恋雫さんのマイページ

レビューした作品

女性恋雫さん

レビュー数0

ポイント数7

今年度926位

通算--位

  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

みんな可愛い

最初の数ページを読んだときに、いろんなところがゆるゆるな世界!?
と思ったのですが、最後まで読んだ感想は(ゆるゆるですが)純愛物語でした。

登場人物のキャラも濃く、みんなが可愛いです。
ストーリーについても、ありきたり感がなく、新しい感覚で読み進めていました。
さすがおわる先生の作品だと思います。

ぶっとんでるけど甘々で、きれいな絵が好みの方にお勧めです。

脳みそが幸せでとろける

SMプレイ好きで、それを匂わすあらすじがあれば必ず手に取ってきた私ですが、今まで探し求めてきたSMを題材としたBLここにあり、といった気持ちです。

攻めの衣装や体系、顔、雰囲気といった全てが理想を具現化した設定で、「欲望に忠実なノンケ」受けがSの帝王によってMに作り替えられていくストーリーもナチュラルに受け入れられました。

そしてなにより、ギャグセンが高い!
え、ここでこんな設定を持ってくる!?というような女性社員のキャラの濃さであったり、Sの帝王と言われた攻めがまさかの「受けより喘ぐ攻め」といった奇想天外過ぎて普通のBLでは味わえない感情を味わうことが出来、読みながら脳みそが混乱してニヤニヤが止まらない、幸せな気持ちになれました!

吾妻先生は前作のコミックで知り作家買いすると決めたお一人でしたが、描いてほしい表情を理想通りの箇所で描いて下さる、ということに関しては今作でも健在で、画力も信頼を寄せられる安心出来る作家様です。

間違いなく今作は私の中で殿堂入りするBLコミックの一冊になりました。大好きです!!

消化不良

迷うことなき作家買いです。
ただ個人的な理由であまり死ネタBLが好きではなく、話のあらすじを知った時に少し気落ちしていました。

(以下、個人的感情を含むため厳しめの評価ありです。ご注意下さい)

読み進めてみても、やっぱり薫の情緒不安定さが中々に消化不良でちょっと無理やりすぎるのでは?と思ってしまいました。
自分が経験しているからこそ、本当に身内の死に触れた人は、あんな風に今まで恋愛対象でなかった性を愛せる心の余裕が生まれるだろうか?と思ってしまいます。

そしてあれほど「俺を見てくれ。」「愛して欲しい。」と言っていた暁良が、まさかの攻で正直びっくりしてしまい状況を飲みこめませんでした。

エンゾウ先生の画力の高さで話を読み切ることは出来ますが、
逆に言ってしまうと先生らしさというか、個性があまり感じられず…正直に書かせて頂くと他の作品でも似たようなのがありそうだな?と思ってしまう堀の浅さを感じました。
身内の死を話のポイントとして描くのであればもう少しリアルさが欲しかったです。(リアルさを出せないのであればデリケートな問題なので題材としてほしくないと思ってしまいます。)

そのことから、好きな作家さんだからこその今回の評価とさせて頂きます。

但し、絵の見せ方としてはとても好きな作家さんなので、高い画力を求める方には良い作品かと思います。

この親にしてこの子あり

前作既読です。
前作に出てきたCPもみんなそれぞれ個性がきちんと立っていて、魅力があったのですが、
さすが、今作も付けさせて頂いたタイトルの通り…この親にしてこの子あり!!って感じです。
そしてケモミミ可愛い。最高。モフモフ(*´Д`)

特に私は表題作ではなく、同時収録作品の『好物はゆっくりじっくり腹のなか』が長髪好きということもあり、どんぴしゃで好きでした。特にノエルが。
ストーリーは予想の範囲の展開なのですが、この作品の中では重要となる「フェロモン」が好きな人にきかなくて、大胆な行動に出てしまう受けちゃんがとっても好きです。

そしてゲーム機の制作、操作で活き活きしているノエルが可愛い♡

全てエロ度も高めなので、人恋しくなるこの時期にはぴったりな一冊かと思います

遂に来ましたか!!

作者様のツイッタを普段から拝見しているのですが、大変なグルメ通のようで、橋本先生のグルメ的BLお待ちしてしました!!
お酒の種類とかお料理の表現にも拘りが感じられるので、えっちな二人の描写だけではなく此方もとっても読んでいて楽しいです♪
また受の女友達との気軽な絡みも自然で好感がもてます。

そして今回も出ました、先生の描く受の舌なめずり…超好きです。
スイッチが入るとどエロくなってしまう二人…普段はそんな雰囲気を感じさせない攻だからこそ余計に萌えます。

まだまだ1巻なので今後の続刊が気になりますが、期待大でお待ちしてます。

百と卍 コミック

紗久楽さわ 

どこにも書いてないじゃん!?

タイトルの通り、どこにも書いてないのですが(※私の見る限り)まさかの続きものです。
今回の1巻は百(もも)の過去編と二人の出会いが描かれていました。

歴史的風情を感じるお話は大好きでよく読むのですが、これはすごい濃いです。
何が濃いって、時代背景はもちろん言葉遣いまで全てです!!
寝る前に読み始めたのですが、読解しながらだったので理解するのに結構時間をかけて読みました。
(22時に読み始めて気が付いたら0時…漫画一冊で2時間って!)
歴史的言葉遣いが苦手な方は、話の内容があまり入ってこなくなってしまうのでは!?というくらいのお江戸話し言葉です。

また、百(受)が陰間をやっていたため他の人(男女問わず)との性描写がありますのでこちらも苦手な方はご注意ください。

と、地雷源となりそうなものをあげてみましたが、それに勝る画力が半端ない作家さんです。

キャラが可愛いしカッコいいし表情の絶妙な表現が凄く巧く、躍動感であったり動きが細かくて、いっそ絵だけパラ読みしてからじっくり言葉と併せて読んでいく手でも良い気がします。
絵だけでも十分話の流れが伝わってきます。

但し、話が短編集のような形式のためもう少しじっくりと1つのストーリーを掘り下げてるものとしても読んでみたい気がしました。
最初に文句のように書いてしまいましたが、続刊嬉しいです!!楽しみにしてます!!

あげて、落とす

遂に待ちに待った、矢代と百目鬼のラブシーン!!
お洒落なホテルのスイート、といった高級感のある部屋ではなく、ちょっとボロッちい部屋に煎餅布団を敷いて…というのがなんとも二人の今までの人生を表している感じがして最高でした。
今まで矢代を荒々しく抱いてきた輩とは違う、ただ一心に思いを伝えてくるような百目鬼の健気さに胸が締め付けられます。

また、その読者的達成感のあとの組織的動き…
実にほの暗い雰囲気でまさにヨネダ先生にはあげて↑落とす↓を見事にされました。
まだまだ半分過ぎと伺ったので楽しみに続刊を待ちます!!

にいちゃん コミック

はらだ 

歪んだ愛の形

萌えるという表現に関しては不完全燃焼なお話です。
でも流石作品を魅せる技量は、はらだ先生ならではですね。素晴らしいです。

タイトルの通り、内容は過去が拗らせた悲しくて歪な物語です。
個人的にはショタもリバもサディスティックなプレイも大好物なので、久しぶりにそう言う趣味に刺さった大満足の神作品でした。(この結果で今回の評価です)

ただ一つ気になったのは、絵柄が少し今までと変わったように感じたこと。
序盤から中盤に移る段階で絵柄の独特の癖が感じられなくてちょっと物足りなかったです。

読了後の満足感

大好きな凪良先生作品!いつものように作家買い致しました。
そしていつものように今作も私の中で当たりでした(*'ω'*)
しかしながら、評価の理由につきましては挿絵です。。。
笠井先生のイラストは艶っぽくて、異次元の美しさを感じるのでとても好きなのですが、今回の作品にはイマイチ合っていなかった気が…。(すみません)

ストーリー自体は、現代を生きる二人に交錯する前世の記憶。
その記憶に悩まされ、ただでさえ試練の多い恋も上手くいかないことばかり…ということで、前半はなかなか進まない物語にヤキモキしていたのですが、後半になり、伏線が回収されていくにつれ、ぐっと世界観に引き込まれてしまい、読了後はしばらく達成感のような何とも言えない気持ちに支配されてしまいました。さすが、凪良先生ワールドだな、と思います。

そして、結末も個人的にはそれぞれの区切り、というかケジメがついたような気がして納得致しました。
SSの『Harmony』も、今後もこの二人は過去の記憶を忘れられないけれど、その記憶は最悪な結末だけではなく、幸せな記憶もプラスされているので、素直に「よかったなぁ」と思えました。

少し過激な(暴力的・グロ系)描写もありますので、苦手な方は注意が必要かと思います。
しかし、そればかりではなく、1本の線が通った深いお話なので、ストーリー性重視の方は満足できる一冊なのではないかと。

個性的な設定に萌え!!

初読みの作家様でした。
最近ファンタジー色濃い目の作品が読みたいと思っていたのですが、人外は苦手で、今一つピンとくるものに出会えていなかったところに、ちるちるさんのランキングで見つけました…この作品を!!
妖怪系は個人的に怖くてあまり好きではないのですが、イラストが小椋先生ということで、ほわっとした優しさに溢れている表紙に安心感を持ち、即効本屋にて購入したのですが、やはり、どストライクでした(*'ω'*)

ストーリー自体は、最初から何となく結末が読めてしまったのですが、それでもどんな過程で二人の恋愛が進んでいくのか…というところが、読み進めていくうちにどんどん楽しみになってしまい、あっという間に読み終わってしまいました。
特に、のっぺらぼうの攻めの顔を触ったときの受けの言った「ゆでたまごみたい」という発想に衝撃を受けました(笑)(その発想はなかった…!とはまさにこういう気持ちなのかと…w)

また、小椋先生の描くキャラクターが皆魅力的で可愛いのですが、個人的には『春宵一刻』の挿絵がお気に入りです。
まさに「むちゅっ!」といった雰囲気のキスをする二人が可愛くて可愛くて…。読んでいてほっこりしました。

そして、メインの二人以外のキャラもまた素敵な人ばかりなので、他の方も既に書かれている方がいらっしゃいますが、是非私も春宵のスピンオフを読んでみたいです。
(そして合間に、またこの二人がラブラブしているのを見たい!!)

タイトルにも書きましたが、なかなかない設定の作品かと思います。
けれど、もっともっとこんな作品が増えてもいいのにな、と思えるような、とても温かくてほのぼのとしたお話でした。