囀る鳥は羽ばたかない(5)

saezurutori wa habatakanai

囀る鳥は羽ばたかない(5)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神147
  • 萌×27
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない4

7

レビュー数
18
得点
767
評価数
160
平均
4.8 / 5
神率
91.9%
著者
 
媒体
漫画(コミック)
出版社
大洋図書
シリーズ
H&C Comics ihr HertZシリーズ(コミック・大洋図書)
発売日
価格
¥676(税抜)  ¥730(税込)
ISBN
9784813031680

あらすじ

抗争の最中、真誠会若頭の矢代は百目鬼の部屋で向かい合っていた。
百目鬼への想いから目を逸らしていた矢代。矢代を守りたいと思っていた百目鬼。
ふたりは互いに強く意識しつつも、これまで一線を越えないよう気持ちを堰き止めていた。
けれど、追いつめられた百目鬼が矢代に気持ちを告げたとき、
それまで保っていたバランスが崩れてしまう。
自分に大事なものができてしまう、失ってはいけないものができる──
矢代が選んだ道は……!?

表題作囀る鳥は羽ばたかない(5)

百目鬼,元警官で不能のヤクザ
矢代,ドMで淫乱のヤクザ,若頭

評価・レビューする

レビュー投稿数18

それぞれの思いがやっと動き出す…

いろんな意味で緊張感の高い5巻でした。
進みそうで進まなかった矢代と百目鬼の関係性が動きはじめることから生じるそれぞれの戸惑いと激化する抗争の中で次第に明るみに出てくる男たちそれぞれの思惑と。

23話、24話は本当に圧巻でした。
浴室での矢代の告白には壮絶な葛藤が見え、心臓を鷲掴みにされます。
その後のキスシーンが情感たっぷりで、どうしようもなくロマンチックで悶死するかと思いました。
いったん正気に戻った矢代を介抱しながら、雄スイッチが起動してしまった百目鬼の言葉「この身体を もう誰にも触らせたくない」「俺しか欲しくなくなるように」は、あまりにストレートで感動しました。はじめて結ばれる二人のラブシーンなのですが、それば超絶美しいものの、矢代の心身の震えが伝わってくるようで終始不安な印象を覚えるのでした。

後半のヒューマンドラマ、竜崎の「情」の顛末にはうるっときます。嫉妬に燃える平田というモンスターをつくった罪作りな三角さんの過去がわかり、そんなことが!ってことがこれからもっと出てきそうで今後の展開にますます期待大。
それぞれが、それぞれに抱える思いにやっと正面から向き合い、そして動き出していく、物語はこれから!という印象を受けました。
いつも新しい感動があり、本当に最後の最後まで目が離せない、惹きつける作品です。

4

優しくされた後に気付くもの

雑誌でも読んでましたが、一冊にまとまって読むと切なさ倍増でした。
待望の百目鬼と矢代の絡みなのに、こんな辛い思いを伴うなんて…。

お互いの想いをぶちまけセックスをする事になるが、そこに甘さや喜びは一切見えないんです。
幼い頃の性的虐待から自身の「痛み」に気付かないフリしてそれを快感と勘違いさせてきた矢代が、百目鬼の丁寧で優しいセックスにより誤魔化し続けてきた今までの痛み・辛さを認識してしまったかのようなあの矢代の涙。
「俺を壊すな」と言う矢代の言葉から、百目鬼により今までの自分が崩れるという予感もしていたんだろうな…。
矢代に置いていかれた百目鬼は勿論矢代を追いかけて行くんでしょうが、百目鬼を捨てた矢代は元に戻させないんだろうし…と今後の展開が不安いっぱいです。

そして竜崎の矢代への想いがまた切なかった!
竜崎の件といい、平田が過去やらかした事といい、平田どうしてくれよう…と腹たつやらムカつくやら。
平田の一連の行動の起因が三角さんなんですよね。
三角さん…罪な男だわ。

物語はまだまだ続くそうで、今後も胸が苦しくなる展開なんだろうな。
ハラハラドキドキしつつ連載(六巻)を追いかけたいと思います。

3

切ないです

4巻の最後がはらはらどきどきだったので、この先どうなるのか?
結ばれるのが自然なのでは?と思っていたので結ばれて良かったです!
この展開が読めて幸せです。でも、結ばれるのに紆余曲折がありましたね。
なんで相思相愛なのに悲しそうなのかなあ
矢代は優しく抱かれるとよわくなっちゃうタイプかな。
ずっと、乱暴にされながら主導権を握って突っ張っちゃうタイプ…
畳の上では死ねないかもしれないね。
そして、百目鬼捨てて、またやくざの抗争へ
その辺なんだかお話についていけなくなってしまう体たらく
本気で百目鬼、矢代追いかけて
「追いかけて、追いかけても、つかめないものばかりさ
愛して、愛してもうおぅ、近づくほど見えない…」
ばりですかね…
この先の展開を末長く、首をキリンさんにして待とうと思いました

3

ほんの少しだけネタバレ!

今までに沢山のBL作品を読ませてもらっているけれどここまで衝撃を受けた作品は無いかもしれない。言葉を尽くしたいけどでてこない。。。ほんとに単純に凄い、凄すぎる……って思った。BLに限らずNLでもなんでも心臓を持ってかれる、っていう感覚に陥ったのは数少なくて、そのうちの一つに入る。

ほんの少しだけネタバレ↓

1回目読んだ時はただただうわ、うわあぁうわーーーって言いながら読んでたけど何回も何回も繰り返し読むにつれて冷静になってきて、あの最後に虐待されてた過去を思い出すなんて、矢代はまだ全然救われてないんだろうなと思った。矢代自身もよくわかってないくらいこんがらがってるんだろうなと思った。百目鬼でさえ矢代を救えるの?幸福を教えてあげられるの?って感じ。。。後書きにまだまだ続くと書いてあったので百目鬼がここからさらにパワーアップするのだろう……。

最後に…
囀る鳥は羽ばたかないって誰のこと言ってるんだろう?と思ってたけど今巻では囀る鳥=矢代のそばで綺麗だと頑なに言う百目鬼のことなのかなぁなんて思った。

3

深いのは闇か、愛情か。

こういう作品を読んでしまうと、いつも自分がどれだけ〈神〉評価を大盤振る舞いしているか反省させられます。格が違うというか、凄過ぎて神を1つしか押せないことに酷くもどかしさを感じさせられました。付けられるものなら神を10でも20でも付けたい。私の読んだ作品の最高傑作になる一冊と言っても過言ではないほど心を鷲掴みされた一冊でした。

前巻が、こんなセリフを残してオアズケなんて〰️と絶叫したくなるところで終わっていたので、発売日が待ち遠しくてウズウズして読み始めましたが、予想をはるかに越えてよかった…。
(当然といえば当然ですが)今までの矢代がしていたようなただの性欲処理のようなセックスとは違って、一つ一つの行為はもちろんのこと、二人の心の揺れを非常に丁寧にかなりのページ数を使って描かれていて「エロくて悶絶〰️」とか「きゅんときちゃう」といったものとは全く違った苦しいほどの胸の昂りを感じる絡みで何度も何度も読み返してしまいました。

その一方で、二人が抱える目を背けたくなるほどの壮絶な過去やトラウマ、取りまく環境や置かれている立場などいろいろなものが絡み合っているせいで、確かな想いがあってもこの二人は一線を越えるところか、口に出すことも儘ならないと考えていた私としては、身体を重ねるところまでたどり着ければ少なくとも気持ちの部分だけでも好転するものと安直に思っていただけに、百目鬼の抑えきれない想いの告白や、自分だけのものにしたいという独占欲、身体中への優しさ溢れる愛撫、そんな真っ直ぐな想いに対してさえ受け入れられない矢代の涙はたまらない気持ちになりました。

あの涙は、痛めつけられないと感じることができない身体と思わなくては生きられなかった自分自身に気づいてしまったからなのか。手離したくないと思うほど愛しい人に優しく求められることで初めて知った悦びの代償が、自分を守るための虚像だとしたら切なすぎる…。

百目鬼を切り捨てた理由も、雛鳥の刷り込みと同じで自分に心酔するのは勘違いとばかりに言っているものの、むしろ堅気の世界へ無理矢理にでも戻したい矢代の愛情のようにも思えるし…、自らの一番柔らかくて大切な部分を削ぎ落とし極道に生きる覚悟を決めたようにも思える。一方の百目鬼も自分が矢代に向ける抑えきれないほどの想いとは違った〈矢代の何か〉であったとしてもすがりつき繋ぎ止めずにはいられなかったなんてあまりに切ない。一線を越えてお互いが気持ちの深い部分に触れ、今までの関係から変化せざるを得なかった二人のこれからにますます目が離せなくなりました。

そして当て馬好きの私としては(笑)竜崎の不器用に矢代を想う姿に今回もかなりきゅん…ときてしました。瀕死の傷を負っていながらも、怪我を隠して、憎まれ口を叩いて、極道辞めろって忠告したり、さらには乳首まで噛んじゃうなんて…格好良すぎるよ(泣)そんな竜崎に向ける矢代の笑顔がまた素敵で…まだまだ竜崎には素直になれないこじれた愛情みせてほしい!

平田のオッサンの嫉妬深さが半端じゃないことも明らかになったことで話もまだまだ拗れていきそうな気配もするし、後半全然出てこなかった百目鬼の動向も気になる…。
それぞれの抱える闇や、もがき苦しむ姿を見るのは切ないながらも加速していく展開にますます期待は高まります!あぁ6巻が待ち遠しい!!

12

それぞれの生き様

最近この本を読み始めたので、皆さんほど読み込んではいないと思いますが、感想を。

矢代はその壮絶な性的暴行を受け続けたせいで「ドM、変態、淫乱」という自分を演じることで、自分を客観視して生きてきたんだと思います。
ですから、乱暴なセックスは自分を保つための手段なのかな?と。
ですから、矢代の乱暴なセックスシーンはそれもどことなく物悲しく切ない。
それが百目鬼とのそれは今まで経験したことのない行為。
矢代が着ている「変態、ドM、淫乱」の鎧の奥には、性的暴行を受ける前の純真で無力な少年がいるんでしょう。矢代はその鎧を脱ぎたくないんだろうな、辛いから。
だから「俺を壊すな」と言ったんじゃないかと。
でもって、百目鬼の一途すぎる思いも矢代には怖かったんじゃないかと思います。
今まで痛い目に遭わされたり、軽蔑されたり、無感心され続けた人生、でもって、あんな壮絶な子供時代をたった一人で耐え続けて来たんですもの、怖いよね、いろんなことが。
矢代の涙は、あの無力な少年に戻ってしまったゆえの涙なのかなと、でもってまた「変態、ドM、淫乱」という自分を演じるべく百目鬼の部屋を出ていきます。
かなりの切れ者の矢代、他人の何手先もの策を講じる、かなりの策士。
百目鬼を遠ざける手立てをしたのかな・・と思うけど、セックスの途中から、百目鬼は強く、かっこいい男に変化したように思います。
最後はセックスの主導権は百目鬼だったような。
そんな百目鬼なら矢代が講じた策をも乗り越える行動力が備わったのでは?と。
今までの百目鬼とは違う百目鬼になっている・・・と思いたい。
頑張れ百目鬼!いい意味で矢代の思惑を超える行動力で矢代を守って欲しい。

でもって平田は「クズ」、最低の人間です。
男の嫉妬は怖いとつくづく思いました。
平田は誰にとっての「黒羽根」「百目鬼」になることもできず「三角」「矢代」のようにもなれない人間。だけど自己評価だけは無駄に高い。こういう人いますよね、嫌われるけど。

三角さんと黒羽根さんの関係や天羽さんとの関係も書かれていました。
三角さんが襲撃されて黒羽根さんは指を詰めたんでしょうか?
矢代と百目鬼のような関係、そういう黒羽根さんをつまらない嫉妬で刺し殺す平田。
で、今も矢代にもつまらぬ嫉妬で命を狙う男。そんなちっさい男が幹部になどなれるはずがないのに・・・。
しかし三角さん自己評価が低い、それが災いのもとになっているんですよ!過去も現在も!

でもって、竜崎!死ぬんじゃない!頑張れ。
彼も矢代の中に純粋さを見た一人。助かって!!

三角さんと天羽さんの関係はわかりましたが、もっと掘り下げてほしいなと。
天羽さんに興味津々です。また、今後のさらなる活躍に期待。
杉本と七原の関係も知りたい。

願わくば主要キャストは死なないで欲しい、平田も。

おそらく前半戦のクライマックスの巻かと思います。
まだまだお話は続くようですけど、なんとなく一段落という感じ。
後半戦、この男たちの生き様をゆっくり見ていきたいと思います。
とにかく矢代が魅力的すぎて、大好きです。

2

人の気持ちはままならない。それでも求めてしまうもの。

一日千秋の思いでじりじりと待ち続けた『囀ずる鳥は羽ばたかない』の5巻。
4巻が、そんな殺生な~!というところで終わったのでコミックス派の私はかなりのたうち回りました。
個人的な予想としては何だかんだでセックスしないだろうな、と。
そして、5巻。
逸る気持ちを抑えつつ深呼吸してからページをめくりました。


私、人生で初めてセックスシーンで涙。
セックスを拒んだ百目鬼に対して矢代が放つ心ない言葉の数々、わざとそんな言葉を選んで投げつけているのに、いざ百目鬼が傷付いた様子を見てとると、百目鬼以上に傷付く矢代。
百目鬼のまるで子どもの作文のような不器用でまっすぐな告白シーンをその場ではどうでもいいように流したのに、お風呂場でその意味を理解する矢代。
このタイムラグというか、人からのまっすぐな愛情を瞬間的に受け取れない矢代が悲しい・・・。
お風呂場で百目鬼に「・・・お前をどうにもできない」と力なく呟く矢代が脆くて壊れそうで読んでいて胸がキリキリしました。
小学校三年生から義父にいいようにされ、呪いの呪文のように「痛がると余計子供ができちまうんだぞ」と言われる。
子どもがそんな言葉を言われたら、心を、体を守るために自分すらも騙していくしか生きていく術がない。
痛くない。自分は痛いのが好きなんだ。痛くなければ感じない、気持ち良くない。
これは、誰かに強制されているのではなく「自分の意思で痛いのを選んでいる」。
そしてねじ曲げられた自己認識は「ドM」に塗り潰されて。
この自己認識は己を守るための砦だから崩されるのはとても怖いし、本能的にそうならないように幾重にも予防線を張って逃げている。
きっと無意識の自己防衛反応。
そこに朴訥で直情バカ(誉めてる!)の百目鬼がきて、矢代はどうしようもないほど揺れる。
崩されそうに揺れる足場に恐怖しながら、百目鬼に構わずにはいられない。
それこそ過去、眠る百目鬼に優しいキスをこっそりしてしまっていたくらいに。

二人のセックスシーンは切なくて愛しくて。
矢代を大切に大切に扱う百目鬼。
もっと痛くしろ、と言う矢代に「しません」と断固拒否。この辺りの百目鬼の確固たる想いの強さに胸が熱くなります。
どうでもいい奴等としかセックスしてこなかった矢代にしたら、百目鬼とのセックスは何もかもが初めての感覚。戸惑いもあれば、おそらく信じていたもの(セックスなんて全く大したことがない)が崩される恐怖もあったと思います。
矢代の「・・・・・・壊す・・・な 俺を」の言葉を百目鬼は「体」を壊すな(無茶をして体を傷付ける意)と捉えたけど、矢代は「心」の事を言っていて。
この伝わらない感じも哀れを誘う。
セックスの最終盤、なぜここで思い出す!と辛い気持ちになりますが、この愛あるセックスだったからこそ引き出されてきた記憶だったのではないかな、と。
心の奥深く誰も触れられない場所に沈め、矢代自身も認知していなかった「ドMに後天的にさせられたんだ」という事実と向き合ってしまったように感じたシーンでした。
この気付きがいずれ良い方向に進んでくれることを祈るのみです。
矢代が百目鬼に何も告げずに部屋を出て、周囲の人には「百目鬼は捨てた」と言う。
自分から手放し、ヤクザの世界から遠ざけようとするのは矢代なりの愛であると思うけれど、切なくて仕方がありません。
影山に百目鬼への想いを指摘されて(というか、影山は久我に教えてもらっただけ!)、百目鬼はインプリンティングされた雛鳥と同じだと。
矢代が百目鬼から向けられる想いをどんな風に捉えているのか本当のところはわからないけれど、あんなに曇りない想いを向けられてなお「雛鳥」と断ずる矢代の自己肯定感の低さがただただ悲しい。



抗争に目を向ければ、三角は会長から矢代をまわりに認めさせたければ組を持たせて独り立ちさせろ、と言われる。
ということは、暫くは若頭になることはないのかな。
竜崎はまったく報われませんが(愛)情をひっそり閉じ込めていた姿に純情な男だと改めて認識。
若かりし日の、窓辺にもたれた儚い矢代がずっと心に在り続けていたんだな、と。
恋に落ちた瞬間(心に棲まわせた瞬間)から、もうどうにもならないと分かっていただろうことを思えば不敏。
そして、平田。
想像以上に腐った男で!!地獄に堕ちることをひたすら願う。
当初、男の嫉妬は醜いなー、くらいにしか思わなかったのだけど、嫉妬というよりもっと根深く暗い衝動を抱えていることが判明。



ちなみに。
鯨。
見てないようで見てる人。車に乗り込んだ矢代のズボンの裾の水滴に気付く辺り神経細やかなのねー!



神以外の評価をつけることなどできない素晴らしい巻でした。
この先もまだこの物語を読める幸せを噛み締めています。

13

沈めた心が動きだす。

いろんな場所に沈めた心が揺さぶられ、静かに動き始めた巻だと感じました。
この巻で少しだけ「矢代」という人物の 心の柔らかい部分が つまびらかにされた気がしましたが、深い所を知れた分、余計に混乱・困惑した気がしないでもない。

今までの「可愛い部下」ではなく、一個人としての「百目鬼」の存在を認める浴室でのシーン。
「演じる」ことも忘れ、百目鬼に対する思いを ぽつりぽつりと語る矢代さんを見て「高校時代のあの場所から 彼はほとんど進めていないんだなぁ」と思いました。同時に、こんな風にあの時 影山にも言えていたなら、何かが変わっていたんだろうか…とも。

思い違いをしていたのか、百目鬼 頑張れ!の気持ちが強過ぎて私が敢えて考えないようにしていたのか定かではありませんが、思っていた以上に矢代さんの中の影山の存在が大きかった・・・
矢代さんの人間関係というか、近しい人との距離感の基準は まだまだ影山なんですね。

待望…のシーンはありますが、甘いだけじゃないからなぁ。でも、濡れ髪をタオルで拭いてあげる場面は良かった。過去とリンクさせる演出が本当に素晴らしい。
百目鬼からのキスで、自分に沸きおこる感情の答え合わせをしていったり…矢代さんは知っているんです、愛しさが込み上げた時 人はどういう行動をとるのか。
でも「この人は本当に恋を知らないんだなぁ」てことも、読み手は容赦なく突きつけられる。

連載されている本誌を読んでいて 私がいつもドン底に突き落とされる、二人が体を重ねる終盤の辛い過去がフラッシュバックするシーン。
ぐっちゃぐっちゃであろう 矢代さんの感情の中で何故あの場面が甦ったのか、正直私には分かりません。
男とヤるのが好き…なのではなく、本当は「相手の劣情を煽る自分が悪い」とか考えていたら、悲しすぎる。

好意を持って もっと知りたいと思い、向き合って 良いとこも悪いとこも受け入れようとするには、矢代さんはこの上なく しんどい相手だと思う。
でも百目鬼には矢代さんの手を決して離さないで欲しい。
浴室で、優しく包み込むように彼を抱き締める百目鬼が とても素敵だったので。

7

とうとうキターーーーー!!!!

とうとう2人がーーー!!!!で感無量な1冊でしたね。
矢代さんのセリフや行動が痛々しくて切なくて何とか幸せになってくれないものかと願わずにはいられません。。
百目鬼、良い男だね。
あんたの愛情で矢代さんを幸せにしてやってくれー!!と読者はみんな思っているに違いありません。。
ただ、なかなか一筋縄ではいかないようなので、これからもそっと見守ります。
後半の抗争部分は、久しぶりに読んだら色々忘れちゃってたので前巻読み直します。。

1

矢代の子供時代のシーンに涙

ついに…矢代と百目鬼が…な巻です!
これが長い長い!この巻の半分は二人きりのやり取りとセックスシーンに割かれています。百目鬼がほんと丁寧で愛を感じる!ここまで前戯にページを割くBLもあまりないのでは?ですが結局二人の本心はまだハッキリわかりません。個人的には一瞬挟み込まれる矢代の子供時代のカットに泣いてしまいました。可哀想な子供には弱い…。
後半は組の抗争の話に戻ります。竜崎やっぱり憎めないやつです。平田の若い頃の話も出てきて面白かった。
矢代は結局百目鬼が好きなんでしょうか…、そこらへんまだなんとなくハッキリしません。そろそろ物語は終盤かと思いましたが、まだ結構続くようで楽しみです。

1

ヤバい

とにかくせつないです
平田の執着がなー
どんな育ち方してきてああなったのか
八代さんと似てるというかおんなじ物のウラオモテみたいな気がしてきました

2

何度も読んでしまう第23話。転換点は百目鬼の涙。

前巻を読み終わった後たまらなくなって雑誌を買いに走ったのがもう1年以上も前だなんて!
第23話、あれから何度読み返したか分かりません。
この回の矢代の発言が、1〜4巻をそれなりに読み込んでいたつもりだったにもかかわらず私の中ではとても予想外なもので、一読目心底驚きながら読んだことを覚えています。
雑誌のレビューに書いた内容とも少し被りますが、その第23話について改めてここでがっつり触れさせてください。(※ネタバレご注意ください)


この作品を4巻まで読んで、百目鬼の矢代に対する感情は色恋のそれというより、もはや「崇拝」に近いものなのだろうということは百目鬼のそれまでの発言からも明確で、これがどう前者の感情に変わっていくのか(もう少し正しく言うなら、どのようにしてこれは恋なんだと“自覚する”ことになるのか)、その転換点はいつ訪れるのか、本当の意味で百目鬼が“勃つ”っていうのはおそらくそういうことなのだろうと、そんなふうに考え、その瞬間を今か今かとじっと待ち続けていました。
そして4巻を読み終わった時点では、きっとそれには百目鬼側のひと頑張りが必要なのだろうと考えていたんです。矢代側がトリガーになるのは矢代のキャラからしてきっと無いだろうから。
でもね、見事なまでにそれは覆されました。

第23話、矢代があまりにも予想外な告白をし始めます。

矢代にとっての百目鬼は「共感」の対象だったんです。
矢代は百目鬼を自分と同じだと感じ、そういう意味でこれまでずっと百目鬼を特別視してきたのだと、そう自分では思っていたのだと。
矢代の口から共感なんて言葉が出てくることにも驚きましたが、それ以上に何でそう思うに至ったのか。
私には矢代の思考回路が全く理解できず、これまでの話をもう一度読み直し、ここでようやく1巻の「漂えど沈まず、されど鳴きもせず」が大きな伏線だったことに気付きました。
矢代の恋愛偏差値は、思いのほか低かったのです。
そして、この矢代の思わぬ心情吐露が百目鬼に大きな変化をもたらします。
百目鬼の目から不意に流れる涙の意味。
思わずつられ涙が溢れてしまった美しい転換点でした。
「強い」と信じて疑わず心酔していた相手があまりにも脆く儚い人だと分かった時、崇拝の魔法は自然に解けていくものなのだなぁ。
「自分はちゃんとこの人の何かではあるのだ」やっとここまで来たか百目鬼。
劣情として閉じ込められていた恋情が一気に溢れだしたであろう百目鬼の涙と心の中を思うと堪らなかったです。

ここからの展開はもうもうもう!!!やばかった…
いまだかつて一夜のセックスにこんなにもページ数を割いたBLがあっただろうか。
話数にして2話分、5巻の1/3のページ数を使っているにもかかわらず間延び感一切なし。すごい熱意!
百目鬼によってたっぷり丁寧に愛される矢代の姿はなんだかもう感無量で泣けてくるし、最初は矢代が可愛くて悶えが止まらなかったのがそのうち矢代にシンクロして私まで心臓がバクバクしてくるし頭から酸素がなくなって吐きそうになってくるし、ホントやばかったです。
パパッと読み進めてしまってはもったいない!と思い、ゆっくりじっくり読ませていただきました。矢代の可愛さはもちろんのこと、百目鬼のオス顔がついに見れたことも感無量だなぁ。なんという攻め方をする男なのか。想像以上のものを見せてくれる攻めでした。
夜明けとともに訪れる矢代自身の心の「夜明け」。きっともう矢代は今までのようなエッチは出来ないだろうなぁ。
あ!2巻の矢代宅のトイレ前でのあのシーンの「答え」もありましたよ( ´艸`)
あの時の自分の行動の意味に矢代は今ようやく気付いたのでしょうね。
思えばあそこで私の囀る萌えはハッキリと始まったのだっけか。

しかしながらまぁ、だからといってこの2人すんなりとはいきません。
えぇもう全然想定内でしたとも。
次の転換点が訪れるまで、またじっと待ちます。

後半はヤクザサイドのストーリーに戻ります。
頭の切り替えがちょっと大変でしたが、前巻から続く竜崎目線の矢代もまた私にとってはグッとくるものであり…ここからの展開も非常に見逃せないものでした。
竜崎の心の中が切ない…
そして三角のことがついに少し見えてきます。そこから更には平田のことも。
5巻のこの怒涛感はなんなのでしょう!
あとがきによると「まだ結構続きます」とのことですから、この先どんどん色んな感情の絡まり合いが浮き彫りになってくるのでしょうね。
楽しみです。
今はちょっとまだ前半への思いが強過ぎて全然頭が回らないけど、落ち着いたらこちらサイドのことも一度しっかりと整理しなければ…


私がヨネダコウさんを読み始めたのは遅ればせながら2014年の後半あたり。
あれから数年弱、こんなにハマっているとは思いませんでした。
今こうして描き続けてくださっていることがとても有り難いです。
10周年おめでとうございます。

22

雛鳥たちの夜

 なんだか私は、大変な思い違いをしていたのかもしれない。

 インポの百目鬼と、相手選ばずの淫乱を標榜しつつその実シビアに選びまくってた矢代(どうでもいい相手としかやらない)。一線を越える、ただそれだけのことがとてつもなく困難に思える二人だったから、そこさえ乗り越えれば、何かもうすべての難題は一瞬で解決して、めでたしめでたしで終わるかのような幻想を勝手に抱いてしまっていた。

 ヨネダさんもあとがきでおっしゃってます。この五巻はようやくある意味で区切りの巻、ではあるけれど、「実はまだ結構続く」と。そう、続いてもらわなければ困るのです。だってまだ何ひとつ答えをもらってない。百目鬼も、私たち読者も。

 混迷の最大の原因は、矢代本人がいまだ混乱のただなかにあるから、としか言えません。この巻のほぼ半分を割いて、濃密に描かれた二人の初めての夜。百目鬼はどんなに欲情に駆られてもやっぱりいつもの百目鬼で、大事に大事に矢代を抱く。一方の矢代はといえば、まるでいつもの彼ではなかった。これまでどんなに凌辱されているように見えても、行為の主導権は決して明け渡さなかった矢代のしぶとさ、したたかさといったものがすっかり影を潜めて、終始いっそ頼りない、いとけないとでも言いたくなるようなその風情。百目鬼のことを「雛鳥」呼ばわりしていた矢代だけど、その呼び名、そっくりそのままアンタにさしあげますから。

 それでも夜が明ければ 眠る百目鬼を残して一人去る矢代。ただ自分のやるべきことを果たすために。このときの彼はもうすっかり普段の切れ者の顔を取り戻していて、周囲にも気取らせない。百目鬼に残されたのは「自分はちゃんと、この人の何かではあるのだ」というあいまいな手応えだけ。これじゃ悩むなって方が無理だよ。

 前半はほぼ二人きりの濡れ場一色ですが、後半はいろんな人の思惑、過去の因縁も入り乱れて、複雑な心理戦の様相を呈してきます。中でもやっぱり光るのは、土壇場に追い込まれてなお褪せない竜崎の矢代に対する想い。そうか、この人はずっと矢代のこと、守ってやりたかったんだ…矢代にはいつもしてやられたり、翻弄されたり、揚げ句は逆に守られる始末でままならないことばかりだったけど、最後に見たその笑顔がまた泣きたいくらいに綺麗だなんて…忠犬百目鬼とはまたひと味違う荒くれものの純情に萌えました。

 そして矢代以上に罪つくりな男、三角さん。あなたが無自覚に垂れ流す漢の魅力は、あなたのあずかり知らぬところでいろんな男たちの運命を狂わせ、悲劇を生んでいたなんて。会長のいう「あんまり色々大事にしすぎるな」はけだし名言。情が深いのもほどほどに。

19

宇宙人、パニクるw

何度もページを行ったり来たりしながら、矢代の気持ちを取りこぼさないように読み進めました…0(:3 _ )~
4巻の「セックスするか」からの、カラーページ!
そこからなだれ込むのかと思いきや、百目鬼の告白~宇宙人パニック!この流れが最高過ぎます…。
3分の1近くページを使っての濡れ場ですが、百目鬼の溢れる想いと、矢代の抗う想いと素直な想いが切なくて涙を堪えながらエロシーン読みました…笑
百目鬼の部屋から出ていく矢代のあの表情は、どういう気持ちだったんだろう…。まだこれだけじゃ掬いきれてない気がして、今後更に気になりました。

竜崎もいい味出してます。彼の矢代に対する思いも、言葉で表すのは難しい…。この間柄もスッキリする時が来るのかな…生きて!
平田の過去や三角の半身、メインである矢代と百目鬼以外のキャラクターも生き生きしていて興味をそそられる本当に良作だと思います…が、もう最後は影山が矢代に突きつけた一言に全部カッ攫われましたよね( ˘ω˘ )
やっぱり!二人が気になる!!!
あとがきに、まだ結構続きます。とあったので、もう思う存分続いてください!一生ついてきます!!って感じでした( ͡ ͜ ͡ )
あまりにも色んなとこに萌えすぎてすっかり抜け落ちてましたが…さりげなく矢代が彼シャツしてます…はぁ…尊い…0(:3 _ )~
百目鬼の彼シャツの矢代…はぁ…なんて色っぽいんだ…ありがとうございます(´;ω;`)

7

萌えがストップ高。

待ちに待った『囀る~』の5巻。発売を心待ちにしていました。

ネタバレ含んでいます。ご注意を。









『囀る~』はBLなので矢代さんと百目鬼の恋のゆくえが軸にはなっているわけですが、でも、『囀る~』の魅力はそれだけではなくって裏社会の世界がきっちりと描き込まれていることも大きい。痛い描写もかなりありますが、それでも裏社会で生きる男たちのプライドと意地をかけた駆け引きがめっちゃカッコいい作品なのです。

なのですが。

5巻は矢代さんと百目鬼の「気持ち」という部分でかなり進展した巻だったように思います。

4巻の終わりで百目鬼のインポが治ってくる。
そんな百目鬼にかける「せっかくだしセックスするか」という矢代さんのセリフが、彼の強がりにしか思えないのは私だけか。

自分の身体を武器にのし上がってきた矢代さんにとって、セックスは駆け引きの道具であり、ギブアンドテイクであり、性欲を解消するためだけのものであり。だからこそ、自分の部下とはセックスしないというルールを課してきた。
そんな矢代さんの百目鬼に対する執着心、失いたくないと願う情、そして。

矢代さん自身、百目鬼に対する想いの「カタチ」が分かっていない風なのがこれまためっちゃ萌える…!
「怖い」
「壊すな 俺を」
とつぶやく矢代さんが、キタコレ!
彼に怖いものなど、今までにあっただろうか。過去の、あの恋の相手以外に。

今まで、彼が自分を守るために身にまとっていた鎧が、百目鬼によってはがされようとする瞬間。
矢代さんが経験したことのない愛情のこもったセックス。
あれだけ色事にたけた矢代さんの動揺っぷりが可愛すぎて、萌えが滾ってつらかった。

そして何より、二人の濡れ場が、めちゃんこ美しかった…。

前半は百目鬼の想いの限りがつまった濡れ場でほぼ占められていますが、後半は『囀る~』ならではの裏社会が描かれています。

竜崎の、矢代さんに対する想い。
平田との対決。
そして矢代さんのヤクザとしての顔。
矢代さんが有能すぎてどないしましょ、と思いつつ。

竜崎の死亡フラグが立ってますが、三角さんの大切にしていた舎弟絡みの過去や、平田の過去。そして何より矢代さんと百目鬼の恋のゆくえ。

早く続きが読みたい~~!

5巻も萌えが滾って仕方のない、神作品でした。

7

ついについに

待ってました5巻!!
4巻でいよいよセックスか...?!と期待していたので本当に待ちに待っていました。

結論としては今までの中で一番だったように思います。なんといっても矢代と百目鬼が結ばれるのが一番グッときましたね。

百目鬼を追い詰めながらも自分も追い詰められる矢代。動揺してそのままお風呂に入ってしまって何故自分があんな行動をとったのか、どんな感情を抱いたのか、ただ考えてさらに困惑する矢代、最高です。
そこに来て抱きしめ、暖かい深いキスを降り注ぐ百目鬼にどう受け止めればいいか分からないものの矢代なりに受け入れ抱きしめ返す描写は、二人の思いが繋がったのかな? と思いました。

頭のてっぺんから足の先まで、ひたすらに舐め尽くしてマーキングするように甘い愛を注ぐ百目鬼に、甘すぎて受け入れるのが大変で吐きそうという矢代に対しての発言は、矢代の全てを受け入れる覚悟ができているという意味の表れなのかなあと思いました。

繋がるシーンはなんかもう滾りますね、ひたすらに。あまりの百目鬼の愛におもわずイってしまう矢代が最高に妖艶です。愛のあるセックスをこれでもかというくらいに注がれた矢代はどんな感情を抱いたのでしょうか...。自分の気持ちを自覚して、その後どうなって行くかが楽しみです。

久々の竜崎登場、かと思いきやしばらくは会えなくなってしまいそうですね。それが矢代なりの守り方だと思うととっても切なくなります。竜崎もまた矢代に惚れていた男の一人で、その気持ちを明かすことなく去って行く姿カッコ良すぎです。

とにかく、切ないの一言にすぎますね。平田の過去も驚かされるものばかりでした。もう一度一巻から読み直して復習しようかしら...

次巻はいつですかね。矢代と百目鬼に幸せが早く訪れることを願います

7

え...私のレビュー、長すぎ.....!?

⚠︎清々しいほどのネタバレ⚠︎


ついに百目鬼と矢代繋がりましたね...(物理)
そう、、まだ物理です繋がってるのは、あくまで!!ここからが佳境でしょうなぁ...平田、竜崎の心の内もどんどん明かされていきましたからね!

盛大にネタバレなんですが、前半がほんとにずっとエッチシーンで、それはもう心が締め付けられるようでした...優しくされるの本当に慣れていないんだなぁと。今までずっと淫乱でドMな矢代さんが大好きだったはずなのに、今回のシーンを見て心が痛みました。
最後の最後で義理の父に犯された時を思い出してしまったのは何を意味してたのか...

私頭の回転が悪いのでここ深そうだけどどういう意味なんだろ...?ていうのが今回も多々あって悔しい...


そして後半はあんなにエッチシーンを見てたのが幻かのごとく百目鬼がいない!でもここで竜崎と平田が持ってくんですね〜
私自身、竜崎の恋路(かどうかは微妙だけど)を応援しているんです!結ばれてほしいとかじゃないんですけど...まあ正直に言うと最後にもう1回矢代と...!本音で、やってくれないか、!
ってところでしょうか。。

やっぱり竜崎の矢代への想いは愛情とか恋愛感情とかより庇護欲寄りなんだろうな、と。好きです。長い間淫乱な子を見てきて何だかんだ自分もやることやってるのに、コイツを救ってやれたらな...とか自分勝手にも思っちゃうキャラド性癖...
竜崎さんちゃんと生きてまた矢代と再開してくれ...

そして平田なんですけどここがよくわからなかったです。回想シーンみてるとほんと三角さんスパダリ...惚れる...ってつくづく思います。おじさんって素敵。
まあそんなことより、一番わからなかったのがなんで平田が黒羽根さん刺したのかってところ。根本的にわかりませんでした...平田は何を狙ってたんだ...?
誰かコメントでも解釈とか聞かせていただけたら嬉しいです。


とりあえずここまで全部まとめると


もう1回読み直そ...


です。これからもまだ続くなんてほんっっと拷問ですね!!さいこう!!

8

ヤバい、ヤバい、ヤバい~~~!!!

今回は、ネタバレなしではではお話できませんのでダメな方はスルーしてくださいね。





とうとうヤッちまったぞ~~~!!!

二人の心の葛藤が私の心にも突き刺さって痛い!
捨てられる事を恐れる百目鬼と捨てることを恐れる矢代。

しかし、とうとう我慢できずに百目鬼が突っ走っちゃいましたね。
優しく抱かれた事のない矢代さんは、百目鬼に抱かれて最後に涙を流す。

はぁ~。そして、逃げた。
やっぱりな展開なので驚きはしないのですが、矢代さんに早く幸せになってもらいたいのですが・・・。

竜崎のこれからや、三角さんと平田の過去編をからめつつ、続くって!
あとがきにまだ結構続きますってせんせがおっしゃられてましたが、これはちょっとした拷問ですよ!!!
大体1年1冊のペースですので、それがどの位続くのか考えただけで発狂しそうですが、何年でも待つ所存です。

8

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ