灰の月 上

hai no tsuki

灰の月 上
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神81
  • 萌×212
  • 萌3
  • 中立2
  • しゅみじゃない11

71

レビュー数
18
得点
464
評価数
109
平均
4.4 / 5
神率
74.3%
著者
木原音瀬 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
梨とりこ 
媒体
小説
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイノベルズ
シリーズ
月に笑う
発売日
ISBN
9784799741818

あらすじ

本橋組組長の息子・惣一は5年前に敵に襲われたトラウマで、一時も1人きりでいることができなくなってしまった。
同時に押し込めていた自分の性癖も暴かれてしまう。
性欲処理を寡黙なボディガードの嘉藤が見ている前で行っていたが、ある日道具の代わりに嘉藤自身をねだると彼は命令に従い惣一を抱いた。
感じたことのない強烈な快感にもう一度とねだるが、嘉藤に「抱くのであれば女の方がいい」と拒絶されてしまい…。
『月に笑う』の山田と路彦のその後のエピソードも収録。

表題作灰の月 上

嘉藤、本橋組組員・惣一のボディガード、43歳
本橋惣一、本橋組組長の息子、33歳前後

同時収録作品月に笑う バレンタイン編

加納路彦、外資系保険会社社員、24歳
山田信二、何でも屋の従業員、28歳

その他の収録作品

  • 月に笑う 大晦日編

レビュー投稿数18

愛してもらえない人と愛されては困る人の凄まじい描写力

ちるちるさんのYou Tubeチャンネルで木原先生作品の紹介をしている動画を見て購入。私はアオイトリが大好きでそこから木原先生の過去作品を買い漁っていましたが読む時間が作れずしばらく本棚の前に置いていました。

しかし読み始めたら、結末が気になって気になってあっという間に読了してしまいました。

あらすじは他のレビュアー様が書かれているので感想を書きます。

この作品は受の一途な片想いを延々と見守るといえばそうなんだけど、そこはやはり木原先生だけあって、徹底的で容赦がなくて、あまりにすごすぎて、読了後、呆然自失。なんでこんなにすごいんだろう…と思わずにいられないほどの容赦のなさ。そして、もう攻・受の心理描写や行動描写が凄まじいほどに徹底的で救いがない。

でも一方でそこまでに徹底的なので、読者は作品世界にどっぷり浸かって、どんどん夢中になって読み進められます。木原先生の作品は読者の心に響く吸引力というのがすごいと思います。痛くて、もうやめてあげて…と思うけど、絶対に最後まで見届けたい感。とにかくすごい。

受の惣一の攻の嘉藤に対する愛情というのはもう凄まじくて、愛してもらえないのに絶対諦めたりしないんです。とにかくずーっとずーっと嘉藤のことが好きなんです。

過去にされた凌辱・レイプがトラウマとなる一方、身体的には男に愛される悦びを認識することとなった惣一。惣一にとって、嘉藤と最初に身体を重ねたときから、嘉藤のことが好きだったんだと思います。しかし、嘉藤にいとも簡単に拒絶される。

なんでも手にしてきた惣一からしてみれば、嘉藤の拒絶ってかなり堪えたと思うけれども、この上巻で綴られる惣一の嘉藤への執着は凄まじいもので、いくら仕事とはいえ、毎度、ワガママと無理難題、さらに応えられない愛情を一方的に押し付けられる嘉藤は超人的な忍耐力のある人だなーって思いました。

この嘉藤の惣一に対する本当に淡々とした受け答えも秀逸で、嘉藤というキャラクターの骨格がめちゃくちゃしっかりしていて、読んでいて安定感が半端ないです。

嘉藤も嘉藤で子供の頃に両親の事故をきっかけに人生が暗転。本当に可哀想すぎる子供時代を過ごし、生きていくために図太く諦めず生きてきた人というバックボーンがあるので、コレと決めた主人がどんなに自分を困らせても簡単には態勢を崩すことがないんですよね。

上巻で心に刺さったのは、惣一がアイマスクをしながら金で買われた男とのセックスをしている最中に嘉藤の名前を呼ぶ。行為が終わって嘉藤が惣一をバスルームに連れて行ったときのシーン。

惣一が嘉藤をバスルームの床に押し倒し胸ぐらを掴んで、さっき抱いていたのはお前だ、嘘でも認めろ、と嘉藤に迫る。
ややおいて、嘉藤が、そうです、私です。と答えると、泣きながら嘘つき!と嘉藤を罵倒する惣一。嘉藤が、自分をこれ以上幻滅させないでくれ、と惣一の耳元で囁くと、号泣して悲鳴する惣一。その悲鳴が耳障りで、それをキスして塞ぎ、惣一が暴れて怪我をしないように強く抱きしめる嘉藤。

このシーン、本当に何度も読み返しました。愛してもらえない苦しさをそのまま、オブラートに何も包まずにストレートに何度もぶつける惣一。それがわかっているけど、自分ではどうすることもしてやれない嘉藤。

作中、惣一が嘉藤に愛してもらえない苦しさからいろんなことをするのですが、その中でも、上記のシーンが本当に胸が痛くて痛くて…。惣一の弱さというか、女々しさというか、そういうのもあるんだけれども、愛してもらえないことをこんなにも苦しく、辛く、自分ではどうすることもできない、感情のコントロールがまったくできないところまで追い詰める描写力に、ただただ圧倒されました。

そして、上巻の最後に初めて嘉藤が、疲れた…、とつぶやくシーン。本当に心からそう思ったと思います。惣一を愛してやれないことの代償は大きく、嘉藤も追い詰められていきます。でも、惣一に対して、「恐怖」みたいなものはなく、哀れんだり呆れたりしているんです。

惣一って完全に嘉藤のストーカーだし、普通の人だったら、絶対恐怖に思うと思います(笑)でも、そのことよりも、嘉藤はヤクザとしての惣一に惚れ込んでいたってことなのかな…。そういう意味では、嘉藤も自分の理想を惣一に押し付けて、惣一の本質を否定、もしくは矯正しようとしているとも言えるかもしれません。まぁ、でも、嘉藤はもともと異性愛者だし、嘉藤としてもどうすることもできない過酷な状況には同情するほかなしでした…。

上巻の最後は、嘉藤がこのままではいけないと、自ら大阪へ行き、惣一と決別したところで下巻へ。

上巻はひたすら、愛してもらえない苦しさ、愛に応えられない苦しさをこれでもか!と緻密に徹底的に描写しています。あまりの苦しさですが止められない。圧倒的すぎて神評価しかありません。

2

心を鷲掴まれる

[月に笑う]のスピンオフと知らずに読み始めました。
ヤクザもので寡黙で従順な部下とビッチな二代目。

なんだかちょっと肩書きは違うけど、鳥のタイトルの大人気BL漫画作品と似てる?と読み始めたけど、もっと手強かった。困った坊ちゃんに手を焼く部下のお話でした。
二代目特有のワガママ傍若無人ぶりで全然受けに対しては感情移入出来ず、この困った人はどうなるの?って思いしかなかった。
ゲイとして覚醒するキッカケの強盗強姦&殺人未遂の時も可哀想なんて思えなかった。
なんとしても生き延びてやるってハンガリーさも無ければ、自分の今までの行いを振り返っての反省もない。情けないお坊ちゃん。

その襲われた事のトラウマでセキュリティが気になって常に嘉藤を側にはひらせていて、ワガママ放題。
ある会合で急遽泊まりになった時に惣一おもちゃセットのトランクの中にディルドが入ってなかった事から、ディルド代わりをさせられそこから執着されて上司が雌犬化して面倒臭い事に。ノンケの嘉藤は丸く収める為に性欲処理の手伝いしたのに嫉妬したりとにかくイジイジぐじぐじと子どもっぽい。
いくら組長に忠誠誓ってて仕事面で惣一をリスペクトしてたとしても割に合わんよ。

なんなんだ、コイツは。

そして嘉藤の過去、サラッと描かれているが案の定壮絶な10代を過ごしている。

この世界の何処かにいてるかもしれないなって思わせるキャラクターを描くのが木原先生は本当に上手だな。
そして、全くBはLしてない。
下巻でどうなるのか、楽しみです。

同時収録のSS2作が[月に笑う]のお話で
未読だけど顛末知ってしまったーー

[月に笑う]の方は、お互い思い合ってる2人。
コワモテ元ヤクザが優し過ぎるあまり、可哀想な子をほっておけない性分が出てました。

しかし、好きなカップリング。みんなが通常思うのと逆。可愛い年下の方が攻め、コワモテ元ヤクザ受け。
それが、初リバもある!なんて美味しい。
よっしゃ、こちらの本編も読みたいぞ。

0

読んでて辛いけど、ページをめくる手が止まらなかった。

ヤクザのボディーガード×ヤクザの組長。
私が初めて読んだ木原音瀬作品がこちらです。こんなに凄まじい作家さんがいるなんてと衝撃を受けました。
猟奇的で救いのない展開が続き、メンタルボロボロ。
金曜日の夜中に読み始めて、ショックで二晩眠れずほぼ三日起きてました。土曜日は布団から出られず、ご飯が喉を通らず、それでもこの作品の中毒性に負けて、何度も読み返しました。
平日に読んだら仕事が手につかなかった。メンタルが弱ってる時は読めません。

0

試し読みの段階で何度も挫折していたものの、ようやく上巻を読みました。
「オパールグリーンの明るい壁に、黒い絨毯は趣味が悪い。足元が暗すぎて、穴の中に落ちていきそうな気分になる。」
初めの一文だけでも痺れます。
これから読もうとこのレビューを読んでいる方がもしいたら、是非ネタバレを読まずに読んで欲しいです。(神率と読者許容範囲は全くの別物で、地雷多い人は細心の注意を)

個人的にヤクザものは題材として惹かれないのですが、組長の息子である主人公の惣一は従来の気質を嫌うインテリで、身の回りの警備用面子とその衣服もシュッとさせているので読みやすかったです。それより何より、ここぞという決めシーンでなくてもグッとくる、惹きつけられる文章でグイグイ先を急ぐように読みました。

惣一の警備にあたる嘉藤は姿こそスマートでいるものの、ヤクザの血が染み込んだ性格で、強いボスを欲し、盲信して身を捧げる。惣一は嘉藤との一夜(三日三晩?)が忘れられず求めるも、嘉藤は元から女好きで、惣一の男の部分(頭脳、先見性、カリスマ性)を尊敬するだけ、なし崩しに懐柔はされない。
淫乱で女々しく、女に嫉妬し、子供っぽい惣一が面白く、とびきり切ない。組長に頼られた嘉藤、嫌々な惣一に頑張るの図は滑稽で笑えました。

二人が相手に求めるものが全く違うので、同じ空間にいても共有していない温度差、キッツい言い回し(こんなに男を棒呼ばわりする作品ないでしょう…笑)、鋭い感情表現と側から見た時の滑稽さが木原先生独特で最っ高でした。

上下巻あることで行為描写が丁寧で緊張感が増し、いつもながら結末が全く読めません。
普通のBL(?)であれば、惣一の味を知った嘉藤が夢中になるとか、組長になった惣一に嘉藤が惚れ直してラブエンドとかになりそうなところ、邦画がヨーロッパ脚本?になったようなゾッとする展開が下巻で待ち構えていました。
重ねて言いますがこれから読まれる方がいれば絶対ネタバレなしでどうぞ。

1冊読み終える前に惣一の話が中断、山田達のお話になったので、その分は下巻を読み終わってから楽しみに読みます。

1

間違いなく神作品

初レビューを大好きなこの作品に捧げます。

月に笑うに登場した惣一が主役ということで、軽い気持ちで読んだこの作品。
まさかこんなことになっているとは想像もしてなかった。

とにかく暴力描写が容赦ない!
目をそむけたくなるシーンから始まり、最後の最後まで辛い・痛い・苦しいとしか言えない内容。

こんなに胸が苦しくなった作品は初めてで、かつこんなにもエロイと思った作品も初めてだった。
人によっては地雷になるかもしれないプレイがたくさん登場するが、無駄なシーンが一切ないのがすごい!
必然性・必要性を感じないエロシーンほど白けるものはないが、この作品は納得いかない状況で突然、何の前触れもなくいたすシーンがない!これは嬉しい。

この手の作品にありがちな、相手を拒絶していたが急に心が変わり相手を好きになって二人は幸せに。めでたしめでたし・・・のような生ぬるい展開も一切ない。
とにかく容赦がない。これに尽きる。

そしてこれほど相手に「一途」な人を見たことがない。
彼の一途さが愛しすぎて、苦しすぎて、全力で応援してあげたくなる。
決して人に軽くおすすめできる作品ではないが、自分の中の殿堂入り作品。
趣味に合う合わないに関係なく、彼の一途さをもっとたくさんの人に見てほしい。

1

萌えなくて

萌えなかった…。
私は比較的最近の(?)BL小説と相性が悪いかもしれない。
評判の高い作品を2つほど読んでみたのだが
全然萌えなくて愕然とした。
今回灰の月もダメとなると、しばらく小説からは遠のいた方が良いかもしれない。

この作品がBLなのかどうかも私には謎だ。
全くBのLしてないように思える。
攻めの嘉藤は1巻において徹頭徹尾、受けになびいていない。
上司の命令として情熱的に抱きはしたが、女が良いとハッキリ伝えている。
方や受けの惣一は、重症のトラウマを抱えていて、日常生活もままならないが異常なほど性的欲求があり毎晩男に抱かれないと気が済まない。

様々な男に抱かれる惣一の痴態にも私は全く萌えなかった。
こんなにBLのエロが大好きなのに…
また、この作品しか読んでいない私には、惣一が跡継ぎとして有能な部分が読み取れず(特に具体的な描写はない?)
嘉藤が慕う理由が理解できなかった。

エロラブが読みたい人間はこれに手を出すべきではない事だけは分かった。
いつか結ばれるんだろうな…という私のようなエロラブ脳の期待は打ち砕かれるだろう。
下巻はまだ読んでいないが、いきなりラブが始まるような事があるとは思えない。
もうあきらめ気分だ。
皆のレビューを読んでいると、木原先生の様式美のようなものがあるらしい。
初心者の私にはその美しさがまだわからないのだ。

これから学んでいきたい。


4

なんてったって受けの性癖が厄介すぎてたまらない

「月に笑う」から5年後の話。
繰り返すが惣一(受け)の性癖が厄介すぎてとんでもなく可愛い(個人の感想)

ペニバンつけた女にいれられないとイケない…というなかなか大変な性生活を送っていらっしゃった惣一さんですが、今回はそんな強烈な彼がメイン受け!
もっともっと踏み込んだ彼の性癖を知れました。

ディルドで犯されながらだったら女を抱けるとか
彼女に乳首を触るようお願いしていたとか
大きなディルドは怖いから使わないとか
好きな所を重点的に強請ったとか…

中心にもっているものは立派とは言えず貧相なもので
遅漏気味でイくまでに疲れてしまうけど
性欲は強くてすぐウズウズしちゃう
ディルドを忘れたことで夜、ムシャクシャしちゃうし
喘ぎ声は大きめ……
おまけに雌犬自覚アリ!!!!!

とんでもなくどえれぇ可愛い受けなんですよ…。
度々名前でなく雌犬表記されているのもグッときました。

最初は性事情が厄介すぎて苦労してんだな~と思っていたのですが…組の跡目で顔よく頭よく凄い人なはずなのに…性癖が凄すぎてそのイメージが前面に出てきちゃう。
表面上は完璧にデートのお相手をしていたのに、女にもち⚫ぽの小さそうなホモ野郎と言われているのはグッときちゃいました。
そんな姿が不憫可愛くて…たまらなく好きになっちゃいました(笑)


情人としてのお相手はきっぱり拒まれているのに、嘉藤(攻め)を欲することをやめられず嫉妬と切望を繰り返しそれでも駄目でわんわん泣く姿が可哀想すぎて…なんだこのそそるものは…下半身にゾクゾクくるぞ。
ボスとしての資質はもっているのに、感情的で女々しい雌犬でもあり…嘉藤に執着することをやめられない…そんな気持ちが更に彼を遠ざけてしまうというのに…。


嘉藤と惣一にはBLとしてのLOVEが見えない…でもそれが凄くいい。

嘉藤の態度は変わらず絆されることもなく情にも流されず一貫していたところが彼の心を感じて良かったです。

惣一は自分の感情や性欲をうまくコントロール出来れば一緒にいれただろうに…全ては自業自得。
でもどうにもならなかった…悲しくて虚しい。だけどこのゾクゾクがとてもいい。
嘉藤についてこさせる素質はあったのに、挽回できなかった。

最後、惣一の体を晒してのトドメの一言は重かったですね……。
この余韻を引きずっていたい…でも下巻も全力フルスピードで読みたい…もどかしい。

心ひとつ変われば物語のみにいる完璧な男になれるのに…どうにもならない心情、恋心、気持ちに苦しむところが現実味あって大好きです。
惣一さん、木原先生の作品の中でも上位に名前をあげたい受けだった…。


『月に笑う』のエピソードは甘めでビックリしました(笑)
大体ピリ辛な作品ばかりに触れていたので、わわ…こういう正にBLっぽいお話が逆に新鮮でした(笑)

路彦と山田がなんだかんだ元気幸せで何よりです!
それにしてもリバしてんの凄く納得した…どちらかというと攻受固定派ですが、この二人はどっちでもしっくりくる。

山田が変わらず路彦を嫁にもらった気分でいたことを知れて嬉しかったです。

1

糖度ゼロの主従関係

木原先生の描くヤクザものは淡々とした文体がベストマッチング。先生のお話を読んだ日の夢見が悪いのは何度か経験済みですが、本作もその一つとなりました笑

『月に笑う』に登場した山田が所属する、本橋組の次期跡目候補、惣一が主人公。女にペニバンを着けて犯されないとイケない変態の彼が、その後どんな人生を送ったのか気になったらぜひ読んでみてください。

惣一の側近、嘉藤は彼の性癖を知っていますが、惣一の性具代わりになった日を皮切りに、あからさまに惣一から一方的な恋情を向けられます。嘉藤は将来、組を背負って立つ人間として理想的な男である惣一を支えたいだけで、男同士で乳繰り合うことに何の意味も見出せないし、そもそもドがつくノンケです。たとえ生理的には反応しても、女を愛するように男を愛することはできない。この、惣一と嘉藤の求めるものが永遠に交わらない、根本的な相違が凄惨な末路を迎えることになるのですが…、とにかく先が知りたくなって一気に読み進めてしまいました。

どうにかして嘉藤を自分に振り向かせたいと、惣一が性欲処理にと専属の男たちをマンション呼ばせて、彼らに体を開いてヒィヒィよがる自分の姿を嘉藤に見せつけるルーティーンは、読んでいると時に悲しくなります。アイマスクプレイで自分を抱く男を嘉藤の身代わりにしたり、自分が婚約しても動じない嘉藤に腹を立て、嘉藤が読んでいた文庫本を握り締めながら惣一が二人の男に犯されるシーンに不覚にも胸がギューっとなりました。

惣一の見合いが破談に終わったことで、息子の性指向に嘆く組長は、かわいがっている嘉藤の身を案じて惣一の世話役から手を引かせ、二人を引き離すことに。上巻ではそこまでが描かれていて、巻末に『月に笑う』の二人がイチャイチャしてる短編が二編収録されています。
うーん、山田はやっぱり下なのね…可愛いけど笑

実は初めて読んだ時、本編の続きが気になって短編を読まずにすぐに下巻に移りました。それくらい、これ以降に書かれるであろう惣一の進退と嘉藤の本音が知りたくなったのです。

挿絵も良い仕事をしています。梨とりこさんの絵柄だからこそ、内容のザラつく感触が引き立つと思いました。体温を感じさせないひんやりとした冷たさと感情を伏せた潔癖さが、惣一と嘉藤の背景に合いすぎるほどに合っているなぁと。

7

究極の愛を模索する

内容やあらすじは他の方が書かれているので。

この作品は究極の愛を模索する小説だなと思いました。
痛みの中で、怒りの中で、苦しさの中で、本物の愛を見つける。
それは決して綺麗でも温かくもないけど、ひたすらまっすぐな愛。

そんなものいらないよ、と思う。
でも、手に入れずにはいられない哀しさ。

ままならない愛に捉われた時、人はどうなってしまうのか・・・。
そんな愛に捉われた人たちの美しくも哀しいお話です。

表紙が素敵で何度見てもうっとりしてしまいます。

4

まさかの商業誌

いやー、エロかったっす。同人誌で途中まで読みましたが、まさか商業誌になるとは!!
同人誌で読んだときには、「月に笑う」で悪役だった惣一に感情移入できなくて、嘉藤が不憫だなーと思ってましたが、なんだか可愛く思えてくるから不思議です。さすが木原マジック。
ここからどう両思いになるのか、下巻が楽しみです。
それから、月に笑うの甘々なお二人に会えて最高でした!

7

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う