introduction-春田作品集-

introduction haruta sakuhinshu

introduction-春田作品集-
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神3
  • 萌×28
  • 萌7
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
69
評価数
19
平均
3.7 / 5
神率
15.8%
著者
春田 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
Jパブリッシング(ジュリアンパブリッシング)
レーベル
G-Lish Comics
発売日
価格
¥879(税抜)  
ISBN
9784866691749

あらすじ

雑誌イチの人気を誇るモデル・三池陸だが、その態度は不真面目で楽観的。
そんな行いがたたり大事な仕事に穴をあけてしまう。
副編集長・橋本郁巳の冷静な対応で事なきを得た三池は、自分を見放さずにいた郁巳に興味を持ち近づこうとすると彼のいつも冷静な瞳は揺れ、肌は赤く色づいた。

表題作「気まぐれと甘噛み」ほか、年齢も立場も違う彼らに訪れた恋のはじまり7編

レビュー投稿数4

恋は始まるまでがいい

読み終わってじわじわと萌えの余韻が押しよせてくる作品集でした。
エロを期待している人にはお勧めしませんけど、良質なラブストーリーズです。(他のレビュアー様がコメントしているように、まさにこれが、Boys Loveだなぁと。)他の春田先生の作品と比べたら、大人しめで、インパクトには欠けるかもしれませんけど、短編なのに滋味深い、噛めば噛むほどのスルメ的な作品集だと思います。

内容は、帯にある「どんな愛にも、はじまるがある。」というコメントが表している通りです。始まるまでの、不安、ドキドキ、そして始まった瞬間の幸福が感じられる1冊で、寝る前とかのひととき、ふっと手に取ってお気に入りの一篇を読んだりするのにいいです。結構分厚いのに通常コミックとそれほど変わらない価格なのでCPがいいです!(何度も楽しめるし)

個人的に好きなのは、探り合いがもどかしい陸上部DKものの「いちについて」、クリーニング屋さん男子とリーマン「夜とうらはら」、カメラ男子とイケメン大学生の「ルミノグラフ」でした。どれも恋人になる手前までが丁寧に描かれていて、とても美しいのです( *´艸`)。尊い過程をいろんなシチュエーションで堪能できます。繊細な心理描写が素晴らしいので、むしろ、普段は小説が好きという方のほうが楽しめるかもしれません。(余白や行間からイメージを広げられるような気がするので)

0

どのお話も良かった!

春田先生の既刊本で唯一読んだのが「運命の番がお前だなんて」だけでした。

そしてこちらの作品集に興味を持って購入しました。イメージが全然違ってて面白かったです。

色々なタイプの恋愛のお話が入っていて、短編ながらどれもが練られていて実力のある作家さんなんだと再確認しました。

「運命の番がお前だなんて」に比べると大人しい印象の作品ばかりですが、モデルと編集者のお話とか高校生の話は読んでてキュンキュンして大好きでした。

違う春田作品をもっと読んでみたいと思ってしまいました。

0

今日もどこかで誰かが恋をしている

300ページ超えのコミックスはかなりずっしりきますね。
内容もバラエティに富んでいて
切なめ、ゆきずり、コメディ、ほんわか、それぞれが春田さん色の短編集ですが
特に好きなのは
『昼下がり憂鬱デリバリー』です。
苦手だと思っていたイケメン宅配ドライバーが、
実は人懐こくてとても変わったヤツだったという読み切りのお話。
こういう楽しい感じの変態(言い過ぎ?)を描くのがホントお上手www
ヤマハト運輸の黒部、見た目は少し幼いですけどしっかり者で頼れるので
競合会社と言われる佐山急便・白崎が憧れてしまう気持ちもわかります。
アパート中で噂が広がってしまったのなら周りは固めたも同然なので
白崎が黒部に猛烈アタックも難しいことではありませんね。
そこが是非読みたいです。

あと、彼女と自分の親友に裏切られ自棄になり
見知らぬ男と関係してしまう主人公の話『アンダ―ザフロア』、
意外にも結構好きです。
愛のあるHが好ましいので普段はいいなと思えないはずなんですが
なんでなんだろう…。
ゆきずりだと言いながら、またこのクラブに通ってお互いを探して
恋になってくれたらいいなと妄想してしまうんです。
何も知らない二人が、どんどん相手を知りたくなってもう離せなくなったら…。
春田さんにはそんな意図は無いのかもしれませんが
ついハピエンにさせたがってしまってすみません。

3

BLって、boys love なんだなぁ。

たっぷり300ページ越え、読み応えありました!全体的にストーリー重視でエロ少なめのほのぼのな一冊です。
BL研の春田さんの300ページ越えなんて家に置けない!!書店で見かけた特典ペーパーもすげーえっち!!!家に置けない!!!(2回目)
と思って電子書籍にしましたが、BL入門にもばっちりなくらい、むしろBL研なんてぶっ飛んだ設定考えた人と同じ作家さんとは思えないくらい、男の子たちの様々な「好き」という純粋な感情が詰まっていて心温まりました。

7カップルの内訳は

・読モ×雑誌副編集長
・陸上部同級生
・リーマン×クリーニング店の息子
・大学生同士
・親友と彼女に裏切られてクラブで行きずり
・ライバル会社配達員
・作家×世話役

って感じでしょうか。
読モと大学生の話が配分多めです。


切ない、とか健気とかって言葉が似合いのカップリングや男同士の恋愛への葛藤が好きな方は少なからず刺さるものがあるはずです。
個人的には作家先生と世話役くんの「咲き待ちの梅と読みかけの本」が1番好きでした。恋慕だけでなく、作家としての憧れに基づく苦しさに
すご…すごく………良い…これは良い……
と当たり前のように語彙力をなくしましたが、これ以外も、ほんと、ほんと良かったですよ。


これまでの春田さんのイメージとは違って、だからこう……ぇっちが少ないとか、そういう意外性に驚いてしまって神評価ではないのですが、BLが“ボーイズ・ラヴ”の略語だったことを思い出させてくれるステキな作品集です。描き下ろしが可愛いので短編で読んでる方にもオススメします!内容の分だけお値段はしますが、期待に負けないものが絶対にあると思うので、迷ってるなら手に取ってみてください。

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う