囀る鳥は羽ばたかない(5)

saezurutori wa habatakanai

囀る鳥は羽ばたかない(5)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神294
  • 萌×210
  • 萌1
  • 中立3
  • しゅみじゃない5

70

レビュー数
45
得点
1516
評価数
313
平均
4.9 / 5
神率
93.9%
著者
 
媒体
BL漫画(コミック)
出版社
大洋図書
レーベル
H&C Comics ihr HertZシリーズ
シリーズ
囀る鳥は羽ばたかない
発売日
価格
¥676(税抜)  ¥730(税込)
ISBN
9784813031680

あらすじ

抗争の最中、真誠会若頭の矢代は百目鬼の部屋で向かい合っていた。
百目鬼への想いから目を逸らしていた矢代。矢代を守りたいと思っていた百目鬼。
ふたりは互いに強く意識しつつも、これまで一線を越えないよう気持ちを堰き止めていた。
けれど、追いつめられた百目鬼が矢代に気持ちを告げたとき、
それまで保っていたバランスが崩れてしまう。
自分に大事なものができてしまう、失ってはいけないものができる──
矢代が選んだ道は……!?

表題作囀る鳥は羽ばたかない(5)

百目鬼 力 (25歳・元警官で不能のヤクザ)
矢代(36歳・ドMで変態のヤクザ,真誠会若頭)

その他の収録作品

  • 「囀る鳥は羽ばたかない」1~矢代、コンビニに行く~

評価・レビューする

レビュー投稿数45

ふたりの幸せを切に願います

神すぎて何も言えないです・・・

本当に、何回読んだかわからないくらいです、このシリーズ。
読めば読むほどのめり込んでしまいます。
こんなに心を揺さぶられる作品に出会えて幸せ・・・
この作品が完結するまで死ねません。

ただひたすらに矢代と百目鬼が愛しいし、
そして二人が幸せになってくれることを願っています。



1

嗚呼、夜が明けてしまう。

1巻から、しっとりと夜の闇のような。黒い表紙だったのが。
4巻にて、暁か、夕焼けに佇む百目鬼になり。
この5巻。白と水色のシャツに、薄い髪色の矢代の美しい表紙に、夜が明けてしまうのかと、感慨深いものがあります。
ここに来て、1巻の「男、おとこ、オトコ、兄貴だの、親父だのと、まるで仮性ホモの集まりだ。」と言っていた、矢代のモノローグが効いてくる。
男の嫉妬ほど、根深く恐ろしいものは無いと。平田の三角さんへのそれは、ほの暗く募っていったものだと。ゲイを憎んでいる平田の事だから、気づいてはいないだろうけれども。その気持ちは恋と何が違うのだろうか。この黒い気持ちが黒羽根を殺し、取り巻く人々を破滅へと向かわせる気がしてなりません。

百目鬼と矢代のソレは皆さま美しく語られてますので♡そちらをぜひ。

2

何度読んでも…

今更ながらハマりまして、コミック・ドラマCDを繰り返す日々です。皆様のレビューも拝見して、それぞれの解釈、感想を自分と照らし合わせ、また考えて…まさに中毒(笑)

ここからは私の今の時点での個人的な感想です。
5巻は冒頭から矢代と百目鬼がついにセックスします。作中で矢代が「穴に入れて出すだけ」という通り、事象としてはそれだけなんですけど、自分の経験したことのないセックスを経験してしまって、矢代は百目鬼を捨てきれるのか、という点に私は注目しています。
数日後にはドラマCD第5巻が発売になるので、声優さん達のお芝居でまた私の受ける感覚も変わるはずで、それがとても楽しみです。
抗争の行方も気になり、連載中のイアハーツも購入してしまいました(汗)

素晴らしい作品に出会えて感謝です!

4

愛してる

好きです

0

あの二人が一日も早く再会してほしい

٩(❛ัᴗ❛ั⁎)

0

どうしてこんなに悲しいんだろう?

好きな男に抱かれたことがない矢代にとって、インポの百目鬼は抱かれる心配がない安全牌。
百目鬼は矢代に邪まな気持ちを見抜かれると舎弟でいられなくなるから、惹かれていても想いを伝えることはできない。
愛の交歓でもあるはずの行為が、二人の間ではなぜか”溝”となってしまっている。

そんな二人がカラダを繋げることができたら、”溝”は消えて、一つの終着点が見えてくるんだと、二人の恋愛的な関係は好転するんだと思ってました。

そしてやっと百目鬼と矢代はカラダがつながったのに、好きな男に抱かれるってことがどんなことか初めて知った矢代は、いままでの不幸に気付いてしまったみたいに見えて、今までよりずっとずっと悲しい。
矢代を抱いていることに百目鬼から罪悪感が滲んでいて、想い合ってる二人の行為なのに、どうしてこんなに悲しくなってしまうんだろう…
こんな悲しくなってしまうセックスシーン見たことない。

でも、予想と違うから、このシリーズはまた違った一面を見せてもらえるのだと続きを期待せずにはいられません。

3

老大真的值得被爱

老大终于被温柔相待了一次,可是却因为之前总是不相信会有人真的爱他,他内心在渴望被爱与认为自己无法得到爱之间徘徊,我真的希望鬼鬼能抓紧找到老大,向他表明心意,告诉他真的非常爱老大,可以保护老大,给他安全感,老大的童年真的太惨了,真的希望他得爱

1

鸣5非常感动

鸣5的H场景渲染得太完美了! 百目鬼捧着老大的
脸亲吻的场景的那一幕分镜,亲吻的同时落下的
泪水真的好心疼,终于迎来真的h的场景,鬼真
的对老大很温柔,老大遇到喜欢的人,明明是普
通的,温柔的,被好好对待的性爱也是能够高潮
起来的吧!这并不是痛才是性啊!是因为爱所以性啊!!

1

虐心但是喜欢被虐

现实是骨干的,是残酷的,但又是惊心动魄的,平凡的黑道角色却拥有了不平凡的爱情,这就是一直吸引我的理由吧!从拿起书的那一刻就放不下,前前后后读了4遍,以后还会继续翻看。因为喜欢这种被虐心的感觉,喜欢残酷的现实,喜欢他们相爱的过程,喜欢每一个故事情节。真的很谢谢老师,让我再次相信,残缺的灵魂也是值得被爱的,也是有希望被爱的,也是可以值得活下去的,谢谢!

1

希望我最爱的矢代摆脱黑暗一定要幸福!

首先非常感谢老师带来的鸣鸟不飞第五卷,ヨネダコウ老师非常会讲故事,塑造的每一个人物都特别有吸引力,每一帧分镜都能让人回味很久,鸣鸟不飞真的是现阶段我最爱的BL作品。这次的第五卷中,终于迎来了矢代和百目鬼第一次爱爱,而之后百目鬼却睡着了,很多小伙伴说鬼鬼渣攻(笑),其实我是可以理解的。百目鬼也是经历过很多悲伤往事的人,虽然经历了很多但内心依旧十分的温柔细腻,所爱的妹妹,矢代受到伤害,经历了很多危险,亲手教训了坏人,难得和矢代有了第一次亲密的接触,世外的纷扰都与我无关只想享受此刻的温情,熟悉的小屋和爱的人,终于可以有一点点放松的情绪,所以在激情过后(...)会睡着。矢代和百目鬼都是内心温柔善良的人,希望他们在动荡不安的黑暗里可以相互扶持,一定要赢得幸福!最后表白ヨネダコウ老师,一定要注意休息,期待您给我们带来更好的作品!

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ