従順にワンと言って

jujun ni wan to itte

従順にワンと言って
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神2
  • 萌×28
  • 萌13
  • 中立8
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
5
得点
89
評価数
32
平均
3.1 / 5
神率
6.3%
著者
中川カネ子 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
コアマガジン
レーベル
drapコミックスDX
発売日
価格
¥666(税抜)  
ISBN
9784866531847

あらすじ

交番勤務をしている警察官の小頭。ある日、交番に一人でいると怪しい男が入ってくる。しかも突然押し倒され、エッチなイタズラをされちゃって!?

表題作従順にワンと言って

工京平、警視総監を父に持つキャリア組の警視
小頭典児、交番勤務の巡査

同時収録作品監視する二人

瀧由貴也、工作員、26歳
國ミツル、被験者、30歳

同時収録作品擦り切れて、欲求

平良、新人リーマン
黒陵、リーマン

その他の収録作品

  • 従順にワンと言って4.5話
  • カバー下マンガ 監視する2人~After~
  • カバー下マンガ 擦り切れて、欲求~Before~

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数5

おまわりさん、コイツですっ!

と、思ったら上位のおまわりさんだった件について…的なお話が表題作でした。


表題作の【従順にワンと言って】は、大型ワンコタイプの見た目の典児君が、キャリアの工警視に交番で万年筆突っ込まれたり、警棒突っ込まれたり、部屋に侵入されてバイブ突っ込まれたり、とうとうチンコ突っ込まれて、なんだかんだセフレ状態が続いて流されてるな~と思ったら…な作品でした。
お道具エロコメとして読んだら楽しめると思います!

同時収録の【監視する二人】は、簡単に言ってしまえば、セックスしないと出られない部屋です。

もう1つの【擦り切れて、欲求】は、付き合って3か月も経つのにヤレなくて欲求不満な所に、平良君の部屋でTENGAを発見してしまい、オシオキ焦らしプレーを!
攻めの平良君がとても可愛かった…本当に可愛かった…

1

お巡りさんがあれやこれや致されてしまうお話。

作家買い。表題作含む3つのお話が収録されています。




表題作『従順にワンと言って』
主人公は交番勤務の新人巡査である小頭くん。ちょっとチャラそうなイケメンくん。
ある日、深夜勤務で交番にいるときに一人の若い男が小頭くんを訪ねてきます。その男に何やら不穏な空気を感じた小頭くんは警戒するものの、その男にあっさり後ろ手を取られ、手錠をかけられ、挙句の果てに下半身にいたずらされてしまい…。

というお話。

小頭くんにいたずらしたその男・工(「たくみ」と読む)の正体はなんとキャリア組の警視。しかも父親は警視総監。しがない巡査である小頭くんは、警視ということもあって工に逆らうことができず、彼のエロい指示に従うほかなく…。

という、中川さんらしいコミカルでエロ満載なストーリー。

警視が小頭くんに執着した理由はあるものの、この二人の恋心、という面よりもエロに重きを置いた作品でした。手錠をかけたままのプレイあり、警棒を突っ込まれちゃうプレイあり、お巡りさんの制服を着たままのプレイありと、「お巡りさん」というバックボーンがエロに特化されて描かれていました。

警視が小頭くんに執着している描写は多く描かれていますが、肝心の小頭くんが警視に惹かれていった過程がやや甘かったのが残念でした。

『監視する二人』
男同士でセックスしている部屋を監視しデータをとるのが仕事。
の、瀧さんと國くんが主人公。

男二人が、14日間、部屋に監禁される。
けれど、合意の上でセックスしたらその時点で部屋の鍵は開錠され外に出ることができる。
外に出たいがために、恋人でもない男二人がセックスするまでの時間を図り、それをデータとして収集する。

というのが、この二人に課せられた仕事という、ちょっと特殊な設定。

ゲイではないけれど、男同士のセックスを見ていたら催してしまった國くんは瀧さんを誘ってしまい…。

読み始めたときにこの特殊な設定が理解できず、頭の中に?マークが飛び交いましたが、オチが秀逸で爆笑してしまいました。

『擦り切れて、欲求』
リーマンの黒陵には、他部署の新人くんである平良という恋人がいる。が、待てど暮らせど平良くんは黒陵に手を出してこない。

DTだから、なんだろうな

と欲求不満になりつつも、それでも平良くんが手を出してくるまで待っていようと思っていた黒陵さん。
ところが平良くんの部屋でオナグッズを発見してしまった黒陵さんは、なぜ自分に手を出さない?とキレてしまい…。

ゲイで経験豊富な黒陵さんは、まっさらさんであろう平良くんを手のひらで転がしてやろうと思っていたのに、実は平良くんは絶倫で。

という、コミカルなお話。

カバー下におまけ漫画が描かれています。
表紙の下は『監視する二人~After~』が、裏表紙の下には『擦り切れて、欲求~Before~』が、それぞれ掲載されているのですが、この小話がすごく良い。

タイトル通り、『監視する二人』は、その後の二人のお話が、そして『擦り切れて、欲求』のほうは、彼らがお互い意識するようになったきっかけが描かれています。

本誌はエロに特化した内容でゆえに彼らの感情の機微が分かりづらい面もあったのですが、そういった部分を補足する小話でした。中川さん作品はこういった手法が多い気もしますが、こういうエピソードを本編に盛り込んでくれると、もっといいのにな、と思います。

3作品とも身体の関係から入るCPのお話で、ひたすらエロく、甘いお話でした。

1

萌えよりエロ全面

作家さん買いです。
中川カネ子さん、テンポ良くちょいぶっとびぎみのストーリー展開をしつつもエロとキュンを両立させて萌えを提供して下さるというイメージを持ってましたが、この一冊はぶっとびエロ展開が全面に打ち出されてて、ちょっと男性向けエロっぽいとりあえずエロ!みたいなものを感じるというか、キュンとするところがほぼなかったです…。
表題作よりも短編のほうが好きでした。

【従順にワンと言って】
交番勤務の新米お巡りさんが、深夜2時、不審な男にいきなり手錠をかけられ万年筆でアナル攻めをされてしまい…というスタート。
背後で手錠かけられて両手の自由がきかないとは言え無抵抗でやられちゃうおまわりさん、しかも交番が舞台、しかもその不審な男は、実はエリート警視で(父親は警視総監というサラブレッド)というあたりが、なんか嫌…。
こんなぶっ飛びエロコメに正論突きつけるのは野暮だというのは重々承知してるけど、お巡りさん、勤務時間中なんだから仕事してよ…もっと抵抗しなよ…おまけにこんなやばい警視がいるなんて怖い…警察終わってる…みたいな気分になっちゃうんです。

【監視する二人】
とある実験モニターを監視する二人。
その実験とは14日後には自動的に解錠されるけど早く出たい場合にはお互い合意の上で性行為すると早く部屋を出られるという条件を出された場合、人はどうするのかというのもの。
モニター達を監視していた二人は、とある部屋の行為を監視するうちに、すっかりのせられてしまい…。

萌えはなかったけど、星新一のショートショートみたいなオチで面白かった。

【擦り切れて、欲求】
付き合い始めて3ヶ月経っても一向に手を出してこない…この奥手っぷりは童貞なのかもしれない…と、思っていた矢先、大量のオナホを後輩の部屋で見つけてしまいます。
俺に触れないくせに…俺はオナホにも劣るのか…とイラっとした先輩は、後輩の目の前で見せつけるかのようにオナホを使って焦らしプレイを開始したところ…。

多分、先輩ってタチっぽいですよね。オナホ使ってる時に「お前に入れてるって妄想してる」って言ってたし。
ゲイとして手練れている先輩はあれやこれやを後輩に教えようと思ってたのに…という形成逆転が面白いお話でした。

電子書籍には計4Pの描き下ろしが収録されています。
表題作の「4.6話」1Pと「監視する二人ープロローグ」2P、そして「擦り切れて、欲求」カプが後背位でやってるイラスト1Pです。

1

エロ度たっか!ラブ度ひっく!

ページ半分くらいが表題作、それに短編が2つ収録されています。
3作品とも共通して言えるのが、エロ度は高いけど、ラブ度が低い。
コミカルエロをなんも考えずに楽しむにはちょうどいいかもしれない。
ただ私もコミカルストーリー大好物だけど、もうちょい気持ちがともなってる方がいいなぁ…


●「従順にワンと言って」
交番勤務のお巡りさん・典児が主人公。
典児一人が交番で留守番してる時に、三つ揃えスーツの品の良い男がやってきて、鍵閉めるし、襲いかかってきて手錠をはめられるし、さらに触られて万年筆をお尻に入れられちゃうし…
おまえ誰だ?いきなり何してくれちゃってんの?って困惑だらけのはじまり。

その変質者はなんと、警視総監を父に持つ超エリート警視様!
で、エッチな画像で脅されて(押しに弱くてって言ったほうが正しいかも)エッチなことをズルズル続けてしまい、いつしかラブホでエッチするのが当然な仲に…

警視様、最初はいたずら目的で扱いがひどかったのに、エッチでは優しく甘くなってるのはよかったけど、典児が流されすぎなところがいただけない!
寮は共同風呂だっていうのに剃毛させてあげちゃってるし、そこはもうちょっと抵抗したほうがいーんじゃないかな?

しかも警視様が典児に興味を持ったキッカケは、セクハラ上司を典児が投げ飛ばしたのを見かけたからでしょ?典児はなぜ上司は投げれて、警視様にはされるがままなの?矛盾してない?

描き下ろし4.6話を読むと、典児もそれなりに気持ちが動いてるんだなって感じられるけど、本編だけだと流されすぎオモチャの印象のままです。


●「監視する二人」
人間二人(ほぼ男同士)を部屋に閉じ込めて、セックスすると出られる設定の変な実験。それを監視してるのが瀧と國。
そして被験者のエッチを監視してるうちに國は興奮して瀧を誘い…
被験者のエッチと連動するように、瀧が國を攻めてるのはエロかった!
でも、ラブ度はゼロなヘンテコ作品です。


●「擦り切れて、欲求」
ゲイの黒陵は、後輩リーマン・平良と付き合い始めたものの、期待してるのにチュー止まりで先に進まないのが焦れったい!
その日も平良の部屋まで来たのに、平良は手を出してこない。
でも黒陵はオナホを見つけてしまい、「その性欲は俺にぶつけろー!」とブチ切れて、とびきりエロい誘い受けをしますw
それに平良はタガが外れてしまって…

あんなにエッチをしたがってた黒陵が、ストップを懇願しちゃうくらい、平良がものすごかった!!!!!
平良の逆転ぶりが楽しいので、3作品のなかではこの短編が一番好き。

でもページの大半はあんまり好きな話じゃなかったなぁ…


drap前作『クズと噂と…』は線だらけの乳首の描き方が嫌だったけど、本作はトーン処理でほどよい色気のある乳首だったのは良かったです。

3

萌えにくいタイプのびーえろ

中川カネ子さん大好きでエロエロでもめちゃ萌えでハズレないんですが、これはちょっと萌えにくかったな……
んー、表題作も他の読み切りも、なんつーかエロ本のエッチさだった。
後半の読み切りの方はそれでもお題エロ的なノリで読めたから良いんだけど、表題作は全4話でまぁまぁの長さなのにずっとエロ本ノリなので、攻め(警視殿)が権力で受け(新人巡査)をいいように弄ぶエロいおっさん(見た目はカネ子さんの攻めキャラっぽいイケメンなんですけどね)にだんだん見えてきちゃって。。´д` ;
攻めがもうちょっと気持ちを表しながらエロエロしてくれてたら全く同じエッチシーンでも「いいエロだ〜(//∇//)」ってなった気がするんだけどな。
BLのエロとエロ漫画の違いってそこだと思う。

【電子】ebj版:修正白抜き(ところどころトーン)、カバー下なし、裏表紙なし、電子限定特典(1p/イラスト)付き

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ