ本気だった彼女の前で醜態を晒すシーンは笑いました。
ダンに軽口をはたいたり、タメ口で話す生意気なところが個人的にはちょっと好き。
日本まで追っかけてきたのに鶴谷にフラれてしまったダンが不憫だったので、パートナー見つかって良かったね!と思いました。

口絵の下部、どうなってるんだろうと思っていたら…ダンの一途を通り越した執着深さと独占欲に絶句する。そこまでやるんだ…束縛が激しい。
フラれたことが相当トラウマになっているのかもしれません。
佐川には一度裏切られていますしね。
ともあれ、現在は二人とも満たされているようなので良かったです。

劇中ではヒューイが一番賢いなあと思いました。
甘い蜜を楽しむことは楽しむけれど、一線引いて深くは踏み込まない。
ダンとの悪友っぷりとかイタズラ好きなところが魅力的。


エロメインの木原先生の作品は初めて読んだのですが、さすがです、面白かったです。
ZAKK先生の挿絵、素敵でした。
兎河×鶴谷のシーンの挿絵も見たかったなあと思いました。
兎河のあの涼しげな顔が乱れる様子をZAKK先生の絵で見たかった。

5

毒花は必ずしも美しくはない

どんな花にも毒がある
それはたとえば、枯れかけの花でも 日陰に咲く花でも



他の方もおっしゃっていましたが、作品全体に毒の雰囲気が漂っています。

鶴谷と佐川
ふたりの男が雌に落ちていく様が、まるで自らの毒で首がしまっていく花のよう

そして
兎河とダン
気づかぬうちに、花の毒がまわり中毒になっていく


個人的には佐川がダンの女になっていく様が好きです。
計算高く近づいたはずが、身体を快感で蹂躙され落ちていく、、、
決して雌として魅力的ではなかった佐川が、いつの間にか嗜虐心を誘うまでの色気を醸し出すまでになる。
野心家で酷い男だった佐川が、最後ではまるで貞淑な人妻のよう。

メガネに敬語、最低な男だが自分にだけは従順。
佐川に落ちたダンの気持ちがよくわかります。

4

ファムファタール

木原 さんにしてはあまあまと言っていいのかなと思いました
普段がどれほどクズ人間ばっかりなのかと・・・
遅咲きの魔性、欲望に淡々と忠実な鶴谷がもうすごいです
体温低そうで未亡人で、ほんと旦那の葬式の夜に仏壇の前で押し倒されざるを得ない、みたいな人外の色気です
ヤバい
ダンと佐川はまあ鶴谷に比べたら普通です
佐川は通常運行なゲスですし自業自得ですし
でも、まあ収まってよかったね

以外とダンがまともだw

5

エロい>痛い

表題作と続編、そして表題作に登場してた攻めの一人でもあるダンと彼の会社社員とのお話がありました。

『鈍色の華』『鈍色の果実』
白髪が目立つ冴えない鶴谷が、取引先のダンとヒューイによって淫乱な性を目覚めさせます。
そしてその鶴谷の魔性さは自社の社長をも…。
初っ端から羞恥プレイ・言葉攻め・男体盛り・尿道攻め、とやられる鶴谷が不憫でした。
こんな可哀想な目にあう鶴谷がまさか秘めた物を持ってたとは…外国人2人は見る目あるわ…。
そして魅力が分からない、と言ってた社長が鶴谷の虜になる様はゾクゾです!
一冊丸ごと、鶴谷で読みたかったな〜。

『漆黒の華』
ゲイのダンを利用して出世を企み、成功する佐川。
その後も金のためにダンと関係を持ちながらも、逆たま狙いで女との付き合いをキープするが…。
この佐川、まぁ〜クソ野郎です。
ダンによって後ろを開発された弊害で挿入だけでイケなくなり、女の前でとんでもない姿を晒す事になったのはザマァでした(笑)
結局、一旦別れたダンとまた付き合うようになるんですが、ダンの執着心が恐ろしいです…痛そう…(;´д`)

「ラブラブ」とか「あまい」とか私の好きなワードとは無縁な作品でしたが、さすが木原先生、といった面白さでした。

3

痛くはないが、甘くもない

久しぶりの木原先生。
清々しいくらいにエロばっかりで愛がない。
愛しているのに報われない。
愛はないけど肉欲で離れられない。
打算で始めたはずなのに逃れそこなう。
表題作と続編とで、中年のさえないおっさん(魔性の受け)と金髪と茶髪のアメリカ人、日本の若いやり手社長、そして外資系会社のサラリーマンの、5人の男が登場するが、果たして一番の幸せを手に入れたのは、この中の誰だったんだろう。
最終的には二組の、逃れられない、分かち難い番が出来上がったわけだが、この結末は、これぞ木原流のハッピーエンドっていえるな。


6

作中に漂う「毒」の雰囲気が素敵

木原さんは痛い作品も多いのでちょい悩みましたが、木原さんにZAKKさんの挿絵。ときたら買わずにはいられようか、という。表紙がとにかく素敵です。

という事でレビューを。ネタバレ含んでいます。ご注意を。






主人公は「ラビットフード」社に勤務する鶴谷。
冴えないビジュアルに年齢よりも多めの白髪という風体に加え、仕事もできる方ではない。周囲はもとより、本人自身ですらかなり低い評価を付けている40後半のおっさん。

そんな鶴谷は、ある日社長の兎河に呼ばれ社長室に赴きますが、そこで告げられたのは仕事の提携先であるエリック&ロナウド社のダンとヒューイの二人に対して性的な接待をするよう求められ…。

というお話。

会社のために何もできなかった自分が、社のためになるのなら、と性接待を施す鶴屋がめちゃんこ可哀想でした。

男は初めてなのに、二人同時に攻められ、女体盛りあり、尿道攻めあり、とかなりハードなプレイを求められる。
行為自体ハードなのですが、とにかくダンの鶴谷に向ける言葉が酷い。言葉攻めしてるつもりなのかな。でも、精神的に貶められ、身体を嬲られる鶴谷が可哀想過ぎて…。

鶴谷を取り巻く、ダン、ヒューイ、兎河の男たち。
この4人の終着点がどこなのか、さすが木原さんというべきか先が読めない。

このお話は2話に分かれていますが、2話目が兎河視点なので彼の気持ちの変遷が分かりやすいもの良かった。彼もまた、鶴谷さんの持つ「毒」に取り込まれていく過程があっぱれでした。

冴えないオッサンだった鶴谷の魅力。
鶴谷に取り込まれてしまった男たち。
鶴谷を取り合うイケメンさんたちの話かな?と思いきや、そこは木原作品なのでそうは問屋が卸さない。
初めはただのおっさんだった鶴谷さんが、徐々に魔性の華を開花させていく様は圧巻。
最後の鶴谷の言葉に、思わずぞくっとした。

キタキタ、これ!
この「ゾワリ」とする感じが木原さんの魅力なんだよな、というお話でした。

鶴谷が主人公のお話は前半半分まで。後半は鶴谷に振られたダンのお話。

「ラビットフード」に勤める佐川くんが主人公。
彼視点でストーリーは展開していきます。

佐川くんはなかなかの野心家。
女遊びもしつつ、結婚を見据えて条件のいい女の子を模索中。
そんな中、ダンと鶴谷さんの噂話を聞き付けた彼は、自分の身体と引き換えに「エリック&ロナウド社」に引き抜いてもらうためにダンに誘いをかけて…。

この佐川くんが、割とクソ野郎です。
その佐川くんが、ダンに取り込まれ、翻弄されていく。

ダンも、佐川くんも、ほんの遊びのつもりで始まった関係。
それが徐々に本気になっていく過程は木原作品にしてはさわやかなほうに分類…されないこともない、と思う。

ただ、仕事にはシビアなダンが、恋愛感情を優先させたシーンにはちょっとげんなりした。そこはやっぱり佐川くん自身が自分の能力と努力でつかみ取ってほしかったな、と。

鶴谷さんがツボ過ぎて、丸々一冊彼メインの話にしてほしかったな、というのが正直な感想。タイトルの「鈍色の華」がドンピシャすぎて木原さんのセンスの良さに脱帽した。

木原さんらしい、どんよりとした、というのか、毒のある、というのか。ちょっと病んだお話。
愛情を伴わないセックスが地雷の方にはお勧めしづらいですし、読み手を選ぶ作品かなと思うのですが、とても面白かった。

前半の鶴谷さんのお話は、2007年に発売されたアンソロ『エロとじ』に収録されていたものだそう。という事で、エロはてんこ盛りです。個人的に木原さんてあまりエロいイメージがなかったこともあってか、ちょっとびっくりするくらいエロてんこ盛りでした。

それとZAKKさんの挿絵がこれまた良かった。
登場人物たちの抱える「闇」が見事に表現されてました。

11

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ