先生のことは、おれが守るから。

大人で子供で先生で

otona de kodomo de sensei de

大人で子供で先生で
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神13
  • 萌×27
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
94
評価数
21
平均
4.5 / 5
神率
61.9%
著者
ナリ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
ふゅーじょんぷろだくと
レーベル
ポーバックス BABY comics
発売日
価格
¥675(税抜)  ¥729(税込)
ISBN
9784865895360

あらすじ

不良生徒と担任教師の一筋縄ではいかない禁断愛。
先生をめぐり、ヤクザと壮絶バトル!

世話焼きなヤンキー×生活力ゼロな教師

担任教師の茅根(かやね)が同性に迫られる現場を目撃してしまった不良男子・井関(いせき)。以来、井関は茅根のことが気になってしまう。学校での茅根は一見クールだが仕事熱心で生徒想い。しかしプライベートの茅根は生活能力が低く、そして、どこか色っぽい。井関は何かと茅根の世話を焼くようになり、だんだんと2人の距離が縮まっていく。その矢先、井関の前に茅根との関係を仄めかすヤクザ・滝口(たきぐち)という男が現れて…。
ヤンキー受けの代表作『ファンキーヤンキーベイビーくん』のスピンオフ。先生のダメなギャップにどうしようもなく惹かれてしまう硬派ヤンキーの恋の行方は!?
今作も好きな男のため命をかけた野郎どもの戦いが勃発!

表題作大人で子供で先生で

井関瞳吾,硬派な不良高校生
茅根 律,ヤクザと因縁を持つ教師

その他の収録作品

  • 子供と大人とハジメテと
  • 4年後のはなし(カバー下漫画)

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数5

ハッピーなBLあるあるは好き、笑えるし!でも逆は…

ファンキーヤンキー〜のスピンオフが出ていたとは!
ebjの801フェアで知りました。

茅根先生美形で気になってたんですよね。
今作では学校生活はそこそこにプライベートな茅根をクローズアップ。この先生何やらスジもんと関わりがあるようで…。
恋のお相手は前作姫野の友人井関、生徒×先生モノですね。

感想なんですが…茅根の過去がぁ…
今回の邪魔者(当て馬とは言いたくない一ミリも良いところの無い最低最悪なヤカラ)滝口に弱味を握られてるんだけどその過去が酷いもので。
高校時代、家庭教師としてやって来た滝口を好きになり付き合うことになるんだけど、幸せ絶頂の時にドン底に突き落とされる展開に吐き気…。複数の男女?に多分まわさ…(詳しい描写は無いが)

高校生の茅根は見た目も中身も幼くてとっても可愛いんです。体もまだ出来上がってないガリガリで薄っぺらい感じ。滝口にただ純粋に恋していて。私そういう子が複数の大人の慰み者にされるってのがここ最近本当に気持ち悪くて暗い気持ちになってしまって(そしてBLこのパターン多すぎ)…ダメだった。

そこの部分が尾を引いてしまい肝心の井関との恋愛にちょっと集中出来なかったかも(◞‸◟)
でも井関はめっちゃ良い男です!!
後輩のために犠牲になれる男気もあるし、好きな人のピンチには必ず助けに来て全力で守ってくれるし。
男らしいのに恋愛に関しては純で、先生の色気にドギマギしている様子は可愛くもあり(あっでもエッチは怖いほどガツガツだった)

滝口を成敗するシーンではこの作者さんらしい、「骨のある受け」を見られたのは醍醐味で良かった。
帯にもあるように今作は攻めのカッコ良さを読む物だとは思う、確かに井関はカッコ良かった!けど…ファンキーヤンキー〜みたいに読んでスカッとしなかったのが個人的に残念。

0

漢の恋!!!

「ファンキーヤンキーベイビーくん」のスピンオフの位置づけとして描かれたこちらの作品。
表紙のラフのような絵も、前作の表紙と合わせたもので、良いな~~と思いました。この荒っぽい鉛筆感が、彼らの戦いや感情の動きを表している気がします。
前作を読まなくても問題なく読めますが、ところどころに前作要素があるので、読むと今作が何倍も楽しく読めるのでは...と思います。

ーーーーーーー感想とネタバレーーーーーーー

今作、恋に重きが置かれているような気がしました...!お互いに徐々に惹かれていっているのが見てとれて、早くくっつけ~~ともだもだした気分になります。

攻めの井関はTHE高校生ヤンキーな感じですが、後輩思いでまっすぐな良い男です。好きになった相手のために身体を張ったりと頑張る反面、嫉妬したりと年下らしい可愛らしい一面もあります。

受けの茅根は無気力な教師ですが、問題のある生徒のために頑張る良い教師。色っぽさを持ち合わせている彼の過去は辛いものでした。
茅根の過去は結構ヘビーで、まだ幼かった茅根が大学生の滝口に良いように扱われているので、こういう展開が苦手な人には注意が必要だと思います。

茅根の男である滝口との対峙が物語の中心にはありますが、過去との決別をする茅根とそんな彼をどこまでも追いかけていく井関の熱い恋もちゃんと進んで行きます。
先生と生徒という肩書きが壁として立ちはだかりますが、最後は卒業式を迎えてようやく恋人となるので問題ありませんでした。

本当の意味で結ばれるのは、描き下ろしで。たまらなくえっちでした...初心者な井関と色っぽい茅根の組み合わせ、若さに翻弄される茅根が最高です。

2人とも互いの大切なものを守ろうと奮闘する、漢の恋でした。

3

BLだけどしっかりヤンキー漫画!でもギャグも!

”ファンキーヤンキーベイビーくん”スピンオフ

”ファンキー~”ではBLというよりも少年漫画のような喧嘩に重きを置いた作品でしたが、今作は前作同様ヤンキー漫画らしい内容を描きつつBL要素もちゃんと描かれていて滝口(ヤクザ)とのやり取りにドキドキしつつも茅根と井関の関係にキュンキュンもさせられました!!

漢らしい井関は常にかっこよかったぁぁ!
前作から茅根はただもんじゃねぇなぁとは思ってたけど過去が・・・切なかった(涙
でも描き下ろしがハッピーすぎてもぉ「よかったね!」しか出てこない!

2

お互いを想う気持ちに萌えが滾る

ナリさんと言えば、某海賊漫画の二次の世界では超絶な人気を誇った作家さま。という事で、ナリさんの作品は某海賊漫画を彷彿とさせるものがあるなあと思いつついつも拝読するのですが。

今作も、

ヤンキーで。
CPのうちのどちらかが料理が得意で。
わんこ攻めに、
チャラ男に見えて実は男前かつ健気な受けさん。

という、非常にナリさんらしい作品だったように思います。

『ファンキーヤンキーベイビーくん』のスピンオフものですが、前作未読でも問題なく読める作品でした。が、『ファンキー~』の受け・菊花の友人が主人公であることと、登場人物たちの説明はなく当然のように出てくるので、前作を読んでいた方が話は分かりやすいかもです。





主人公はDKの井関くん。彼が『ファンキー~』の受けの菊花の友人です。
ある日井関くんはたまたま高校の担任である茅根が男に迫られキスされているシーンを見てしまう。それをきっかけに、茅根のことが気になり始めるけれど―?

というお話。

今作品の台風の目になるのは、茅根と因縁がありげな滝口という男。
茅根を傷つけるために滝口が目を付けたのは井関くんで…。

序盤、滝口は悪い奴としては描かれていません。
それが、茅根と再会したことで滝口の「何か」にスイッチが入った。

そこからストーリーは怒涛の展開を見せます。

滝口が登場するまでは、しいて言うならほのぼのとした空気感で話は進んでいます。
茅根のことが気になる井関くんと、先生として対応する茅根先生、といった構図。

なぜ、こんなに茅根のことが気になるのか。
そんな井関くんの無自覚な恋心がコミカルに描かれていて、ほんわかムード満載です。

なのに、滝口の登場によりストーリーは一気にシリアスに。その展開にどうなってしまうのか気になり、ページをめくる手が止められませんでした。

バッサリ言ってしまうと「よくある話」で、先の先までどうストーリーが動いていくのか読めてしまう。けれど、ナリさんらしいバトルシーンだったり、井関くんと茅根先生の相手を想う気持ちにぐっと惹きつけられました。

茅根先生が滝口にかつて受けた仕打ちはかなり痛いので(直接的な描写はあまりまりませんが)、痛い展開が苦手な方は注意が必要かもです。が、その過去のトラウマを、井関くんにフォローされ、そして井関くんの存在を得たことで克服していく過程に激萌えしました。

基本的にバトル漫画の様相を呈していますが、その分終盤の彼らのセックスシーンが、クッソエロいです。けしからんエロさです。

修正が薄いのでtnkが割とはっきり見えちゃってますが、無自覚にエロい茅根先生に煽られる形で暴走する井関くんのDTぶりが非常に美味しかったです。

少年漫画やヤンキーものがお好きな方には超お勧めな作品かと思います。

攻めくんも、受けさんも、どちらも漢で、カッコいい作品でした。

2

守り、守られ

ファンキーヤンキーベイビーくんのスピンオフみたいです。
私はそれを知らないで単品として読んだのですが楽しめました。

でも前作から読んだ方が理解は深まりそうですね。
前作のメインらしきキャラの名前が上がったり、登場したり、とあったので
先に読んでおけば良かったのかな?とちょっと失敗したかも…(ФωФ;)

内容は書影にも載ってる帯が全てを書いてくれてます。
禁断の背徳感は薄いですが、ヤクザとの因縁バトルに守り守られ。
攻めも受けも「漢」でとてもカッコよかったです!!!

ナリさんと言えば、
私の既読本は受けが陵辱されるシーンが入ってたのと
当て馬がとことんクズばっかりだったんですが。。。
今作もありました。。。(直接的な表現は少なめです)

あと本編では(攻めとの)エロ無しですが
描き下ろし15Pはずーーーーっといたしてます。濃いです。
………振り幅ーーッ!(大好きですけどね!!)

さてさて。
後輩がヤクザとトラブルを起こし、助けるべく事務所に乗り込んだ井関(攻め)。
それを聞いた茅根(受け)は井関を助けようとすっ飛んでいき、ボロボロになった井関を介抱します。
その姿を見ていたヤクザの溝口は過去に茅根とワケアリの人物でした。

後日、茅根が酷い怪我を負ってる姿を見た井関。
その怪我には溝口が絡んでいることを知ります。
茅根を助けようと動くのですが、茅根は「溝口の狙いは井関だから動くな」と制して…。

そうこうしているうちに溝口のしつこさがひどくなっていきーーーと展開します。


井関を守りたい茅根。
茅根を守りたい井関。

なんとしても相手を守ろうとする姿は溝口にとって恰好の的でしかないのですね。
どこをどうイジればいかに遊べるかをわかってるかのようにネットリしてて気持ち悪い。
そんな溝口の性格をよく知る茅根は精神的な恐怖を抱えていました。

で、茅根と溝口の因縁ができた過去が明らかになるのですが胸クソです。

ナリさんの作品では受けが陵辱されるシーンは見たけれど
今までは「身体は痛めつけられるけれど心は折れない」的な表現でした。
しかし今作では溝口はまず精神をへし折るところから始めるのですね…。

そんなトラウマと戦いながらも井関を守るために動く茅根が男前でした。
茅根の過去を知り、茅根の心を守るために動く井関も男前で…(;///;)
分かりやすいラブっぽさは少ないけれど、互いを守る姿に愛を感じます。
読み終えたあとに表紙を見るとグッとくるのですよ~;;

描き下ろしのエッチシーンでにガッツく井関は萌えた!!
我慢出来ない年下攻めって良いですよね…(∩´///`∩)
ようやく抱けた茅根に夢中になってすごく可愛かったです/////

全体を見るとどうしてもBL色は少なめなんですが
それがナリさんの味なんだろうなと思います。
そこはかとなく流れるラブの欠片を探しながら本を読むのも面白いかな。

あと溝口がホントクソだったけど
井関のおかげで過去と決別出来たのは良かったです。

とりあえず私は早急にファンキーヤンキーベイビーくんを買わねばと思いました←

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ