• 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作俺が好きなら跪け

加藤貴博(28)、銀行商社担当第一営業部
松田悠樹(28)、銀行石油担当第二営業部

その他の収録作品

  • リテイク

あらすじ

エリート達がしのぎを削る東都第一銀行本店。
その21階の営業部のフロアで働く松田は、
同期の加藤をライバルとして意識している。
仕事でも、女でも、人望でも、
勝ったと思った次の瞬間には、
加藤に見下ろされている自分がいる。
ある夜、残業していた松田はふとしたことから、
彼女に二股をかけられていることを知ってしまう。
プライドを傷つけられ苛立つ松田だったが、
「女の趣味が悪いんだよ、俺にしとけ」と
いきなり加藤にキスされて!?

作品情報

作品名
俺が好きなら跪け
著者
里つばめ 
媒体
漫画(コミック)
出版社
大洋図書
レーベル
H&C Comics CRAFTシリーズ
発売日
ISBN
9784813032014
4.2

(382)

(199)

萌々

(109)

(61)

中立

(8)

趣味じゃない

(5)

レビュー数
43
得点
1622
評価数
382
平均
4.2 / 5
神率
52.1%

レビュー投稿数43

二人のやりとりにめちゃくちゃ萌えるー!!

里つばめ先生が元々大好きですが、今回は特に、エリートリーマン×エリートリーマンのお仕事もの。
仕事にプライドを持つ男達がしのぎを削ると言うのは大変痺れます。

と、エリート同士のプライドのぶつかり合いみたいなのを想像してましたが、これが微妙に違うんですね。
現実にありえそうなリアリティのある舞台に、これまたリアリティのあるキャラ。そして独特のテンポと絶妙なハズシ。
里作品の良い所がこれでもかと詰まってる作品でした。


内容ですが、エリートバンカー×エリートバンカーのリーマンものです。
同期でいつも自分より一歩先を行く加藤。
プライドの高い松田は彼を一方的にライバル視し、張り合う日々。
そんなある日、自分の彼女に二股をかけられていた事を知る松田。
加藤から「女の趣味が悪いんだよ、俺にしとけ」と突然キスされー・・・と言うものです。

で、この二人、非常に対極的です。
プライドがとても高く負けず嫌いで強気な松田。
対して、飄々としていて人の気持ちに疎い加藤。
仕事に対するスタンスも当然違っていて、熱く取り組み妙な所で情に脆い松田に、仕事は仕事と割り切っている加藤。
先にプライドのぶつかり合いを想像していたと書きましたが、そんなワケでぶつかり合いになりようがないのです。
一方的に松田がライバル視しており、それを加藤が興味深く見てると言った所。

こんな二人の関係がお仕事部分で萌えさせてくれまして。

取引相手を切り捨てる事が出来ず、自身に出来る事を懸命にする松田。
そんな彼に、割り切る事を迫る加藤。
加藤の方が正しいのです。正しいのですが、ここで見せる松田の「プライド」が格好いい。
「お前それでも男かよ」と加藤を蹴り離し・・・と言った具合で。
いやもう、里先生の作品て、攻めと受けがちゃんと対等な男同士なのが痺れるんですよ。
こんな「対等な男同士」のやりとりに最高に萌えてしまう。

また、松田に飄々とした態度ながらグイグイ迫る加藤。
彼の松田に対する最初の印象ですが、「めんどくさい奴」です。
周囲に興味が薄く冷めた部分のある加藤ですが、こんなエピソードが過去にも繰り返され、松田を意識するようになったのであろうと!!
と、読者に自然に落とし込むストーリー運びもとっても巧みでした。

この後、振った女子社員から腹いせでセクハラを訴えられ、強制的に休みを取らされる松田。
そんな彼の自宅に加藤が現れと言った流れ。
ここでのやりとりもあくまで対等な男同士と言った感じで、最高に萌えるんですね。対等な男同士、対等な男同士としつこくて申し訳ないんですが。
いやもう、加藤の結構な執着ぶりなんかも分かって、ニヤニヤさせられました。
いつも飄々とした印象の加藤が、初めて赤くなり素の顔を見せるのにも、またニヤニヤと。
惚れた方が負けだね!!
描き下ろしの二人のあまりの甘酸っぱさにも悶絶しました。

里先生のリーマンものがお好きな方、とってもおすすめですよー!!

27

札勘むずかしい

里つばめさんのリーマンBL大好きです。

女キャラがいい味出してる。松田は「ざまあみろ」発言の元カノとは気が合いそうだしお似合いだと思うんだけどw
次長3人もいい。松田の上司は受ですよね!?

他の方のレビューにもあるように、加藤が松田を恋愛として好きになったきっかけや過程がもっと見たかった。
松田の仕事に対する姿勢が好きなのはわかるし、自分をボンボンだと特別視しなかったところもツボだったのかな。「髪下ろしてるのいいな」とか何度も可愛い連呼してるからそもそも顔が好きとか…笑

出版の都合で5話に纏めないといけないのもあるだろうしそこは仕方ないのかな…
書き下ろしが甘くてきゅんとしたのでもうなんでもいい!

エロシーンはキャラの眼差しを強調するようなコマ割りや、局部が見えないアングルでの描写だったのがエロさはありつつ過度ないやらしさがなく、そこがとても良かったです。
「何でもするから」って言われたときの加藤の表情好きだなー!

話の本筋とは無関係だけど太陽光の所長さんは結局どうなったんだろう…きっと松田がなんとかしてくれたと信じたい。

続編も読みたいな〜と思える一冊でした!

24

淡白そうに見えてめっちゃ受けのこと好きじゃん!!

仕事ができる男たちの攻防ってなんでこんなに萌えるのかしら!!
エリート銀行員同士で、かたやボンボンでそつなくなんでもこなしちゃう攻めと、女にはだらしないけれど、意外と情がある受け。
普段は淡白そうなのに、受けのことになると、強引で男くさくなる攻めがたまりません!!
Hの最中も、受けのこと可愛い可愛い言ってる攻めが可愛かったです!
スッキリした絵柄も好みです。
攻めが受けのことを好きになる過程ももう少し見たかったなー。
続きがあったら是非読みたい一冊です!

19

相手を意識させるには?

私生活だらしないけど仕事が出来る松田(受)が意識するのは、同期でライバルの加藤(攻)。ライバル同士で恋愛するのね!
…いや、確かにライバルで同期の恋愛物語ですが…まさかの1話で"俺にしとけ"と松田にキスしちゃう加藤(๑*Д*๑)!! マジか!めっちゃ面白いじゃん!!一気にグッとお話に引き込まれました(^^)

加藤の押しの強さと、案外チョロすぎる松田の性格で笑、2人は無事結ばれますよ(//∇//)でも、それまでの道すがらは結構難あり!難ありというか、松田が嫌がらせを同期のクソ眼鏡にされたり、私生活が祟って元カノから訴えられたり、松田は忙しい笑!加藤は程よく助け、でも松田に煙たがれたしますが、ここぞと言う時は松田も加藤もカッコイイんです(^^)同僚なので仕事の事でもぶつかりますが、でも内心は互いを認め合ってるんですよねー!イイなぁ(^^)

最終話で跪いてプロポーズする加藤、照れてごまかす松田、微笑ましいです(^^)
そして、その先も描かれていますが、めっちゃグッときます!ぜひ読んでいただきたい(^^)!さりげなく自分を意識させる加藤って凄い(//∇//)松田はもう照れちゃって可愛い(*´꒳`*)

これは同期でライバルの銀行員のお話ですが、その設定が、より一層加藤の愛ある発言を萌えさせたり、松田の照れを可愛くしてくれます(^^)里つばめ先生のスーツ男子達がマジで大好きなので、同じく好きな方は、このお話はカッコよくて面白くて楽しんでいただけると思います(*^_^*)

13

リーマン物は里先生ですね

里先生はやっぱり面白い。でも、もうちょっと読みたかった。足りません。もうちょっと加藤に絆されて行く松田が見たかった。
しかし、松田の女の趣味悪すぎて笑えた。
太陽光事業の話しはあれからどうなったのか、プロジェクトでの2人の活躍ももうちょっと見たかった。
エッチも一度しか無かったし。
だんだんと松田が可愛く見えてくるから不思議。あの性格に難有りの松田が何故に企業を救ったのか、また救おうとしているのかがはっきりとしていなかったので、続編希望です。

9

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(コミック)一覧を見る>>

PAGE TOP