>
新着レビュー

愁堂れなさんのレビュー一覧

媒体
M+Mエキスパートレビューアー2018 19/01/31/ 21:56

※このレビューはネタバレ有です

ローランド好きにオススメ

アーサー(受)の視点でストーリーは進みます。

アーサーは既刊「花嫁は二度さらわれる」「花嫁は三度愛を知る」で涼也を花嫁にしようとするローランド(攻)に恋をしており、ローランドが他の人と幸せになるのを見るのが辛いと離れます。

アーサーがローランドに褒められた髪を切る場面や、ローランドにとっての楽園は自分にとっての楽園ではないという台詞が切なかったです。

ただ、前作の主人公の涼也とキ…

  • 0
あーちゃん2016エキスパートレビューアー2018 18/12/26/ 00:06

※このレビューはネタバレ有です

おとぎ話

サマミヤアカザ先生の挿絵見たくて購入。人魚さん、見かけは人間と変わりませんでした。そして吸血鬼と狼男が出てくるという不思議な不思議な設定!ふわふわ霧の中に包まれたような感じのお話、本編210P弱+あとがきです。ようやく愁堂先生の味が分かってきた気がする!

すごい雨の中、洞窟内を近づいてくる足音に気付いた翡翠はびっくり。なぜなら山奥のそして洞窟の奥でひっそり一人で暮らしているためで、こんなとこ…

  • 1
ポッチエキスパートレビューアー2018 18/12/23/ 07:04

※このレビューはネタバレ有です

設定は非常に面白いが

愁堂さんの新刊は人外モノ。サマミヤアカザさんの描かれた表紙から、もしかしたらホラー寄りのお話かな、と思いつつ手に取りましたが、もの悲しく、でも家族愛にあふれた作品でした。

ネタバレ含んでいます。ご注意ください。






主人公は翡翠。
彼は深い山奥の洞窟に、一人でひっそりと生きている少年。誰も訪れるはずのない場所だが、ある嵐の夜、二人の男が翡翠の住む洞窟に現れて…。

  • 1
chikakumacoエキスパートレビューアー2018 18/12/19/ 13:03

※このレビューはネタバレ有です

人魚というのは、美しいけれど。一体何者なのか。

その名も美しい『翡翠』。彼は世にも珍しい男の人魚なのだという。美しい顔、絹糸のような髪。細っそりとした肢体。17歳になった年から少しも歳を重ねる事なく、60年間生きて来たと云う。
その特異性を隠す為に人里離れた山奥の洞窟にたった独りで住まい、お腹が空く事も無いので、ただ清水を飲んで過ごして来た。
そんな嵐の夜、洞窟に迷い込んで来た者がある。金髪碧眼の美しい吸血鬼、リカルドと狼男だと云う宏武。怪…

  • 1
165エキスパートレビューアー2018 18/11/28/ 20:48

※このレビューはネタバレ有です

昭和の匂いがそこはかとなく漂うような

数年前に読んだのですがドラマCDを聞いたらまた読み返してみたくなりました。

昭和の匂いが漂う、二時間ドラマのようなお話ですね。

家族を無くしたエンと秋山が家族になる。いいお話です。

グレて故郷を逃げ出し東京で身を持ち崩しヤクザの女にされ逃げようとすれば殴られ薬中にされ、警察に捕まって服役しやっと逃げ帰ってきたエン。
唯一の父は亡くなり、父の意思を継いで漁師を目指す。
秋山に助…

  • 0
新名 18/11/26/ 21:26
あとがきで納得

私は最後にモヤモヤ残るのがあまり好きではありません。だから、今回のこの終わり方にもモヤモヤしてましたが、最後の作者さまのあとがきに納得&モヤモヤ解消しました。

今回こちらは監禁モノとのことで、気になったことが1つ。
監禁されていた部屋にトイレはあったのかなと。
その描写がなかったので、そのことが気になって気になって。
まあ、フィクションなんで、そこまでリアリティ求めてもダメなん…

  • 0
あーちゃん2016エキスパートレビューアー2018 18/10/20/ 13:42

※このレビューはネタバレ有です

変人

変人探していたら、笠井先生挿絵のものが。よし★と読んでみたのですが、まあなんと不思議な変人(笑)猫耳イケメン(変人)に興味を持たれたらどうぞ。色っぽいシーンは最後に1回だけなので、艶っぽいのを求めておられる場合はまた別の機会に。私もこの1冊では全く魅力が?だったのですが、次が面白そうなので、一旦これは中立で。「書き下ろし230P弱+あとがき」です。

12月のある日、勤続1年半で会社を懲戒解雇…

  • 2
ちゅんちゅんエキスパートレビューアー2018 18/10/18/ 20:14

※このレビューはネタバレ有です

夢に説教される?


高校の同級生の両片想いの再会ものです。
始まりはよくあるパターンですが、シナリオライターの受けが何度も同じ夢を見て、その中でヒロインとして行動するうち、その夢の登場人物に激励されるとういのが斬新だったと思います。


<あらすじ>
「理人が女の子だったら間違いなく付き合ってた」
フリーのゲームシナリオライターの十条理人(受け)は高校の文化祭で「ロミオとジュリエット」のジュリエット役…

  • 0
渋茶エキスパートレビューアー2018 18/09/30/ 17:20

※このレビューはネタバレ有です

有り得ないドリーム設定だが大好きな世界だ

作者の愁堂さんには悪いけれど、これってサスペンス風味のシリアスじゃなく、トンデモな部類に入るんですが…
この話のきっかけが学園内の一生徒の自殺の真相を突き止める為って経緯から入ってるので、トンデモと騒ぐのは本当は不謹慎かも知れないと騒ぐ一方で、ここまで突き抜けてくれると清々しいな、とも感じた。

旧財閥の跡取りとなる息子の為に、日本有数のVIP級の子息を集めて創設された全寮制男子校への侵入捜…

  • 1
さぼ 18/09/05/ 05:27
可もなく不可もなく

あらすじそのままの話。
可もなく、不可もなく。
愁堂れな作品なので、もっとヒネリを期待したけど。。。残念。

  • 0