ササクレ・クロニクル

sasakure chronicle

ササクレ・クロニクル
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神31
  • 萌×222
  • 萌21
  • 中立8
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
14
得点
314
評価数
85
平均
3.8 / 5
神率
36.5%
著者
鹿乃しうこ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス 麗人セレクション
発売日
価格
¥650(税抜)  
ISBN
9784801960046

あらすじ

好みは「メガネでビッチな年増」…。
究極のこじらせ系男子、ただいま絶賛迷走中!?

塾講師・矢嶋(やじま)に手ひどく振られた少年・三田(みた)は、初恋をこじらせ、
現在は矢嶋のストーカー&妄想Hにはまっている。
一見モテそうなイケメンにも関わらず、興味があるのは「メガネでビッチな年増」と
公言する三田を変人扱いする同級生の中で、人目を気にしない三田に興味を持つ藤野(ふじの)。
急速に仲良くなった2人は藤野からの誘いで体の関係を持つようになりーー…。
「ササクレ・メモリアル」待望のスピンオフ!イケメン鉄オタ・三田の学生編♪

【収録作品】
・ササクレ・クロニクル
・ササクレ・スパイラル(前編)
・ササクレ・スパイラル(後編)
・塾の講師がモサ専で淫乱だった話by三田悠介
・隣人
・大志・finaiiy…!!(描き下ろし)

表題作ササクレ・クロニクル

三田悠介・高校1年生
藤野奏・高校1年生

同時収録作品ササクレ・スパイラル

藤野日向・弟
藤野奏・兄

同時収録作品ササクレ・スパイラル

藤野大志・高校1年
藤野奏・高校2年生

同時収録作品塾の講師がモサ専で淫乱だった話by三田悠介(ササクレ・メモリアル番外編5P)

同時収録作品隣人

今野隆峯・大学生・コンビニアルバイト
中里圭・隣人

その他の収録作品

  • 大志♡finally…!!
  • フリートーク&あとがき

レビュー投稿数14

切ない恋のお話

作家買い。しうこさんの新刊という事で発売を楽しみに待っていました。ほぼ一冊表題作『ササクレ・クロニクル』ですが、終盤に短編が1話収録されています。

という事でレビューを。ネタバレ含んでいます。ご注意を。





表題作『ササクレ・クロニクル』
しうこさん作品の『ササクレ・メモリアル』のスピンオフ。
『~・メモリアル』のストーカー攻め・三田くんの高校生の時のお話。矢嶋さんに振られた三田くんの、その後のお話です。

矢嶋さんに振られた後も、執着心と屈折した恋心を捨てられない三田くん。矢嶋さん相手のちょっとダークな妄想を同級生に話し、ドン引きされる日々。そんな中、同級生の一人・藤野くんと急速に仲良くなります。可愛いビジュアルを持つ藤野くんですが、三田くんはそこには全く興味を示さない。けれど、ある日メガネをかけた藤野くんに矢嶋さんを重ねた三田くんは、藤野くんを相手に矢嶋さんへの想いをぶつけるようにセックスするようになり…。

というお話。

えっと。
三田くんがクソ野郎です。
好きでもないのに、矢嶋さんの代わりに藤野くんを抱くとか、最低すぎるなあ、と。藤野くんは三田くんのことが好きなので、彼の好意を利用した形で関係を重ねる三田くんがひどすぎる。

でも、このお話は、三田くんが主人公ではない。
三田くんに対して恋心を抱いている藤野くんの、恋のお話。

三田くんと藤野くんの関係は、とある出来事をきっかけにいきなり終息を迎えます。

その理由。
そして、そこから引き起こされる、藤野くんの悲劇。

ネタバレになっちゃうので詳しく書きませんが、藤野くんを中心に、彼に恋心を抱く男たちのドロッドロな恋愛模様が非常に痛々しい。痛々しいのだけれど、そこから彼らが導き出す結末が、DKらしい、青く、若い恋で、激萌えしました。

ゲイという性癖を抱え、葛藤の中日々過ごしている藤野くんが、「好きな人」という存在を得て成長していく過程が細やかに描かれています。

ただこの作品、近親相姦の描写もあります。
苦手な方はご注意を。

『隣人』
コンビニで働く今野くんが主人公。
彼が住むアパートは「曰く付き」と呼ばれる物件。
今野くんの隣人の圭くんは、その「曰く付き」にどっぷり取りつかれている模様。
そんな圭くんを放っておけない今野くんは…。

というお話。

しうこさんにしては珍しいんじゃないかと思うのですが、このお話はいわゆる霊モノ。
ちょびっと怖いシーンがそれなりに出てきます。

今野くんはお寺さんの息子というバックボーンがあり、それが圭くんを悩まし続けた霊的現象を解決する因子になりますが、ずっとシリアスで怖い雰囲気で進んでいくストーリーなのに、最後の「ソレ」に、めっちゃ爆笑しました。

しうこ作品なので、絵柄が超絶にキレイ。そして濡れ場はエロエロ。ところどころ入るギャグもナイス。
けれど、どちらの作品も彼らの根底に流れる恋心もきちんと描かれていて萌え心を刺激されました。

藤野くんに振られる形になった彼の弟くん。
彼も切なかった…。
ぜひとも弟くん救済のスピンオフを描いてほしいなと切望しています。

8

怒りが収まりません!!

私は前作の『ササクレ・メモリアル』よりもこちらの方が好きです。
近親相姦もあるので、苦手な方にはお勧めしません。

とにかく、高校生の三田に片想いする藤野が色々痛いし健気すぎる( ω-、)
三田に他に好きな人がいることに気づいていながらその身代わりのように関係を重ね、それでも三田の気持ちが自分に向かないことに失望して、三田との関係に気付いた実の弟に、脅されるようにしてまた抱かれるようになるんですね。「好きになってくれないから」ではなく、「弟にバレたから」という理由で三田との関係を解消した時の藤野の心中を思うと、本当に胸が痛みました。
藤野に大志君がいてくれて、私までもが救われました。元々、『メモリアル』でも三田のキャラがあんま好きじゃなかったから、大志君の一発だけではまだ怒りが収まりません!!

8

思春期の苦さと弱さと純愛

大きく分けて2つのお話が収録されています。
身代わりの恋、近親××、幽霊、と濃度が濃い(ФωФ)
(あ、もちろん甘さ&救済もあります♪)

表題作は「ササクレ・メモリアル」のスピンオフとスピンオフです。
「クロニクル」は矢嶋に失恋後の学生時代・三田のお話、
「スパイラル」はクロニクルのスピン・藤野の恋のお話でした。

前作は未読でも大丈夫だとは思いますが、
既読・未読で三田に対する感情が変わりそう…かな?



◆ササクレ・クロニクル/ササクレ・スパイラル

三田も含め4人の思春期男子の恋心や思惑が絡み合い、
若さゆえの短絡思考、自分の感情に手一杯で思いやりに欠ける部分など、
少年期の苦さを味わいつつ胸キュンも楽しめました。

"人に嫌われるのが怖い"という藤野くんは線が細く儚げに見えました。
従順でいじらしくて健気な子です。

ゲイかもしれない不安を抱えていた最中、超マイペースで他人を気にしない三田と出会い。
三田のマイペースさは強さに見え、男が好きという部分に安心感を覚え。
藤野がズブズブに三田にハマっていくのに対して三田は…ヽ(#`Д´)ノ

三田がどうしようもない奴なんですよ。
藤野が従順に受け入れるからって好き放題はやりすぎ…。
でも前作ですごく矢嶋が好きで好きで拗らせてたの見てるからうううーん(-ω-;)

(大志のグーパンだけではスッキリしない人はメモリアルを読んでくださいませ。
念願の恋が叶ってもずっと片思い状態から抜け出せない不毛な状況なのでw
藤野くんの痛みを味わえ!)

そんな身代わりの相手をしてた藤野くん。
三田の関係が終わり疎遠なった理由にビビった。
拗らせた子供の歪みが怖い(;ω;)
仄暗く背徳感のあるガチ兄弟ツラ…。
でもちょっとやり方を間違えちゃっただけなんですね。
不器用な表現と涙が切なくてキュンキュンしました!

学校で、家で、と嫌な視線が纏う状況だった藤野くんの救いがあったのは良かった!
不器用で色々うまくいかなかったけれど、今度こそ幸せになれますように+゚。*(*´∀`*)*。゚+

所々に鉛筆書きのようなコマがあるのは意味のある表現の1つとわかっているのですが、
ラストページは鉛筆書きよりペン入れした絵の方がシックリくると思うのは私だけかな…?
ちょい戸惑ったけど、でも初々しさがすごく可愛くて大好きなページです( ´͈ ᐜ `͈ )

◆隣人

ひぃぃぃ((((;゚Д゚)))))))
首吊り・生首の怖いページがちょこっとある!
これ系は耐性ゼロなので萌え消し飛んで凹んだよ…orz

でもお祓いセックスは良き設定でした(・//・)b
守護霊の鼻息に笑うw
牧さん(by Punch)を彷彿とさせてご先祖かと思ったw

7

いるいる

迷宮のリコリス様
お久しぶりです。コメントありがとうございます♪

ボカした表現でなく完全ホラーでしたよね!?
この時間には絶対見られないです(´×ω×`)
坊さんの鼻息でちょこっと回復できましたが、中々のインパクトでした…orz

迷宮のリコリス

いるいる様、お久しぶりです。
あの幽霊、すっごく怖かったですよね。
深夜に読んでいたので「ぎゃーっ!」ってなりました。
夏に向いていると言えばそうかも!?

ふじのん、幸せになって;;

ebookjapan
修正…白抜き
カバー下…あり
カバー折り返し部分、裏表紙…なし

Renta!
修正…ぐしゃぐしゃ線
カバー下、カバー折り返し部分、裏表紙…あり

1

初読でだめでも読み返してみて!

レビューを書いた記憶があるのに消されたのか、記憶違いをしているだけなのか。
この度やっと『ササクレ・メモリアル』を読んだので、腹を括ってこちらを読み返してみることにしました。
初読のときに相当こころをやられたのでかなり勇気がいりましたが、読んでみたら案外平気だったと言うより、一言で言うと、萌えました。

【ササクレ・クロニクル】 萌
高校でクラスメイトになった三田と藤野。
イケメンなのにだいぶ変わっている三田と親しくなるうちに藤野は…。
初読時は完全に「しゅみじゃない」でした。
自分に好意を寄せる人間を身代わりにして、流されるままに好きな人の妄想のネタにするべく関係を結ぶ三田の人でなしっぷりが受け付けなくて。
ただ今回、『ー・メモリアル』を読んでから読み返したせいか、三田が藤野を利用して傷つけて何とも思わないほど想い続けた相手がどうしようもない人だったときっちり確認したことで、スッキリできた気がします。
藤野を好きになれていたら、全然違う未来があったかもしれないのに、まあ、人の気持ちというのは簡単に割り切れないものですね。

【ササクレ・スパイラル】(前後編+描き下ろし) 萌2
三田とのことを弟に知られて、関係を強要されてきた奏(藤野)。
夜に家にいたくなくてカラオケ店でバイトを始めたところ、そこには三田の叔父が。さらに1つ下のバイト仲間・大志と親しくなっていって…。
忘れたいのに似た顔が近くにいたら…という切ない演出は軽めです。
大志との距離感が近くなっていくのと同時に、カミングアウトや弟への初めての拒絶をして、「好きな人に体を差し出しても好きになってもらえなかった、可哀想な自分」や「弟に脅されて、申し訳なさで拒めない弱い自分」の殻を破っていくのが素晴らしい!と思えました。
初読だと衝撃ばかりが大きくて、つい奏ばかりに目が行ってしまうけれど、再読で少し立ち位置を後ろに取ってみると、4人それぞれ未熟さが見えてきます。
三田は好きな人に失恋したけど忘れられず、引きずったまま、自分に好意を寄せる友人の体を使って、欲望や妄想を満たすけれど、それがずるいという考えが浮かばない子。
弟は兄の一面が衝撃的すぎて、頭から離れなかったせいで、その捌け口を兄に求めて執着してしまったけれど、そのすべてを兄のせいにするしか出来ない子。
奏は三田の思いを利用して、好きな人に抱かれてみたものの、好きになってもらえなかったどころか、弟にまで負い目を感じる結果にしか出来なかった弱い子。
大志は弟から話を聞いて、全部三田のせいだと思ってしまう短絡的なところがある。
4人、それぞれに未熟で、それこそササクレ立ってました。
たぶん三田は先生にしか興味がないから、何で殴られたのか分かってないだろうな。
だけど描き下ろしを見て、100%先生だった三田の2割も奏が占領できていたことで、胸がスッとした気がしました。
さらに大志との初めての話は萌え倒しました。

【塾の講師が淫乱でモサ専だった話 by 三田悠介】
それでも好きなんだから、仕方ないという話。
こんなダメな大人が初恋相手で、ずっと執着してしまった三田もかわいそうな子ですね。

【隣人】 萌
この話のことを忘れていて、うっかり夜に読んで、お風呂に入れなくなりました…。
夜に読むのはご注意ください。結構恐ろしめな幽霊が出てきます。

長くなってしまいましたが、初読で奏に寄り添いすぎて嫌悪感いっぱいになった方、ぜひ一歩引いて読んでみてください。
違った面が見えてくるはずです。

1

シリーズ2冊目

藤野が沢山出てくる上に、兄弟だったり兄弟じゃなかったりします。ちるちるの受け攻め表記をサラッとみたときダブル藤野だったので三兄弟ものかな〜と思ったら、半分正解で半分勘違いでした。
三田も父子出てくるし!

矢印が大変ごちゃついてます。普通の人間同士の関係だってごちゃついてますから、こういうのは大好き!鹿乃しうこ先生の作品て、あの人とあの人は昔関係があるみたいなのが平気であるところが好きだったりします。穴兄弟だらけ(下品)
主役にフォロー無しのダメな人据えますしね!あとがきの「業を背負いつつ執念で初恋を成就させた三田」って言われ方、大好きです。

時々鉛筆書きっぽい線になるのは演出なのかな?ネームを見せられている気持ちに若干なるけれど。

フジのんの方が恥ずかしいよ笑

0

予想以上に酷い男だった

ネタバレあります。




これガチ兄弟でのセックスシーンあります。苦手なのに知らずに読み進めていて途中で、ぎゃー!となりました。
(同時収録作品を表示、をクリックするとちゃんとササクレ・スパイラルにガチ兄弟項目がありますね…そこをクリックせず表題作しか見ていなかった…。)藤野の弟に三田と藤野のセックスを見られてしまい、そういう欲望の目で兄を見るようになり兄を犯るというシーンがあります。【ササクレ・スパイラル前編】の中での描写です。

「ササクレ・メモリアル」の三田がどーしてあんなに拗らせた変態になってしまったのか、というのを知りたくて読んだのだけど、三田よりも、藤野くんというゲイの同級生の子のほうに重きを置かれて描かれていました。そして藤野くんが本当に可哀想でした。
好きという気持ちを三田に利用され性の捌け口とされてしまった為に自己評価が低くなり、周りからの歪んだ欲望を撥ね付ける事が出来なくなってしまいます。その過程は見ているのが辛かったけど、ちゃんと救ってくれる大志という存在を得たので良かったです。

結局この本を読んで三田に対する理解が深まるというよりも、奴はつくづく自分勝手であの性格は生まれつきなんだろうな、という事と、理解する必要もないというか「ササクレ・メモリアル」に描かれていた三田に対する見方もちょっと変わってしまうほどの酷さでした。

【大志・finaiiy…!!(描き下ろし)】は甘々でお口直しが出来ました。

【隣人】は霊描写があって苦手なため、ぶわーっと早読みしてしまいました。(首吊り、生首がちらりと見えた。)ほんと、ごめんなさい。ホラーといってもいいと思います。深夜に読んだ事を後悔しました。

ぶわーっと読んだだけですが、最後のオチは笑えます。

7

三田なのか藤野なのか

『ササクレ・メモリアル』の前日譚かと思って読んでたら、あれ?三田の話じゃない…?と混乱してしまいました。
藤野の話ならそれはそれで良いのですが、作品の売り出し方というか煽りが三田の話、と勘違いさせます。
まぁ、確かに三田ありきの内容ではあるんですが、想像と異なりモヤっとしてしまいました。

それはさておき、三田と別れた(というか離れた?)藤野の不憫な事…!
弟にやられ変態教師に目をつけられ、それらを受けとめてしまう藤野にイラつきながらも同情してしまいます。
そんな藤野とCPになるのが、真っ直ぐな大志。
真摯に想ってくれ大事にしてくれそうな子とくっついて良かったよ…(;ω;)

『ササクレ〜』シリーズと無関係なお話も入ってたけど、まさかホラーがくるとは!!
Hも笑いもあるんですが、生首インパクトが強すぎです((((;°Д°;)))))

『ササクレ・メモリアル』は好きで期待値も大きかったんですが、「あれ?主人公は??」と違和感があったため『萌』評価で。

4

三田くん、見えてなさすぎ…

皆さんの評価が分かれていますね。
私は前作の三田くんが変態だけど一途で好きだっただけに、その一途さで周りが見えてなさすぎなことで今回の主人公藤野くんをこんなに苦しめてたなんて!と複雑な気持ちでした。うちの三田がすいません⤵⤵って感じ。

恋愛って片方から見ると純粋で一途でも、その子を想っているもう一方から見ると、とても残酷で、またその片想いをしている子のことも誰かが密かに想っていて…。藤野くんが大志くんに大事にされて本当に救われました。

弟とのことは余りに可哀想過ぎて、乙女(←自分で言う)な私としては無くてもよいストーリーだったかな。

鹿野さんの作品は男性の体のラインがとても好みです。変に女っぽいくびれとかないし、痩せぎすじゃなくて男らしいですよね。それでいて、泣くのをこらえている下唇とか顎にできるシワとか、とても可愛くて、弟含めみんな最終的には幸せになってほしいキャラばかりです。

3

三田が我が道を行く!

ササクレ・メモリアルの三田のお話というか藤野がメイン?なくらいの存在感です。

矢嶋に振られストーカー中の三田。我が道を行ってますね。そんな三田に気がある藤野。
この藤野が報われなくて悲しくなります。

自分から行ったものの三田の中の矢嶋には叶わず二人の関係は終わってしまいますが、今度は二人のエッチを見てた藤野弟に脅され体の関係を強要されます。体育の先生にも抵抗しないし、もう藤野がどんどん自己評価というか自分の価値を低く感じてるのが不憫で。三田よ、恨むぞ。

そこに藤野のバイト仲間の大志くんが藤野の話を聞いてくれたり彼の為に三田を殴ったり、藤野のことを好きになってくれて。
こんなに大切にされて藤野も大志くんを好きになって。両思いでするの初めてって!良かったね!!

しかし三田に狂わされ過ぎでしょう。藤野の投げやりさ優しさが大志くんを惹き付けたのでしょうか。

隣人
なかなか恐ろしく面白いお話でした。守護霊の生臭坊主がもれなく徐霊を見守るのも安心?

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う