誘惑のボディーガードと傷だらけの数学者

yuwaku no body guard to kizudarake no sugakusha

誘惑のボディーガードと傷だらけの数学者
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神36
  • 萌×26
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない5

--

レビュー数
7
得点
208
評価数
49
平均
4.4 / 5
神率
73.5%
著者
七川琴 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
ノラサメ 
媒体
小説
出版社
イースト・プレス
レーベル
発売日
価格
¥720(税抜)  
ISBN
9784781686165

あらすじ

フリーのボディーガードとして警護を請け負う元軍人の深見のもとに、奇妙な依頼が舞い込んだ。
ある天才数学者を、テロリストから護衛してほしいというものだ。

テロの脅威などほとんどない平和なこの国で
バカンスのような仕事だというが、
護衛対象である数学者・南雲はかなりの変わり者のようで……!?

<b>孤独な天才×魅惑のボディーガード
ガチムチ受けエロスの最新刊!</b>

表題作誘惑のボディーガードと傷だらけの数学者

南雲陽司、変わり者の数学者
深見顕、南雲の警護を受け持った傭兵・元軍人

その他の収録作品

  • あとがき

レビュー投稿数7

ガチムチ好きなら読む価値有

前作の僕の可愛い〜もかなり尖った設定で評価(好み)がわかれる作家さんではあると思うんですが
ガチムチ好きならとりあえず本作読んでみて!とオススメします。

前半は基本的には日常のボディーガード業務を主軸に話は進みますが、
後半の怒涛のエロ描写のエロさったらガチムチ受けの醍醐味これだなって思いました( ˘ω˘ )
詳細に語るのは自重しておきますけども(笑)

ちょっと尖った設定が目立つ故にそちらに目がいってしまう人もいると思いますが、
天才故の孤独とか押し込めた劣等感とか
自分の見たいようにしか相手を見ない傲慢さも
相手が見せたいように見る素直さも
普段の生活から零れがちな人が抱えるモノを書かれてると感じたのでその辺りも私は好きでした。
この辺は作品に何を求めるかによりますけどね。

1

『守られる強さ』というものに説得力があって、感動しました

『ぼくの可愛い妊夫さま』が異様に良かったので、こちらも今更ながら手に取りました……ああ、リアルタイムで読んでおけばよかった。いや、今読んでも面白かったんですけれどもね。
七川さん、好きだわ。

お話の中に仕掛け的なものが散りばめられていて、それを見つけたりすると「ニヤッ」としちゃう。
粋なんですよ、それが。
例えば『数学者とはどういうものか』を表す為、黒い羊を見かけた時に天文学者・物理学者・数学者が言うであろう言葉を綴った部分があるんですが。
私、これは単に『数学者というのはこんな風に、一切の曖昧さを避けて、事実を正確に言い表すものなんですよ』ということを知らせるためだと思ったんです。
でもこれ、終盤に襲ってくる大きな感動を裏打ちしていんですよ。
これがあったから「あああああ、南雲だからこそ深見がずっと重荷に感じていた事の認識を改めさせ、彼を救うことが出来たのか!」と思えたんです。
上手いよなぁ、こういうの。本当に上手い。

最初はね『幸せになることを諦めた、若き孤高の変人数学者』が、何らかの事件に巻き込まれ、自信を取り戻す話だと思っていたんですよ。
私、甘かった。このお話、数学者だけじゃなくて、ボディガードの方も『幸せになることを諦めた』人でした!
だから『2人が救われる』お話なんです。
どちらか片一方が与え続けるのではないの。
守っているつもりが、気づいたら守られていた。
与えているつもりが、気づいたら与えられていた。
2人の関係はとても流動的で常に変化しています。

これ、心理面だけじゃないんですよ。
『男同士の恋物語』では、年上が・体格の良い方が・力のある方が『攻めである』という(まぁ、今はかなりバラエティに富んではいますが)固定的なお約束も吹っ飛ばし、なおかつ、トップが攻めていてボトムが受けているという概念すらもなくしちゃっている気がしましたよ、この2人の肉体関係。
受け入れている方が攻めている。次の瞬間には攻めていたはずの人がドロドロにされちゃっている。
本当に流動的。
ひとつのところに留まっていないんです。
だから面白い!

そして、こういう関係性を持てた理由が愛!あるからこそなんです。
相手を思う気持ちがあるからこそ、守ったり、守られたり出来るという。
互いへの信頼が、延いては自分の周りの人々への信頼につながり、2人の大きな変化(成長と言ってもよいかもしれません)をもたらすんです。
これ、かなり、かなり感動しました。

いやー、とてもとても面白かった。
またしても好きな作家さんが増えました。

1

お…面白かったぁあああ!!!

冒頭から映画顔負けの船上での戦闘シーンが書かれていて
おっとこれはただほわほわするようなお話ではないなと気を引き締めました。
過酷な任務を遂行してきた元軍人が天才数学者のボディガード…。こいつぁ面白くないわけがないぜ、と。
天才数学者という段階で多分私には南雲を理解出来ないだろうな、なんて
つい序盤から先入観を持ってしまっていました。
(お恥ずかしながら数学が一番苦手な科目でした…)
深見も護衛の為にコミュニケーションをとろうとしてもなかなかうまくいきませんでしたし。
ところが、南雲なりに深見と話そうと頑張っていた事がわかると途端に愛おしい!
どもりながらなんとか気持ちを伝えようとする姿は、
もしかしたらイラッとしてしまう方もいらっしゃるかもしれませんけども
兄からの過度な蔑みでもうずっと委縮してしまい仕方なかったのです。
腹立たしい気持ちになりながらも、
南雲を気遣う深見、今までにない様子で必死に深見を庇う南雲という素敵な関係性も生まれてくるので
兄はわりと噛ませ犬的なところもありました。

後半にならないとHなシーンが無いのですが
それがまたたまらなく濃厚!!!もうどっぷりいやらしい!!!
深見の誘う姿や感じまくる様子が言葉では表せないほど!!
南雲はよく鼻血を噴き出して倒れなかったなと感心してしまいましたww
南雲も細見の体のわりにアッチがデカいらしいのでそのギャップと
DTらしいがっつきも良かったです。
深見についてまわっていた噂の真相も明らかになって大変驚かされました。

体を繋げた後日も、深見が抱えていた闇を解き放ってあげようとしたり
兄との確執も解消されつつあったり
今まで断り続けてきた講演の依頼を受けたりと
南雲の努力に感動させられました。
深見の、自分自身への自虐的な思い込みも実際はそうではなかったので
読後は本当に晴れやかな気分でした。
もっと早く読めば良かった……!!

ノラサメさんのイラストも非常にぴったりで素晴らしかったです!!

1

天才の愛し方(はドえろい)

うーん、何というか、読後感は「置いてきぼり」、かな…。
いえ、面白いですよ。
読み応えもあります。
しかし、当初この主人公のボディガードさんが数学者に対して抱いた「数学の事が全然わからない」と感じる焦りと同じような気分。
冒頭は、ボディガードの深見が身を投じている危険で血生臭い世界の描写。
続いてラクな仕事と評されて赴いた数学者・南雲の護衛。
南雲がなぜテロリストに狙われているのか、おそらく研究の内容のためだろうと思ってそれを知ろうとするが、数学が高度すぎてわからないことと、南雲本人の極端なコミュ障のために非常に戸惑う様子。そして南雲の兄の意地悪と執着心。
この辺が1冊の半分くらいまで。
話が通じない、と思っていた南雲のピュアな人間性に次第に惹かれ、嘘のない彼との時間に癒されはじめる深見。
…のあたりはまだわかりました。が、深見が南雲への「恋愛」を自覚するあたりから理解の速度が合わなくなってきた感覚。
そしてその後、南雲に好意を告白する深見ですが、それに応える南雲のいきなりの豹変ぶり。
え〜〜まじすか?
全然別人みたいで。
そうなってからの後半はエロ、エロ、エロ、怒涛のエロで、一気に物語の色が変化しましたね。
で、その変化に私がイマイチついていけなかったという事。前半との整合性が気になりました。
この作者様の前作がオドオド攻めxガチムチ受けで、本作も属性は似た感じ。だからエロ展開が始まってからの既視感というものもありました。
どう見ても攻めみたいなガタイのガチムチが受ける!という設定自体は、私的に美味しく読めましたし、ラスト、立派に講演をやり遂げる南雲と、その陰の愛の威力は良かった!
エロより心メインで良かったんじゃ?と思うよ。

1

数学者が設定だけに終わったのが、残念でした

数学者という設定のBL小説が珍しいだけに、期待しすぎたようです。稀代の天才数学者で変人という設定だけで話がおさまってしまっていて、話に広がりが無かったのが引っかかりました。
一般人にとって全く知らない外国語のように難解で未知の領域である数学の世界に挑む楽しさ。それを数字の魔力に取り付かれた数学者の1000分の1でも読者が体感できるような内容であったり、数学者の業の深さや数学の世界に絡んだ謎解きミステリーが展開されれば、評価は変わっていたと思います。
個人的に「天才数学者の三雲はスゴイ人間だ」という描写の連発に気持ちが萎え、話に入り込めませんでした。そのスゴさが伝わってこなかったのが、残念です。
所詮BLはエンタメと言ってしまえば、そうなのかもしれません。しかし自分にとって特別なものであるので、余計に作品に深みや何処かリアルさを求めてしまうのです。

受攻の意外性がこの小説のアピールポイントのようですが、残念ながら、そこを楽しめるまでに至れなかったです。漫画やアニメであれば、読者に訴えるのは、ビジュアルの占める割合も大きいので、キャラ設定やキャラの造形等で萌えれば、充分作品として満足出来ることも多いです。ところが、小説・ゲームになると、膨大な文章を読むのに根気や時間も必要になるので、プラスαとなる深みや読書した成果となる知識・薀蓄が欲しくなります。

小説家が某業界を主題にされる場合、その業界に関するかなりの知識や下調べが必要になります。今までに無いテーマに挑むのは、作者さんにとって大変な挑戦だったと察します。ボディーガードの深見の経歴等もユニークで面白かっただけに、掘り下げが浅い所が残念でした。登場人物の性格が一貫していない所も気になりました。

1

作者の熱量が伝わる良作。

七川琴さん2作目の小説ですが、デビュー作は私にはハードルが高く(男性の妊娠出産は手に取れず)未読のため、初めて読んだのが今作です。
全体通して感じたのは、作者が熱意を持って好きなものを書き、読者に届けよう!という気持ちがひしひしと伝わる作品だな、ということ。
そうした熱量が伝播する作品は強く記憶に残ります。
偉そうに申し訳ないのですが、設定に少々「?」がつく箇所があったり、主人公・南雲の兄があまりに分かりやすい「嫌なやつ」過ぎて人物造形が薄っぺらく感じたりもしました。
でも、そうした小さな引っ掛かりよりも作者の熱量に追いやられるようにどんどんページをめくり、あっという間に楽しく読了しました。

物語は元軍人で今はフリーの傭兵をしている深見がボディーガードとして日本に戻り、天才数学者の南雲を護衛するところから始まります。
この南雲が命を狙われ、それを阻止するというお仕事話はあくまで二人の恋愛を展開するための設定であり、大した盛り上がりもなく解決したのは少々肩透かしだったのは否めません。
ただ、このお話の核はあくまで二人の恋愛であり、互いに欠けている(と思っていた)ピースを愛情と信頼で埋めて前に進んでいくという人としての在り方を読者に見せてくれる物語であったと思います。

そしてセックスシーンについては、軍人上がりで実戦的な筋肉をまとった深見が受けで、数学者で運動とは無縁な南雲が攻めという体格差がエロいなぁ、と。
普段は弱々しくみえる南雲がセックスの時はギラギラと攻めていくという作者のフェチ心がしっかりと伝わるシーンも満載!
個人的に逆体格差はそれほど興味を持っていませんでしたが、今作で「これはいい!」と開眼しました(笑)

5

可愛いな!可愛いな!!可愛いな!!!

そして、めちゃくちゃ深いな!!と言った感想しか出て来ないです。

(色々な)作品の広告を見て毎度よく思う事ですが、ガチムチ受けとかエロとかとにかく話題性のみを強調するより、深い心理描写とか心を揺さぶられる感動部分を強調した方がいいんじゃないでしょうかね・・・。
それだと手にとって貰える確率自体が低くなるかもしれないけど。

ガチムチ妊夫と言う衝撃的なデビュー作からの、第二作目。
今作もガチムチ受けです。

インパクトと言う点では前作よりやや劣るものの、今作も傭兵受けに数学バカな数学者攻めと、結構な変わり種。
が、こちら、その変わり種の設定部分の裏にあるのは、BLの基本に則った、実はかなり正統派と言った「萌え」だったりします。
一番大切な事がしっかり書かれてる、超誠実な作品なんですよ。

とは言え、かなり血生臭くグロいシーンなんかもありますし、受けは生粋のガチムチ。
読者を選ぶと思われますので、苦手な方はご注意下さい。


内容ですが、変わり者の数学者とボディーガードによる両片思いもの。
めちゃくちゃ可愛いのですが、深いストーリー性と心理描写で読ませてくれる作品でもあります。
で、表紙の髭面のガチムチが受け、ヒョロヒョロでムサい方が攻めになります。
元軍人で傭兵である深見が、ボディーガードとしてかなり変わり者の数学者・南雲の警護をする事になりー・・・と言うもの。


で、こちらですね、主役二人のキャラが魅力的なんですよ。
かなりの変わり者でコミュ症ながら、根は真っ直ぐで芯の強い南雲。
対して、天然のひとたらしで男前、そして心に傷を持つ深見。

先に基本に則った正統派作品と書きましたが、まず最初からこの二人はすれ違いです。
終始深見の視点で進むのですが、南雲がコミュ症過ぎて、二人の距離は凄くよそよそしいのです。
が、南雲がよそよそしいから嫌な奴かと言うと、その逆。
コミュ症ながら深見に対してキチンと思いやりある行動をとるんですよね。
また、深見もですね、南雲が(数学バカで)人の名前が覚えられないと聞くと、常に名札を付けたりして、南雲が名前を言えなくて気まずい思いをしないよう気を遣ったりする。そして、その事をちょっと寂しく思ったりする。

で、お上手なのがここから。
いつもちゃちいパイプ椅子に座って、南雲を見守る深見。
そんな彼に南雲が座り心地の良い椅子をプレゼントした事から、二人の間で誤解が解け、距離が徐々に近付いてゆく-。
南雲は深見にどう接すればいいか分からなくて挙動不審、深見は南雲に怖がられてると落ち込む・・・。
完全にすれ違ってた二人が、互いの内心をようやく話し出して誤解が解けるのが、もう嬉しくて仕方ないんですよ。
椅子を使って欲しいとつっかえつっかえ話す南雲に、「すごく嬉しいです。実は尻が痛くて・・・辛かったんです」と答える深見と。
何だろうな~。
序盤からすれ違い時のもどかしい心情が丁寧に描写されてる為、互いの誤解が解けて笑い合うだけで凄く萌えて仕方ない。
で、ここからどんどん打ち解けていく二人が、もう可愛くて可愛くて!!
南雲の不器用ながら真っ直ぐな好意にキュンとし、そんな彼に誑し込んでいるとしか思えない甘い態度を見せる深見にニヤニヤしと言った具合で。

あとこちら、深見の兄がかなり嫌な奴です。
弟を貶める事で自分のプライドを保つタイプでして、かなり南雲に対して歪んだ執着心を持ってるみたいな。
もう彼が出て来る度にイライラはマックス。
でも悲しい事に、彼みたいなのは現実でも実際に存在するんですよね。このリアリティありまくりの描写もお見事。

これまでですね、南雲はそんな兄の言いなりです。
しかし深見と出逢い、彼は少しずつ変化するー。
そして何ともスカッとさせてくれるのが、南雲が兄に決別を告げるシーン。
嫌な奴ザマァ展開と言うのは、何故こうも気持ちよいのか。
南雲が兄をやり込めるのが、自分が攻撃されたからでは無いんですよ。
深見の過去の痛い部分をついて、彼を深く傷付けたからー。
深見を背に庇う南雲が格好良すぎて悶絶だったりします。
ダメダメだと思っていた南雲が、実は凄く芯が強くて真っ直ぐな愛情で深見を思ってるのに感動してしまう・・・。
南雲、格好良すぎるよ!!

そんな南雲兄弟の歪んだ関係も深くて面白いのですが、深見の心の傷部分もとても深いです。
実は彼は、自分自身を嫌いだし、信じる事も出来ずにいる・・・。
ここでの、心の傷をさらけ出しあう二人のシーンが、とても心を打たれるのです。
誰だって間違いをおかすし、利己的な部分もある。
でも、そんなの人間として当たり前じゃ無いか!!と思ったりして。
個人的にですね、実は弱いと思っていた方が、本当は強いんだよと言う展開が好きなのですよ。
まさに南雲がそのタイプ。
やっぱり南雲、格好良すぎるよ!!

まぁこの他にも波乱があったりしますが。

あとですね、結ばれた二人ですが、超エロ三昧です。
後半の5分の1位はひたすらエロエロエロエロ。
深見が超色っぽいんですよね。
彼は天然の人たらしだなと思うシーンがチョコチョコありますが、エロではそれが全開。
童貞の南雲はひとたまりも無いです。
エロ大好きな私も、お腹いっぱいになりました。

と、超素敵な作品なんですよ。
ガチムチ受けやエグい描写もドンと来いと言う方には、ぜひ読んで欲しい!!


11

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う