冷徹王は翼なき獣人を娶る

reitetsuou wa tusbasanaki jujin wo metoru

冷徹王は翼なき獣人を娶る
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神4
  • 萌×24
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

142

レビュー数
3
得点
43
評価数
12
平均
3.8 / 5
神率
33.3%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
三交社
シリーズ
ラルーナ文庫(小説・三交社)
発売日
価格
¥700(税抜)  
ISBN
9784879199942

あらすじ

「野蛮なケダモノ」という誤解を解き人間たちと手を結びたい――そう考えて一人山を下りてきたユノ・ファは、
レトヴィエ王国の山岳地帯に棲む獣人、ルーテゥ族の首長の息子。だが首長の血筋にあるべき翼がなかった。
怪我を負って国王ヴァルティスによって保護されたユノ・ファは、勇壮で美しい王に心奪われるが、
王にとってユノ・ファはただの交渉の道具でしかなく…。
そんなユノ・ファに年に一度の発情期が訪れる…。

表題作冷徹王は翼なき獣人を娶る

ヴァルティス・レトヴィエ、ユノ・ファを保護した国王、36
ユノ・ファ、ルーテゥ族(獣人)の首長の息子、20

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数3

久々にほろりときたー( ;o;)

帯のセリフを読めたのが最後の最後で、本当にそれまで甘々な展開が無いに等しいので
甘々好きには物足りないかもしれませんが、健気受け好きさんには是非ともオススメです。

受けさんのユノ・ファ。
獣人なんですが、獣人の村では首長の血を引きながらも翼が生えない、なり損ないの獣人で。
周りから同情の込められた目で見られ、無駄に優しくされる事に罪悪感を感じ、ある日家出を決意。
村のために人間と仲良くなる事が自分に出来る唯一の事だと奮闘します。
そんなユノ・ファを利用しようと取り込む攻めさんのヴァルティス。
隣国との国境に獣人の村がある事から、戦争の際に獣人の力を借りるのを目的に
ユノ・ファの発情期を利用して婚姻まで結びつけようとたくらむ結構腹黒い陛下。

ユノ・ファは本当にいい子で。
涙そそる話によくある自分を犠牲にしてまで~な健気いい子ではないんです。
今自分に出来る精一杯をしよう、と努力・努力・努力な健気いい子さんで。
嫌味ったらしく感じる事もなく、そりゃあ獣人を畏怖してた人間達も絆されちゃうよね~!って
思っちゃうくらい、好感持てる受けさんで。
だからこそ、腹黒いヴァルティスに何度ムカついたか…笑。
でも、小中先生マジックに一発でやられました。
読み終える頃には、ヴァルティス大好きな自分がいて。
やっと、やっと気持ちが通じ合った2人にどれだけ嬉しかったか…。
最後のあの溺愛ヴァルティスは反則です。
だからこそ、物足りなさが続編を期待しちゃいます。
もっともっとこれからの2人の甘々が読みたかったです(><)!!!
なんなら、王弟くんのスピンオフも期待しちゃってたりします。

2

国の攻防戦

他のレビューアさんが 怒 という雰囲気だったので、
どんな攻めなんだろう とこわごわ読んでみましたが、案外好みでした。
他の方が怒ってくださったので、心の準備が出来ていたからかも。
まるっと本編259P書下ろし、あまあま後日談等のショートなし。
どうなるどうなるという、はらはら話に思います。一気に読んでしまいました。
明日もう一回読もう。

山岳地帯に面していて、冬が長く、土地がやせているレトヴィエ国が舞台。
あまり豊かな国ではない印象。
山脈の東隣に異民族の大国あり、そこが西へ西へ勢力拡大しつつある状況。
受けさんはその山脈に暮らす獣人の部族出身。変身できます!
攻めさんはレトヴィエの王。19歳で即位して16年経過。
移動手段に馬、馬車、武器は剣、弓矢という設定でした。

その他の主たる登場人物は、攻めさんの弟、受けさんの従兄弟。
そんなに登場人物は多くないと思います。

タイトル通り攻めさんは冷徹な方なんですが、
国のため、民のため、私人としての感情は捨てる!という方で
個人的には「王たるもの、そうでなきゃ」と感じて萌~。

色っぽいお話もありますが、国を思う王の気持ちや
負け戦を覚悟した兵たちの気持ちなどの方にシンクロしてしまって
切なかったです。
そこに、純粋な受けさんが絡んできて、受けさんが事実を知ったシーンは
さすがに可哀想で、勘弁して・・・でした。
その後も一緒にいたいと切々と訴えるもんだから、健気の一言。
これから攻めさんにはしっかり溺愛してもらわなきゃ。
評価は神よりの萌2でお願いします。

挿絵等ですが、表紙より、攻めさんが若い印象に見えました。中は。
受けさんは、攻めさんよりちょっとだけ小さいぐらいで筋肉系です。
ちっちゃい子や細っこい子が、でっかく変身して強くなって攻めを守る! 
なんていう方が嬉しいので、そこだけ「ちょっと惜しい」という気持ちに
なりました。

2

タイトルどおりのお話

架空の王国の国王と、人間と敵対している獣人一族の首長の息子のお話です。

受けがケモ耳尻尾のもふもふ獣人。獣人は人間とは敵対していますが、受けは人間とも仲良くできたらいいなと思っている心優しい穏健派。首長の息子なのにあるべきはずの翼がなく、次期首長に選ばれなかったのを機に村を出て、できれば人間と共存できる糸口を探りたいと思っています。
そんな受けは人間に見つかって重傷を負い、必死に逃げる途中、馬車から少年が落ちるのを発見し、とっさに助けます。
助けた少年がその国の王子で、王子の助言もあり、王子の異父兄である国王の庇護を受けることになります。

35歳にして国王である攻めは、年の離れた異父弟の王子を可愛がっています。危険な獣人なんかに可愛い弟を近づけたくはないのですが、弟が頼むので仕方なく受けを保護。怪我を治療をし、王城に住まわせます。

受けは獣人なので、体のゴツい攻めと似たり寄ったりの体格。個人的には体格差が好きなので、できれば受けは細っこくちっさいタイプが良かったなと思いました。まあそれは好みの問題なので、同程度の体格差に萌える方にはよろしいかと。
でも体格差以前に、受けがあからさまに攻めに邪険にされているのがイライラしました。かなりあとのほうまで厄介者扱い。しかもその後、王国が受けの一族の助けを借りたい状況に陥った時には都合よく受けを利用。小ずるいというか、無愛想でエラそうな攻めのことがどうも好きになれませんでした。受けも、一目惚れのいきおいで攻めが好きで、なんでこんな男が好きなんだろう、と疑問に。
一目惚れといえば、初対面で受けは攻めに対して運命的な熱い想いを感じています。それでてっきり魂の何やら的な設定があるのかと思ったのですが肩すかし。何でこんな男が最初からずっと好きなのか…。
攻めがムカつくので、攻めザマァ展開を期待しながら読んでいたのに、ザマァもちょっぴりだけでストレスが溜まりました。
まあ、まったくないよりはマシですが。

王弟のレヴィが主役のスピンオフなどがもし出れば読んでみたいです。体格差だし、カプ的にも好みな気がします。

4

はるぽん

あーちゃんさま。
コメントありがとうございます。
人外続きですね〜。(笑)
もう1つの人外がデロ甘ラブラブだったせいで、甘くない攻めに余計に腹が立った気もします。怒り狂うほどではないのですが、少々痛い目は見てほしかった。

あーちゃん2016

はるぽん様
こんばんは。人外?けも?続きですね(笑)私も明日これgetしてきて
読もうと思ってるのですが、なんだかはるぽん様の怒りが
文面からにじみ出てるように感じます。
私も怒り狂うんだろうか・・・心して読みます!
レビュー有難うございます!

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ