凸凹シュガーデイズ

dekoboko sugar days

凸凹シュガーデイズ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神16
  • 萌×213
  • 萌7
  • 中立1
  • しゅみじゃない7

267

レビュー数
8
得点
154
評価数
44
平均
3.7 / 5
神率
36.4%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
ラブキスボーイズコレクション
発売日
価格
¥756(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784344842618

あらすじ

ちっちゃくて可愛いこの子を、俺が守ってやりたい――! 幼い頃そう強く願った相手=花峰涙(はなみね・るい)はのびのびすくすく育って、一方の俺=松風雄二郎(まつかぜ・ゆうじろう)はというと、正直伸び悩み気味。180cmオーバーの男の幼なじみに発生するドキドキの正体を、とっくのとうに知っているような気がするけれど……? 小さい男前君×でっかわほわほわ君の幼なじみ“むず♡きゅん”ラブ、描き下ろし後日談もたっぷり収録して待望のコミックス化!!

表題作凸凹シュガーデイズ

松風雄二郎(高校生・背は低いが男前な幼馴染)
花峰涙(高校生・体は大きいがおっとりした幼馴染)

その他の収録作品

  • ゆくとしくるとし
  • シュガーシロップハニーデイズ
  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数8

青春なふたり

自分より身長が高い幼馴染みに恋心を抱く雄二郎と幼馴染みの涙。
ハラハラするような大事件はないけど、青春って感じで爽やかな話。
雄二郎は小さいとき女の子と間違えて涙に初恋するんだけど、高校生になったら自分より20センチも身長が高くなってしまって・・・。
でもって、ふたりとも自分の気持ちに気づかず、ちょっとすれ違ったりってのもかわいかったし、気持ちが通じあってからのふたりも可愛らしかった。
The青春って感じで爽やかなお話でした。

1

好き嫌いが分かれるのはよく分かります!設定だけなら萎えてたかも。

好きな新人さんが出て来ましたよ!v
歳を取ると、なかなか新しいものには手を出しづらくなってくるのですが、
いや、いい新人さんに当たりましたv

面白かったですよv
確かにね、これ女の子でもよくね?とか、
少女漫画の展開だよね……とは思いましたよ!
思いましたけど、そこを踏まえつつも、
私は読んでて萎えなかったし、可愛かったv

なんかもう細かい所まで色々ツボで……
初っ端の涙は可愛いし、ラストの松風はカッコイイし、
どっちのペットも気になるし、どっちの親友も気になるし、
本屋の親父も気になるし、ちょくちょく入る天の声も気になる!

絵も可愛くて綺麗で、好きですv
この少女漫画がBLで読めたのが楽しいv

受けが女の子にすり替えられる系って、
やはり今までは萎えちゃうこと多かったのですが、
これは湯煎さんのセンスなのかなぁ、
最後までによによ微笑みつつ読破v

確かにBLががっつり読みたいんじゃ〜!という方には、
なぜこのキャラ設定⁈男同士の葛藤は⁈となるのは充分わかります。

らぶらぶいちゃいちゃ好きの私としては、
二人の熱い!両片思いの行く末を見守るのは、
素直に楽しゅうございましたv

評価が分かれるのは納得。
私的には湯煎さんの今後を期待して「神」評価で!

2

幼なじみ同士の焦れったい乙女BL♡

日頃読んでいる王道のBLとは違い 乙女のBLって感じです。
幼なじみ同士の焦れったい甘酸っぱいラブきゅん♡です。
ちょっとむずがゆい感じとゆるふわな感じが好きな人にはオススメかなぁ(o^^o)

1

攻め受けが……

ビジュアルはめっちゃ好み!めっちゃ好みだった!!
でも攻め受けが~!!あ~〜!!そっちか〜~!!
前情報で攻め受けは知ってた……んだ、けど………
知っててもなお最後まで下克上を期待していた私がいた。
でもこれは私の性癖の話なので本当に誰も悪くない、私だけが悪い。

男と男が恋をすることの意味をもう一度考える作品になった。
涙くんめっちゃかわいい!かわいいけど、かわいいだけでいいの?ってお姉さんは心配になったよ。
かっこいいゆうちゃんには抱かれるだけでいいの?
かっこいいからこそ抱きたくない??って思ったのは本当に私の性癖。申し訳ない。

あと当て馬の男の子、もう少し頑張って欲しかった!
フェードアウトがはやい!きみにはまだやることが残っている!がんばれ!!

0

BL???少女漫画???夢漫画???

低身長x高身長が好きなので購入したのですが、読んでいてとても違和感がありました。....これはBLなのか??

なんといえばいいんでしょうか、まず受けの涙くんが完全女子です。京アニの女の子のような思考とリアクションで終始お花を飛ばして一人少女漫画をしています。高身長男子=少しは男の子らしい面があるかと思ってたんですがこれはもう完全に背の高い女子です。女性なら違和感のないなよなよ思考やすぐメソメソするところも高校生のイケメン高身長男子がしている....しかもそれを家族やクラスメイトが徹頭徹尾「可愛い」と受け入れている...。表紙から純粋で可愛い系受けなのは理解して購入しましたしその手の受けも読めるのですが、「この子は男の子じゃない」と思ったのは初めてです。たぶん作者の願望?作者自身が色濃く涙くんに反映されていてそれがこの気持ち悪さの原因だと思います。夢小説に近い、作者の夢が詰まったキャラ、そんな作者に優しい世界という感じです。
少女漫画なら違和感なかったんですが、BLなら少しでも男の子ならではの悩みや葛藤、魅力を見たかったです。

そして攻めの二郎くんのコンプレックスは背が低いことなんですが、特段それを活かしたエピソードも無く、双方にコンプレックスに対する葛藤やそれを乗り越えるドラマティックさもなく、両片想いから早々に両想いになりあとは終始シュガーデイズでした。恋敵のイケメンくんはほぼ当て馬扱いだったのもなんだかなぁという感じです。

画力というか顔面力が大変良いのでつい表紙買いしてしまいましたが、まるで作者の夢漫画を読ませられた読後感でした。他の方のレビューにあるように「かわいい」「光属性」「キュンキュン」がお好きな方には堪らない作品だと思います。私のようにドラマ性やBLだからこその葛藤や悩みを求めるタイプには正直物足りないと思います。

個人的にこの方はBLより少女漫画を描かれた方が違和感がないとおもいました。

4

男のコはいつか王子様になるのだ!

うはー!可愛いです♡ 幼馴染が実は私の王子様だった♡ という、夢見る少女漫画決定版‼︎ どこまでも甘く可愛い。幼き頃、女の子かと見紛う程に愛らしかった涙(るい)は、高校生になり、背も180cmを越す。ひょろりと高いだけでなく、しっかりと胸板も厚く、きっちり男のコなのだ。しかし、顔は可愛いまま。対して、雄二郎は165cmしかない。しかし、精悍な顔つきで柔道なんてやっていて、硬派。そして意識せず、下級生の女子にモテたりしているのだ。
互いに意識し合っているのだが、多分、先にバクバクしてたのは、雄二郎かな。まぁ、伝えてないからバレてないと思ってて。それでいて、涙の一挙手一投足にキュン死にしそうになっているのだ。
二人共に鈍いので、モダモダするかと思いきや、読み手側をモヤモヤさせたりイライラさせたりはしない。終始キュンキュンさせてくれながら、ちゃんと男のコらしく決めるところは決めてくれる。
そう、男のコはいつか王子様になるのだ!
そして、初めてのキス。初めてのお泊り。初めての…。
周りをとりまく人たち、ネコやワンコも、ほんわか。当て馬になり損なうイケメン、竹中君でさえ。
結構きっちりボリュームも有るんだけど、きっといつまでもいつまでも読んでいられる。心がニッコリ、そんな気持ち。どこまでも甘くて可愛いけど、読み応えがある感じ。王道にして新しい!と思います。湯煎先生の今後もいっぱい期待します!

2

キュンキュン、ニヤニヤ、甘ずっぱーい

小説好きであまりコミックは読まないのですが、ちるちるさんの作者インタビュー記事で心のど真ん中を打ち抜かれてしまったので購読しました。

なにこれ?
めちゃめちゃ可愛らしいではないですか!
そんでもって、どえらく甘酸っぱい!

王道に次ぐ王道の展開なのに、マンネリに陥らずキュンキュンしたまま読み進められます。
絵の魅力が大きいと思うのですよね。
くるくる変わる表情のおかげで感情移入が容易くできるのです。
可愛らしい顔立ちの涙くんですが(おまけに事情があって彼はお花のヘアピンを付けてたりするのですが)大柄なその体つきにはきちんと胸板があるのが解りますし、柔道部の雄二郎くんは小柄ながらきっちりとした堅そうな筋肉がついているのが解る。
これぞ正統派のB(ボーイズ)L(ラブ)の受け攻めの体つき(身長は『ノミの夫婦』ですけどね)。「萌えるな」と言う方が無理ってものです。
パタパタ進む場面展開も動きのある絵が説明してくれるため、文字に頼らなくてもすんなり入ってくる。
ああマンガ!マンガはこうでなくちゃ!

とても幸せな気持ちになれました。
ちるちるさん、紹介してくれてありがとう。

蛇足
電子版には『おまけ』のカラー1ページがついていました。
楽屋落ちのギャグです。
さもないお話なのですけれど、ニヤニヤ笑っちゃっいましたです。

3

圧倒的に光属性の初々しい高校生BL

 キュンキュンドキドキ萌え悶え。☆5つ〈神〉じゃ足りません!今まで読んだ少年・青年・少女・女性・TL・BL全マンガの中で一番好きです。こんなマンガが読みたかった!完全光属性。

 始まりは幼い2人。愛くるしい涙(るい)が溝にはまり、雄二郎が絵本の王子様のように助けるシーン。守ってあげたい、そう思わせる涙でしたが高校生になると二人の身長は逆転。低身長×高身長、まだ恋を自覚していない幼馴染の甘いラブストーリーです。

 身長がコンプレックスな雄二郎。素直になれず不器用なところもありますが、涙が傷ついたかもしれないと思えばちゃんと謝り、ここぞの時はやっぱり王子様のように頼れる男です。涙は可愛い~と思ったら、グッと色っぽかったり…雄二郎が(勃った)となるのも納得。告白シーンのガッツは感動ものです。ラブストーリーとしての胸キュンはもちろん、各所にちりばめられたクスッと笑えるシーンも魅力的です。湯煎先生の擬音の使い方が、どストライクでした。

 友人の竹中くんと海野くんも良い味を出しています。当て馬というなら、涙を好きな竹中くんと雄二郎を好きな女子ですが…イライラさせられることはありません。言うなればスイカにかける塩、物語をより甘くしてくれます。可哀想・辛いのは嫌という人も安心して読めます。

 テンポよく両視点で描かれています。本編+pixivコミックでも掲載された年越しのお話+描き下ろしです。本編は最後「あま~~~い♡」とニヤけちゃいました。書下ろしもラブラブ…「着ててよかった」←読むと分かります。伝えきれないステキさ。愛おしすぎるコミック。ドラマCD化も決定しています!

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ