機械仕掛けのくちびる

kikaijikake no kuchibiru

機械仕掛けのくちびる
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
24
評価数
7
平均
3.4 / 5
神率
14.3%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
須賀邦彦 
媒体
小説
出版社
徳間書店
レーベル
キャラ文庫
発売日
ISBN
9784199003493

あらすじ

抱かれて捨てられるぐらいなら、一生告白しない―。
玩具メーカーに勤める相沢の十年来の片想いの相手は、先輩同僚の風間。
学生時代、「卒業記念に俺と寝ないか」という風間の誘いを断って以来、欲望を押し殺して、参謀役に徹してきた。
ところが最近なぜか、風間が挑発するように急接近!もしや想いに気づかれた?駆け引きめいた風間との会話に、相沢は緊張を募らせて。

表題作機械仕掛けのくちびる

風間弘明,28歳,玩具メーカー勤務
相沢芳人,27歳,玩具メーカー勤務

レビュー投稿数3

もっとザマァを!

2005年発表作品。

前半〜終盤まで、かなり好きな展開!
学生時代からの片想い。
恋が終わったら飽きられて離れるしかない、だから恋人よりも頼り頼られる相棒/参謀でいたい…だからこの心は押し殺す。
そんな受けの鋼のようなメンタル。
対して攻めはカリスマ性のある魅力的でリーダーシップのある風間。
勿論恋の相手は途切れなく、男も女も問わず。
今、受けの相沢は風間の後を追って入社した玩具会社で、大きな企画を確実にモノにしていく風間の片腕として活躍している。

そのまま親友として、相棒として、片腕としてやっていけるはずだったのに、その心が綻び始める…
風間が好き、恋をしている、風間の腕に抱かれたい…
そんな相沢の苦悩、自分の心への抵抗、これ以上はもう…という恐れ。
そんな相沢の描写が胸に迫る。
一方、風間は全てを手に入れてきた傲慢さで、相沢に戯れを仕掛けてくる。
そんな風間の描写がもう…読者として腹が立って仕方ない!
相沢の気も知らないで。
ストーリーの展開と共に、相沢はどんどん追い詰められていく。
風間はどんどん調子に乗っていく。
そんなある意味スリリングな攻防があって、そこに誰もが笑顔になれる玩具を人々に贈る、癒しの猫型ロボットを完成させるというお仕事BLの側面もあります。

さて、ついに風間と相沢の結界が破られます。
その時の相沢が飲み込まれる歓喜、官能、そして終わった、と思う絶望感。
読んでて胸が締め付けられる思い。
なのに風間がぁ!
なんだ男に飢えてたのか?気をつけて帰れよ。だって。
はあ⁇
もう怒りですよ…相沢は萎縮してるし。
だから、ほんとに「攻めザマァ」を望んでたんですけど。
甘いんですよ…相沢が許しちゃうの!
本作の大きなテーマっていうのは「誤解とすれ違いに10年費やした両片想い」。
だから風間の方も実はずっと相沢が好きで、でも相手にされてないと思い込んでいて、それで色々な相手と付き合っていた、それどころか毎回相沢に見せつけていた、という真実があり。
でも視点は一貫して相沢だから、風間はただのプレイボーイみたいなんですよね。
相沢をあんなに傷つけて…でも風間の真実を知った相沢は歓びが先に立つ。
相沢良かったね!と一緒に喜ぶべきなんでしょうねぇ…
私の趣味でいうと、後半急に物語力が弱くなった感あり。残念。

0

本気の台詞ならもっと・・・

女も男もとっかえひっかえな攻・風間。
クールで美人受・相沢。

風間とは大学で勧誘され、そのまま学生会(企画部、みたいなもの)に入ってからの付き合い。
行動力も統率力も企画力もある風間だが、細部には大雑把。
そのフォローをしている間に、いつの間にか2人は名コンビ。

風間はとにかくモテます。
飽きっぽいのか頻繁に恋人が変わる。
しかも相手は女だけじゃなく、男もいる。

相沢も実はモテモテです。
会社の同僚(妻子持ち)に酒の席で微妙にせまられてたり(相原は気付いていない)。
提携会社の年下社員にも惚れられてる。
会社の慰安旅行先の温泉では、他の客に迫られたり。

学生時代に風間の誘いを断って以降、良い先輩後輩の関係でいたと思っていましたが、最近では微妙に風間の態度が変わってきていることに気付きます。
はっきりと言葉にはしないものの、微妙な距離で触れてくる態度や、温泉での視線・台詞などに相沢の心が揺れます。
そのくせ風間には現在進行形の男の恋人がいて、相沢は風間の恋人とも何度か顔をあわせることもあって…。

風間も相沢も、ずっとお互いを好きなのです。
本命の相沢に対しては、欲望とか色々な気持ちが焦りを産んで上手く言葉を使えず、誤解させてしまう風間だし。
風間の様々な恋愛(本気ではない恋愛ですが)を見てきているから、同じように捨てられるのは耐えられない、と気持ちを押し殺す相沢と。

風間からの「卒業記念に俺と寝ないか」との誘い…普通は断りますよね?
この台詞、相沢には「気まぐれ」か「興味本位」、あるいは「お試しセフレ」の誘いにしか思えなかったんですね。
だって風間が後輩(男)に甘くささやいて抱いている場面を見てしまってましたから、相沢は。
「卒業記念に」なんて台詞は、とても口説き文句には思えない。

でもこの台詞、風間にとっては「一世一代の本気告白」だったらしいのです…。
いくら本気の相手(相沢)を前にテンパッてたからって、この台詞はないよなぁ、風間。

最後は甘々な2人。
恋愛だけじゃなく、きちんと仕事もしているBLでした。

2

回り道の恋愛

 玩具メーカーに勤める相沢は、十年来片想いをしていた。
 その相手は、大学時代の先輩でもあり、現在の職場の同僚でもある風間。
 風間は、学生時代から人を引っ張るカリスマ性のようなものがあり、多くの人をひきつけ、同時にモテまくっていた。
 そんな風間に対し、相沢は「抱かれて捨てられるぐらいなら、一生告白しないし、恋人関係にはならない」と決めていて。
 一度だけ、卒業を間近に控えた風間が、「卒業記念に俺と寝ないか」と誘いをかけてきたことがあったが、相沢がそれを断って以来、二人の間に何もなく数年の歳月が経過していた。
 相沢は、風間を追って同じ会社に就職し、風間の参謀役に徹していた。

 ところが、二人で出かけて以来、少しずつ風間の態度が変わってきていた。
 今まで、学生の時以来、性的なものをにおわすこともなかったのに、それとなく態度にそれを匂わせてくる。
 挑発するようなそれに、相沢は戸惑い、自分の感情をセーブし続けることに疲れを覚える。
 また、もしや想いに気づかれたのではないか、と神経をすり減らす日々……

 そして、ついに二人の間にあった緊張の糸が切れて……

 という話でした。
 どっちも雁字搦め。

 本当は風間も、相沢のことが好きで、玉砕覚悟でもう二度と会わなくても大丈夫だからって理由でようやく自分の想いを冗談めかして告げたのに、恋愛関係は拒否されて、それでも「そばにいる」って言われたら、それはそれでしんどいだろうなー……とちょっと同情。
 いい加減、向こうも向こうで煮詰まるよねー……

 そのくせ、ちゃんと恋人がいたりして、その時々に相沢よりもそっちを優先してるところなんて、あんまりいただけないんですが。

 そんな感じで、変に考えすぎる二人の煮詰まり物語でした。
 お互いラブラブなはずなのに、回り道をするまわりくどい大人の恋愛がお好きな方にはオススメします!

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う