rerereさんのマイページ

レビューした作品

女性rerereさん

レビュー数0

ポイント数1

今年度2539位

通算--位

  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

GAPS hanker コミック

里つばめ 

とうとう!....なんですが

GAPSファンの熱望がまさに実を結んだ形になっています。
はぁヨカッタヨカッタ....んですが、突然現れた瀬戸というキャラが私にはしっくりきませんでした。レオと同期で流され系ビッチなんですと。せまられると断れなくて会社の男性何人もとシちゃう人物です。隠れてオフィスでもやっちゃいます。この会社ゲイがそんなに多い設定?GAPSは働く男達と仕事の描写がきちんとあってそのリアリティが好きなのですが、今作は今までより現実味が薄く、BLファンタジー要素が強い気がしました。
それから 片桐はやっとこさ長谷川さんをモノにしたというのに感動が薄いというか、長谷川さんを組み敷いて見下ろした征服者のように見えて、私が期待していたHシーンとは違いました。繋がれて嬉しい〜みたいな描写がなく終始クールに薄笑い。まぁそこが片桐らしいといえばそうなんですが。なんかちょっと残念でした。

レオが暗躍

はぁ〜、面白かった。いつもこのシリーズは期待を裏切らないです。
いや、裏切ってるのか?今回も寸止めで終わります。うぅじれったい!
今作はレオのクズっぷりが顕著です。長谷川さんが好きなのか片桐に興味があるのかハッキリしませんが、とにかくいろいろちょっかいを出してきます。それに焚き付けられて長谷川さんが片桐に落ちそうになるのですが.....。片桐はハイスペックなので男女ともにモノにできなかったことがないのでしょうが、長谷川さんはさすがにイイ年齢のストレートなのでなかなか体を許してくれません。当然です。けれど片桐が身を挺して自分を守ってくれたことに感動して(負い目に感じて)とうとう自ら歩み寄ります。
片桐はなかなか手に入らないものを意地になって追いかけているように見えなくもありません。長谷川さんのどこに魅力を感じているのかわかりにくいからです。思いを遂げたら満足して長谷川さんをポイなんてことがないように祈ります。次巻も非常に楽しみです。


やさしいすれ違い

細い目の男の子の泣き顔につられて手に取りました。結果表紙買い大成功でした。いじめられた糸永くんもいじめた真田くんもいじらしくて健気で、読んでる私も糸永くんのように終始涙目でした。
二人ともそれぞれ過去の自分を責めて後悔していて、そのためにお互いが「無理して付き合ってくれている」と思いこんでいます。最後 糸永くんが素直に思いを伝えることで誤解とすれ違いが解けていく様子はカタルシス以外のなにものでもありません。目新しい要素はない作品なのですが、丁寧な心理描写と言葉選びに惹かれました。グッとくる独白がたくさんあります。いじめた側の真田が糸永くんを「くん付け」で呼び、糸永くんは「真田」と呼び捨て。恋愛関係の優位性は糸永くんにあるのがいい。これ逆だったらテイストが変わったでしょう。絵も上手だしHシーンも多めで、BLファンのツボを心得た作家さんだと思います。
ただひとつリクエストするならば、ラストに真田がきちんと糸永くんに申し込む箇所で、まずは中学時代にいじめたことを謝罪するシーンが欲しかったかな。糸永くんは苦しみ抜いたのですからね。

読みやすい草間ワールド

草間ファンです。
草間作品は読者を選ぶというか、読み手に親切ではないです。
セリフも独白も最小限で哲学的。私は一度では理解できないことが多いので、何度か読み返して納得するという作風です。とくに「ワンダーフォーゲル」はなかなか理解できなかったなぁ。
でも今作は違います。人柄のいい男とそれに恋するかわいい男の 猫がらみファンタジー。わかりやすくトントンと話が展開します。ゲイとノンケの問題をサラっと超越して話が進むのも草間作品の特徴です。湿り気がなくとても乾いてる感じもします。さらに言うと草間さんは絵がいいのです。キラキラしたアニメ絵風でもおしゃれイラスト風でも少女マンガ風でもない粗いタッチで、デッサン画に近いです。でもキャラをその設定年齢の見た目に描けるのは BL界では草間さんが一番だと私は思っています。若い美形もダンディな中年もサラリーマンも学生も見事に描き分けてくれます。
同時収録の「銀杏のはなし」は人間ではなく木の話ですが、時を超えての再会にグッときました。しみるおはなしです。

好きなんですけども

ヨネダコウ先生の推薦文につられて買いました。
昼夜逆転の生活をするブロガーと高校球児の恋。斬新なシチュエーションでとても面白かったのですが絵が......。はっきり言って拙いです。オリジナリティの範疇を超えています。ストーリー重視でたいていの個性的画風を受容する私でも、この絵はいかがなものかと思いました。筆致が荒くてデッサンも狂いすぎ。同人誌はともかく商業レベルに達してるとは思えませんでした。会話のセンスも目のつけどころもナイスなのに非常に残念です。もう少しでいいからきれいな絵で読めたなら...。
この作品はひとえに純一郎のキャラクターが支えです。結構な有名選手なのに落ち着いていて奢らないボクトツとした男子。年長の澄山に対しても余裕すら感じる大物っぷりだけど性には貪欲な童貞猿(笑)高校3年 無理もないか。
女子にモテモテな純一郎が きれいな顔立ちとはいえ男性の澄山に好意をもつきっかけが弱いけど、それほど違和感無く楽しくサラッと読みました。かえすがえすも残念なのは画力!はやりやまい先生頑張って下さい。応援してます!

山田と少年 コミック

三田織 

読後感が最高

長く遠ざかっていたこのBL界に、凄い力で私を再び引きずり込んだのがこの作品です。もう大好き。おかげでイイ年してまた腐ってしまって(笑)
このお話は千尋が愛くるしいのが魅力なのはもちろんですが、山田の器の大きさもその一つです。
酔って寝転がってる高校生を 通報せずに自宅に連れ帰って介抱してやり、ゲイで悩むその子のために恋愛成就を祈ってやり、学校生活で素を隠していることすら心配している。いい奴だ山田!お父さんを小さい頃に亡くした千尋は、その包容力に惹かれた部分もあるのでしょう。
ストレートの山田が千尋を愛しく思うようになっていく過程がとても自然で、おっぱい星人なのに「おっぱい無くても可愛い子っているんですよ」とつぶやくのもグッときます。
同人誌での続編では 千尋はお母さんに ゲイであること、山田とつきあっていることをカムアウトします。山田は千尋に、千尋を一生大切にしますから安心して下さい とお母さんに伝えるよう言付けます。もう涙が出ます。意地悪も障害も出てこない夢物語と言ってしまえばそれまでですが、地に足がついたBLファンタジーです。幸せな気持ちになれます。ぜひご一読を!

ちゃんと救われる

痛々しく辛いお話でしたが、最後は救われて読後感はさわやか。市川けい先生の私の中での評価が急上昇した作品です。
蓮くんが 養護施設に入らず隣人の好意で養われていたり、きんぴらを知らなかったり、湯船に浸かったことがなかったり、精神的興奮で勃起したのを性病かと心配したりと、現実味の無い描写が多々ありますが、それらが彼の育った環境の異常さを際立たせます。
陽歩がまっとうな大人で本当にいい男です。正義感は強いけどグイグイ入り込む強引さはなく、だから常に蓮くんの環境に心傷めています。蓮くんはそれほど現況を悲観せずに暮らしていて、人なつこくて無邪気。だから余計に哀しくてなんとか陽歩が助け出してあげてくれないかと読者は期待します。けれど極悪非道の下衆秘書から救うのは、現実的にはやはり一条さんしかいなかったでしょうね。ラストシーンでは 再会する蓮くんと陽歩の熱烈なハグが見たかったなぁ。
それから腐女子の社長も 私たちにはすごく共感できるナイスなキャラです。好き!(笑)

ゆっくりじっくり

相変わらず二人の仲は キスはしても 友達以上恋人未満という感じですが、
これぞまさにBLなんですね。太一も航平もストレートですから、そんなホイホイサクサク Hできませんよ。悩んですれ違って行ったり来たり。丁寧に丁寧に話がすすんでゆきます。
この巻では千葉さんと太一の関係に進展があります。
自分にばかり厳しく口うるさいとしか思っていなかった千葉さんの指導が、実は広く深く考えてのことだったと太一は気付きます。千葉さんへのリスペクトや憧れが芽生えそうな気配です。敏感な航平はそれを早くも察知していて焦りをおぼえています。千葉さんも太一に一目おきはじめます。もしや三角関係になったりするのかな。ワクワクするなぁ。
異論もあるでしょうが、BLにはエロシーンは不可欠ではないと考えます。そういう描写が嫌いなわけではありませんが、そもそもが少女マンガの延長上にできたジャンルです。むしろプラトニックでもいいくらいだと私は思っています。ゲイポルノではありませんから。
イチャイチャがなくても日だまりシリーズはこのままゆっくり見守っていきますよー。
最後に細かいことをひとつ。
太一の言葉使いが気になります。若いとはいえ社会人なのに中高生みたいなしゃべり方はいかがなものか。不必要に頭の悪い人物に見えてしまいます。

ちょっとなに言いたいのかわからない

うーん なぜ評価が高いのか私にはわかりません。
はじめ 一巻完結と思っていたので、読後感は、「は?なんじゃこりゃ」でした。得体の知れない掴みどころの無い男が人のいいお巡りさんを無理矢理やっちゃう話としか思えませんでした。お巡りさんが若見えする設定ですが、ちゃんと27歳に見えるし警察官ならもっと抵抗できるはず。合意もなしに無理にコトにおよんでいるわけですから犯罪です。ストレートの警察官が自分がそんなめにあって逮捕しないのが不自然です。警官が崇拝してる作家がスカウトマンの知り合いとか、不自然な設定ばかりで入り込めませんでした。まだ続きがあるそうなので今後私のこの消化不良が解決されていくのかも知れませんが、スカウトマンの張り付いたような笑顔が嫌なのでもう読まないと思います。絵が好みなだけに残念です。

百と卍 コミック

紗久楽さわ 

江戸の粋とBLの結晶

素晴らしくよかった!
私は存じ上げない作家さんでしたが、杉浦日向子さんの作品をBLにしたかのようなお江戸もので、すっかりとりこになりました。べらんめぇ調の江戸ことばが粋で艶っぽいし、月代(さかやき)のビジュアルにも思いのほか抵抗無く楽しめました。伊達男の卍兄ぃはもちろん、中年の祝さんまでもが強烈に色っぽい。悲しい生い立ちのお百は元気で素直で絵に描いたようなかわゆいワンコです。画風も美麗でBLファンを自認する皆様なら決して読んで損はないと思います。江戸の風俗に興味をお持ちの方もぜひ!