人外、悪魔、異常性癖、カニバリズム。 ここがBLの極地――。

MADK 1

MADK 1
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神92
  • 萌×234
  • 萌16
  • 中立7
  • しゅみじゃない13

--

レビュー数
22
得点
651
評価数
162
平均
4.1 / 5
神率
56.8%
著者
硯遼 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
プランタン出版
レーベル
Cannaコミックス
発売日
価格
¥660(税抜)  
ISBN
9784829686058

あらすじ

ツイッターで話題騒然となった大注目作がついにコミックス化!

歪んだ性癖のせいで"異常者"と言われ、
一人ずっと苦しんできたマコトは、
ある日、半信半疑で手にした「悪魔を呼び出す本」を使い、
召喚の儀を行った。
すると、そこに出てきたのは威厳ある美しい容姿に、
ペラペラとよく喋る魔界の大公爵・J。
命と引き換えにマコトの秘めた願望を
叶えてくれるというJと命の契約を交わし、
マコトは悪魔として生まれ変わるが――!?

Cannaが放つ異才の大型新人・硯遼デビュー!

表題作MADK 1

タチバナマコト 男子高校生〜悪魔
J 魔界の大公爵

同時収録作品MADK 1

フィヨルド、バリタチの悪魔
マコト、魔界の娼館で働く悪魔

その他の収録作品

  • おまけ(描き下ろし)
  • 生前のある日
  • 登場人物設定&ラフ

レビュー投稿数22

美しくもおぞましい名作。

印象的な表紙と、帯に書かれた商業誌ではなかなか見られない強烈な言葉に惹き付けられて手にとった1冊。『カニバリズム』は全く理解のできない性癖ながらも読まずにはいられませんでした。

悪魔は特に好きなテーマなので好んで読んでいましたが、ちょっとドジだったり、根が優しかったり、人間臭かったりと可愛い悪魔が多かった中、この作品は物腰は柔らかく口調はくだけていながらも、心底冷徹でさらに極上の美をまとった悪魔で「あぁ~、これぞまさしく悪魔だわ~」と、うっとりさせられました。

悪魔だけでなく、高校生・マコトの方も轢死した動物を集めたり、カニバリズムの性癖をもつ異常性欲の持ち主。そんな彼が悪魔Jを呼び出し、Jに見込まれ悪魔へ変貌していくまでの過程がグロテスクながらも人間心理を深く突いているところもあり、目が離せずに一気に、そして何度も読んでしまいました。

途中、高校生にしては幼さが気になるところはありましたが、マコトの時折みせるゾッとするほど恐ろしい表情が悪魔の片鱗を感じさせ、一体この先どんな悪魔になってしまうのか身震いするほどゾクゾクさせられました。

地雷が多く、読み手を選ぶ作品だとは思いますが、あまりにも美しくもおぞましい描写と読み応えのある内容に、悪魔に魅入られたように私には手離せない1冊になりました。2巻が待ち遠しいです。

8

黒いおめめがかわいい

主人公のマコトくんは人間界にいたときは、その異常性癖っぷりが際立っていたけど、魔界に行ってからは周りがすごいので逆に人間味があってのびのびできてよかったねと思いました。
モツ姦とかしてるけど、痛がりながらではないので安心して読めます。人外がたくさん出てくるけど、ベースは人型だから特に人外が性癖ではなくても楽しめると思います。

マコトくんはJの心を乱そうとこれからどんどん強くなって、Jをもねじ伏せるバリタチになるのではと、続きが楽しみです。

6

モツだけどグロくない

同人誌として出された頃から大好きな作品で、連載からコミック化されるまでとても楽しみにしていました。
BLという感覚よりは耽美系の要素が強いような気もします。性別も男女というよりは、そのキャラクターとして捉えるので曖昧ですし…。

男子高校生が自分の異常な性癖に対し、異常と分かりつつも惹かれることに葛藤する。そんな異常さを容認してくれたのは親でもなく、自分でもなく、美しい悪魔だった…。
師弟であり、親子のようでもある、駆け引きし合う悪魔と悪魔になった男子高校生をぜひ見てもらいたい。

6

好きです!

元々モン○ンで知っていた作者さんのBLが本になるとは思わず感動してしまった一冊です。

久しぶりにこういう耽美系が読めてうれしいです、最近あんまりなかったですよね?
これぞ人外だよねっ!人外なら美しさと残酷さ(愛しさと切なさみたいないい方してしまった…)は大事だと思うんですよ!申し分ないです。
20年前私が腐になったころ出会ってる人外ものとか鬼キュンBL好きだった方におすすめしたい…(S稔也さんとか斑鳩サハラさんとか)

4

早く続きが読みたい!

表紙とあらすじを見て、期待と不安が入り交じりながらもどうしても読みたい気持ちが勝った作品。
結果としては、早く続きが読みたい!と思える程面白かったです。
絵も美しく、キャラの表情がとても良くて。

いわゆる明確な恋愛要素は今のところないので、恋愛ありきの方には合わないかもしれませんが、悪魔の世界という想像を越えた場所で起こる事柄や様々な悪魔達、何事にもほぼ未経験の高校生だったマコトが葛藤する姿、どれも目が離せず気になります。

異常性癖というのが根底にありますが、グロと痛いは描かないと作者さんがおっしゃってる通り、私個人としての描写の不快感は皆無でした。
とはいえ、個人差なので匂わせるだけでもムリという方は難しいかもしれません…

美しくて残酷な大公爵悪魔Jと、悪魔としての素質を覗かせるマコトとのやりとりにいろんな意味でドキドキします。
個人的には、喉プレイの時のJがとてもゾクゾクしました♪
次巻が楽しみです!

4

ブランニュー 恐ろしくて美しい悪魔界へようこそ

もう、凄いと言うしか言い様がない。
この世界に圧倒され飲み込まれた気分です。
まだ新しい作家さんなのでしょうか(違ったらごめんなさい)。

もう独特の画力で、独特な世界観です。
一歩間違えば、グロくて・・・な世界なのですが、不思議とグロくない……。
私はグロやスプラッターなのは酷く苦手なのに、全く大丈夫でした。

そして、恐ろしい悪魔が飄々としたところ、何気にギャグが入ったかと思うと、これまたいきなりシリアスに・・・。
ジェットコースターに乗って、ヒャァヒャァ叫んでる気分なのに、めっちゃ爽快で。

これが出て直ぐに読んじゃったものだから、次巻が出るまでとんだ放置プレイにあってます。
ホントは放置プレイ嫌いだから、続編や完結しないと手を出さない主義なのに、やっちまったぜ!
それでも面白いっっっ!

若干絵が判りづらい部分もあるのですが、それが又荒削りっちゅーか、スピードがのってるっちゅーのか、とにかく休憩ナシで突き進みます。
最初は現代から始まりますが、悪魔の世界に入った途端、宮殿も衣装もいきなり豪華で、登場人物も美しくて。

さぁ、この元男子高校生(Dk)が、悪魔界をどんな風にのし上がって行くのか。
ハァハァ言いながら続きを『待て!』しています。

BLガッツリエロいってのを期待されてるなら、ちょっと違うのですが、これは皆さん、読まないと損をしますよ。

3

今までになかった、ダークでグロティックな美しさ。

一言で言うと、「美しい」です。

今までなかった世界感や登場人物がとても魅力的で、
グロさやダークな感じがとても美しくて、
読んでいてゾクゾクします。満たされました。

早く続きが読みたい!

grotesque in a very beautiful way.

3

何度読んでも素晴らしい

カニバリズム表現や独特の世界観も好きなのですが
キャラクターが独特でとても素敵です。
男子高校生、というのがいいのかな……
彼の純粋さはとても悪魔的で、
これからの彼の人(?)生が楽しみです。

続刊を楽しみにしています。

2

まずい…!もつ一杯!

ずっとずっと気になっていたMADK、やっと読むことができました。
そしてずっと読み方について、マドゥカ?マッドケー?と悩んでいました。ちるちるに作品名のルビもなかったので、あとがきを読んでエムエーディーケーと解釈しました。
意味もそのままで面白い笑

作品の傾向のみ頭に入れて、そこそこの覚悟を決めて読みました。
私のグロ耐性は普通レベルです。バイオハザードでは悲鳴をあげ(でもやる)、ドラマの手術シーンは目をそらすタイプです。
グロい、そこまでグロくないなど様々な意見がありますが、私には『絵はそこまでグロくないが、描写には肝が冷える』という感想で落ち着きました。

また、さぞや意見が割れているだろう思いきや、しゅみじゃない評価の少なさに驚きました。
これは先生の力量によるものなんだろうなと感心。
臓物や肉片が、直截に描かれている部分は少なく、線の動きでぼかされていたり、少々デフォルメされたりしているなど、読めるグロのギリギリのラインでした。
また、台詞を巧みに操り心情の描写をされる先生だな、と感じました。ストーリーの読み応えは抜群でした。

普段、紙媒体はキャッチアンドリリースと決めているのですが、この作品は手元に置いて、続刊に備えたいなと強く思いました。描写は美味しく頂けないけど定期的に読み返したいです。

グロテスクな表現が苦手な人にも、美しさを伝えることができそうな、素晴らしい作品だと思います。

1

美し過ぎる

世界観、話の内容、キャラクター、描写、どれをとっても美しい。内臓食やモツ姦等の表現があるけど、どれも過度ではなく一表現として読むことが出来そうな感じのもの。多少痛そうな場面はあるものの、それがあるから読めない、という程のハードグロではないため苦手な方にもおすすめできる。

主人公の変化や、心情描写は見ていて楽しく、続きを読む手が止まらなくなる。ダーク味がある話が好きなら好きだと思われる。
キャラクターのデザインもなかなかに美麗で、どの悪魔も個性を持っている。性的な意味でも。好きな悪魔を見つけて見るのも面白いのではないか。

アダルトシーンは普通のBL的アダルトシーンではない(人間と悪魔の体の構造が違うため)ため、そういうものを求めている場合は少し評価が落ちるかもしれない。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う