朝、目覚めたら隣に知らないイケメン――! ! ?

道頓堀フライングジーザス

doutonbori flyng Jesus

道頓堀フライングジーザス
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神11
  • 萌×25
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
84
評価数
20
平均
4.3 / 5
神率
55%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス Qpaコレクション
発売日
価格
¥700(税抜)  
ISBN
9784801963528

あらすじ

見知りで華がなくてどんくさい、おまけに童顔な北斗は、
希望していなかった大阪転勤にストレスMAX状態。
やけになって道頓堀川に飛び込もうとしたその時、
一風変わったお説教をしてきた微妙に優しい金髪ヤンキー。
流れで彼のお家[大家族付き]にお邪魔することになり、
酒の勢いでキミみたいなイケメンと付き合って死にたかったと愚痴ると、
「棒なら貸してやれるかも」とセックスする運びとなって…! ?


性格もヒエラルキーも正反対!
じんわり育つ、カテゴリ違いのでこぼこラブ!

表題作道頓堀フライングジーザス

木下大和・元ヤン・23
新垣北斗・サラリーマン・25

その他の収録作品

  • 後日談(描き下ろし)
  • あとがき
  • カバー下 北斗せんせいの夏休み実験教室

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数1

エロかわいさにホッコリ、かっこよさにキュン、人情にホロリ。

紙本表紙は鮮やかなネオンピンクで大阪のコテコテ感がバッチリ出てるのに、電子はくすんじゃってるのが残念。
せっかくストーリーにピッタリな表紙なのにぃ…
(電子化するにあたって、そこはもうちょっと頑張って欲しいなぁ)

分厚い一冊まるごと、ノンケの男前(※元ヤンキー)が、健気な年上にほだされちゃうお話。
人情にホロッとさせられつつ、受けのエロかわいさにほっこりと、攻めのかっこよさにキュンとさせられるお話です♪


地味リーマンの北斗は、いかにもヤンキーな裸イケメンの布団で目を覚ました。
でも記憶が曖昧で…

北斗は、希望してた部署には行けず、大阪に転勤してきたばかり。
慣れない環境に落ち込み、道頓堀を眺めながら、いま死んでも誰も悲しんでくれないと悲観して、辞表を書いて飛び込もうとしたその時!

大和と弟妹達におもしろがら、、、じゃなくて、助けられ、大和宅にお呼ばれしてグチを聞いてもらいます。
北斗は酔っぱらって、思ったことそのまま「キミみたいなイケメンと付き合って死にたかった」と言うと、大和は女と別れたばかりだし、男と経験してみるのもいっかなーって軽い気持ちで北斗にインサートw

北斗は純朴チェリーかと思いきや、準備は自分でしちゃうし(自分で弄ってた)、意外なエロさが大和はお気に召したようです^^

でも北斗は、大和から誘われても、これ以上好きにならないように会わないって決めるヘタレ…
まぁ、そんなの大和に強引に攻められちゃうんですけどねw

そうして北斗は、弟くんの家庭教師をしながら、大和の家族にも受け入れられ、大和ともエロラブな日々を過ごします。


そこに大和の元カノがヨリを戻そうと無茶をしでかしたり、北斗がずっと片思いしていた友達がゲスな誘いをしてくるんだけど、この当て馬との対比がすごくいいんですよ!

大和は両親が亡くなり、弟妹達の面倒を見るのに必死で、遊びたい彼女には家族が邪魔に思えた。それは弟妹達も気にしていたのだけど、北斗は「君たちがいるから今の大和くんがあるんだよ」と。
そこをわかってもられるのも、大和にとって大事な家族のことも大切に思ってもらえるのも、がんばってきた大和には嬉しいはず!

北斗の友達は、、、北斗の片想いに気付いてたくせに友達を通し、今になって「俺のことをわかってくれるのはお前しかいない」と誘ってくるわ、大和を侮辱するわの最低のゲス野郎です!
昔の北斗だったら、そんなゲスにも言い返せなかったかもしれない。
でも大和と出会って、北斗も強くなり、大和のために頑張ります。


大和の小っちゃい弟妹達はかわいいし、大阪らしい明るいノリのお話の中で、ホロリと人情も盛り込んでくるのが良かったです。
顔も性格も男前な大和と、純朴かわいいだけじゃなくて年上らしくしっかりした一面もある北斗はお似合い♪

描き下ろしやあとがきの二人のじゃれあいがホッコリかわいい♪


櫻川先生の5冊目のコミックス。
そのうち竹書房発行は4冊すべて読んでますが、テンポが良い今作がいちばん好きです。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ