やまいもさんのマイページ

レビューした作品

女性やまいもさん

レビュー数0

ポイント数12

今年度654位

通算--位

  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

先輩カップルとの絡みが楽しい。

まさかな攻同士の表紙に、攻同士の同居展開。なんだかんだ信頼関係のあるふたり、可愛くてほっこりします。

真矢父にバレて、将来のことを見据え始めるマヤネムのお話。
奔放に見えた真矢の親でもこんなに手強いのに、お堅そうなネムの親はさらに大変そう……と前途多難だけど、彰カップルという頼もしい味方もいるし頑張ってほしい。
けど、ここでルカが再び絡んでくるとは……!かなり病気が深刻そうなのでとりあえず安静に、健やかに生きてほしい……

尊き、ケンカップル。

可愛い~~~!
笠井からも公認になったラブラブケンカップル!ケンカしつつも根底にお互い大好きな想いがはっきり見えてるので、読んでいて幸せになれます。
そして苦楽をともにしてきたふたり、尾上の真っ直ぐさにカブも影響されていく様子が感慨深かったです。
カブが落ち込んでるのを自然に見透かす尾上も、支え合えるとても良い関係性だなと。
らぶとお仕事が程よく合わさったお仕事BL、ずっと見ていたいふたりです。
笠井と印南さんも幸せになって……。

百と卍 コミック

紗久楽さわ 

江戸BLの神作。

笛吹きの美丈夫×元男娼の義弟。
百が天真爛漫で、卍とのエッチにも積極的だから楽しいテンポで読めるのですが、過去編は男娼時代の苦しい境遇がとても生々しく描かれていて心臓が縮む思いでした。
だからこそ命の恩人である卍と、超両想いな現在の様子は心から尊くて……!
百の男前で真っ直ぐなところと、卍のクールに見えて愛情深いところとが噛み合って最高なカップルだなと、拝むばかりです。
あとHシーンのエロスが凄まじすぎます。和風な絵柄がヤミツキになる!

大型ワンコ系不良受!

スパダリ攻×不良受の学園ラブコメ。
不良受ってツンデレが多いイメージですが、この作品は冒頭から受が「攻好き!カッコいい!」って恋心全開なので、見た目はワイルドだけど中身はわんこ、というギャップが最高でした。
そんな健気に攻を慕う受ちゃんが壮絶に可愛いから、攻がハマっていく様子も説得力があって。
完璧超人のようなデキた攻が、受にだけ嫉妬して余裕なくなっていく姿がキュートでした。
Hシーンも筋肉がきれいで見ごたえたっぷり!

猪突猛進さが可愛い

高身長イケメンなのにドジっ子ワンコ×包容力受。
「俺今日誕生日だわ」から始まる、めちゃくちゃ“ありそう”な日常オフィスラブ。
妄想が激しくて空回りながらも猪突猛進な安達くんが面白くて、森さんと一緒に笑いながらも、これはほだされるしかないな~!という説得力がありました。
なんだかんだ振り回されつつ、安達の暴走を全て受け止める森さんはひたすらイケメンだった。
阿弥陀しずく先生の優しくてリアリティがあるタッチ、すごく惹き込まれます。

ノンケ後輩のいいなりになるゲイ先輩

ノンケ後輩×ゲイ先輩の背徳的な学園ラブ。
先輩が後輩に弱味を握られて、言いなりのエロい関係になる、という倒錯的な関係性が萌えます。
先輩は健気で健気で……ちょっと可哀想だけど、めちゃくちゃ気持ち良さそうだし内心触れられて喜んでるのが分かるし、攻も悪い子じゃないので悲壮感はなく安心して読めました。
そんな身体から始まった関係だから、恋愛に発展していく変化が可愛くてきゅんきゅん。
最後はラブラブになれてこちらまでハッピーです。

常軌を逸した発想のふたりが最高

死にたがりの弟アリと、アリがいつ死んでも大丈夫なよう、常に弟を監視する兄タイラ。
最高すぎました。
ふたりとも発想が常軌を逸しすぎているけど、お互い大好きラブラブなのが一貫しているのがほっこりします。
あとタイラが「アリの関心が自分から離れないように無意識に行動してた」って健気可愛い……!
最後「一緒に死にたい」って台詞……初めてアリがいつ死んでも良い、じゃなくてタイラと生きたい、に変われたんじゃないかと思えてとても感動しました。

恋人になったふたりの、

えろえろラブラブ、だけどどこか危うさを感じるふたりの続編。
でもまず、秀那とかんちゃんが思いっきり両想いで、恋人同士として愛を育んでる様子が感慨深くてグッときます。
その傍らで、拭えないかんちゃんの過去。
かんちゃんは「弓への恋心を忘れられない」ではなく、「同じことを今とても大事な秀那に繰り返してしまうんじゃないか」って不安でがんじがらめになってたんだな。
そして今回、陽キャリーマンな側面の強かった秀那の心も深堀りされて、人間味がすごく魅力的でした。

時が、来た。

とうとう………とうとうこの時が………
「なんでも頭の言うことをきく」な忠犬の百目鬼が、Hのときだけ「頭が痛いの好きなら痛くします」とはならずに、最後まで「優しく」抱いたのが印象的でした。
矢代が今まで呪いのように自分は痛くないと物足りない、と洗脳していたのに百目鬼は気づいていたのか。
自分自身すら目を背けていたことを知る恐怖とか、失う怖さとか、克服しきるのは難しいと思うけど、矢代が素直になれますように。幸せになれますように。

トリガー コミック

イシノアヤ 

ひねくれ男の愛し方

幸せを願いたくなるクズ。
三井はとても酷いしクズエリートなのだけど、葛藤した過去や心中を思うと、そろそろ素直に幸せになって良いんだよ、と母心のようなものが芽生えます。
何より曽根が良い人すぎて、ひねくれた三井を幸せにできるのは曽根くらいだよな、出会えて良かったな、と再び親心のようなものが芽生えてほんわりします。
そして、書き下ろしのリバも大変大変おいしくて最高でした。イシノアヤ先生、ありがとうございます。