アンタなんて大嫌い

anata nante daikirai

アンタなんて大嫌い
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神3
  • 萌×29
  • 萌6
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
6
得点
70
評価数
19
平均
3.7 / 5
神率
15.8%
著者
 
媒体
BL漫画(コミック)
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
バーズコミックス・リンクスコレクション
発売日
価格
¥630(税抜)  
ISBN
9784344841437

あらすじ

理想の男性に甘やかされ、嬉しいはずが――

そつなく仕事をこなす真面目な会社員・静は、夜の街ではキザな台詞もスラスラ口にでき恋する自分に陶酔できるという裏の顔を持っていた。ある夜、顔も身体も好みで、最高に甘やかしてくれる理想の男性・寿々邦と出会った静。忘れがたい最高の夜を共にしながらそれも一夜限りと思っていたのだが、突然彼が自分が勤める会社に社長代行として現れ……!?

表題作アンタなんて大嫌い

柊 寿々邦(27歳)静と一夜を過ごした社長代行
大貫 静、昼と夜で違う顔を持つサラリーマン

その他の収録作品

  • 大嫌いだから許さない(描き下ろし)
  • カバー下:あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数6

ジャケの雰囲気に気をつけて!ww

『アンタなんて大嫌い』というタイトル、
大嫌いであろう相手に馬乗りになられてる構図、
大嫌いなのにカラダは自分を裏切ってしまう……みたいな
シリアスな内容かと思ってしまいませんか??
組み敷かれながらの流し目が非常に色っぽいんですが
内容は!ギャグ多めです!!
更にはほとんどもうバカップルです!!!
なので切ない展開をお求めの方はお気をつけ下さいねww

夜の時間だけは甘い囁きさえ淀みなく言えるリーマンの静、
器用なタイプで自分に正直になれるひとときがあるなら
あまりストレスを感じずに済みそうですが
理想とも言える顔の寿々邦に出逢ったことでその日々が一転。
彼が社長代行として職場に表れ不本意な再会を果たしてしまい、
それからというもの寿々邦に振り回されっぱなしで…。

寿々邦の奔放さが憎めなくて、
電波系の人の話を聞かないヤツは苦手なんですが
つい応援したくなってしまう不思議な男でしたww
静に恋をして周りを巻き込むのも厭わず前だけを向く姿、
一途で懸命で「ウザい!」を通り越してしまうんです。
なんといっても優しいし(ココ大事)

静にしてみれば迷惑だっただろうけど
押されて押されてちょっと会えなくなったら寂しくなって
絆されの典型とも言えますが好みの顔には弱いよねぇww

意図せず静を焦らしてしまった寿々邦の無自覚さが笑えます。
駆け引き下手くそ!でも可愛い!
雰囲気読めないド天然だけど、
静を甘やかしたくてしょうがないんですね。
それに対して無駄な足掻きの静ですが
寿々邦を調子にのせると大変なのを知っているから
素直な気持ちはたまにしか見せちゃ駄目ww

1

受けのチョロさがかわいい。

一冊まるまる同じカプです。

ゲイバーでイケメンに一目惚れし、意気投合。
甘い言葉を囁いてくれる彼にウットリ&めくるめく一夜を過ごしてご満悦の静。

翌朝、出勤すると社長代行として昨日の男がやってきて…!!というベタな展開です。

静は会社では真面目なリーマンとしてゲイであることもひた隠しにしてるので、くれぐれも会社ではバラさないでくれ!と牽制してるにも関わらず
「あの夜はあんなに可愛くて激しかったのに…!!」とか、皆の前でバラしちゃうとか、もうあんたバカなの?!バカだよね!?としか言いようがない。

デリカシーなくて空気読めずぐいぐいと迫る攻めと、ぎゃーぎゃー言いつつも攻めの顔はめちゃタイプなのでついついほだされちまう…というチョロい受けという攻防戦ラブコメです。

「アンタなんて大嫌い!!」ではなく、嫌い、嫌いと言いつつも、顔を見れば好みのタイプなのでキュンとしちゃうわ、気づいたらそんな攻めのペースに巻き込まれているわ、という感じかな。そのチョロさがかわいい。

さらりと楽しく読むのにぴったりだと思います。

2

とにかく楽しい!

読み終わったあとに「アンタなんて大嫌い」とは?と思いましたが(笑)

一目惚れして一夜を共にした相手が後日会社に現れて──という、設定としてはややベタな展開ですが、他の方も仰られているようにキャラがいいので飽きません。寿々邦は次に何を言い出すんだろうと期待してしまいますし、それに対する静の反応も可愛いというか楽しいです。段々絆されてネジがゆるくなる静が面白いです。

シリアスばかり読んでいた後に読むと、平和っていいな~楽しいな~と思います。落ち込んだ気分が上向きになる作品。

久しぶりにまた読みたくなるラブコメに出会えました。

2

キャラがいい、可愛い、好き

よくあるオフィスラブですが、キャラがいいですね。面白い。プライベートな顔だとクサイセリフ言っちゃう静(受け)とか。「ただしイケメンに限るの体現者」(静談)な寿々邦とか。2人の掛け合いも面白いです。仕事場とかで寿々邦と話す場面とかでは、冷静な性格に見える静も、実はめちゃくちゃロマンティック乙女思考で(笑)2人のいちゃいちゃが心地よいスピードで進んでいくのでニヤニヤしながら安心して読めます。しかし、『アンタなんて大嫌い』という題名に、受けが攻めにめっちゃツンケンする→最後の方でやっとデレるみたいなのを期待してたので、それとはちょっと違ったかな、と。静さんめっちゃツンケンというより満更でもないけどまあここはちょっと仕事場だし、みたいな感じで。そこが可愛いんですけどね。何も期待しないで買っていたら評価もっと上がってたな〜という何とも自分本位な評価です。すいません(笑)

1

突っ走る勘違いに爆笑

笑いのツボが合う作品に出会えると嬉しくなりますね。
笑いを求めてBLを読んでいるわけではないのですが、3ページくらいでクスッと笑えるとテンションが上がります。
この作品もそうでした。

バーで出会った寿々邦と熱い夜を過ごしてご満悦の静。
「また会えるかな」なんて思っていたら、再会は意外なパターンでやってきて…。

静の勤める会社の社長代行として現れた社長の息子があの夜のイケメンだったという始まりです。
このイケメン・寿々邦がもう突っ走ってます。
とぼける静に詰め寄って、やんわり逃げる静に付きまとって、さらには大暴露まで。

「失礼ですがバカなの??」

静じゃないけどこう言いたくなるキャラクターです。全然ひとの言うことを聞かない、理解しようとしない、自分の思いだけで突っ走る。これでイケメン。昔あった「ただしイケメンに限る」というのでも、こればっかりは「ただしイケメンもお断り」にしたくなるようなすごい圧です。
しかもこれだけ無邪気に周りが見えないって何歳設定?と思っていたら、後編に出てきます。
結構衝撃的にふつうの年齢ですが、その分野の方なら周り見えない設定でもいいのかなという経歴も一緒に明かされるので妙に納得できました。

ひたすら一本調子で突き進む寿々邦と対照的に、寿々邦への感情で揺れ動く静の方はシリアスな部分もあって、1冊で2度美味しい。
そんな空気も寿々邦がスパーン!と跳ね飛ばしてしまうのですが、それもまた一興。
悩みも即解決してくれる、むしろ悩んでいたことすら無駄だったように思えてくる、そうしているうちに寿々邦のペースになっている静もかわいかったです。

最終的にはふたりとも「失礼ですがバカなの?」状態で、2人で仲良くナーという感じのカップルでした。笑ったなあ。
浮気ものやビッチもの、ドロドロとした重い恋愛ものを読んで疲れたこころに最適な作品です。
あほあほ加減にとっても癒されます。

個人的には3話目の指輪が寿々邦デザインそのままなのかが気になってます。

2

お花畑の住人です!

アダルトテイストで艶っぽい表紙ですが、中身はギャグ寄りのラブコメディです。
お花畑に住む攻めの、斜め上にズレた言動が大変笑わせてくれる上に、そんな攻めにツッコミを入れまくりつつ実はチョロい受けにも笑わせてもらいました。なんだこのバカップル!!
ラブの部分でもしっかりキュンとさせてくれるので、なんだかとてもお得感のある作品でした。


内容です。
昼は仕事の出来る会社員、夜はロマンティックな出会いを求めて一夜の恋愛を繰り返す男・静。ある夜、最高に自分好みの男性・寿々邦と出会い、素敵な夜を過ごします。一晩限りと思っていたのに、なんと自分の会社の社長代行として彼があらわれ-・・・。

作品自体は静視点で進みます。一夜の関係だけだった相手が実は社長の息子で、口説かれまくって困惑すると言うもの。
と、バッサリ言っちゃうとよくあるお話。しかしですね~、とにかくキャラクターが魅力的です。

ロマンチストで情熱的、静に惚れ込んで果敢にアタックする社長代行の寿々邦。頭がお花畑状態と申しますか斜め上にズレてまして、静に「あの夜の事は会社に持ち込まないで下さい」と言われれば、「昼と夜の顔は別なんて・・・。なんてミステリアスで素敵なんだ!」とますます惚れ込む。よく言えば前向き、悪く言えば空気が読めない鈍い男なのです。まぁ、育ちの良さが前面に出ているお坊ちゃまなんですね。

そして、そんな寿々邦に「何、この人・・・」だの「思春期か!」だの、ツッコミを入れまくる静。二人の会話が面白すぎて腹筋崩壊です。
この静もですね、クールに見せ掛けて実は流されやすくチョロい。お人好しと言うか、寿々邦に塩対応しては後から気にしたりと悪人になりきれない所が可愛いのです。寿々邦と寝ちゃったのが運の尽き(笑)

要は、受けが好きで好きで仕方ない攻めと、そんな攻めのお目出たい思考回路に呆れながらも、満更でもない受け。この二人の攻防戦になるんですね。とにかく笑えるうえに、やたら可愛いのです。受けのツンデレぶりも可愛ければ、攻めのワンコぶりも可愛い。

寿々邦のお見合い話が静の耳に入りと、ちょっとしたすれ違いもありながら、ホント最初から最後まで笑えて可愛い作品です。
ほのぼの可愛い作風がお上手で魅力の漫画家さんだと思いますが、その良さが存分に出てる作品だと思います。とても楽しく読めました!

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ