男同士が簡単じゃないなんてそんなの―― 昔から嫌って程身に染みてる…

残念だったな、運命だ!

zannendattana unmeida

残念だったな、運命だ!
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神7
  • 萌×214
  • 萌15
  • 中立3
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
6
得点
139
評価数
41
平均
3.5 / 5
神率
17.1%
著者
あずみつな 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
ブライト出版
レーベル
B.Pilz COMICS
発売日
価格
¥694(税抜)  
ISBN
9784861237614

あらすじ

女遊び大好きなホストの泉は、突然数人の黒服に拉致された。とある御曹司の婚約者を誑かし、婚約を破談にしたと責められるが――目の前に現れた御曹司は高校のときの同級生・御子柴で!? 今回の件を水に流す代わりに、泉を自分の所有物にするという。いやいやそんなまさか…と思っていたら、豪邸に連れて行かれたうえに「好きだ」と告白され、押し倒されてしまい――!? 囚われの(?)ハイテンションラブコメディ!

表題作残念だったな、運命だ!

御子柴 要(大学生,御曹司,高校時代の同級生)
泉 悠斗(ホスト,客が御子柴の婚約者,22歳)

その他の収録作品

  • 描き下ろし

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数6

テンポの良いやりとりが最高に面白い!!

こちら電子で連載中から大好きな作品で、単行本化を楽しみにしていました!
単行本化にあたり、甘々な後日談も描き下ろされています。

で、こちらの作品、テンポの良い掛け合いのようなやりとりが、とにかく面白いんですよ~。
あらすじにもある通り、まさにハイテンションラブコメ。
ゲラゲラ笑ってエロエロで、時々胸キュンてトコでしょうか。
明るいラブコメがお好きな方、おすすめですよー!!


内容ですが、硬派で不器用な御曹司×お調子者で女好きなホストによる、ラブコメです。
ある日突然、怪しい黒服達に拉致されたホストの泉。
自身が、とある御曹司の婚約者に手を出してしまった事を知らされます。
何と、その御曹司とは高校時代の同級生・御子柴。
破談にされた代償として、泉は御子柴の「所有物」にされますが-・・・と言うものです。


まずこちら、御子柴は泉が初恋でいまだに好きだったりします。
彼は硬派で堅物な印象なのですが、超真面目な顔でいきなりの「好きだ」と言う告白。
初恋相手である泉が、親が決めただけの婚約をぶち壊した事は、御子柴にとって「運命」なんですね。
で、所有権の行使と言う事で、監禁からの強姦。
と言うとダークになりそうですが、これが超明るく笑えるエロなんですよ~。
もう、次々繰り出されるテンポの良い漫才のような掛け合いが最高に面白くて!!
初エッチで「大丈夫か」と尋ねる御子柴に対して、「大丈夫なわけあるかよ!! クソ童貞」と言い放つ泉。すかさず「今、失ったぞ」と御子柴。「うるせー」と泉。
て、具合に。

「おしりへん・・・。いたい・・・。」と泉が言えば「かわいそうに・・・」と御子柴。「お前のせいだよ!!!」と泉、てな具合に!!!
なんか、常にこんな感じのやりとりでして!!
受けがレイプされて監禁されてるのに、こんなゲラゲラ笑える作品は初めてですよ・・・。

結局の所、御子柴の泉に対する想いが、一本筋が通っていて揺るぎないのです。これは高校時代のエピソード等で、すんなり胸に落ちるように描かれているのですが。
そして立場的には「所有物」なのに、わりと言いたい放題、やりたい放題してる泉と、悲壮感があまり無いどころか逆に面白い!!
もちろん、強姦ものが苦手な方は避けられた方がよろしいかと思われますが・・・。
とりあえず、「強姦」と言う言葉から受ける痛いイメージとは真逆なのは、御子柴の想いをベースとした、二人の間に流れるこの空気感があるからでは無いかと!!

で、御子柴が泉を監禁した本当の理由や、御子柴の一貫した好意を隠さない態度に、徐々に絆されていく泉。
意外な展開やキュンとさせられるストーリー運びで読ませてくれるんですね。

あとですね、攻めである御子柴も相当面白いキャラですが、受けの泉もこれまた面白いキャラクターなんです。
基本的には後先考えないお調子者ですが、実は素直でツンデレ。
たまに見せるデレが可愛すぎて悶えます。
それと、これは私だけかもしれませんが、泣き顔にやたらそそられる。
あずみ先生の描かれる、鼻水を垂らしたちょいアホっぽい泣き顔が(私の)性癖のど真ん中突くのです。いや~、萌えるわー。

あと描き下ろしですが、本編終了後、同棲し始めた二人です。
こちらは甘々なバカップル。
泉のツンデレぶりと、御子柴の脂下がりっぷりが最高でした。

とにかく、笑えてエロエロでキュンとしてと、超好みの作品でした。

3

これ、好きだった!

結構軽い気持ちで手に取ったのですが、思いの外よかったです!

これまで作者さんの作品は他レーベルで何冊が読んでいたのですが、そこまで印象に残っておらず、実を言うとそんなに期待していなかったのですが、なんかこれはよかった。

カプは、変な一途攻め(お坊ちゃま過ぎて一般常識なし、でも一途)と、チャラいホスト受けのほだされ愛なんですが、割とギャグテイストで、くすっとできるポイントがいくつもあるのがよいです。1話目から引き込まれる感じでした。

ホストである受けの泉は、自分の客が坊ちゃんの許嫁で、それを理由に一見ヤ○ザ風な部下にさらわれてしまい、あげくに元同級生で坊ちゃんの御子柴に囲われて、初恋だったんだと体をいいようにされる、という出だしです。

どうなるのかな?と思いきや、実は自分が家の中で不利な立場になるのもいとわず泉を守るために外出を禁止して匿っていたことが分かったりと、甘い展開に。

お家騒動などシリアスな展開も、時折ギャグで明るく進行して楽しく読了しました。

0

コミカルな ”ストックホルム症候群” ストーリー。

御曹司とアホなホストとの因果な再会をベースにしたコミカルストーリー。
電子単話の時から、「こういう話かな?」と思ったら斜め下に落とされるハチャメチャな展開が楽しい作品でした♪
読んでなかった最終話と、甘い描き下ろしが読めて、私はそれなりに満足です。

ただ、”ストックホルム症候群” 的な話なので、真面目に考えちゃう人にはオススメしません。


裏口入学をした大学を中退して、ホストになった泉。
女とのもめ事は多々あったけど、今度のはヤバすぎる!
泉が貢がせたお嬢との縁談がダメになった許嫁に拉致監禁されてしまった。
しかも、その許嫁は元同級生でホテルチェーン御曹司の御子柴、その末端が父親の会社…
どうなる俺?どうなる家族?

泉は御子柴邸に連れていかれ「俺の所有物にする」と言われ、奴隷?召使い?
どんな酷い目に合されるのかと思いきや、、、

御子柴から「お前が好きだ。しかも初恋のお前が婚約を壊した。これは運命だ」と、三つ指立てて「末永くよろしく」とプロポーズされてるぅぅぅ???

そして泉は所有物として、御子柴に抱かれちゃいますw
ノンケ女好きがギャンギャン言いながら、男に抱かれてるのがおかしい。


でも御子柴は主人風を吹かせる ”俺様” じゃない。
泉が反抗してめちゃくちゃにした部屋を自分で責任を持って片づけるし、泉に甘えられると嬉しくて外にも連れ出してあげる。
惚れちゃってる奴にはとことん弱い奴です。

そして会社事情がわかってくると、御子柴は泉を監禁しているのではなく、自分の立場を危うくしてまで、泉が危険な目に遭わないために保護していることがわかる。
最初の事件のインパクトが強いけど、御子柴って実はスパダリってやつじゃないの?
泉もだんだんウシロで感じるカラダに作り変えられて、御子柴のことが欲しくなってしまったり…
感覚がちょっとズレてる御曹司と、アホな子とのコミカルなやり取りが楽しいです。


そこからもコロコロと展開は変わって、叔父と従兄弟の家族の確執とか余計なシリアス要素が入ってきたり、被害者と加害者が入れ替わったり、後半はゴチャゴチャになっていたのが残念。
前半は最高に楽しかったんだけどなぁ…


監禁された泉は御子柴のことしか考えることがなく、御子柴の敵が現れたら守りたくなっちゃうだろうし、御子柴は恋するに値する奴だと思うけど、泉が御子柴に絆されるのは、監禁されている被害者が監禁している加害者に共感を持ってしまう ”ストックホルム症候群” な一面があると思うんです…

ストーリーにシリアス要素を入れずに、前半の勢いのままコミカルに走り抜けてくれたら、余計なことを考えずに楽しめたのになぁ。ほんとそれが残念。

2

運命??なのか?

話はホストの泉が黒服の男に拉致されるところから始まります。
拉致したのは、同級生だった御子柴という金持ちの息子の部下でした…。色々あって、そこから泉は、御子柴に囚われます…。
他の方もおっしゃるように、テンポはいい感じに進んでいきます。
所有物にするために拉致、監禁、無理やり犯す、など文字だけで見ると結構ハードな内容ですが、ハードさは全く感じないです。
個人的に、御子柴と御子柴の従兄弟さんとのお家騒動があまりよくわからなかったですが、ここは別にスルーしてもいい内容でした

0

拉致監禁のうえ、陵辱強姦コメディ⁈

ええと。いくらなんでも。突然現れて、家同士が決めた政略結婚を破談にされたのはお前のせいだと難癖をつけ、拉致監禁して、男の抱き方も知らない童貞なのに無理矢理突っ込む。えええー⁈ 好きなんだよね⁈ 何で無理矢理なの⁈ 優しく出来ないの⁈と、ドン引きです。すっごく痛そう…。哀れ、泉。
…抱かれているうちにほだされて、なのか。実はこの政略結婚の破談の裏にも色々あって、とか。高校の時の初恋で、ずっと好きだったとか、(そうは言ってもちょっと優しくされただけなんだけど。)色々色々言うんだけれども。なんだかんだとこのトンデモ御曹司を許すだけでは無く、好きになる泉。
「何が運命だよ…!運命なんかじゃなかったじゃん!」と泉が怒るシーンがあるんですが…。クライマックスね、もぅなんか〜。マジで何が運命なの⁈ と、モヤります。
徐々に雑なエチに慣れたのか、痛そう…では無くなって、多少感じてるみたいですが。(描き下ろしでは、御子柴のキスが上達しているという後日談もあり。)

大学中退して、親に縁切られて、金に困ってホストをやっていたという自称クズの泉だけど、常識的なコミュ力は御子柴より高め。御子柴は御曹司でスパダリ要素はある筈なので、泉がこれから育てるしかないですね。(それだけが希望。)

1

デレ薄

ツンデレ嫌いの私には、デレ成分が物凄く薄く感じてあまり好みじゃない作品でした、残念(´・ω・`)
せめて割合が半々は欲しい…。
ないわけじゃないけど、デレが尻つぼみと言うかなんというか。

許嫁がいたからと、恋愛や性に対して子供レベルの無知さを持つ攻めと、女の子大好きな超強気で意味不明な自分勝手な受けのお話、だなと最後まで読んでおりました。
最初から最後まで、受けの泉君の強気さがどうにも好きになれず…。
絆されている様で絆されていない様で絆されてる。
ストーリーが進むにあたって、攻めの気持ちを考えている様で薄っぺらい感情しかみえてこず…。

なんと言うか、ラブラブハッピーエンドで満足!みたいな読後感の作品ではなかったです。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ