感応性プレイシングス

kannousei play things

感応性プレイシングス
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神24
  • 萌×229
  • 萌20
  • 中立7
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
12
得点
303
評価数
82
平均
3.8 / 5
神率
29.3%
著者
緋汰しっぷ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス Qpaコレクション
発売日
価格
¥660(税抜)  ¥713(税込)
ISBN
9784801962842

あらすじ

SMバーでバーテンダーをしている遊良の前に客として現れた、野分という男。
明らかに付き合いで来たと分かるほど一歩引いてはいても、
品がありつつ笑顔も見せる優男なのに妙に慣れた口調で
「遊良くんならいけそう」なんて、からかうように誘ってくる。
遊良のことを尻軽なゲイだとなめきっている野分にイラつき、
もてあそんでやろうと挑発に乗ってやる遊良だったが……。

形勢逆転!マウントを取られ、ぐずぐずにされてしまい――!?


本当に支配されているのはどっち?

下半身凶悪なノンケ優男×穴で男を支配する女王ビッチ♂
腹黒オトナ同士、探りあいのマウントゲーム

表題作感応性プレイシングス

野分 智宏(29歳・ショップ経営者)
掛川 遊良(24歳・SMバーのバーテンダー)

その他の収録作品

  • ACT.6(描き下ろし)
  • カバー下 キャラ紹介
  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数12

変なTシャツ着てる遊楽が見たかった

なんともいえないお話で、正直メッセージ性のようなものはないと思いました。

はじめ、マウントの取り合いなのかな?と思いましたが、あっという間に攻めの智宏に主導権握られてしまいます。
受けの遊良は、学生時代にレイプされた過去があり、相手に好き勝手されるくらいなら自分がマウントをとりたいタイプです。
だけど、智宏の前だと好き勝手されてしまい、それが悔しくてまた会って…というのの繰り返し。
もっと焦らすとかして欲しかったのに、遊楽も普通に智宏のこと好きになっている感じがしました。

智宏は何か裏があるのかな?と思ったけど、さはど何もなく、普通に遊楽のことが手放せなくなっているのがちょっと残念でした。
もっと突き放すとか傷付けるとかあってもよかったんじゃないかな?なんて思ってしまいます。

何か企んでそうな智宏が実は何も企んでおらず、結果的には普通に惹かれあってる2人でした。
描き下ろしは遊楽のデレがよかったですし、結果的には智宏をメロメロにして主導権握ってましたね。

なんかよく分からないけど、2人がハッピーエンドでよかったなぁ…とは思いました。
決して面白くないわけではないのですが、心に残るものもなかったです。

0

目元に魅了されてエロい!

緋汰しっぷ先生の描くキャラは例外なく
目元が色気ありすぎてエロいです♡

スパダリで世話好きでイケメンで意地悪な
攻めの智宏と、ゲイで美人でトラウマもちで意地っ張りな
ビッチ受けの遊良のマウント取り合いの
お話ですが…………

絆されてあまあまな智宏に主導権握られっぱなしで
グズグズになる遊良が本当にエロティックです♡
丁寧な口調のときと、素の口悪い遊良のギャップが
またとても萌えて良いです!

切なくなるシーンもありますが、とりあえず
遊良は智宏にあまあまにされてマウント取られっぱなしで
幸せになってください。

1

ふとした瞬間の色気

線が柔らかい綺麗な絵を描かれる作者さんで、遊良くん(受)が凄く美人さんです。
遊良くんが髪を耳にかけるシーンなど、目を惹くコマが沢山あります。
作中には沢山エッチシーンが用意されていますが、どちらかというとエッチシーンではない場面の方が色気を感じました(個人の見解です)。

ただ、探り合いのマウントゲームと帯にありますが、そもそもなぜ探り合いが始まったのか分からないままでした。
相手を騙したいのか、相手を信じられないのか、どちらもなのか…。
お話の流れ自体は問題無かったのですが、この点が気になりました。
最後はハッピーエンドで◎です(*^^*)

少しでもご参考になりましたら幸いです。

1

とてつもなくしんどい作品

語彙力ないので伝えきれないことも多いのですが、とりあえず可愛いしエロいしもうなんだか読んでて早くくっつけともどかしくなったり甘えちゃえよと叫びたくなったりと情緒が終始不安定でした!
最初は表紙の絵が綺麗で購入したのですが、緋汰さんの描くお話にベタ惚れしました…

1

エロさが良い

絵がきれいで、どんな場面でも落ち着いて見られます。
がんばって攻めをたぶらかそうと(?)するのに乱れてしまう受けなんですが、距離がじれったくなるほどゆっくり近くなっていく描写に目が奪われます。
もう一生幸せになってほしいいというハッピーエンド廚にやさしい作品です。

ラストは少しどたばたもしますが、愛する姿勢は一途で変わらずお互いにとってそれまでの相手とは違う特別感を抱いているシーンが印象に残ります。

できることならこのカップルのいちゃついているだけの場面や日常の場面やも見てみたいくらいおすすめです!

1

余裕×淫乱。色気がすごい

とにかく絵が綺麗! 表紙を見て買いましたがとても良作でした。

表紙のイメージからするとエロは少なめかな?という感じ。
SMバーでバーテンダーとして働く遊良(受)と、客として現れる優男風の智宏(攻)。最初は遊良がリードして主導権を握ろうとしますが、急に反転して智宏にぐずぐずにされます。そこが最高で…!!身体の線とか目元、口から足まですべてエロ綺麗。1コマ1コマをじっくり見てしまいます。2人とも美人すぎる。色気が半端ないです。

絵だけでなくストーリーもしっかりしています。最初は体だけ、相手よりも優位に立とうとしてるのにだんだん違うものを求め出して、でもあくまでお互いがお互いを遊んでるようなスタイルをとってるとこもむずむずドキドキしました。背徳的な雰囲気も最高。
ただ、最後が駆け足というか強引に終わらせてしまった感があったかなー、と。なので萌2にしました。1巻完結型なので仕方がないとは思いますが、もう少しラブラブになるまで時間がかかった方が良かったかもです。

ですが、その点を含めても最高にオススメしたい作品です! 余裕攻め、ビッチ受け好きにはたまらない作品…! 続きがもしあるならばぜひ読みたい。

1

半端なくエロい目元がいい

表紙買いだったが、ストーリーや登場人物も非常に良い作品。
特に、受けの色気のある目元がめちゃくちゃ好みで、エロパート以外のシーンでも受けの表情に目が奪われた。煙草の火をもらう時の伏し目がちな顔や、攻めを誘う時の媚を売るような視線など、とにかく表情に魅せらせた。
そして、攻めと受けがお互いに主導権を握ろうとしつつ、常に攻めが冷静にマウントを取っているところもかなり好み。涼やかな顔で受けを煽っている攻めにもグッときた。
綺麗系の絵柄と登場人物の性格が絶妙に合った作品だと思う。

2

優男ほど危険で甘い人

"ハマることほど 最初の印象は悪い"…分かるー!!そういう関係性大好きです。最悪な第一印象でないにしても、探り合って駆け引きみたいな恋に思えたので、受けの子が攻め様を誘う言葉に共感しました(^^)カラダはイイとこ知ってるのに、本心がわからないから心の距離が遠くて、その距離を詰めていくのっていいですよね!キャラが攻め受け共に色気があって、エロさも楽しめました。

SMバーに友人の誘いで訪れた智宏(攻)と、バーので働く遊良(受)。"自分達みたいなやつを見下してる"という遊良の智宏への偏見も、実際そう思われても仕方のない智宏の発言も、どちらも似たり寄ったりの2人。本心は見せてないなと感じるほどに、探り合う姿が面白かったです。どちらが先に相手の"意外さ"にハマるかなとウズウズしました(^^)
いつも通りにいかないと先に焦ったのは遊良で、そこが攻め視点で読むとたまりませんでした笑!ツンデレというか、ひねくれてるからこそ笑、王道的に甘く愛されることを望んで、大切にされ慣れてないからそこに照れる…イイですねぇ女王様(*´ω`*)
一枚上手だったのは智宏かなと思いつつ、彼も遊良へハマり、男気を見せてストーカーから守ってくれるので、好きな人を前にしたら、ただの男でした(^^)

ストーカー…遊良のストーカーが出てくるんですが、何となく途中から勘付いてしまった私…(><)たまたまですが、そこに驚きを感じることができなかったので、すみません"神"評価には出来ませんでした。智宏だったらよかったなぁ…私のがよっぽどひねくれてますね笑。ストーカーが誰だか分かった後にもすぐヤってしまうとこも、ちょっとだけ残念に思ってしまいました。なので評価を"萌"にさせていただきました。ここはせめて告白と大切に手を繋ぐとかして、描き下ろしでどエロく後日を描くとか。ツンデレ女王様は、ひねくれてるからこそ、ウブに大切にされる事を嬉しく感じる…だからこそストーカー被害の恐怖後もエロではなくマイルドで優しく終わらせて欲しかったなって言うのが私の本音です。

描き下ろし、嫉妬する智宏がすごく可愛くて、その"当たり前"とも言える日常を、2人で楽しんでいる姿が、微笑ましく思えました(^^)エロいシーンも、1番甘い気がします♫

電子おまけ漫画…イイ(*´ω`*)!!イイです(〃ω〃)縛られる遊良、縛る智宏!縄で縛ります笑!着エロですね。ヤらないけど、遊良色っぽいなぁー!!!ぜひ電子版おススメです♫

2

終盤までは神です。

こちら、ストーリーといい、設定といい、キャラクターといい、個人的にめちゃくちゃ好みの作品なのです。

特に、その美しいイラストで描かれる官能的なエロシーン。
エッチをしていても全然エロく感じない漫画と言うのがあったりしますが、この作品では真逆。
エロシーンはもちろんの事、何気ないちょっとした一コマから滴るような色気を感じると申しましょうか。
ストーリーも相まって、終始官能的な雰囲気が漂ってるんですね。

また、エロだけかと言うと、丁寧に描写されたキャラの心理も魅力的。
身体から始まった、互いに相手を屈服させようと言う二人。
それが、少しずつ心情を変化させてと、ストーリーとしては取り立てて目新しさは無いのです。
が、その心情の移り変わりの描写が秀逸。
最初はその無神経さや自分を軽く見ている態度にイラつきしか感じていなかった遊良。
それが徐々に、一緒に過ごす事に、自身が「嫌では無くなっている」と気付く。
そして、そんな自分の気持ちを認める事が出来ず、「拒む理由は無いから、受け入れてるだけ」と独り言ちる。
この遊良ですが、猫を思わせる気位の高い美人なのです。
そんな彼が、ジリジリと心を奪われて行く様が、もう神か!と言うほど萌えまくる。
また、要所、要所で入る、遊良の痛々しい過去が、これまた上手くて。
今に近い過去から、更に現在の彼が形成された原点へと、どんどん遡って行くと言うのが巧みなのです。
ページ数自体は少な目なのに、この描き方によって、読者にすんなり落とし込まれていくと思うのですよね。現在の彼になった理由と、切なさが。

と、もう終盤まではパーフェクト。ホント、萌え転がりながら読みました。
だからこそ、肝心のラストが惜しい!!
ここまで、これ程丁寧に二人の心情が描写されていたのに、肝心のラストで急にやっつけと言うか駆け足なんですよ。
ジリジリ近付いていた二人が、次の瞬間には急にラブラブみたいな。
終盤のあの事件によって、二人の感情に変化が起きたのは分かる。
分かるのですが、遊良、いきなりデレ過ぎじゃなかろうか・・・。
あと、野分に至ってはキャラ変わっちゃってるよと。
ラストでこの唐突過ぎる展開は痛かった・・・。

ページが足りなかったなら2冊にするとかでも全然大丈夫なので、このラストの二人をこれまでのように丁寧に描いて貰いたかった・・・!!
ここまで神なのに、ホント惜し過ぎる・・・!!!

と、めちゃくちゃ好みの作品なのですが、肝心要のラストが残念だったので「萌」です。
評価をすごく迷ったのですが、やっぱラストが全体を締める一番大事な部分だと思うので。
ラスト、本当にもうちょっと頑張って欲しかった。

5

もう一声ほしい

ちるちるさんの作家インタビューを拝見して、お互いに弄んでやろうとして駆け引きをする男同士のやり取りが面白そうだな、と思って手に取ってみました。

ネタバレ含んでいます。ご注意を。





主人公は遊良。
SMクラブのバーテンダーとして働いている。
彼の働くSMクラブに、知り合いにつれてこられたという野分という男がやってくる。

バーテンダーと客という出会いながら、お互い興味を惹かれ関係を持つようになるが…。

誰とでも関係を持ってしまう貞操観念ゼロでビッチの遊良。
ハイスペックでイケメンの野分。

お互いに恋愛感情からではなく、「遊び」として、でも、自分がマウントをとるために常に駆け引きをしあう二人。

設定としては非常に面白かったのだけれど、もう一声ほしかったな、というのが正直な感想。

単なるバーテンと客、という関係で出会った彼らが、なぜあそこまで執着しあうのか、その理由がさっぱり読み取れない。二人の「駆け引き」がこの作品のおそらくキモになる部分かと思うのだけれど、駆け引きをする「理由」がちょっと甘かった気がしました。

なので、「駆け引き」から「執着」に移行していく二人の気持ちの変遷もわかりづらい。

野分さんなんて、別にどうでもいいんだけどね。
と嘯きマウントをとろうとする遊良くん。

そして、

良いおもちゃが手に入った。
と遊良くんのことを思う野分さん。

それなのに、ちょっとずつ恋に堕ちていく二人。
過酷な過去を持つ遊良くんが、野分さんという恋人を得て幸せになる。

そういったストーリーだと思うのだけれど、ちょっとしっくりこなかったのが残念でした。遊良くんがビッチとしてのプライドをかけて駆け引きするのは理解できますが、野分さんをあそこまで駆り立てたのはいったい何だったのかな、と。

なので、最後急速にラブラブになる二人に違和感。

遊良くんがビッチになってしまった過酷な過去がさらりと流されていたのも残念。あの過去が「遊良くん」を形成したのであろうことは間違いないのに、その描写があっさりしているために急にビッチさんになってしまったように思えてしまう。

設定やキャラは非常にツボでしたが、もう少し踏み込んでストーリーが描きこまれていたなら、あるいはもっと萌える作品だったかと思います。

絵柄はすごく綺麗な作家さまですし、設定も非常にツボな作品を描かれる作家さまなので、次回作に期待したいです。

7

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ